無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« フラストレーション | トップページ | オメガなやつ »

2007年12月 7日 (金)

フラストレーション その2

005

liddellのフラストレーションは、私とのボール遊びや引っ張りっこ、自転車の伴走ぐらいでは解決しない。2~3日、犬との遊びがないと落ち着きがなくなる。人のために生きるなんてことは、考えていないだろうなぁ。liddellには、二匹の先住犬がいるのだが、ワンダーはliddellにとって完全なアルファーで、ワンダーの母犬、アリスは年寄りだ。ワンダーはどちらかというと、人よりの犬なので、liddellと遊ぶのことはめったにないことなのだ。liddellは、コントロールできる群れがほしい。これができないと、liddellの中にフラストレーションがたまってしまう。

071_2

犬が自分を表現するためには、犬の自由な時間が必要だと、アンジェラはいう。生後数か月の子犬にできることは、その子犬の言論の自由を保障することだという。犬に言論の自由?

犬にとっての言論は、自由な犬同士の、コミュニケーションだというのだ。そのためには、数多くの犬に会わせること、いろいろな犬種に会わせることが重要で、その経験値が高いほど、安心で安全な、不安のない人間との暮らしができるという。

123 つまり、自分に自信が持てるということ。この自信は、怯えない犬を育て、物おじのないことが“teaching dogの素質の一つになる。怯えは、相手ににも伝わり、緊張を高めてしまう。緊張は不穏な空気を作り、敵意さえ持たせてしまうらしい・・・。アンジェラがなぜこうまで、犬のコミュニケーションにこだわるのか、私もなかなか理解できなかったのだが、人を咬む犬も、犬に攻撃する犬も根本は同じで、犬が何かしらのストレスを感じているのだという。また、怖がり屋の犬に強化ツールでよく使用する、クリッカーは感情面でも強化する場合があるので、間違った感情を植え付ける恐れがあるので、使用しないほうがいいらしい。

人間は、犬をコントロールしたがるが、その過剰なまでのコントロールが犬を犬の社会から遠ざけることになり、自由な表現ができなくなってしまうと、アンジェラは伝える。この自由な表現ができない犬は、突然咬むという行動に出るらしい。

オビトレ(服従訓練)やしつけは、人の社会で生きていく犬にとって必要だけど、犬の言語まで奪う必要はないんだよね。アンジェラと昼食をご一緒したとき、アンジェラは、liddellをとても自由に生きていると表現してくれた。私には、堪能な英語力がないので、アンジェラの真意はわからないけど、liddellの言論の自由を奪わずに育てることができたのだろうか。いまでも、毎日、犬たちのしたいこと、やりたいことを、考えてはいるけど・・・。

本日のliddellは、火曜日にゴルのエディをいてコマして、先生に「あなたでもそれはだめ」と、止められた乱暴な行為せずに、ジェントリーできた。だんだん、良くなりつつあるのか、疑問だ。teaching dog”の道は、遥かだねliddell。

オメガのことは、、明日にでもアップします。

« フラストレーション | トップページ | オメガなやつ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/17301164

この記事へのトラックバック一覧です: フラストレーション その2:

« フラストレーション | トップページ | オメガなやつ »

最近のトラックバック

カテゴリー