無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« 再び、teaching dogのこと | トップページ | アイという、犬。 »

2007年12月16日 (日)

再び、Teacing Dogのこと その2

063 当日のセミナー内容と、予告してあったものとに違いがあり、期待していたTeaching Dogの選択方法が知りたかったという、ご意見を多々お聞きしました。確かに、セミナーの案内には「11/23Teacing Dog選択方法のデモ」となっていました。犬の保育園をやっていると言っていた方は、保育園に来る多くの犬が、ビビりで犬と遊べない子が多く困っているので、Teaching Dogを熱望しているようでした。私も、最初の二日間は暗闇の中、メモも残せない状態にはちょっと閉口・・・。映像の出し方にも、もたつき感がありう~~ん・・・。

アンジェラは「このような形のセミナーは初めてで、いつもは大きなフィールドなの」と言っていたけど。いろいろな先生がいて、教科書とは違うことをする先生はいくらでもいる。アンジェラは、自分の話すことに一番近いイメージを見せたいと言っていたので、数多くの映像を選んで見せるのは、たやすくできることではなかったと思う。

064_3 デモのときも、いろいろな方がTeaching Dogに興味を持ち、素のままでの犬をどう評価するか、迷ったと思う。しかし、あの場にデモ犬としてきた犬すべてが、Teacihng Dogなんだと、アンジェラは評価してくれていた。ビビりのちかも、いじめっ子のソラも、やんちゃな太助も・・・。その子なりの方法で自分を表現しているのを、幾人の方がわかってくれたのだろうか。ビビりのちかが、怯えてばかりではなく、liddellに頼るばかりではなく「もうやめてよっ!」と、自分の力で自分を表現していたことを・・・。ソラは、決してちかが嫌いではなく、自分に対して、やたら怯えることを快く思えなくて、ああいう態度に出るということを・・・。だから、ソラはちかを傷づけてはいなかったはずだ。ちかとソラのセッションのとき、観客側にいたliddellは、ラティスの間から普段の様子とは明らかに違う、目をしていた。なぜあの時、liddellを使わなかったのか・・・と観客からの質問があったが、あの時liddellを入れれば、liddellの介入にソラは驚きパニックになり、どちらかが傷ついていたという。liddellを入れるには、あのスペースの倍が必要だと・・・。そうでなければ、どちらかが傷つく。アンジェラは、状況をそう判断し、liddellを使わなかったのだ。

122 Teachinng Dogの手を借りるなら、その場の環境や状況を判断できる人間がいなければ、ただの犬のけんかになってしまう。やみくもにTeaching Dogを、求めてもだめなんだろうなぁ~~。近頃、よ~~く、前よりもよ~~~くliddellのことを見るようになった。liddellばかりではなく、ほかの犬たちのことも・・・。ただの遊びに見えていても、そこには犬たちのコミュニケーションの真実がみえているはずだから。今日もliddellは、犬のけんかに介入して、丸く収めていた。その反面、拮抗する相手には強く出ることもままあるんだよね。う~~む。

« 再び、teaching dogのこと | トップページ | アイという、犬。 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/17378143

この記事へのトラックバック一覧です: 再び、Teacing Dogのこと その2:

« 再び、teaching dogのこと | トップページ | アイという、犬。 »

最近のトラックバック

カテゴリー