Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« うちの子は犬だと思っていない? | トップページ | ラフプレーその2 »

2007年12月 4日 (火)

ラフプレー

074 本日は、我が家の王子、ワンダーの趣味ドッグダンスのレッスン日。ドッグダンスの下地となる「fun task」のレクチャーの日。先生は,獣医なんだけど、どうしたわけか犬の問題行動やいろいろなトレーニングのトレーナーやインストラクターになってしまったとおっしゃっている。また先生は、liddellの“teaching dog”へのアドバイスもしてくれている。(写真の奥が王子)

004_3 「liddell・・・。この前よりラフプレーが多いから気をつけて。相手の気持ちが読めるようにしないと、弱い者にも強く出るようになるからね」確かに、近頃、liddellはちょづいているかも。気をつけなくては、このままじゃただの乱暴者に格下げだ。(写真はねこの友だち)

“teachinng dog”の一つの素質に、アルファーの要素が大きく関わってくるという。ベータにしろ、オメガにしろ少なからずアルファーの気質に左右されるらしい。アルファーの気質のある犬は、一般に飼いにくいとされている。アルファーというとかの有名なアルファーシンドロームを思い浮かべる方が多いと思うけど、ここでのアルファーは全くの別。

packと呼ばれる群れの意思決定者は、大概がメスで冷静で堂々としていて、他の犬とはめったに遊ばず、必要に応じてベータのアシストをするらしい。ベータの持ち帰った情報を解析し、群れへの影響度を考えるようだ。真のアルファーは、とても貴重な存在で、それこそ持って生まれた素質がなくてはならないという。シートン動物記の「狼王ロボ」の件にもあるように、「狼王ロボでも、妻ブランカには頭が上がらなかった」・・・。うむ、女の力は偉大なのかもしれない。

アンジェラがいうには、liddellにはアルファーの気質も備わっているという。他の犬にかます、ボディブロックや相手の犬をコントロールする時のボディの使い方がアルファーなのだそうだ。一口に言うとアルファーは紙一重。一歩間違えば、相手に必ず致命的なダメージを与えるという。怯えないぶん、冷静なぶん、必ずのヒットを繰り出すのだろう。

このアルファーを、生かすためにベータの存在、オメガの存在が大きくかかわってくるらしい。アルファー犬は、生後10日ほどでその素質が現れるようだが、オメガは5週ほどかかるらしい。ただ、アンジェラは日本の飼い主やトレーナー、インストラクターにはもっと犬を目で見てほしいと訴えていた。いくら素質のある犬を見出しても、それを生かすことができなければ、teaching dogは育たないのだろうから・・・。

« うちの子は犬だと思っていない? | トップページ | ラフプレーその2 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラフプレー:

« うちの子は犬だと思っていない? | トップページ | ラフプレーその2 »

最近のトラックバック

カテゴリー