無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« ベータであってオメガなLiddell。ごめんねLiddell。 | トップページ | だって、オメガなんだもん! »

2008年4月 8日 (火)

犬には犬の仲間が必要ですか。

大雨です。本日は、ドッグダンスのレッスンでしたが、これではできません。しかたがないのでブログ書きます。

20080301_p3010383_3 シェルのアリスです。今年の8月で12歳になります。シェルらしいところは母親のおなかの中に忘れてきたようで、おおらかでど~~~ぉおお~~んとしています。シェルらしいところをあげるなら、ボールがわりと好き、少々テリトリー意識高しなところ。特技は頑固。どこでも眠るところ、どこでもすぐに馴染むところ。何でも食べる。要するにあまり怖いものなし。ワンダー王子の方がいくらか繊細な面があります。アリスときたらLiddellです。アリスとLiddellをあわせて、アリス・リデルです。「不思議の国のアリス」で実在したモデルの少女の本名です。ワンダー王子のフルネームがワンダーランドなので、三頭合わせてルイス・キャロルの世界です。わりとミーハーなへちまこ家です。

042_2 アリスのおおらかで何物にも動じない性質はどこでも発揮されます。画像は、ダンナの読んでいる新聞を占拠しているところ。ダンナにおしつけがましい愛情表現をしているところですね。まぁ、単なる自己主張でもあります。頑固ですからどきません。ダンナは仕方なくアリスの下敷きになっていない端から読みます。端を読み終えると、引っぱり出しこのようにして読みます。皆さんは、「どければいいじゃん!」と、思うでしょう。どかすとまた同じようにします。アリスの意図は、ドッグビスケットをせしめるためです。ダンナはやさし~~~~いので、アリスをどかすために賄賂、渡してしまいます。彼の辞書には「犬をしかる」ということは載っていません。

017_2 Liddellがきてからは、アリスは母犬の代わりをしてくれました。アリスは物事に動じないので、他犬にガンガン吠えられても完璧に無視します。この無視の仕方を見習いたいです。画像は、アリスのおきにいりの場所で遠慮会釈のないLiddellにむっとしているアリス。Liddellはアリスには、とことん甘えます。アリスに対するディスプレイは、一気に子犬になります。

020 去年の夏の画像ですが、どの画像もLiddellがアリスを頼りにしているようにみえます。アリスの持つ、おおらかで物おじのない性質がLiddellにも影響を与えてくれたようです。今回の、アンジェラ先生のアセスメントでは同居する犬との関係も観たいというので、三頭で参加です。この群れがうまく機能しているか、診断してくれるようです。へちまこ的には心配ないのですが、犬と犬との関係を先生が読み解くさまは、とても勉強になります。

多頭飼育で犬同士の良い関係ができないご家族などには、よい機会だと思いますので、どうぞ、ワークショップに来てみてください。

「犬には犬の仲間が必要ですか・・・」うむ、考えものだなぁ~~。

20080319_p3190441 ドッグ・ランが流行りだしたので、教室のニーズにもこのことに敏感な飼い主が多くなりました。PUPSのパピパ(パピーパーティー)でも、人への社会化、犬への社会化、人社会(環境)への社会化を勧めています。一番は人の社会で適応させることだと、へちまこは思っています。遊べないからダメだとか、遊べる犬はいい子だとかそんなことにとらわれず、自分の犬の気持ちを分かってあげてほしいと思っていますけど。その気持ちをわかるために、犬の言語をわかることが必要なんですね。

「うちの子はすぐに嫌われちゃうから・・・犬の友だちがいなくてさびしそうで・・・」と、多頭飼育に踏み出す前に、“その子が何を望んでいるのか考えてくれたらなぁ”といつも思うのです。もう一匹飼ってみた。が、だけど、結局なかよしにはなれなかったなんてケース、ざらにあります。先住犬となる犬の性質やなぜ他の犬とうまくいかないかを、ちゃんと分析してからでも遅くないんじゃないかなと思うのですが・・・。その子のためにとはいっても、迎え入れられた二頭目三頭目は、本当に望んでそこに来るわけではなく、それも犬を飼いたいと思う人のエゴなんでは?そのエゴのためにも知って損はしないほど、犬について勉強してほしいと、教室の飼い主には望んでいるのですが・・・。犬って、仲間がいてもやはり人間のこと、「あなた」のことを、一番考えていると思う、うちの犬たちを見ていてもそれは実感できますから・・・。けっして、多頭飼育がその子のためではない場合もあるということでなんです

055 たとえ多頭で飼育したとしても、のちのち、くんずほぐれずの遊びはなりをひそめ、お互い静かな関係を望むようになります。もし、良い関係でない場合、それこそお互いがストレスの原因となって、本末転倒の結果になりうることもあります。良い機能を維持する群れのためにも、人がある程度犬をコントロールできないとだめではないかなぁ~~と、へちまこは思っています。

20080408_p4080496

Liddellも、私のエゴで迎え入れた犬ですからね!

« ベータであってオメガなLiddell。ごめんねLiddell。 | トップページ | だって、オメガなんだもん! »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/40813606

この記事へのトラックバック一覧です: 犬には犬の仲間が必要ですか。:

« ベータであってオメガなLiddell。ごめんねLiddell。 | トップページ | だって、オメガなんだもん! »

最近のトラックバック

カテゴリー