Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« 英国のベルジの話その2 | トップページ | Liddell The Teaching Dog Ⅺ »

2008年7月29日 (火)

暑かったけど、アジ、初チャレンジ。

27日は、アジリティーの練習でした。

ひとりで行くのもなんですので、教室のチワワのまろ、ちび柴の福丸、JSSCから茶々丸をお誘いしておきました。

さて、アジリティー初体験組の奮闘はいかがなもんか、ご報告しますよ

20080727_p7270869 まずは、福丸。「なんで、飛ぶの?両脇あいとるがな?ふつうはそっち通るでしょ」

そうなんです、犬は無駄なことはしない主義。いちいちハードルを越さなくたって向こう側に行けることはよく分かっています。

20080727_p7270871 犬にとって、ハードルを越すことが意味のある行動にならないとやってくれません。

人なら、「こうして、跳んでみて」と口で説明したり、行動で説明したりできますが、相手は犬ですから・・・「っ何か、おいしもんくれるの

20080727_p7270872 「うんじゃっ、やってみようかな。こいつを跳ぶわけね」

犬は自分の起こした行動の結果が全てです。その結果が良いものであれば、同じ行動を繰りかえしていくようになります。

その反対、結果が悪ければその行動はしなくなります。

20080727_p7270873「えいっこんなのかんたん、かんたん

福丸、調子よさげですね。ビギナークラスのハードルですが、難なくクリアですね。

20080727_p7270874 で、けっこう、犬たちが拒否るのがソフトトンネル。足元の不安定さも嫌だし、ガサガサと音のするのも怖い・・・

でも、繰りかえし教えることでクリアできるようになります。

超ビビり犬だったチワワのまろも、いろいろなものに馴れるのが早くなりだしました。

20080727_p7270883 まろのリードコントロールなしでの跳越です。

まろ、へちまこはうれしいよあんなに怖がりだったまろが・・・うぅ、継続は力なりだね

20080727_p7270882 外でのおやつが好きになり、他人が好きになり、他の犬にあいさつができるようになり、本当にひとつひとつだったけど、まろの今までの2年間はまろママ、パパの2年間でもあるんだよ・・・。

20080727_p7270876 福丸のソフトトンネルへのファーストチャレンジ。

「う~~ぅだいじょうぶかなこれってぼくのこと食べたりしませんよね」

福丸、出口にあるトリーツはほしいのだけれど・・・。

ちょっと尻ごみ中。

20080727_p7270878 「えーいっどうだ、よし食べれたぞ」

食べ物のためにやっているんじゃないかって。いいんです。それで。人間の最高のモチベーションがお金なら、犬にとって食べ物は人のお金に相当するもの。食べ物のために行動を起こすことは、一番意味のあること。犬が卑しくなるなんて、それは人間の犬に対する擬人化。ありのままの犬は、食いしん坊でいつも腹減りなのが普通です。

そのうち、アジリティーの跳んだり、くぐったりが犬の本能のハンテイングの疑似体験につながり、楽しいことプラスよいことにつながっていきます。

20080727_p7270880 独特の穏やかさを醸しだしている茶々丸も、トンネルクリアです。ちょっとシャイな子が多いシェルたちですが、その本質はハーディンググループ。

頭の回転も速く、自分に何が要求されているかすぐに理解してくれます。

「ガサガサが怖いけど、今日はおいしいことがたくさんでうれしいなぁ

20080727_p7270884 しばらくすると、途中で曲がっているトンネルもクリアできるように

20080727_p7270887それでは、華麗なるシェル一族を代表して、茶々丸のリードコントロールなしでの 跳越

「このぐらいはお茶の子ですよ

20080727_p7270885 「どうママさん、かっこいいでしょ、ぼくやる時はやりますよ

茶々丸母も、額に汗しながらの誘導。おじょーずではないですか

腕の曲がり方にも、母らしい力強さが見られて

20080727_p7270888 福丸も曲がったトンネルもクリアです。

このあと、福丸が大脱走してしまいました。広い川っぱらを駆け回ってしまいました。福丸の課題は、オフリードの呼び戻しだね。

20080727_p7270881_2 で、Liddellのアジのようすは、あまりにも早く障害を越えるので、デジカメで追えません。コンデジでは限界があるのでデジイチがほしいところです。あと、みなさんの写真をたくさんと思っていたので、Liddellのはあとまわしで次回までお預けです。

(画像は、スタートの合図を待つLiddell。神妙な顔もできるようです

ハードルは最初から越えることも高さもあるので、難なくクリアしますし、失敗してもあまり気にしない性格なので助かります。でも、トンネルは怖かったんですよ、最初はね。特に、曲がっているやつです。今日で二回目なんですが、どういうわけか脳の回路がつながってすぐにクリアできました。犬って突然でき始めたりするので、驚きです。でき始めると、指示も与えないのに出たり入ったり一人でしてました。

Lideellはスピードのある犬なので、へちまこのほうの体力不足をかおりちゃんに指摘されました。次の障害に行く時、Liddellのほうが先になってしまい指示が遅れてしまいます。指示が遅れるとうまく障害が越えられないので、これは人の責任ですね。

へちまこ、がんばらねば

暑い中、みなさん、初アジ、お疲れさまでしたね。

では、また次回楽しみましょう

« 英国のベルジの話その2 | トップページ | Liddell The Teaching Dog Ⅺ »

アジリティー」カテゴリの記事

コメント

日曜日は、お疲れ様でした 正直、茶々丸はあまりアジ向きではないと思っていたので、今回参加させていただいて、目からウロコでした 飼い主のやる気が問題なんですね!念願だったリデルや、まろちゃん、福丸君とも会えて。。。大満足です 茶々丸にとっても新鮮な刺激があり、とても有意義な日曜日でした。ありがとうございました

あ~~本当に暑かったね。でも、おもしろかったし、みんなすごく上手に出来てたね茶々丸もまんざらじゃないみたいだから、また都合が良かったら参加してちょ
涼しくなったら、わんだこ王子(ワンダー)も連れて行くね。
では

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暑かったけど、アジ、初チャレンジ。:

« 英国のベルジの話その2 | トップページ | Liddell The Teaching Dog Ⅺ »

最近のトラックバック

カテゴリー