無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« Liddell The Teaching Dog 13 | トップページ | 雨もようだったけど、アジ練 »

2008年8月19日 (火)

Liddell The Teaching Dog 14

せっかくの盆休みだったけど、アリスの獣医通いで終ってしまいました。左足前足の指のあいだにのう胞ができてしまい、切開して膿出して、消毒の毎日。

でも、ぽっかり空いていたのう胞のあとも、再生した自前の細胞で、もうすぐ埋まりそうなんでよかったです。犬も、年をとると、いろいろありますね。

ちなみにアリスの誕生日は、終戦記念日。国民の皆さまの黙とうでお祝いですhappy01

さて、小さい犬の飼い主の中には、大きな子と安全に遊ばせたいと思われる人もいるようですが、それこそ、子犬のころの社会化期での経験が必要じゃないかなぁと、思います。

          で、20080813_p8130946_2 こちらの画像、いかがでしょう?

Liddellと、ずいぶん前にアップしたことのあるM・ダックスのサミーです。まるで、Liddellがサミーを、襲っているように見えちゃいますねcoldsweats01サミー、すっかり大人犬になりましたね。

この二人の遊び方をみているとハラハラ、ドキドキしてきますか?サミーが食べられてしまいそうな感じはしますがshock

20080813_p8130948 これも、ふたりで仲良く?まろび、ころびつですhappy01

そう、Liddellはサミーが食べ物ではないことがよく分かっているのです。サミーもLiddellが本気で食べないことを知っています。

20080814_p8140952 Liddellがサミーを、狙っている?ところですね。

り「うんもう、サミーたらっ、食べちゃいたいくらい、らぶりーだわheart04

20080814_p8140951 り「もう、もうkissmarkくびすじがおいしそう」・・・ぱくっsign01

サミーのしっぽ、下がってないでしょ。Liddellの体のどこにも緊張がありませんね。これは、ふたりともこのフリープレイを、お互いに楽しんでいるところです。

20080814_p8140955 サミーは、未去勢の犬です。

たまに、自分と同じぐらいの♂犬には、「きみ、ここはぼくのテリトリーだからねっ」なんて、ガウガウしますが、いかにも自分より強そうな♂犬にはしないので、自分をよく分かっているのかもしれませんね。

20080814_p8140956 引き際が大事とは、このことだと思うのです。

相手のようすや、シグナルを読みとる能力があれば、すぐにケンカにはならないと思いますよ。犬は、相手がどのくらい強いかわかるそうですから。

小さなころの(特に社会化期)記憶の中に、誰と遇い、どんな風に遊び、どんなことを感じたかは、その犬の経験としてとても大事だなぁと、感じることが近ごろ多いですね。

004 Liddellには子犬のころに、いろいろな動物に会わせ、いろいろな人にも会わせてきました。

土地柄、ホームレスさんが多いこともあり、風体があまり良くない人にもどんどんかわいがってもらうようにしてきました。

20080201_p2010283 小さな友だちもたくさん作れるように・・・。

異種の生き物たちを、受け入れられるように・・・。

20080517_p51706542 それらが、Liddellの記憶の箱のなかに仲間として記憶されていてくれれば、へちまこの本望なんですが・・・。

テリーー・ライアンやダンバー博士がいうように、社会化期には毎日100人の人に会わせること、毎日、100のいろいろな経験をさせることは、子犬には本当に大切なことなんです。

20080811_p8110295_2 人の社会を、教えるのは人間しかできない。

犬の社会を、教えるのは犬しかできない。

その両方を、均等に教えることのできる環境を作るのも、人の努力なしでは、成り立たないんだよね・・・と、へちまこは思っています。

(上の画像は、3バウですねhappy01ここまで、成熟した犬語のすばらしさはある意味感動ものかもsign03

20080808_p8080878 皆さんもどこかのランや、公園、街角でTeaching Dogに出会えることがあるかもしれません。

もしかしたら、みなさんの犬たちの中にもすばらしいTeachingの素質を持っている犬がいるかもしれません。

20080808_p8080879 大きな犬が近寄ってきたときに、子犬の飼い主がその大きな子の犬語が理解できて、安心で安全であれば遊ばせてあげてほしいと思っています。

子犬同士のつきあいから、一歩進んで大人の犬との交流もいい経験になりますから・・・。

ちゃんと叱ってくれる犬や、Teaching Dogの中にはケンカの仲裁や、止めに入る子もいます。人が介入して止めるよりも、Teaching Dogが介入するタイミングのほうが、のちのち、自分の引き際を学んでいくようにへちまこは思えます。

ねっ、ももちゃんupwardleft

でも、大人の犬との交流の前に、自分の犬の性質や性格を知って、何かを補ってくれるTeaching Dogを選んでほしいとは思いますよ。

たとえば、咬みの強い子にはそれを教えてくれる犬とか、間違った犬語で会話する子をただす犬とか、犬が苦手な子にはやさしいTeachingができる犬とか・・・。

20080808_p8080891

そして、人間が忘れてはならないものは、

犬は平和を、望む生き物だということ・・・。

犬は、戦争なんてしませんよ・・・tulip

horse17日のアジ練のようすは2~3日、待ってくださいね。

« Liddell The Teaching Dog 13 | トップページ | 雨もようだったけど、アジ練 »

」カテゴリの記事

コメント

ブログ読みました♪
また9月に会える日を楽しみにしています★

candyさん。
会いに行くよ、と、いっておきながらごめんなさい。
私も、candyに会える日を楽しみにいています。

水曜日からブログ(過去の分)をズーッと読ませていただいています。もっと早く読んでいればCandyを悩ませる事なく育てられたかなぁと・・残念デス。 でも土手で「Candyの先生はあの子だ!」と勝手に決めてお願いした私はエライ!と自負しております!
もっともっとお話したいことがあるので、また聞いてください★
宜しくお願いします、

taurusこんにちわ。メールをいただきましたちょこと、いそのです。メールは前に拝見していたのですが、ご返事おそくなり、ごめんなさい。懐かしんでくれる方がいる、ステキなことだと感謝しています。でブログにやってきました。犬たちとの生活、相変わらず楽しんでいますね。アリスさんの具合はどうですか?ここのところは涼しいですが、今年は思い切り暑い夏です。また暑さが復活しそうです。ワンコたちがバテズに元気に暮らせますようにと祈っています。happy01

Liddellちゃんとサミーちゃん、とっても楽しそうですね^^

ぷりんやあんずにはこういう遊び方が出来そうにないので羨ましいです^^;

すみません。。。ミルクの件でメールします(→o←)ゞ

candyさん。
アーカイブから読んでいただいているそうで・・・ありがとうございます。
こちらこそ、改めてお願いしますね。
美人さんになった、candyに早く会いたいです。

那須はいかがでしたか? 
8月Candyも那須動物王国で大暴れしてきましたよ!
毎朝土手でラブとハスキーの先輩に遊んでもらっているCandyですが大人へと成長しているのかなぁ
1才になったおバカちゃんを見て下さいね!


candyさんも、那須へ行ったんですね。
liddellもサファリパークでは大興奮sign03
来週にはそちらに行けそうですので、
連絡しますね。
では。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/42190614

この記事へのトラックバック一覧です: Liddell The Teaching Dog 14:

« Liddell The Teaching Dog 13 | トップページ | 雨もようだったけど、アジ練 »

最近のトラックバック

カテゴリー