無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« 「5つの自由」の保障。 | トップページ | それぞれの、思いが・・・。 »

2008年11月13日 (木)

Liddell The Teaching Dog 24

20081112_pb121293Liddellのホームに新しいメンバーがふえました。

黒ラブのさくらです。さくらは、まだ1才まえ、なのにLiddellよりも大きくなってしまいました coldsweats01

でも、まだまだ幼さが残ってます。

久しぶりのニューカマーの登場で、さくらを相手にLiddellも楽しくTeachingをしてます。

20081111_pb111287  ここへ来るようになった当初、さくらは、ちょっと傍若無人でした。ラブは、すばらしい家庭犬になりうる犬種だと思いますが、無駄な力と知恵を使いすぎるので、けっこう犬同士のトラブルメーカーな行動が多い子もいますね。

さくらは、どちらかというと穏やかでメスのラブらしい優しいさをもった子だと思いますよ。

今は遊びさかりで、Liddellについて犬語の学習中のようですね。

Liddellに遊んでもらいたくて、つきず離れずで、Liddellのそばを離れようとしないんです。かわいいですね。Liddellが姿を現すと、いち早く、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!と、ごあいさつです。

20081111_pb111288 でも、最初のころは、よく叱られてました。

さくらもレトリバーのご多分にもれず、持来欲があって、他犬のボールやトーイを奪っていましたが、Liddellに何度か叱られるうちに、わかってきたようですね。

この画像は、Liddellがハンティングゲームにさくらを誘っているところです。

犬は、順位決めゲームやハンティングゲームをとおして咬みつきの抑制や犬同士の必要なシグナルを学んでいくといわれています。

20081111_pb111289 Liddellが、少し強引なほどにさくらを誘う場合は、何かしらさくらの行動を抑制しようとする場合いが多いかな・・・?

疑似餌を使って、犬をコントロールするのは、Teaching Dogによく見られる行動ですね。

り「あなたは、これで遊びなさい」

Liddellは、ここでの監視役ですから、さくらのトラブルになりそうな行動をコントロールしていきます。

20081111_pb111290_2 (´,_ゝ`)プッ

りーちゃん、ちっと、そりゃぁ強引すぎませんかぁ~~。

Liddellには、どうしてもさくらを、そっちに行かしたくない理由があるようですが、へちまこにはわかりかねました。

20081112_pb121291_2 さて、こちらのさくらは何をしているかわかりますか?

(画像をクリックして、ポップアップしますよ)

上手にカーミングしているところですが・・・。

20081112_pb1212911_3 全体はこんな感じ。

他のメンバーに対して、強引な行為があって、それをLiddellにたしなめられているところです。

Liddellの耳の位置でどちらが上かわかりやすい一枚ですね。

り「ちょっと、わきまえなさいよ」

さ「えへへ、わかりました」

こういう場面では、以前、さくらは吠えて抗議してましたが、近頃は素直に聞き入れる余裕が出てきました。

20081112_pb121292 犬のアルファロールを推奨する場合があるようですが、人が強引に犬をひっくり返すやりかたは、真のアルファロールではないといわれるようになりましたね。

子犬のころは、それが有効なこともありますが、犬が自ら自分の順位 を受け入れなければ、このさくらのLiddellに対するようなボディランゲージは、出てきません。

さくらは、子犬のような鼻声や少しかん高い声を出して、Liddellに甘えたりします。

この時も、Liddellの気を引きたくてわざと寝ころんでいましたよ(o^-^o)

20081112_pb121295 ボン子ちゃんとLiddellですね。久しぶりにボン子ちゃんに遊んでもらっています。ボンちゃんは、お母さんのような存在で、Liddellは一目おいているようですよ。

20081112_pb121296 さくらは、いっしょに遊びたいのですが、ようすを見ていますね。

さ「わたしにも、やらせてほしいなぁ( ´・ω・`)」

少し前は、強引に入り込んでLiddellに叱られてましたが、さくらの首が下がっているでしょ。犬語のあいさつができるようになってきてます。

20081112_pb121294_3 入れてもらえたようですねhappy01

それでも遠慮して、はじっこのところを咬んでいますね。

わきまえてきてます。

20081112_pb121298 ケンカじゃないんですよ。

仲良しさんですよ。

ここまでお互いのパーソナルに入れる関係は、人の手では築けませんってo(*^▽^*)o

Teaching Dogは咬んだりしませんよ。咬むようでは、暴力教師とおんなじですからね。

さくらは、オメガの要素があると思いますよ。Liddellをなだめるのが上手ですからhappy01

20081112_pb121299 これは、Liddellのボディブロックですね。

Teaching Dogによく見られるボディランゲージです。

Liddellの眼に注目です。

さくらとは、目を合わせていません。

敵意や対立のボディランゲージではないので、視線は合わせませんよ。教育的指導です。

この場合も、さくらの行動に何か原因があって、Liddellがそれを伝えているようですね。さくらの表情がかわいいですねぇ。

Liddellは、ずいぶんと落ち着いてTeachingができるようになりました。彼女も、来年の3月で3歳になってしまいます。早いもんです。

20081112_pb121300 たまに、まだまだこんなことしちゃうので、へちまこがLiddellを、Teachingします。

さくらには、もう、これほどの優位性を見せることはしなくてもいいんですからね。

さくらも怯えちゃっています。

Liddellは、ベータ要素がありますから、そういった部分ではこちらが気をつけてあげなくてはならないようです。

えばりんぼはいけませんよ。

りーちゃん。

« 「5つの自由」の保障。 | トップページ | それぞれの、思いが・・・。 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/43090934

この記事へのトラックバック一覧です: Liddell The Teaching Dog 24:

« 「5つの自由」の保障。 | トップページ | それぞれの、思いが・・・。 »

最近のトラックバック

カテゴリー