無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« 寒くなんかないよ! | トップページ | liddell the teaching dog 32 ダン・ジョージ酋長。 »

2008年12月25日 (木)

liddell the teaching dog 31 仲間という愛着。

みなさん、昨日はいかがでした?なにってxmasnightでしたよね。

へちまこんちでは、だんなとへちまことへちまと犬たちしかおらんかった、ちっと淋しげなイブでした。

まぁねぇ、バックパッカーの娘はイスラエルの本場もんのイブを見に行っているので仕方ありませんし、若者の代表、次男がイブの家にいるようではそれこそ考えもんですから、まぁ、それなりに楽しいクリスマスイブでしたよhappy01

Teaching Dogがいったい何なの分かりかねるという方は、一年前のアーカイブから読んでいただけると嬉しいんですが・・・カテゴリからいうと、ペットと犬になります。お時間があれば読んだください。

20081225_pc251401 さて、こちらは新しいメンバー、アメコカのチーズ、女の子で6か月です。

チーズのお父さんは、酔っぱらった勢いでチーズを買ってしまったそうですよ。

お母さんと娘さんからも叱られてcoldsweats01しまったようですが、毎日、楽しそうにお散歩に来ます。

チーズのいたペットショップは深夜営業もする悪名高い、あのペットシップなんです(この筋の人はよくご存じだとは思いますけどsweat01

へちまこのおひざ元で、よくもっpunchと、思っているんですangry

でも、チーズのお父さんのような良い人に出会えて、家族になって毎日楽しそうにしている二人を見ていると、こちらまで幸せな気分になりますね。

チーズはけっこう負けん気が強くて、おてんばさんです。

感心なことにリトリーブは、誰からも教わらずにやれるのでそのあたりはさすがに鳥猟犬のようですhappy01

20081225_pc251402 ただいま、Liddellから遊びのルールの手ほどきを教えてもらっています。

なかなかのやんちゃぶりですけど、そこがまたかわいいところですね(o^-^o)

Liddellも手加減をしながら、遊びます。

Liddellの口の中には、小さなボールがあるんですよ。

それが疑似餌ですね。

幼い頃、どんな遊び方をしたかで犬はその犬語の使い方を学ぶそうです。豊かな犬語のために、子犬には良質なお友だちを探してあげてください。また、偏った犬同士の付き合いは(同じ犬種)犬語のスキルアップは期待できないそうです。

いろいろな犬種と遊ばせることが重要なんですね。

チーズの今いる環境は、人との触れ合いも多く、食べ物などに頼らず、チーズの意思と好奇心で順応し適応力を育んでいます。

チーズは、積極的に周りの環境に働きかけれる頼もしい子なんですね。

20081225_pc251403_2

Liddellとの遊びも真剣に飽きることなくチャレンジします。

生後数か月の犬たちに、家族としてできることは、遊ぶ相手を慎重に選びなさいと、アンジェラ先生はお話してます。

そして、自由にその子がお話しできる環境をあたえてくださな。

そのためには、人がすぐに介入できる環境と、飼い主さんにそのスキルが必要になりますから、犬語をいっぱい勉強するべしpunch

チーズのお父さんも、Liddellと遊ぶチーズを始めてみて、「あらぁ、お前は負けず嫌いかぁhappy01」と新たな一面を発見してました。

20081225_pc251404

負けず嫌いは、悪いことではないですよ。

Liddellも相当の負けず嫌いですcoldsweats01から。

負けず嫌いは、その子の作業意欲の目安になるんです。

だからチーズは6か月の幼さでもレトリーブをけっこう長い時間やってくれるんですね。

また、犬同士で遊ぶと、その子本来の姿が見極めることができるようです。

チーちゃん、もしかしたらωなβ w(゚o゚)w

こうした犬同士の良好な遊びを通じて、子犬は同族の犬を仲間と認識します。

愛着を持てるということは、少々のつらい目に遭っても、乗りこえていける力を育んでくれますね。

チーズがもう少し大きくなれば、Liddellから教育的指導で叱られることもあると思いますが、こうした交流があれば素直に自分の間違いを受け入れ引き際を学んでいきます。

20081225_pc251408 ほら、アイコンタクトしてるでしょhappy01

遊んでくれるなら、人でも犬でも大好きになってくれます。

ただし、犬同士の遊びの場合、遊びの段階で止められないとだめですよ。

遊びの段階で止められないと攻撃に転じてしまいますから・・・だから、人が犬語を理解するのは大切ですね。

Liddellにとって、子犬をTeachingすることは、ごく自然な本能に基づく行動です。

Liddellは、自分に与えられたパックの平和維持のために、子犬に必要な犬語を教え、ハンティングゲームでサバイバルを学ばせます。

おたがい、生き残るためには無駄な争いを避けなければならない・・・。

犬のカーミングシグナルは、犬の保険ですよ。

その点人はどうなんだろうか?隣国の憂いは?ひかれるボーダーラインは?

犬たちの眼には、人はどのように映るんだろう?

20081218_pc181364 もちろん犬も争うこともあるけど、その引き際の良さは、人間には無理なような気がするね。

まぁ、人の精神構造はいろいろと複雑極まりないからね、Liddell。

えっ、犬になれってかぁ~~sign02

ではpaper

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

« 寒くなんかないよ! | トップページ | liddell the teaching dog 32 ダン・ジョージ酋長。 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/43527471

この記事へのトラックバック一覧です: liddell the teaching dog 31 仲間という愛着。:

« 寒くなんかないよ! | トップページ | liddell the teaching dog 32 ダン・ジョージ酋長。 »

最近のトラックバック

カテゴリー