Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« liddell the teaching dog 42 犬、犬に出会う。 | トップページ | liddell the teaching dog44 妨害(さくらとLiddell) »

2009年1月29日 (木)

liddell the teaching dog43 再会その2 健やかなれ・・・

20090128_p1281585健やかなれ・・・。

今日は、センターで譲渡された犬たちのしつけ方&お悩み相談に行ってきました。

センターで譲渡された子犬たちの共通する相談は、「怖がり」が一番多い。

もう一度、なぜそうなのかをお話して、新しい飼い主さんたちに理解をしてもらうしかないのだけれど・・・。

この子たちは、初めから暖かい人の手を知らない、優しい人の声を知らない・・・人の手がこの子たちの安心で安全な心のよりどころになるまでには、この子たちと一緒にのりこえてもらう以外に近道はないのです。

ペットショップという、金魚鉢のようなケースの中で人目に曝された環境にいたほうが、まだ人という動物を認知していたのかもしれないのですから。

20090128_p1281589 クチクロは、バッカスという神さまの名前をつけてもらっていた。

バッカスの飼い主さんは、へちまこのお勧めのとおり、抜けない構造のハーネスを使用してくれている。

飼い主さんは、毎日、2時間もバッカスを外に連れ出しているという。

柴犬の友だちができて、遊んでもらえるって、飼い主さんが喜んでいたね。

君は、犬との関係は心配ないようだし。

飼い主さんも、いろいろなものに慣れるように考えてくれているようだね。

バッカスは、ωの犬だね。陽気で犬語も上手に話せる。そして、学習速度が速い。このまま、人の社会に適応してくれればいいんだよ。飼い主さんも、優しいし、へちまこの説明をメモする熱心さを持っているし、何よりも君がかわいいという思いが伝わってきたよ。よかったね・・・バッカス・・・いい人に巡り会えて。

20090128_p1281588 ゆず、あれからは、お父さんとはうまくいるているそうだね。

(画像は、Liddellにあいさつをするゆず、上手に犬語のあいさつで来てますね

よかったよ。

まだ、ちょっと、それって犬語的におかしい表現だねっていう時があったけど、仲間を、いきなり咬まなくなってきたね。

甘えるしぐさも、自然に出てくるようになってきたし・・・。

この日も、何度か仲間との軽いいざこざがあったけど、人の介入なしに対立回避ができていたし・・・感心、感心。

叱らないで、好ましい行動ができる環境に犬を導くようにママには伝えておいたよ。

「この怖がり、いつ、よくなりますか?」って、そんなこと聞かれても、へちまこは「わかりません」としか、答えられないよね。

だって、ゆずたちは、意思も感情もある生き物たちなんだから、この先もまだまだいろんなことがあるに決まっている。

太助のは母が、「犬って、薄皮をはがすように良くなっていくようですね」と、語っていた。そう、いい言葉だよね。本当にその通りだよ

20090128_p1281586 花も来ていたんだけど、花は、外に出られないほど、怖がりらしい(画像はないんですぅ~)

外の環境にストレスを抱くほどなら、出す必要はないと思う。

今のところ、お家の中が一番花にとって、安心で安全で自分をリラックスできる環境なら、その中で家族が花の心のよりどころになってから、再チャレンジすればいいと思うよ。

あっ、花はチョコになったんだよね。

チョコの家族もいい人たちだよね。チョコは、子どもたちとも仲良くなったいたし。

よかった

20090128_p1281584 Liddellは、あいかわらずゆずのことが気になって仕方がないみたいだけど、ゆずには、もうそんなにお世話を焼かなくて大丈夫みたいだよ。

ゆずもバッカスも、チョコも、少しづつ薄皮をはがしながら、人の社会を学習し、新しい家族のもとで、健やかな犬生を送れると思うよ。

そして、Liddell・・・あなたが一番一生懸命にやってくれたに違いない。

犬のくせに犬語を話せないゆずのために、人を怖がり続けたバッカスのために・・・Liddellの教えた犬語は、この子たちに伝わってくれたと、思うよ。

また、来月、会えるからね。

では。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« liddell the teaching dog 42 犬、犬に出会う。 | トップページ | liddell the teaching dog44 妨害(さくらとLiddell) »

Teaching Dog(センター)」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。茶々丸母より愛をこめて・・・今回鳥さんネタ以外にコメントさせていただきました最近うちの近所の公園でも、センターに保護され、譲渡されたワンたちと挨拶するのですが、彼らは良い飼い主さんや、犬仲間と巡り会えた幸運なコ達なんですねもしかしたら、リデルにティーチングされたコがいるかもしれませんねへちまこさんのブログを見ているととてもよくわかります。ありがとうございます。

茶々丸家。
元気で何よりヽ(´▽`)/
譲渡ワンコと、お知り合いなんですね。
ぜひぜひ、仲良しさんになってほしいです。
救える命は少ないのですが、確実に幸運でありますよう、いつも願っています。
リデルは、ただ単にティーチングのお仕事を楽しんでいるだけのようですけど

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: liddell the teaching dog43 再会その2 健やかなれ・・・:

« liddell the teaching dog 42 犬、犬に出会う。 | トップページ | liddell the teaching dog44 妨害(さくらとLiddell) »

最近のトラックバック

カテゴリー