無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« liddell the teaching dog43 再会その2 健やかなれ・・・ | トップページ | チョー寒かったけど、アジ体験教室、後編。 »

2009年1月31日 (土)

liddell the teaching dog44 妨害(さくらとLiddell)

20090116_p1161472

さくらは、自分のしたいことやりたいことにとても素直な犬です。

まぁ、犬ですから自分の欲求を満たしたいだけで、問題行動でも不適切な行動でもないんですが・・・。

(画像は、他犬のボールを狙うさくらをボディブロックするLiddell。さくらがLiddell越しに狙っているのが( ´艸`)プププですね)

でも、他犬のボールを奪い、破壊する行為は度を越せば、人から見れば不適切な行動になってしまいますね(弁財額も上がりっぱなしでさくら母despairです)

さくらは、穏やかな子なんでボールを人が口から取り上げても(がっつり噛んでいますがcoldsweats01)唸ったり、噛みつこうとはしません。ただ、よその子の物も自分のものにしたいだけなんです。

さくらは、人でいえば反抗期なんですね。人の子どもの思春期における反抗が正常なことであるように犬にも反抗期があるんですよ。さくらのようにしたいことが手に取るようによくわかる犬は、いろいろとトレーニングがしやすい子なんですよ。

さくらとLiddellの攻防戦は、ここ数日、激しさを増してきていて、さくらがLiddellに(# ゚Д゚) ムッカーと、することも多くなってきました(どうしてさくらのしたいことさせてくれないのっannoy

20090116_p1161465 さくら、止められていますね。

このLiddellがよくやっている首筋を抑える行動(噛んではいないんですよ)犬を、コントロールしたがるタイプの犬によく見られるものですが、人も犬の行動を抑えるときに使えるものです。

ただし、子犬のころに犬同士のレスリング的な遊び、良い母犬からの教育を経験してないと、有効ではない場合がありますから、いきなりやらないでくださいね。特に大人犬になりきっていて、すでに人を噛んでしまったことがある犬には不向きです。

子犬期に人が教えておくべきなんですが・・・。

Liddellは、すごく力を入れてるわけではないんです。さくらは30kgぐらいあるし、Liddellは16kgしかないんです。

20090116_p1161467_2 さくらが本気になればその体重差で、Liddellをやり込められるのですが、さくらにはLiddellへの刷り込みが働いてます。

ジーン・ドナルドソン著「カルチャークラッシュ」の中の「誘惑を退ける方法」で、犬のしたいこと=自分へのごほうび(それも最高な)を、飼い主の号令を無視して手に入れようとしている場合、それは、徹底的に妨害するべしとしています。

Liddellは、それをさくらに実践しているんです。

人もこのぐらい、気合を入れて(暴力ではないですよ)妨害するべきなんですけど。

20090121_p1211515 さくら、ちょっとannoyってしてますね。

向こうからこちらのボールに向かって奪うつもりで来たところを、Liddellの妨害に会っています。

あたりが強い場合は、ぶつかる音が聞こえます。

ラブラドールは、痛みに対して耐性があるようですから(私が知っているラブで腹壁に穴があいてもへっちゃらな子がいましたcoldsweats01)それに当たるTeaching Dogもある程度のあたり強さが必要になります。痛みに強いということは、キレにくいこと・・・歯を使わないということです。

20090116_p1161468 さくらの“わかりました”ですね。

犬のボディランゲージ、積極的な服従のサインは、犬が自らするものであって、人が無理無理抑えて教えるものではないんですよ。

(Liddellもへちまこが首に手を置いただけで、動きを止めるようになってます)

犬語の世界を観察していると、犬の行動をどうやって管理すると効果的か、わかってきますね。

この妨害行為、犬がションボリするまでするのが効果的です。大きな子の飼い主さんは体力勝負になりますけど、さくらにはLiddellがいるので飼い主さんちょっと楽してますね。

しかし、このラブラドールという犬種の持つ、集中力と作業意欲はすばらしいと思います。さくらもその能力を良い方向に向けてあげると、goodの家庭犬になりそうなんですがhappy01

(Liddellもさくらも1時間以上、こんなことしてますよcoldsweats01人にはちょっとムリっぽいかな)

犬が犬をコントロールしているなんて、よくよく見てないとただの遊びにしか見えないんですが、犬語を知っているとわかってきますね。

20090129_p1291602

そうそう、Liddellは、ドクターストップで、今は走らせることができません。パッドの上にあるストッパー(腕球)がさけちゃって、走るたびに血が噴き出してしまうので治療中です。

動きが激しい犬なのでさけやすいそうです。

週明けにはなおっているかな?

では。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« liddell the teaching dog43 再会その2 健やかなれ・・・ | トップページ | チョー寒かったけど、アジ体験教室、後編。 »

」カテゴリの記事

コメント

こんにちはー^^
いつも、フムフム:そっかーと勉強になります。
画像がとても分り易いです(o^-^o)

qoomamaさん。
コメント、ありがとうございます。
わかりやすいですかっo(*^▽^*)o
そう言っていただけると、うれしいです。
さくらは、春の教室にお通いになるそうですよ。
よろしく。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/43904448

この記事へのトラックバック一覧です: liddell the teaching dog44 妨害(さくらとLiddell):

« liddell the teaching dog43 再会その2 健やかなれ・・・ | トップページ | チョー寒かったけど、アジ体験教室、後編。 »

最近のトラックバック

カテゴリー