無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« へちま少佐、入院す。 | トップページ | liddell the teaching dog 48 fun taskって楽しいぞっ3 »

2009年2月17日 (火)

liddell the teaching dog47 強いことはやさしいこと。

20081103_pb035115本当に強い犬は、やさしい。

Liddellの本来持つ性質は、βであるので犬同士の遊びの中で、つい、自分より弱い子への扱いが荒くなっちゃうときがあります。

いわゆるラフプレィですね。

これをほっとくと、弱い犬はいじめていいと教えてしまうことになってしまうんですよ。

ただ単に「あんた、だれ、わたしのほうがつよいのよ」ぐらいなら許せますが、明らかに相手がこちら無視をしている、怯えの服従ボディランゲージをしているのに手荒なことをする場合は許しちゃだめなんですね。

それが、いじめになってしまうんです。

よい出会いを数多く体験させるためにも、犬友にしたい犬の行動をよく観察するべきなんですね。犬の社会は序列がある・・・だから、強い犬は何でも許され、弱い子には強く出ていいなんて思っていては、ただの暴君を作り上げてしまいます。

優しくて強い・・・これが本当のαやβ、ωなんです。

もし、自分の犬が弱い子に強く当たる場合は、速やかにヒトが介入するべきなんですよ。相手が対立回避や服従のシグナルを使っているのに、さらに追い打ちをかけているのを見落とすと、モンスターができあがってしまうんです。

人が、遊ぶ相手の犬語をよく見なくてはならないのは、対立回避や解消シグナルの犬語を、自分の犬に学習させる目的もあるんですから・・・。

20081103_pb035131 LiddellのようにβDogの要素が強い犬なら、なおさら、人の介入が大切になります。

弱い子に手荒い犬は、幼いころ遊んだ犬が手荒かったことがあったりしますよ。

新しい仲間を迎え入れる場面で、その犬はどんなボディランゲージを使うか・・・これも、お手本となる犬が攻撃的なシグナルを得意とするなら、それをまねるのも当然ですから。

多頭で(3頭以上)遊んでいて、弱いタイプの子ばかりを追いまわす場合も、人が介入するべきでしょうね。

20081105_pb056187 さくらとそらとLiddellの場合、さくらはそらに挑戦的に絡むんですが、LiddellがそらをかばうようにLiddellに教えていきます。

そらは、さくらより、よりやさしい犬ですからLiddellにはそれを教えなくてはならないんですね。

Teaching Dogには、ここが重要な働きとして磨きをかける必要があるんです。

ただし、そのどちらをかばうかは、人が教えることはできません。

かばう相手の選択をLiddellが間違えたら、リコールさせる、または警告の声をかけて、動きを止め冷静にさせてからOK出しますが、ここでもかばう相手を指示しません。間違えたら、戻す、と、いうことを繰り返します。

かばわなければならない犬、Teachingを必要とする相手に間違いがなければ、ほめことばをかけます。

Teachingが好きな犬なら、それ自体がごほうびですから、犬をリコールする場合でも食べ物でのリコールはしませんよ。

食べ物がなければリコールできない犬では、食べ物のためにTeachingする犬になってしまいます。

人のためのTeaching Dogではないのですから・・・(食べ物ってヒトが管理してるでしょ)

では。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ
にほんブログ村

« へちま少佐、入院す。 | トップページ | liddell the teaching dog 48 fun taskって楽しいぞっ3 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/44087561

この記事へのトラックバック一覧です: liddell the teaching dog47 強いことはやさしいこと。:

« へちま少佐、入院す。 | トップページ | liddell the teaching dog 48 fun taskって楽しいぞっ3 »

最近のトラックバック

カテゴリー