Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« liddell the teaching dog49 犬たちの本意。 | トップページ | liddell the teaching dog50 センターへLiddellとともに。 »

2009年2月22日 (日)

「犬と猫と人間と」上映会。

「犬と猫と人間と」の上映会に行ってきました。

満員御礼の状況でしたので、みなさんの関心度が高いことがうかがえました。

映画を撮った監督自身が、日本の動物福祉の現状を知らなかった・・・と、舞台あいさつで語っていました。

作品は、声高に愛護精神を叫ぶものでもなく、誇張もありませんでした。

あるのは、人間として年間30万頭以上の犬やねこといった動物たちの殺処分にかかわる日本全体のへの問題提起でした。

このようなドキュメンタリーは、犬やねこを飼っている人ではなく、動物にかかわってないと思いこんでいる人たちにぜひ見ていただきたい作品だと思いました。

人の住む社会の安全のため、今日もどこかで、誰かが殺処分機のスイッチを押している・・・限りなくゼロに近い日がどの自治体でもなりますよう、祈らずにはいられません。

話は、ちょっと変わりますが、へちまこはある市の愛護センターで活動しています。まぁ、これはたびたびお話してますね。

最初のころ、センターの職員さんは民間のボランティアが入ってくることには、もろ手をあげて大歓迎なんてしてくれませんでしたから。

民間といっても私たちは「市の条例で組織化された市公認の動物愛護ボランティア」なんですよ。だからといって団体ではありません。

個人で登録し、個人で活動し、その活動に同意するもの支援するものが集まる形式になっています。

何かの動物がらみのことが市内に起きれば、ボランティアできるものが活動します。個人の意思が総意になることもありますし。

センターの職員さんは、へちまこの存在を、最初は用心して遠巻きに見ている人が多かったんです。

あいさつしても、しらーっとしてたり・・・「あぁもう、やめちゃおうかなぁ~」と、思う日も多かったんですが、二年・・・そう二年かけて少しづつその間隔をなくすように努めてきたんです。

今では、冗談もいい合えるし、おたがいの考えや気持ちを気遣うこともできるようになってきました。

そういった感覚になり始めたころ、気がついたのは「センター職員さんは、傷ついている」ということでした。

誰だって、好きで動物の命を奪うわけではないはずです。

センターの職員の中には、獣医先生もいらっしやるんですから・・・。

へちまこは、センターにかかわっている限り、市民の代わりに動物たちの命を、奪わなければならないという尊い仕事につく職員さんたちの心情に沿いたいと思っています。

そうじゃないと、センターに収容される犬やねこたちが不幸になりますから。

センターの職員さんが動物の問題で、へちまこやその仲間の手が借りたいとき、できるものには惜しみなく手をお貸ししようと思っています。

では。

「犬と猫と人間と」・・・数多くの人に見てほしいですね。

20090130_p1301603 犬密度、高し

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« liddell the teaching dog49 犬たちの本意。 | トップページ | liddell the teaching dog50 センターへLiddellとともに。 »

動物愛護関係」カテゴリの記事

コメント

私も見に行きました。
午前中だったせいか、知ってる人はひとりもいませんでした。

日本全国で上映してほしい、たくさんの人に見てほしいと思いました。

名前忘れてしまいましたが、この映画を託したおばあさんに見せてあげたかったなぁ・・・見たかっただろうなぁと思いました。

アンケートの用紙、あの場で書くことが出来なかったので郵送しようと思っているのですが、何から書いたらいいか、簡単にまとめて・・・なんて思っていると、なかなかうまく書けません^^;

書かなくてもいいと言っていたけど
せっかくだから、書いて送りたいと、悪い頭で考えてます(;^_^A

みゆさん、ご訪問、さんくす♪(o ̄∇ ̄)/です。
私も午前中行ってたんですよ。
会場のキャパが250人でしたので、そんなに来るもんか・・・と、ちょっと失礼なことを考えてました。
ところが満席
子どもたちにも、観てほしいドキュメンタリーですから、こちらでの上映会をするべく、今、代議士先生にお願いしてるところです。
その時にはご協力、よろしくです

アンケート、私も持ち帰ってきましたが、
まだ、白紙ですよ( ̄ー ̄)ニヤリ
いざ、書こうとすると書けませんね。

へちまこ様
ブログへのコメントありがとうございます。
この記事が、センターで働く方のことを考えるキッカケになりました。
ありがとうございます。
ブログをリンクさせて頂いてよろしいでしょうか。
よろしくお願い致します。

虫一郎さんへ。

コメントが遅くなってごめんなさい。

あああ、この記事だったんですね。
読んで下さってありがとうございます。

では、ひとつ虫一郎さんにお知らせを。
2010・02.21、ラゾーナにて「犬と猫と人間と」上映会を企画しているところです。

なんと、太っ腹なことに無料です。
am、pmの二回上映を予定してますので、ごらんになってないなら、どうぞこの機会をお見逃しなく。


私も虫一郎さんのブログ、リンクしておきますね。
今後ともよろしくお願いします。

なんと…!
はい、実は見ていません。一人では勇気が出ず、友人を誘ってみたりしたのですが良い返事がなく…というままに、とうとう見ていません。でも、ずっと気になったままで。。。
それが、なんというタイミングでしょうか。しかも無料!?大丈夫ですか?少しはいただいた方が^^;
お知らせありがとうございます。とりあえず、手帳にメモさせていただきました。

はい、着々と推し進めてますよ、虫一郎さん。

寄付や自前やいろいろな収入を、ボランティアの貯蓄にすべて回して、いつかとても有意義で動物好きのためだけじゃないイベントのために使途しようと思ってました。

スッカラカンになっても、悔いは残りませんとも


これを機に、ボランテイアで開催していたセミナーを再開する予定でもあります(3月予定)

市公認のボランティアが発足して10年…10年ひと昔というように情報も新しくなりました。
また、新しい会員のために動物福祉等について勉強できる場をご提供するのも必要になりました。
もちろん、会員ばかりではなく一般の方の聴講もできます。

どうぞご期待下さいね。

私には、愛護の問題は難しそうだから…と尻込みしてたのですが…友人が「引き寄せの法則」とかなんとか言っていたのです。。。
考えるべき時が来ているのかもしれないですね。
3月ですね。
へちまこさんからクリスマスプレゼントを頂いた気がします。
ありがとうございます。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「犬と猫と人間と」上映会。:

« liddell the teaching dog49 犬たちの本意。 | トップページ | liddell the teaching dog50 センターへLiddellとともに。 »

最近のトラックバック

カテゴリー