Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« へちま少佐の容体 | トップページ | liddell the teaching dog49 犬たちの本意。 »

2009年2月20日 (金)

シーズーちゃん・・・。

20090219_p2191664 今から、ちょうど一週間まえ、近所の子どもたちが、画像のシーズーが迷子らしいけど、どこの子か知らない?と、訪ねてきた。

聞けば、へちまこの自宅からワンブロック先の小さな路地をうろうろしていたという・・・。

近所の誰かさんの犬で、うっかり独り歩きかもしれないから、少し預かれるなら預かってあげて、おまわりさんと保健センターの動物係の人と近所のトリミングのお店にも訊いてみてと、アドバイスして一週間・・・・。

飼い主は現れないのだ。

トリミングの青いリボンをつけ、使い古してはあるけどヴィトンの首輪をしているのに・・・。

トリミングの状態からは、ふた月以内にはきちんと出していることがうかがえるのに・・・。

何かの理由があったにせよ、どうして置き去りのようなことができるのだろうか?

いきなり放り出された犬の眼には、不安が積り、精一杯、いい子を演じようとしている。

現在、ひと組の方の連絡待ちですが画像のシーズーの里親さんを募集します。

シーズー、♂、ゴールドが強いく出ている、はっきりとした色合い。

年齢、たぶん5~8才くらい。 未去勢。体重3~4kgぐらいです(小さめ)

排泄は、外でのようですが家の中では粗相は今のところないようです。

ほとんど吠えませんが、犬は苦手なようです。

初対面の人には、最初だけ怯えますがすぐに懐いてくれるようです。

ただいま、第一発見者宅にて保護されていますが、おとなしい性格のため先住犬(チワワ、ダックス)とは、うまくいってないとのことで、もう少し穏やかなお家を希望してます。

詳細を知りたい方は、コメントランにて未公開としてご連絡ください。

では、よろしくお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« へちま少佐の容体 | トップページ | liddell the teaching dog49 犬たちの本意。 »

動物愛護関係」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シーズーちゃん・・・。:

« へちま少佐の容体 | トップページ | liddell the teaching dog49 犬たちの本意。 »

最近のトラックバック

カテゴリー