Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« liddell the teaching dog 59 豊かであれ。 | トップページ | おっ!NEW »

2009年4月17日 (金)

liddell the teaching dog60 お子ちゃまはお好き?

20090415_p4151799 さて、今日のLiddellはご近所の女の子と遊んでいます

この女の子は、Liddellが子犬の時からずぅ~~うと遊んでくれるいわばLiddellの友だちです。

Liddellの表情は、どうでしょうか?リラックスして、この子と遊ぶのが本当に楽しいと、語ってますね

人の子どもが苦手な犬が多くて、そのお悩みもよく耳にしますよ。

人の子どもへの慣れは、ぜひとも頑張っていただきたい社会化の一つだと思います。

ただし、人の子どもにも犬とのつきあい方を学んでくれないと、自分の気持ちを押しつけてしまいがちですね。そこん所を子どもに教えていきますよ。

20090415_p4151800 子どもって、犬と遊ぶときも真剣に遊ぶんで、つい、やりすぎってこともあります。

そこは犬と同じかな。

この子は、きちんとハンドサインでLiddellの動きをコントロールしてますね。

Liddellは、犬同士の場合、画像のような場面ですと、飛びついて力ずくで奪おうとしますが、子どもにはしないようにコントロールしてあります。

また、この子にも犬の動きを制御できるように教えてきてます。

Hちゃん「まって、Liddell。」

うまいです。

上の画像のLiddellの飛びつきをコントロールできてますね。

Liddellにも冷静さがあります。

セルフコントロールできているということです。

20090415_p4151802 Hちゃん「Liddell、フセ、いい子ぉ~~おりこうさん」

へちまこも幼いころ、犬と遊ぶことが大好きでした。

けれど、それはやはりその犬が安心で安全な犬であり、犬も子どもって私たちとはちがうけど、大切な仲間だと認識していたと思います。

あとは、慣れなんですね。子どもの動きや奇声に早くから慣らすことと、少し乱暴な扱い方に犬を慣らしておくのも必要だと思いますよ。

ほら、子どもっていきなりつかんだりするするじゃない。

それから、重要なこと。いくら慣らしてあっても大人の監視下で必ず遊ばせ、目を離してはいけないんですよ。人の子どもですからね、相手は。

20090415_p4151801_2 Hちゃん「だして、オフっ」

犬の口に触れないように教えてあります。

咬まないと思いますけど、やはり犬ですからね。

歯が当たってしまうこともありますから・・・犬ですからね。

口からむりくりとりだすなんて、そんな怖いこと人の子どもに教えられませんって・・・犬ですからね。

子どもと遊ばせたいなら、犬にもその遊び方のルールを教えていかなくてはね。

なんせ、相手は犬ですから。

20090415_p4151792

いっぽ間違えば、子どもを引き倒す恐れのある遊びのようですが、これは本能に基づいた遊びですから、あまり心配はありません・・・。

ですが、犬がこれは遊びだと判断できるようにくりかえし、小さなころから、学ばせる必要はありますよ。

犬は、たぶん人の子どもだという意識はなく、子どもはまた別の生き物と思っているようですよ。

ハンティングゲームですね。

獲物は、Hちゃんが手にする軍手ボールです。子どもの服や体には触れないような遊びをさせますよ。

犬が好む順位決めゲームは、子どもとは絶対やらせてはならない遊びでだそうです。

Liddellも、これは遊びだとよく理解してますが、やはり監視は必要です。

なんせ、犬ですから。

大人の介入は速やかにが、モットーですよ。だから、より一層の犬語を学ばないとならないんですね。

20090415_p4151805 Hちゃん「うんうん、そだね、大人って勝手だよね。Hもね、そう思うよ・・・ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャって」

何だか、思わずほほ笑むようなシーンですね。

いったい、何を話してんだか

ちなみにプライドの高いワンダーは、子どもはあまりお好きではないんですが、芸もので子どもたちと意思の疎通ができます(要、トリーツ)

アリスは、Hちゃんのように犬と戯れることができない犬初心者向けの犬です。

大きく動いたりいきなり動くこともなく、どこを触られても平気ですが、子どもにやりすぎがあれば、静かにその場から離れる犬です。

なぜ、犬が離れたかを子どもに学ばせることができます。犬だって、我慢の限度がある人と同じ生き物だってこと、知ってほしいですからね。

20090415_p4151806 Hちゃんの夢は、動物のお仕事だそうです。

り「なれるよ、H。リーちゃんと遊んだことを忘れないでね。リーちゃんも忘れないから・・・」

ワ「余も、わすれずにおるぞよういやつだ、ちこうよれ」

犬と子ども。

無垢であるから、言葉のない世界で相寄れるのかもしれませんね。

では。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ
にほんブログ村

« liddell the teaching dog 59 豊かであれ。 | トップページ | おっ!NEW »

」カテゴリの記事

コメント

犬たちとこどもと言葉のない会話、大人になるとどうして忘れちゃうんだろうか。。。
今日は、わん音楽隊の練習なかったのですか?
アップ楽しみにしています^^

ご訪問ありがとうございます、qoomamaさん

子どもと犬って、本当に波長があうんだけど、どうして大人になると忘れちゃうんだろね

子ども時代に犬やその他の動物たちとの好ましい交流を、手助けしたいですね。

fun taskのレッスンは、火曜日に移動しました。今週は、で流れてしまったんですよ。
来週に期待くださいね。

お久しぶりですぅ~
とても素敵なシーンですね!子供と犬って・・・
私が子供の時には、近所の犬は皆つながれていて、
こんな風に犬と遊んだことがなかったものですから、
とってもうらやましいです。
ところで、リーちゃんブログ毎日いちポチしていますが、
今日はシェパード位でしたよ~
すご~い!いつも読み逃げでごめんなさい。

前回のおじちゃん、おばちゃんページでもグッときました!茶々丸は八百屋のおばちゃんが大好きです。
普段はリードを引っ張らないのに、八百屋ルートは引っ張る引っ張る!
うちの場合はお目当ては果物ですが・・・(恥)
ポチっとする場所がない時は、前の項目に戻って押してますが、それでいいですかぁ?
今日もポチっと

茶々丸母、ご訪問さんくす♪(o ̄∇ ̄)/

この辺りは、今時珍しい下町風なんです。子どもも、ウジャウジャいて隣の中ーボーなど、暇さえあればスケボしてますよ。髪赤くして…でもとても気を使っていて礼儀正しいですよ。

犬と子ども、抜群の取り合わせにするのも社会化期の飼い主さんの犬に対する知識なんですね。
私もレディ(故)のときにはずいぶん後悔しました。家の子どもには寛容なのに、よその子どもは排除の対象でしたから…。同じ轍は踏まずですね。

ぽちっと、いつもですかありがとうございます。訪問するだけでカウントされるようですが、私自身があまりこだわってないんで、バナーはるの忘れたり、ボランティアに関係ないこのかなと思うと、バナーはらなかったり。
でも、ぽちっとはうれしいですよ。
応援してくれる人がいるって、ありがたいことですものね

これからもよろしくお願いしま~~す

いつも読み逃げ状態でごめんなさいm(__)m

リーちゃんの生活環境は素敵ですね

ウーも子供と(大人もか)とにかく遊びたい遊びたいなので羨ましい限りです。

子供も犬も純粋なのに大人が入ると…

これからもリーちゃんの毎日を楽しみにしています

読み逃げ、大歓迎ですので気にしないで逃げてってくださいね、ウー&レイ母さんヽ(´▽`)/

タービュレンは、よく見るとかわいい顔してると思うんですけどよく子どもたちに怖がられませんかでも、気は優しくて力持ち小さな子どもにも忍耐強くお付き合いしてたり…。
ウー君も、ゼウスの血が騒ぐのかしらね。リデルもとにかく遊び好きです。
こんなに遊んでていいのか、うらやましい限りですよ人間はっ

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: liddell the teaching dog60 お子ちゃまはお好き?:

« liddell the teaching dog 59 豊かであれ。 | トップページ | おっ!NEW »

最近のトラックバック

カテゴリー