無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月29日 (金)

稼働、30分前。

20090525_p5251923 このゴールデンが入れられているステンレスの箱は、このまま処分機に運び入れるための箱です。

この一頭のゴールデンの運命はこの箱に入れられた時点で、殺処分が決められています。

この日、へちまこは突っ返されたタロのために、センターを訪れた初日でした。

タロとタロ担当の職員さんにアドバイスをしていると、ゴールデンを連れて男の人が事務所に入る影がチラチラと、へちまこの目をかすめました。

出てきた男の人の傍らには、あのゴールデンがいません。

放棄か…(心の中では、チッと、舌打ちが出てしまいます)

運命とは、偶然とは、どこかで分岐点があるならこのゴールデンを救う、タイムリミットは明日の9時までなのです。

20090525_p5251924 タロのアドバイスが終わって、センターの職員さんに無理をいって、先ほどのゴールデンを見せてもらえるか、頼みこみました。

全国一殺処分数の少ないこの市のセンターは、昭和47年に建てられてますが、当時は殺処分機のオートマ化が進んでおらず、滑車のついたこの箱で処分機の中に職員さんが直接運び入れることになっています。

原則として、飼い主放棄の犬はその時点で殺処分が決められています。

「開けて、写真撮らせて。」

やたら頑丈な作りの箱のかんぬきが外されると、まぁるい目の不安げなゴールデンが現れました。

「いくつ?」

「10歳から11歳で♂。」

「なぜ、放棄?」

「経済的な理由からです。」

「ああ、だから骨と皮だけということなのか?・・・。」

「これから探すんですか?明日の朝9時には機械はうごきますけど・・・。譲渡の条件には不利ですよ、歳がいってますし。」

「わからない・・・でも、知ってしまったし、見てしまったし。とにかく明日9時までできる限りやってみるから・・・。」

それから、思い当るところに連絡して、深夜まで待って、朝がきても時間が迫るだけで・・・。これもあの子の運命か・・・と。

そして、処分機の箱が開けられて、この子を出せたのは稼働30分前でした。

運命とは、偶然とは不思議なもので、あの日ではなかったら、あの時間でもなかったらへちまこはこの子のことを知らずにすんでいました。

話で聴いても、処分機の箱までを開ける気持にはならなかったかもしれない。

とりあえず、この子は自分で運命を引き当てたのかもしれません。

それは、ラッキーという運命を。

そんな事とはつゆ知らず、放棄されても元の飼い主が現れるのを期待するこのゴールデン。

そういう生き物だから、愛おしい。

qoomamasさん、ありがとうございました。

では。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ
にほんブログ村

2009年5月27日 (水)

liddell the teaching dog 71 くるみとLiddell。

20090526_p5261925 少し、遅れましたが火曜日のfun taskのようすをお伝えします。

画像のパルは、何をeyeてるのかというと、ラジコンカー。

レッスン、そっちのけで見入っていますねhappy01

パルのこういうところテリアらしくて、面白いですよ。

20090526_p5261926 先週、パルの画像がなくて、この日はパルの写真をたくさんと、思ってましたけど…。

パルの真剣なまなざしを撮ろうとしたら、

「あんっsweat01じゃまよsign01あの、変な生き物が見えないからどいてっannoy」って、言われてしまいました。

はいはい、どうぞどうぞ、好きなだけ見ていてください。

パルとさんごも最初はケンカばかりしてたようですけど、今は、おたがい認め合っていますよ。

さんごも少しお姉さんになりつつあるようです。

20090526_p5261929 さて、犬同士の遊びに定番ものは、こちらのふたりは、追いかけっこと、あげないよゲームでしょうかね。

Liddellが、新参者のくるみをフリープレイにお誘いしていますね。

り「そこのオチビちゃん、わたしと遊ばない?」

同じシグナルですね。

くるみのキャーという声が聞こえてきそうです。

20090526_p5261930 くるみ、Liddellを挑発してますね。

遊びのシグナルは、犬の口の形に注目してくださいね。

ふたりとも笑顔です。

くるみの顔、相手のシグナルを真似してますね。

20090526_p5261931 Liddellのようなちょっと野性味の強い犬は、小型犬とのフリープレイからは目が離せません。

襲わないとは思いますが、どこで捕食衝動が誘発されるのか、わかりませんからね。

20090526_p5261932 り「どう?このボール、ほしくない?」

Liddell、頭を下げてくるみを誘ってますね。

この頭を下げるシグナルも、よく分かるように大きく下げる子もいれば、かすかに下げる子もいます。

20090526_p5261933 Liddellのスペシャルです。

くるみをハンテイングゲームに誘いたいので、同じ行動に出ました。

相手に脅威を与えないように小さくなる作戦に出た、liddellです。

人同士の関係でも、相手と同じポーズをすると、それとなく親しみが持てるそうですよ。

20090526_p5261934

今このふたりのわくわく感、最高潮にたっしてきてますねhappy02

このあと、キャーキヤー言いながら、ふたりで追いかけっこしてました。

うふふ、楽しそうでですねheart04

くるみは、遊ぶのが大好きな子なんです。

人とも遊びますし、犬との遊びも上達してきてますね。

でも、どちらかに偏らないようにしなくては、なにごともバランスが大切ですね。

遊びを通して、シグナルを学べるのが犬語の習得の理想だと思いますよ。

犬語を使っても、相手が犬語の意味をしらないければ、それは保険でも何でもなくなりますから。

まぁ、いろんな意味で過剰なまでに犬をコントロールするようなトレーニングは、へちまこはあまり魅力を感じませんしね。

ごく自然に出会い、、多少のいざこざはあってもそのうち受け入れて、同族の言葉を学べる環境って、大切ですよね。

20090403_p4031745 

  Liddell、いい加減にやめてほしいんですけどcoldsweats01 

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ
にほんブログ村

2009年5月25日 (月)

liddell the teaching dog 70 壊さないでください。

20090525_p5251905 今日ほど、同族に対して頭にきた日はありませんでした。

なぜ、そういう心ない人間が動物を飼おうとするのか?

画像の子は、昨年3月に他自治体からわざわざ受け入れさせてもらった子犬なんです。

この子は、先週ひとりで徘徊しているところをセンターに保護されました。

どこにでもいるような雑種の子で、センターの職員さんもリーダーをかけるまでは、そんなことがあってたまるかと、思っていました。

この子の体に埋め込まれたチップの履歴は、センターで埋め込まれ譲渡されたことを示したのです。

当然、飼い主に連絡しました。

すると、返ってきた返事は「あぁ、ぜんぜん懐かないし、逃げても今までの犬は家へ帰ってきたのにその犬はバカ犬だからいらない」と、言われたといいます。

職員さんの説得にも応じず、「もういらない、散歩に行ってもくるくる回っているだけで、前飼っていたポインターはそんなことはなかったのに・・・」

20090525_p5251904 この子は、山梨から他の2頭とともに春まだ浅い、3月にこのセンターに来ました。

子犬を望む、市民のみなさんの要望にお応えして・・・。

子犬たちは、寄生虫などの駆虫などが済んでから、譲渡されたのです。

その中の、一頭がこの子でした。

一年ぶりに再会したこの子は、汚れた体に伸び放題の爪・・・そして、リードを持つ人を中心として、その周りをグルグル、グルグルといつまでも回り続けます。

くっ(ノ_-。)空しいっweep

常動行動・・・一心不乱に何かに取りつかれたように回り続けるこの子の行動は、貰われた先での暮らしは、決して幸せではなかったのだと、物語っているのです。(動画があるんですがつらくてのせられません)

頭にかざされる手や、優しくなでようとする手を、避けようとする動作は体罰に遭っていたことの証明にほかならないのです。

壊されちゃったんだ・・・この子、ごくふつうに人に懐いていて、ころころとした子犬たちだったのに・・・つながれっぱなしだったに違いない・・・同族との触れ合いもなくて、知っていた犬語も忘れていたようで、Liddellに正面から突進するので、三度目には抑え込まれて泣きわめいてしまいました(咬んでませんからcoldsweats01

Liddellは、「なんて無礼で行儀の悪い犬だ」と、教えているだけですから・・・。でも、その後は、Liddellのそばを通る時は顔をそむけ、目を合わせずでしたから、少しずつ思い出してくれそうです。

でも、いい子です。どんなに抑え込まれても咬むということはないし、人に歯をあてるようなこともありません。安心で安全な環境やストレスのない暮らしが送れれば、初めて会ったころのこの子に戻ってくれるはずです。

20090525_p5251910_2 とりあえず、自分の身体がどこにあるか認識させるためにハーネスを用意してもらって(こういう子ってハーネスにすると落ち着くんですよ)リードは長め、くるくる回る行動を無理やり止めさせないで、十分な遊びと(キューキュートーイ大好きでしたhappy01ということは、ハンテイングゲーム好きかもgood) 運動、それから自発的に人とのかかわりを持てるような環境作りをお願いしてきました。

画像は、行動制限をしないように歩かせながら、たろ君と(勝手に名前つけました、以前の名前なんて捨てちゃえsign01punch)呼んで、ふりむいたら、ごほうびを繰り返すをしているところ。

来週までの課題ですね。

20090525_p5251909 で、ハルが吠えて困るというので、ちょっと観察してみると、

警戒吠えでした。

その警戒吠えをするたびに職員さんが声をかけたり、叱ったたりするのでますます吠えるハル。

警戒吠えをしていてもいいから、近くに来てもらって食べものをあげてほしいこと。

そのうち、こっちにきて食べ物が欲しいと吠えるようになったら(そのまま吠えなくなる子もいます)それは要求吠えだから、今度は無視して吠えなかったらごほうび。

吠えることを否定せず、吠えてもいいけど、吠えない方がお得作戦で行こうpunchねっハル。

20090525_p5251919 ふれあい犬のリハーサルをするハルですね。

そうそう、ドンドコもらおう、おいしいもの。

へちまこは、今日、みなさんのために自家製手作りおやつをご用意してきましたよ。

happy01ロクも、ほしいよね。

20090525_p5251920 ちょっと、お子ちゃまが苦手なハルだけど、その調子ならいずれ慣れてくれるでしょう。

今日は、暑いくらいだけど風が気持ちいいよね。

20090525_p5251907 Liddellは、小さな動物さんも大好きです。

えっ、食べようとしているんじゃないかってsweat01

thinkそんな、でも、無きにしも非ずかsweat02

20090525_p5251921 うさぎちゃんと、heart04kissmarkですね。

犬を怖がらないので好奇心で寄ってきてくれますよ、ここのうさぎちゃんたち。

20090525_p5251918 モルちゃんもいますよ。

いいねぇ、Liddellhappy01

やさしくだよぉ~~。

バウをしたり、フセでにじり寄ったり。

どうにか、モルちゃんとリアルコンタクトをしたいLiddellです。

20090525_p5251914 あ~~よかったねぇ。

やっと、きてくれたねぇo(*^▽^*)o

野性味の強い犬種だとよくいわれますが、Liddellはそこのところ忘れてくれているのかな。

かわいいねぇlovely

モルちゃんchick

20090525_p5251915 こうして、この男の子と飽きずにずぅーと、モルちゃん、ウサギちゃんを見てました。

20090525_p5251911 また、来れるよ。

たろ君のこともあるしね。

えっ、Liddellもひとこと言いたいって、人間たちに。

リ「お願いです。

どうぞ、壊さないでください。

私たちの仲間の心を・・・。」

では。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ
にほんブログ村

2009年5月23日 (土)

ハーネス、考。

20090211_p2111640 ハーネスにするか、カラーにするかは、個人の選択だと思います。

(画像のハーネスは、カモフラ4号)

ただ、いままでハーネスを使用する飼い主=しつけに消極的と、解釈されることが多かったように思います。

その一人だったのは、へちまこも同じなんですよ。

犬のトレーニングまたは訓練には、チェーンカラーが定番だったころから犬とのかかわりがあったものですから、当然、最初は使用してました。

しかしねぇ、あまり良いものではないと、考えはじめて、そのうち、何で犬をしつけ(そもそもここが間違いなような気がするんですが、慣例に従うとこれが一番わかりやすいのかも)なきゃいけないのかと考え始めると、やはり人中心な世界だから、犬をその社会に取り込むためなら、やはり、人の社会のルールを教えてあげないとならないわけですよね。

それは、すばやく、スワレやフセや、脚側につけることではいと、思ってますけどね。

20090502_p5021776 人は、犬のリードを持った時からなぜか優越感を持つ人もいて、普段、穏やかな人でもリードを持たせた途端、平気で強制的なことを犬に行う人も出てきてしまうような感じがします。

(画像のハーネスはモスグリーン4号、只今自転車伴走中)

どこかのトレーニングセンターでは、それを予防するために、犬の体には物理的な接触をもたせず、辛抱強く(人が)オペラント条件付けと陽性強化でトレーニングを行っているそうですよ。

(米国のPrisonだったかな?)

話を元に戻しますね。ちょっと、それましたので・・・。

ハーネスにこだわる理由にひとつは、その、人は常に犬に優位でないといけないと思う、思い込みをすてたいこと。

犬が先行すると、支配性の表れだとか、この犬はアルファだとか、なんだかもうやめて下さいよという気分です。本当のαは、ずんずん前を歩きませんって・・・だって、参謀ですよ。参謀自らが危険と隣り合わせなんてことしないと思うんですけど。

だって、群れが危険にさらされちゃうんじゃないですか?けんかっ早い子もただ単に乱暴な行動が多い子もαじゃないと思いますよ。

犬は、咬んで教育すると思われがちですけど、歯を使うのは(相手に痛みを加えるのは)最終手段で、その前にいろいろなシグナルやボディランゲージを駆使して犬なりに意思を伝えさせることを教えられると、思いますが。

だいたい前を歩く子は好奇心が旺盛な斥候タイプのやつか、まだ、若くて自分をうまくコントロールできない子じゃないんですかね。あと単に前を歩くのが好きって子もいると思うんですが。

20090519_p5191881 あと一つの理由が、このブログで、何度も、折にふれ、くりかえし記される犬語の自由な表現を奪いたくないから。

トゥリッドやアンジェラがいうとおり、犬語のシグナルは本当にかすかですよ。

(画像はワインカラー4号、モデル太助)

へちまこもいまだに見落としがあって、あとで、「ああぁ、そうか、ごめんねsweat01」のほうが、いまだに多いんですからcoldsweats01

そういった意味でも、ハーネスは重要だと思うんですね。

20090523_p5231893 犬の首って、自然にしてると下がっているんじゃないかしらね。

(画像のハーネスはピンク5号。モデルさくら、32kg、痩せましょうねcoldsweats01若いんですからsweat02

ほらね。

もし、カラーだったら、そのカラーが固定された状態でいたら、犬は自由に犬語を話せないと、思うんです。

よそ見をすると、張り手が飛んできたり、一瞬でも首に物理的な力を加えて、人の方を向かせる行為は、やはり、なんだかなと思ってます。

20090523_p5231894 えっ、ハーネスでも力を加えないかって、加えますよ。

(画像は、ロイヤルブルー3号、モデル小次郎)

でも、このフリースリードハーネスのような作りですと、後ろから手をまわして抱きかかえる感じだと思いますけど。

まぁ、最後にフリースリードハーネスの説明書、書き連ねておきますね。

商品タグとして付いてくるものを訳しました。自己流ですけどsweat01

フリースリードハーネスは、カラーによる首や咽喉の刺激からくる痛みによる過剰なアドレナリン値を平常値に戻すことができること、犬がボディランゲージをより自然な形でリラックスした状態で表現できること、犬を落ち着かせる効果と社会的なシグナルの成長を阻むことがない。

犬らしく、暮らしてほしいなぁ~~、犬なんだもの。でもって、人との暮らしも楽しんでくれるのが、へちまこの理想ですけどねhappy01

では

2009年5月20日 (水)

Liddell The Teaching Dog 69 犬語を学ぶ機会。

20090519_p5191877 今日は、fun taskの日でした。

cloudがちなお天気でしたので犬たちも楽そうでした。

画像は、先週から入隊したくるみ。

満面の笑みですねlovelyheart04うふふ、かわいいですね。

さて、せっかく入隊したんですから、bellのパートが決まりました。

notesラです。

もう少しで、大きな音が出そうです。

でも、押しつけずにくるみと練習してくださいね。

犬がそっぽを向くときは、「少し、落ちついてください」と、人にお願いしている時かもしれんせんよ。けっして、やる気がないわけではないんですよ。犬語のひとつ、「どうぞ、落ちついてくださいな」かもしれませんからね。

20090519_p5191870 くるみは、「教室」にも来てくれています。

いろいろなことに気遣いがある飼い主さんと、巡り会えたくるみは幸せでしょう。

ただ公園とお散歩の日々もいいんですけど、犬と何かをするということ、犬と一つのことにチャレンジすることは、犬とのコミュニケーションの絶好の機会なんですよ。

画像は、「おいで」のレッスン中のくるみ。

自信たっぷりの表情ですね。

20090519_p5191875 どんなに犬と遊ぶことが大好きな太助でも、やはり、母が一番好きheart04

太助も母がいなければ、Liddellとは遊ばないんです。

信頼のおける保護者として太助の母、太助からの敬意に気づいてますか?

この顔は、食べ物だけで築いてきた関係ではないと思いますよ。

20090519_p5191883 指示された場所へ移動するというトリックです。

よく聞きわけるようになってきた太助です。

真剣なまなざしheart04

20090519_p5191884 た「どうよっsmileかーちゃんgood」そんなことばが聞こえてきそうでしょhappy01

みんな、最初は何もできなかった。

でも、ひとつづつtaskの数が増えてきたね。

Liddellと、ずぅーと、遊んでばかりかと思われる太助でしたが、ちゃんと人の社会にも適応してきてますね。

20090519_p5191885 た「どうよーーーかーちゃんsign03おいらってすごいでしょpunch

太助母も確実に成長してますよhappy01

犬の扱い、上達してますよ。

人と暮らすんですから、人の社会への社会化が一番重要だと思っています。

人とのかかわりを自ら求める犬であってほしいと思ってますよ、ねぇ、みなさん。

20090519_p5191887 Liddellも自分のパートはこなせるようになりましたよ。

お聞かせできなくて申し訳ないですけど、ちゃんとみんなでとおしで奏でるとこができるようになりました。

り「こうでしょnoteねっheart01

かわいいような気がする~~happy01

20090519_p5191889 り「これは、レよね。レ、レって2回たたくのよね」

そうそう、よくできるようになったねo(*^▽^*)o

bellを咬み砕しそうになったり、音が出たとたんビビったりしてたけど、ここまで来たならあと少しで完成でしょうかね?

Liddellも3才。大人びてきました。

ただ、性成熟を迎えたメスということで扱いずらい部分も出てきてます。

前から弱い性質の♂犬に対するあたりが厳しいことがありましたが、より一層に厳しくなりつつあります(でも咬んだりしませんからsweat01)Liddellは、普段は小さな仲間にも優しいのですが、その反面、自分に対して無礼であったり、ルールに従わない場合には、かなり手厳しく当たります。特に若い♂には…。

そこが一歩間違えば、モンスターになりうるんですねcoldsweats01まぁ、それを利用してTeachingさせる場合もあるわけですから。

20090519_p5191871

画像は、くるみのLiddellへのあいさつ行動です。

完全に自分は無力であって、守られるべき存在だと言い切ってますね( ´艸`)プププ

こうした犬語が自分を守る保険なんですね。

先週、くるみはLiddellから教育的指導を受けてます。

食べ物のもらい方が悪いと、言われちゃったんですね。でも、その後、ほかの犬との場合でも出しゃばらないようになってきたそうですよ。

自分を守るための犬語を、習得できる機会をつくることは大切だと思っています。

しかし、相手を選んでくださいね。これは本当に慎重に選ぶ必要があると思いますよ。

20090519_p5191873 まろ、くるみが近づいてきたら吠えてけん制してます。

まろは、今、つながれている自分を守るために吠えています。

くるみ、向きを変えましたね。

そうそう、それでいいんだよ。

相手が嫌がったらやめる、これは人の社会でも同じですね。

よく街中で見る光景で、つながれている犬に自分の犬を近づける人がいますが、やめてほしいもんですね。何が起きるか予測がつかないでしょ。特に初対面の場合はね。

20090519_p5191872 太助がこの騒ぎのようすを見に来ました。

このパックの一員として、太助も仲間の動向が気になるようすですね。

まろの顔、「ふん、新入りのくせに生意気なやつpunch」と、言いたげですねcoldsweats01

20090519_p5191879

Liddellは、確かにいつも仕事をしていたい犬。

太助と遊んでいても、どこかでTeaching的な行動が多い。

相手の動きをコントロールしようとする行動の多さが、ただの犬の遊びと違うところ。

20090519_p5191882 太助の動きをコントロールしてますね。

太助は、以前よりも相手がくわえた疑似餌を奪い合う遊びを理解し始めたように思います。

Liddellの得意げなシグナルが楽しいですね。

20090519_p5191886 さんごの顔にも自信が表れ始めてますね。

少し前まで、いやぁ~~知らない人、知らない犬、大きな犬もいるぅ~~sweat01でしたが、今ではどんどんいろんなことを吸収してくれてます。

まりりんさん自身も、犬と何かするって楽しいと全身で応えてくれてますhappy01

あっと、今回、パルがいなかったぁ~~sweat02ごめんなさい。次回に期待してください~~い。

ではpaper次回は火曜日の予定です。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2009年5月18日 (月)

また那須だけど、BBQしにきたの。

20090516_p5161836_4 こんにちはhappy01

へちまこ一家は、またまた那須へ行ってきましたよ。

本当は那須じゃなくて、水上にお泊りしたいところがあったんですけど、ちょこっと迷っている間に予約がいっぱいになってましたsad

で、今回は一泊ということなんで、BBQでもして一か所でノンビリプランです。

那須には、見どころ、食べどころがたくさんあって、まだ見ていなかった殺生石を見に行きましたよ。九尾のキツネ伝説では、このあたりに近づく生き物はもだえ苦しんで死ぬという場所sweat02ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

ワンダー「いいか、何があっても余を守りぬくんだぞっsign01そのためにお前を連れてきたんだからなpunch

リデル「はーい、わかってますよ。王子のためならリーちゃん逃げたりしませんsign01

20090516_p5161838 ワ「くっ、この荒涼とした原野、何かおきそうな気配が…danger

リ「ららららららん~~花咲くおーとーめーたちは~~note石いっぱいの~~のべべでぇ~~notes

20090516_p5161839 ワ「む、兵馬俑か?くっ。あやしい~~」

り「石、いし、いしばかり~~。ねぇ王子、あれはおぢぞうさんたちですねぇ~~happy02

わ「なんだか、くしゃみがひどく出るぞっsign01

り「リーちゃんもですsweat01くっさいですsign01たまらないです~~リーちゃん、帰りまーすdash

ということで、この先は人のみで行きました。

日によるんですが、硫化水素やイオウなどの濃度が濃い日もあって、犬などの鼻を刺激しちゃうんですsweat01箱根の大涌谷のイオウよりもにおいがきつくて、犬たちにはこれ以上は無理でしたcoldsweats01

20090516_p5161840_2 石工さんが、新しいお地蔵さんを彫っていました。

とても敬虔で真摯なすがたでしたよthink

いろいろと、考えさせられる場所ですね。

20090516_p5161842 九尾のキツネはここで最期を迎えたそうです。

キツネは石となって、四方八方に飛び散ったそうですよ。

昔の人は、科学的なことは分からなかったので、生き物がこの場所で死んでしまうのを見て、地獄の入口があると畏れていたそうです。

でも、わきに出ている温水で、お金(硬貨)を洗うときれいになりますよshine

20090516_p5161834 これは、「ウニコ」という、バーガーショップのWチーズバーガー。

那須のメインストリート17号線沿いにあるお店です。

新しいお店です。

バンズも今までにない感じでした。

那須に行ったら、お味見ください。

deliciousですよ。

20090516_p5161832 テラスもありますので、犬たちも入れます。

犬たち「ちっ、自分たちばかりでたべてぇ~~angry」と、思ってるかな?

今晩は、BBQsign03

君たちのお肉も仕入れてあるから、ご心配なくねgood

リデルがテーブル下でスティできるようになっただけでも、大した進歩なんですよgood

20090516_p5161848 rainが降りはじめたので、プチホテル「アラパパ」さんへ…rvcar

アラパパさんは、B&Bのホテルです。

でも、予約すればBBQの準備はしてくださいますよ。

ノーリードですが、お宿の敷地内です。

今日は、ほぼ貸し切りですので大目に見ていただいてますよgood

20090516_p51618491 ツツジのお出迎えhappy01

リデルは、アリスを丁重に扱います。

り「長旅で、お疲れになりませんでしたかぁ~~。」

リデルの全身からは、アリスに対する尊敬のシグナルが感じられますね。

ほんの子犬のリデルと、いつも一緒にいてくれた、アリス。

そのおおらかな性質は、“シェルティーらしからぬ”とも、いわれちゃってますよ。

リデルの甘えっぷりが、おかしいですねhappy01

20090516_p5161845 お宿の前ですね。

民家は、ほとんどありません。

ワンダー王子は、おねいちゃんと遊べれば、いつでも天国。

20090516_p51618461 リデルは、必ずワンダーをエスコートしますよ。

前を歩きたがる犬だから、支配性があるとよく言われましたけど、こういう関係を見ていると、人って犬に対して勘ちがいしていることって多いですよね。

リデルは、もともとβ。

斥候型のポジションですね。

その持って生まれたものを、曲げずに伸ばせていければ、長所にもなりうると思いますよ。

20090516_p5161851 お部屋です。

2階があって、ベッドが4つ置いてあります。

画像はリビング。

八帖は、ゆうにあります。

バストイレ付ですよ。

20090516_p5161850 檜の香りがいつもしているようなお部屋ですよ。

犬の立ち入りの制限もあまりありませんが、やはり、常識的なことは守ってくださいね。

20090516_p5161855 sunが暮れました。

「アラパパ」さんの全貌です。

お部屋は全部で、6つ。

今回は、ベルンに泊まりました。

20090516_p5161857 またrainが降り出したので、屋根のある鉄板焼きにかえましたよ。

とーちゃんは、焼き肉奉行。

せっせっせっせと、焼いては食べるように勧めますよ。

paper出し無用、ご意見無用ですpunch

へちまこはとってーも、楽チンですgood

リーちゃんたちも待っています。

このお肉は、那須taurusだそうですhappy01うん、まいっdeliciousでしたheart04

20090516_p5161859 アリちゃんは、こういうときはものすごい集中力を発揮しますよ。

ア「パパさぁ~ン、もうお皿が空っぽです。早くくださいな。まだですかぁ~~heart02

20090516_p5161858 「りーちゃんはね、お仕事してますです。みなさんが食べている間、リーちゃんがちゃんと見はりますね」

こういう行動は、リデルの生まれもった行動でほぼ矯正不可能だそうです。

でも、ご飯にも見向きもしないなんて、信じられます?

それもお肉を目の前で焼いてるんですけどpigariestaurus

ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

ベルジアンタービュレンを飼っている人でお話しすると、とにかく食べない…リデルもガリガリです。ブリーダーさんに訊くと、「自分でダイエットする犬」だそうです。

三日間、ろくに食べないなんてざらにあるんですが、健康診断では優良なんですよ。リーちゃんの七不思議です。

20090516_p5161853 ふーけゆく、初夏のnight

ワンダー王子もsleepysleepy

20090516_p5161861 お疲れのようです。

あれだけ見張り役をやれば、疲れますとも。

20090517_p5171865 で、こちらが「アラパパ」名物、チョー露天風呂ですよ。

まったくと言っていいほど、自然の中ですよ。

お薦めは、夜中にひとりで入ること。

マッパで叫びたくなるほど、開放感に浸れます(やったことないですがcoldsweats01

では、みなさん、那須、BBQ編でした。

2009年5月14日 (木)

liddell the teaching dog 68 くるみちゃん、入隊す。

20090514_p5141816 今日は、fun taskの日でした。

暑くもなく寒くもない、犬にも人にもいい気候でした。

さて、まろママの前でゴロンゴロンしているのは、新入隊員のパピヨンのくるみです。

今日は見学のつもりでしたが、すぐに入隊を希望してくれましたよgood

「キラキ星」に挑戦しますよ。少しのレッスンで自分でbellに触れられるようになりました。底抜けに明るいくるみちゃんには、このまま、まっすぐに育ってほしいと思っています。「落ちつきがなくて」と、くるみママは言いますが、このころに落ちついている犬の方が珍しいのですよ。くるみちゃんの可愛いお顔の画像があればよかったんですが、正面がありませんでした。次回、期待してくださいね。

今年は、老人介護施設への慰問と動物愛護フェアでの発表がありますよ。それからあるとしたら、チネチッタわんわんハロウィーンでの発表ですね。少しずつtaskの数もふえて、隊員さんもふえて、うれしい限りですねo(*^▽^*)o

20090514_p5141815 レッスンとはいえ、犬が集まりますので、犬たちのようすがそれぞれ観察できます。

太助はまろママにトリーツをねだっているところですね。

まろはかなりの度胸がついてきて、今日も先輩風を吹かせていました。

3年前まで、自分を表現できずに怯えどおしだったまろは、もう、今はいません。

ちょっと、なつかしいかもhappy01

20090514_p5141817 太助母にねだるまろですね。

トリーツの匂いを嗅ぎつけてLiddellも近づいてきましたね。

こんな場面だと、以前、まろは恐怖で硬くこわばってましたねcoldsweats01

で、固まるのがなくなったら、逃げ出すことができるようになり、吠えれるようになり、ムキッとした不快の表現ができるようになり、今ではどうどうと2匹の用心棒を従えていますよhappy01

20090514_p5141818 初めて教室に来ていただいてから3年・・・長くて短かった3年間だったように思うのは、ママやパパも同じだと思うよ。

「2年くらいはかかります」と、へちまこが初日にお話したら、ママは「Σ( ̄ロ ̄lll)にっsweat012年もですかぁ~~」って、度肝を抜いてたよ。

ほら、今は、こんなに同族に囲まれても平気っpunch

みんな順番を守っていて、感心ですね。

20090514_p5141822 新入隊員のくるみにも自分から近づいていきます。

くるみが小さいのか、まろが大きいのかって?

まろは大きいカテゴリのちわっこですけど、その大きさがアジでの体力を維持できるのかもしれませんね。

20090514_p5141821 くるみがワンダー王子の匂いを嗅いでいますね。

微動だしないワンダーは、やはり王子です。

王子の今回のトリックは、ドッグバスケットの変形で、時計をやります。

指示された時刻を当てるというトリックで、いま、へちまこのかすかな動きで指示する時刻に行くということをシェーピングしてます。

観客に人が指示しているように見破られないぐらい、かすかなシグナルを送るようにと、少し、難題です。肩の角度やつま先の出し方、eyeの運びで犬を動かしていきますよ。声や手による指図ではないので、ワンダーもへちまこの動きを注意深く確認しないとならないので、見切り発車の多いワンダーには落ち着いてシグナルを読みとるトレーニングにもなります。fun task、楽しいですよgood

20090514_p51418201 さて、人の目を盗んでは犬語の世界につかるふたり・・・。

くるみママが犬同士で遊んでいるのか、ケンカなのかの違いがわからないと、言ってました。

さて、このふたりのシグナルは遊びに誘い合うシグナルですね。

Liddellの顔のシグナルは典型的な笑顔です。

犬をしらない人だと、このシグナルを威嚇のシグナルととる方もいますが、こういった犬語のシグナルは数多くの犬を観察しないと、なかなかわからないと思っています。

その子なりの表現もあって、方言みたいなものもあるそうですよ。

り「せんせい、あっちでパルっ子みてるから、遊んじゃわない?」

た「うん、そうしよう。レッスンなんてテキトーテキトーbleah

20090514_p5141819 た「そりゃぁ~~、つかまえてやるpunch

り「へへん、無理無理無理無理ーっ、太助につかまるリーちゃんじゃございませんsign03

20090514_p5141814 回収されて、係留されてしまいました。

ワンダーに何かを言われているようですね。

わ「余は、もう少しおしとやかな子を望んでおるぞ」

Liddellの神妙な表情は、ワンダーを自分より上位のものと認識してますよ。

耳が伏せられていますし、首も下がっていますね。

犬は、体の大きさで上位が決まるのではないんですね。

また、ケンカ強いだけでもないんですね。

20090514_p5141823_2 犬の社会化とは、ただ単に犬と会わせればいい、遊ばせればいいものではないと思いますよ。

犬と遊ばせてたのに犬嫌いになったという話はよく聞きますしね。

どこかでちゃんと、間違いを正してくれるガイドさんは必要ですからね。

そのためには、人も犬語をわかっていないとね。

だからこのような場って、とても貴重だと、へちまこは思っていますよ。

20090514_p5141824 あっ、そうそう、ハーネスが今日、届きました。

今週末は、那須へ行きますのでご注文した人へは、来週、順次送りますね。

今回は、関税がかかりましたのでいくらか上乗せになりますので、ご了承ください。

では、お楽しみに。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ
にほんブログ村

2009年5月10日 (日)

liddell the teaching dog6 67 今日はみんなでお掃除の日。

20090510_p5101813_2 今日は、「しつけ方教室」でしたが、この時期、集団で犬と歩く練習をかねて、毎年、みなさんとF公園の清掃活動をしています。

協力いただいた団体さんは社会動物環境整備協会さんとPUPSさん。

社会動物環境整備協会さんからはパンフとゴミや犬の排せつ物を入れる袋を、PUPSさんにはPUPSさんをつうじて、D.B.Fさん、シービーフーヅさんからみなさんへのお土産の提供もありました。

ありがとうございます o(_ _)oペコッ

昨日に引きつづき、とってもsunで、dogたちも大変でしたが、まだ吹きわたる風に湿気がないので、木陰に入るとさわやかでしたね。

20090510_p5101782 犬って集団でどこかに行くと、あまり知らない同士でも連帯感が生まれるそうですよ。

吠え吠え組のM・ダックス、ファインとティアラ・・・少しづつですが吠えないときが出てきました。

いくら吠えても叱る必要はないと、伝えてあるので誰もこの子たちをとがめる生徒さんはいません。

吠えてしまうことに飼い主が神経質になると、ますます吠えるのが犬。吠えても知らん顔して他の人、犬と交流していけばいつかはむやみに吠えなくなると思いますよ。

20090510_p5101783 柴メロンもトイプーロイも、せかせかすることなく、ママさんたちの活動を手伝っていますね。

メロンママが「うちの子、いつまでもなにもできなくてsweat01」と、いいますが、メロンは今は、考えながら行動をしているみたいですね。

今まで、経験したことのない環境にいるんですから、しばらくは犬なりの成長を見守っていく方がいいと思いますよ。

20090510_p5101784 liddellとパピヨンくるみです。

くるみちゃんは、ママがいると大はしゃぎなんですが、ちょっといなくなったら、ごらんのとおり テンションが下がりました。

くるみちゃんの底抜けな明るさはママという守りがあるから発揮されるもののようです。

Liddellは、くるみを守ってるようです。

20090510_p5101788 みんなさん、やってくれていますねさんくす♪(o ̄∇ ̄)/

20090510_p5101789 レオン「ねぇ、ママ、それってなんなの?」

ママ「うん、車券、競bicycleの当たり券探してんのよheart01

レオン「ふ~~ん、それって食べれる?」

ママ「食べれないけど、食べ物は買えるのよhappy01

レオン「●△■#¥*%・・・sweat02

(壁の向こうには競輪場があるんですよcoldsweats01

レオンも動かず、ママを待ってますねgood

20090510_p5101790 た「ちっ、りーちゃんか。どうよ景気、いい?」

り「まじめに活動しなさいよ、ほんとっ男って、女がいないとダメなんだからpunch

た「へいへい、この暑いのに掃除かよ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~、うんじゃ、あとであそぼーぜ」

20090510_p5101797 さぁて、清掃活動も終わり、犬たちとのゲーム会も終わり、待ちに待った人間たちが熱く燃える、ストラックアウトゲーム。

太助父、わくわくしているようですね。

先ほどのお土産を打ち抜いた数の中で一番大きな数分差し上げるにプラスシービーさんのグーテ(アワ玉入りササミボール)を、一袋つけることになったら、みなさん、愛するワンコのためにがぜんはりきるご様子ですね。

20090510_p5101801 まずは、ノーコン組。

あたらないっーって、今日の中では二番めに若い、qoomamaさんとこのお姉さんです。

(ノ∀`) アチャーみごとに外してましたね(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

笑いすぎっpuncho(#゚Д゚)_‐=o)`Д゚)・;

Tボズは、こぼれ球狙いっす。

20090510_p5101802 さんパルのママさん。

やはり、見事にはずしてますねhappy01

でも、投げ方も穏やかさが漂ってましたね~heart04 

20090510_p5101805 メロンママも基本は、穏やか系。

「うん~~もおぅ~~heart04

ちょっと色っぽいとこがステキhappy01

20090510_p5101807 投げても、投げても当たらない、じっとわが手を見る、的を見る・・・でも当たらない、(# ゚Д゚) ムッカー

柴ももママ「いっきまーすbomb

って、アムロですかい?

20090510_p5101810 太助母、父をゲットしたようにど真ん中、お願いしますぜっsign03

大外れですねえぇー`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

えっ、父が母をゲットしたんですかぁ~~。

うんじゃ、父が投げなければねwink

20090510_p5101798_2 こちらの人たちは、まぐれかまぐれじゃないか、当てた人たちですよ。

ロイママ、うまいっ、モデルさんのような体系なママですが、かなり面白げな人と、読んだり、へちまこ。

Tボズは、こぼれ球ねらいeye

20090510_p5101799_2 ティアラのお嬢さん。

ハンドリングもうまいんだけど、こちらも上手でした。

たぶん、邪心がないんですよ。

我々大人のようにねcoldsweats01

だから、素直な球筋ができるんでしょうか?

20090510_p5101803_2 サアラ姉。

シュワッチ投げですね。

見事に当たりました。

父組は、なんだかノーコン率高し。

けっこうハマる、ゲームでしたね。

機会があれば、またやりましょうgood

20090510_p5101794

こちらはりきくんともも太君の初対面、ごあいさつ。

リードは張らずに犬の動きをおたがい妨げないようにしてますね。

この子たちは両方とも犬語ができるので安心ですね。

特にもも太くんは誰にでも無害。相手を受け入れるシグナルは、自分を守ることができます。

20090510_p5101804 ロイママ、メロンママがゲームをしている間にメロンを預かったんですが、初めての経験でちょっと戸惑ってますね。

何かあるといけないと思うのは必要ですが、リードで犬を動けなくするのはよけいに犬を緊張させます。

メロンのリードは短めでも、ろいのリードは張らないようにしてみてください。

サポートしてくれたはなばでぃさん、さんくす♪(o ̄∇ ̄)/です。

20090510_p5101809 最年長のりき君。

お疲れさまでした。

Liddellは、りき君のこと、一目、置いているみたいですよ。

もしかしたら、本当はりき君がqoomama5わんの中のαかもしれませんね。

今度お時間があれば、F先生にお会いするといいかも。

ハスキーのような涼しげな眼もとのりき君、lovelyです。

20090510_p5101812 たくさんのゴミを拾えました。

でも、犬の排せつ物がほとんどなくて、この公園を大切にしている人の多さを改めて感じました。

こらからもきれいな公園にしていきたいですね。

20090510_p5101793

ありがとうございました。

心より、感謝してます。

スタッフ一同。

では。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ
にほんブログ村

2009年5月 9日 (土)

いい天気で、アジ練。太助目線、解説つき。

20090509_cimg0491 よっpaper

おいら、太助っpunch

みんなげんきか~~ぁいsign01

今日は、ほっんとっ、久しぶりにアジ練だったよ。

うんでもって、かあちゃんがさ、はりきってんだけど、リーちゃんの母さんも同じで、体が思うように動かんだってsnail

おいら、思うんだけどそれって体よりも、脳みそなんじゃねsign02

ふっ┐(´-`)┌まぁ、見ててってよ。

おいらたちのかっこよすぎな、アジリティーだよ~~んgood

20090509_cimg0431_2 まず、おいらなsign01

えっ、あいかわらずむだに高く跳んでいるってかhappy01

えっ、リードつきってかsign02

おいら、ハードル跳んでいる間に考えが変わることがあって、糸の切れたタコになっちゃうことがあるらしんだよ。

おいらはかまわねっえっ、いうんだけど、なにしろかーちゃんが心配性でよ(^-^;

20090509_cimg0429 ホォーら、横から見ちゃってもかっこよくねsign02

かっこいいだろーdash

20090509_cimg0450 脚の長いおいらって、すぐわかるだろヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

20090509_cimg0425 おいらの弟分、Tボズも来てるんだぜっhappy01

今日は、sunさんがやたら照りつけやがってsweat01

Tボズ、大変そうだったよ。

でも、楽しそうだったぜ。

20090509_cimg0436 Tボズは、まだ二回目なんでおいらたちと、別メニューなんだけど、バーディーパパさんやフレアパパさんがつきず離れずで応援してくれたんで、やる気は満々さ。

丸子アジのみなさんはやさしい人多いよ。

これっ、ほんとgood

20090509_cimg0485 このベロの出しっぷりhappy02

いいかんじだねnote

ボストンテリアって、けっこうアクティブな子が多いよね。

Tボズもアジ、上手そうだよgood

20090509_cimg0438 ハイハイ、こいつね。

たまにヒステリー起こすんだよ。

今日も、ヒス起こしやがって、わけわかんないよ。女だからかsign02

そのくせ、自分のかーちゃんがいないと鼻ぴーchickchickでよ。

り「あら、だれだったかなぁ~母がいないといじけてクレートにひきこもるのは┐(´-`)┌、マザコン太助ってよんじゃうわよheart01

た「(;´▽`A``sweat01

20090509_cimg0443 まあ~~sweat02

今日のところはこのぐらいにしておこうかな~~(A;´・ω・)アセアセ

あいかわらず脳天気なくせに、動きだけは獣じみてんだよleo

20090509_cimg0444 おっ、以外と高さがあるんやないの?

今日習ったのは、ハードルを八の字に跳ぶやつ。

一度跳んだら、ハードルの右の脇をとおってかーちゃんの所へもどるんだよ。

もどったら、また跳んで今度は左の脇をとおってもどる・・・これ、繰り返すんの。

けっこうハードだぜっpunch

暑かったし、リーちゃんもおいらも途中でバテバテで、セレブでも機動力抜群のプードルさんたちに押されぎみだったcoldsweats01

20090509_cimg0461_2 あ、いいなぁ~~。

おいらだっておいらだって・・・。

かーちゃんととーちゃんとにだっこしてもらうんだもんねbleah

いっ、いっけねっsweat01

おおぉ、おいらのマザコン、ばればれだぁ~~crying

り「ヤッテラレンワ…ヽ(○´3`)ノ フッ」

お疲れさんでしたね、おまけです。画像をクリックすると大きくなりますよgood

20090509_cimg0423 20090509_cimg0447 20090509_cimg0458

20090509_cimg0490 20090509_cimg0479          

20090509_cimg0482 20090428183434          

sleepysleepy

では、paper

2009年5月 4日 (月)

liddell the teaching dog66 ランランランにて

20090503_p5031778 どこも行かないGW~~~notesそれでも地球はまわってるぅ~~note

で、近所のランに行ってまいりました。

で、今日の一押しdog

でもって、この子、lovelyですねぇ~~。りく君といいます。

ランで出会いました。ロン毛の秋田犬。モフモフですheart01

ものすごく笑っていますね。この顔が物語るとおり、とても性質のいい子でした。

りく「デヘッsign01おいらとあそぼsnail

ちょっと、あの“わさお”くんに似てますね。

20090503_p5031777 連れてるお父さんも、マナーのいい人でいきなりランへ入れるのではなくて、最初、ランの柵の外からりく君と観察してましたよ。

入ってからもすぐにリードを外さずにゆっくりゆっくりみんなにあいさつさせてましたよ。

「やっぱしよ、あわねぇやつもいるからよ、犬だってな」

そうそう、そうですねgood

それに女の子にしつこくしたら、ちゃんと叱る父、すてき父ですねheart01

そんな、すてきなお父さんだから、りく君もジェントルマンでした。

20090503_p5031779 こちらは、初対面の犬同士のお約束、ごあいさつ風景。

はじめまして、どんなおかた?

はい、わたしはこのように敵意はありませんし、怪しいものでもありません。

Liddellの表情はいかがですか?リラックスしてますね。緊張はないようですね。

向こう側のコーギーくん。

すごく熱心に匂いをかんでくれてますね。

手前のmixの子、民間シェルターから引き取った子だということです。この子のシグナルの成熟度はすばらしいものがありましたgood

20090503_p5031780 これは、自分の方が強いと伝えていますね。

だからといって、脅かしではないんですよ。

mixの子がそれを受け入れてくれてます。

このあと、この3匹でぐるぐる走りまわったり、追いかけたり、からんだりして、しばらく遊んでましたよ。

Liddellは、犬語の通じる子が瞬時でわかるようで、この子がランに入ってきてすぐに目をつけてました。

り「あっ~、あの子、いいなぁ~~heart04あそびたいな~」

そういう時には、少し離れたところでフセをして待ちますよ。熱い視線をおくりながらlovely

この前に犬語の通じない相手と少し険悪なムードがあったんですが、その飼い主さんは、犬の社会性というものをわかってないんですね。

その子もわかってないままで来てるから、いつか、Liddell以上の犬に出会ったらやられてしまうかもしれません。

犬語は犬の保険ですからね。

いろいろと犬の間にはタブーなことがあって、それを教えておかないと自分の犬を危険に遭遇させると思うんです。

まぁ、犬語があまり得意じゃない子にはランに行く前にこれだけは教えておいてほしいですよね。

それは、呼び戻しと飼い主が犬の行動を制止できる…この二つ。

あれっ、ランって、もしかしたら呼び戻しや制止を必要としない場所ですかね?

いつから、そんな場所になったのかなぁ?

そんな話を友人にしたら「なに言ってんの、あそこはしつけやトレーニングができてない飼い主が行くところじゃないのっ」って、オイオイ、困りますよね、そんなんじゃpunch

ではpaper

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ
にほんブログ村

2009年5月 2日 (土)

liddell the teaching dog 65 怒ってなんかいませんよ。

                                                     20090502_p5021772         

ふっ( ̄▽ ̄)みなさん、GWですが、いかがお過ごしですか?

うん、出かけて渋滞rvcarcarannoyイライラしてませんかぁ~~。

へちまこんちは、外してますよ。高速道路代¥1,000に騙されるもんですかpunch

でも、やっぱりお出かけの人、うらやましいですね。お天気も抜群ですしね、楽しんでくださいね。

さて、お出かけではない方、こちらでお楽しみくださいね。

このLiddellの表情、いかがでしょうか?

これが怖いと思う人。うちの犬はこんな顔しないという人いますか?

威嚇に見える人、怯えの攻撃に出ようとしてると思う人、今にも攻撃してくる犬に見える人、うんにゃこれは何かを楽しんでいる笑い顔に見える人・・・。

20090502_p5021773 こちらもどうでしょう?

威嚇に見える人いますか?

やはり、恐ろしい犬に見えてしまいますか?

今にも咬みつきそうな犬のサインでしょうか?

それとも、遊びの攻撃ごっこでしょうか?

20090502_p5021771 これもそうですね。

この、Liddellの表情から読みとれるものは、危険か危険じゃないか?

怒りの攻撃か?

20080529_20080529_p5290777 はい、では、この表情はいかがですか?

同じように見える犬の表情ですけど、何かが微妙に違うんですよ。

耳?口?目?

よく良く見比べてくださいね。

実は、この画像が怖い威嚇の画像ですよ。

本気で不愉快な思いをしている犬の「今すぐ、それをやめないとわたし、やるわよっpunch」ですね。

だから、最初の3枚は楽しく遊ぶ犬たちです。ポイントは・・・歯茎ですね。犬歯の出し方が半端ないですね、すべて見えるように出してますね。たぶん、瞳孔も全開だと思います。

20090502_p50217721 ほらね、Liddellの画像は、すべて遊びの威嚇ごっこ。

相手は、ジャック・ラッセル・テリヤのカイ君、1才ぐらいですね。

ジャックというと、激しい気質の子が多いようですが、カイくんはいろいろな犬種とお付き合いがあるので、うまく遊びます。

Liddellもカイ君と遊びたがり、よく誘う、1頭です。

たぶん、おたがいがアイコンタクトしていると思いますよ。

これは、遊びだよと、確認し合いながら遊ぶのが犬語です。

カ「ねっ、ぼくをつかまえてみてuphappy01

リ「わかったわ。にげてみて、かいくんheart01

20090502_p50217731_2

うれしそうで楽しそうですね。

えっ、本気に見えるって?

どこにも相手を威嚇するシグナルは出されていませんよ。

カ「うきゃーーーsign03やられるぅ~~happy01

り「つかまえたわよ~~。かいくん、たべちゃうからっdelicious

Liddellは、小さな友だちと遊ぶとき、同じ体格の犬と遊ぶときより相手をコントロールするというシグナルやボディランゲージは少ないように思います。

純粋に遊びを楽しんでいるように感じます。

20090502_p50217711_2 カイくんも、追いかけられること、追いかけることを思う存分楽しめる安全なジャックです。

おたがいが子犬のころから、多くの犬と遊びその中で咬みつきの抑制を学んできたからなんですね。

特に、ジャックのようなちょっと過激な子たちは、大きな子との遊びの中で学ぶことは多いんじゃないんでしょうか?

ただし、ちゃんと遊べる子を選んであげてくださいね。

まず、咬みつきのコントロールができている子。

咬みつきの抑制のある犬は、どこかでストッパーが必ずかかります。

セルフコントロールですね。

自分で自分を抑制できることは、安心で安全な社会を作るそうですよ。このセルフコントロールが人の社会で暮らす犬にとって重要なことなんですね。犬に対する咬みつきの抑制は犬同士で学べますが、人への咬みつきの抑制は人が教えてあげないと、犬は学べませんよ。人にはもっと優しく咬みついて下さいな、犬のみなさんへ。

では。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ
にほんブログ村

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

最近のトラックバック

カテゴリー