無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« liddell the teaching dog 65 怒ってなんかいませんよ。 | トップページ | いい天気で、アジ練。太助目線、解説つき。 »

2009年5月 4日 (月)

liddell the teaching dog66 ランランランにて

20090503_p5031778 どこも行かないGW~~~notesそれでも地球はまわってるぅ~~note

で、近所のランに行ってまいりました。

で、今日の一押しdog

でもって、この子、lovelyですねぇ~~。りく君といいます。

ランで出会いました。ロン毛の秋田犬。モフモフですheart01

ものすごく笑っていますね。この顔が物語るとおり、とても性質のいい子でした。

りく「デヘッsign01おいらとあそぼsnail

ちょっと、あの“わさお”くんに似てますね。

20090503_p5031777 連れてるお父さんも、マナーのいい人でいきなりランへ入れるのではなくて、最初、ランの柵の外からりく君と観察してましたよ。

入ってからもすぐにリードを外さずにゆっくりゆっくりみんなにあいさつさせてましたよ。

「やっぱしよ、あわねぇやつもいるからよ、犬だってな」

そうそう、そうですねgood

それに女の子にしつこくしたら、ちゃんと叱る父、すてき父ですねheart01

そんな、すてきなお父さんだから、りく君もジェントルマンでした。

20090503_p5031779 こちらは、初対面の犬同士のお約束、ごあいさつ風景。

はじめまして、どんなおかた?

はい、わたしはこのように敵意はありませんし、怪しいものでもありません。

Liddellの表情はいかがですか?リラックスしてますね。緊張はないようですね。

向こう側のコーギーくん。

すごく熱心に匂いをかんでくれてますね。

手前のmixの子、民間シェルターから引き取った子だということです。この子のシグナルの成熟度はすばらしいものがありましたgood

20090503_p5031780 これは、自分の方が強いと伝えていますね。

だからといって、脅かしではないんですよ。

mixの子がそれを受け入れてくれてます。

このあと、この3匹でぐるぐる走りまわったり、追いかけたり、からんだりして、しばらく遊んでましたよ。

Liddellは、犬語の通じる子が瞬時でわかるようで、この子がランに入ってきてすぐに目をつけてました。

り「あっ~、あの子、いいなぁ~~heart04あそびたいな~」

そういう時には、少し離れたところでフセをして待ちますよ。熱い視線をおくりながらlovely

この前に犬語の通じない相手と少し険悪なムードがあったんですが、その飼い主さんは、犬の社会性というものをわかってないんですね。

その子もわかってないままで来てるから、いつか、Liddell以上の犬に出会ったらやられてしまうかもしれません。

犬語は犬の保険ですからね。

いろいろと犬の間にはタブーなことがあって、それを教えておかないと自分の犬を危険に遭遇させると思うんです。

まぁ、犬語があまり得意じゃない子にはランに行く前にこれだけは教えておいてほしいですよね。

それは、呼び戻しと飼い主が犬の行動を制止できる…この二つ。

あれっ、ランって、もしかしたら呼び戻しや制止を必要としない場所ですかね?

いつから、そんな場所になったのかなぁ?

そんな話を友人にしたら「なに言ってんの、あそこはしつけやトレーニングができてない飼い主が行くところじゃないのっ」って、オイオイ、困りますよね、そんなんじゃpunch

ではpaper

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ
にほんブログ村

« liddell the teaching dog 65 怒ってなんかいませんよ。 | トップページ | いい天気で、アジ練。太助目線、解説つき。 »

」カテゴリの記事

コメント

ハーネスの件、お世話になります。

>呼び戻しと飼い主が犬の行動を制止できる
 
このタイミングで、耳の痛いお話でしたweep
飼い主として、自分の犬(周りの犬も)を危険な目に遭わせないようにするためにしっかりしないといけませんね。がんばります。

>いろいろと犬の間にはタブーなことがあって、それを教えておかないと自分の犬を危険に遭遇させると思うんです。

これについて、とても興味があります。
過去記事に書いてらっしゃるでしょうか?
まだ過去記事を読ませていただいている最中なので、もし「ここに書いてあるよ」ということでしたら教えていただけると嬉しいです。

ドッグランが時に危険な場所になり得るということは認識しているのですが、「自由に走らせてやりたい」と思う時に、ほかに選択肢がない場合もあるので…。

犬語の世界、まだ足を踏み入れたばかりですが、とってもおもしろいです。


ご訪問ありがとうございます、panさん。

ハーネスは、もうしばらくお待ちくださいね。今頃はまだ英国のairplaneにも乗ってないと思いますのでhappy01

タブーというと、ちょっと大げさのようでしたね。でも、panさんが自分の犬を守るためには、という考えは大切だと思いますよ。

自分の犬が誰でも大丈夫と自負なさる方が、以外と気づかずに危険な目に犬を遭わせることになりやすいと、へちまこは観察してます。

初対面の場合ですと…。
犬同士のタブーといえば、パーソナルエリアへのいきなりの侵入でしょうか。それから、ハグですね。初対面なのに相手の肩にいきなり手をかけさせるなんてngですね。あと、犬の口元半径15㎝はその犬の領域と聞いたことがあります。どんなに優位性がある犬でも普通、これは守りますよ。


過去記事の中には時々書かれているかもしれませんが、どこで書いているのかcoldsweats01ごめんなさい。

ランでは自分犬から目を離さないこと、これが一番なのでは、と、思ってます。

では。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/44882176

この記事へのトラックバック一覧です: liddell the teaching dog66 ランランランにて:

« liddell the teaching dog 65 怒ってなんかいませんよ。 | トップページ | いい天気で、アジ練。太助目線、解説つき。 »

最近のトラックバック

カテゴリー