無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« ハーネス、考。 | トップページ | liddell the teaching dog 71 くるみとLiddell。 »

2009年5月25日 (月)

liddell the teaching dog 70 壊さないでください。

20090525_p5251905 今日ほど、同族に対して頭にきた日はありませんでした。

なぜ、そういう心ない人間が動物を飼おうとするのか?

画像の子は、昨年3月に他自治体からわざわざ受け入れさせてもらった子犬なんです。

この子は、先週ひとりで徘徊しているところをセンターに保護されました。

どこにでもいるような雑種の子で、センターの職員さんもリーダーをかけるまでは、そんなことがあってたまるかと、思っていました。

この子の体に埋め込まれたチップの履歴は、センターで埋め込まれ譲渡されたことを示したのです。

当然、飼い主に連絡しました。

すると、返ってきた返事は「あぁ、ぜんぜん懐かないし、逃げても今までの犬は家へ帰ってきたのにその犬はバカ犬だからいらない」と、言われたといいます。

職員さんの説得にも応じず、「もういらない、散歩に行ってもくるくる回っているだけで、前飼っていたポインターはそんなことはなかったのに・・・」

20090525_p5251904 この子は、山梨から他の2頭とともに春まだ浅い、3月にこのセンターに来ました。

子犬を望む、市民のみなさんの要望にお応えして・・・。

子犬たちは、寄生虫などの駆虫などが済んでから、譲渡されたのです。

その中の、一頭がこの子でした。

一年ぶりに再会したこの子は、汚れた体に伸び放題の爪・・・そして、リードを持つ人を中心として、その周りをグルグル、グルグルといつまでも回り続けます。

くっ(ノ_-。)空しいっweep

常動行動・・・一心不乱に何かに取りつかれたように回り続けるこの子の行動は、貰われた先での暮らしは、決して幸せではなかったのだと、物語っているのです。(動画があるんですがつらくてのせられません)

頭にかざされる手や、優しくなでようとする手を、避けようとする動作は体罰に遭っていたことの証明にほかならないのです。

壊されちゃったんだ・・・この子、ごくふつうに人に懐いていて、ころころとした子犬たちだったのに・・・つながれっぱなしだったに違いない・・・同族との触れ合いもなくて、知っていた犬語も忘れていたようで、Liddellに正面から突進するので、三度目には抑え込まれて泣きわめいてしまいました(咬んでませんからcoldsweats01

Liddellは、「なんて無礼で行儀の悪い犬だ」と、教えているだけですから・・・。でも、その後は、Liddellのそばを通る時は顔をそむけ、目を合わせずでしたから、少しずつ思い出してくれそうです。

でも、いい子です。どんなに抑え込まれても咬むということはないし、人に歯をあてるようなこともありません。安心で安全な環境やストレスのない暮らしが送れれば、初めて会ったころのこの子に戻ってくれるはずです。

20090525_p5251910_2 とりあえず、自分の身体がどこにあるか認識させるためにハーネスを用意してもらって(こういう子ってハーネスにすると落ち着くんですよ)リードは長め、くるくる回る行動を無理やり止めさせないで、十分な遊びと(キューキュートーイ大好きでしたhappy01ということは、ハンテイングゲーム好きかもgood) 運動、それから自発的に人とのかかわりを持てるような環境作りをお願いしてきました。

画像は、行動制限をしないように歩かせながら、たろ君と(勝手に名前つけました、以前の名前なんて捨てちゃえsign01punch)呼んで、ふりむいたら、ごほうびを繰り返すをしているところ。

来週までの課題ですね。

20090525_p5251909 で、ハルが吠えて困るというので、ちょっと観察してみると、

警戒吠えでした。

その警戒吠えをするたびに職員さんが声をかけたり、叱ったたりするのでますます吠えるハル。

警戒吠えをしていてもいいから、近くに来てもらって食べものをあげてほしいこと。

そのうち、こっちにきて食べ物が欲しいと吠えるようになったら(そのまま吠えなくなる子もいます)それは要求吠えだから、今度は無視して吠えなかったらごほうび。

吠えることを否定せず、吠えてもいいけど、吠えない方がお得作戦で行こうpunchねっハル。

20090525_p5251919 ふれあい犬のリハーサルをするハルですね。

そうそう、ドンドコもらおう、おいしいもの。

へちまこは、今日、みなさんのために自家製手作りおやつをご用意してきましたよ。

happy01ロクも、ほしいよね。

20090525_p5251920 ちょっと、お子ちゃまが苦手なハルだけど、その調子ならいずれ慣れてくれるでしょう。

今日は、暑いくらいだけど風が気持ちいいよね。

20090525_p5251907 Liddellは、小さな動物さんも大好きです。

えっ、食べようとしているんじゃないかってsweat01

thinkそんな、でも、無きにしも非ずかsweat02

20090525_p5251921 うさぎちゃんと、heart04kissmarkですね。

犬を怖がらないので好奇心で寄ってきてくれますよ、ここのうさぎちゃんたち。

20090525_p5251918 モルちゃんもいますよ。

いいねぇ、Liddellhappy01

やさしくだよぉ~~。

バウをしたり、フセでにじり寄ったり。

どうにか、モルちゃんとリアルコンタクトをしたいLiddellです。

20090525_p5251914 あ~~よかったねぇ。

やっと、きてくれたねぇo(*^▽^*)o

野性味の強い犬種だとよくいわれますが、Liddellはそこのところ忘れてくれているのかな。

かわいいねぇlovely

モルちゃんchick

20090525_p5251915 こうして、この男の子と飽きずにずぅーと、モルちゃん、ウサギちゃんを見てました。

20090525_p5251911 また、来れるよ。

たろ君のこともあるしね。

えっ、Liddellもひとこと言いたいって、人間たちに。

リ「お願いです。

どうぞ、壊さないでください。

私たちの仲間の心を・・・。」

では。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ
にほんブログ村

« ハーネス、考。 | トップページ | liddell the teaching dog 71 くるみとLiddell。 »

」カテゴリの記事

コメント

(-゛-メ)本当に虚しいですね。

きっと、立ち直れますよ!タロちゃん!^^

へちまこさんとLiddellちゃんがいるのですもの!

応援してます! w(^。^)w

いぬたちの心を壊す人たちは人間の心を壊すのも平気です!、何故そのような身勝手な人が多いのかは解りかねますけれど.......

たろちゃんそんな過去は忘れて素敵な家族と巡り会おうね!。

リハビリをしっかり行ってよい子ねなれるから!(^^)

qoomamaさん、ありがとうございました。

別件でも、ご協力ありがとうございました。

タロには、これからリハビリがあります。
以前のタロに戻って、タロを、家族として本当に迎えてくれる人間を探さなければですpunch

応援、ありがとうございますo(_ _)oペコッ

ぶんたさん、その節にはご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。

タロの兄弟は、何の心配もない子たちだったのに(ノ_-。)
子犬がほしいという要望に対する、答えがこうなのかと思うと、はぁ~~いったい何のためにと、脱力します。
でも、ぶんたさんがいうように過去は過去、きっと素敵な家族を見つけてみますともsign03

ありがとうございました。

初コメです。
今回に限らず、怒り心頭!な人間が本当に多いと思います。

「社会一人一人の動物への愛護精神の低さ」

これ、大きいと思います(えらそうかな?苦笑)

私はまだまだ修行の身ですが、人と動物の共生をよりよくするために、これからも勉強して人々の動物愛護精神をもっと高めて広めていくために普及啓蒙活動を積極的にしていきたいと考えています!

がんばりますよ〜

動物看護師仲間たちと共にm(_ _)m

ってこんなところでえらそうに言ってしまって。。
とにかくこうゆう子達を思う度に気持ちは高まるわけです。。

qoomamaの娘さん、いつもありがとうございます。

今回のタロの件は、思いきり凹んでしまいましたよ。

人間やめたいなぁ~~、などと思って、いや、タロのことちゃんとしなくっちゃ、と、気を取り直してたら
えっええぇーっ、ちょっと待ったーpaperじゃないですかsign03
ダブルで凹みましたよ。

でも、娘さんのような若いパワーがある人たちがいると思うと、日本の動物福祉の未来が明るいと、希望が持てますよ。

今回の件も、qoomama家には心より感謝いたしております。

切なくて悲しくて悔しいです。

センターでの譲渡なら、きちんと講習も受けたんでしょうし
こういう場所からもらうということは
それなりに色々考えるから・・・って思われがちだけど
そうではないんだなぁと悲しくなります。

幸せになる為に、新しい家族のもとへと行ったはずなのにね。

今度こそ、幸せになってもらいたいです。
幸せになりますように・・・

何も出来ないですが、このブログがもっともっと目につくように密かにぽちっとだけ、させてもらってます。

みゆさん、ぽちっとありがとう。

人間性の問題でしょうね。

センターでは、事前調査も追跡調査もしているし、譲渡した犬の行動上の問題の場合なら、私も同伴する場合もあります。
今までで、初めてです。こういう非人間的な方。
ある意味、早くの放棄でよかったと、今は思うようになってきましたから…。

タロのリハビリがうまくいって、目処がついたらこんどこそ、幸せになってもらいますよ。

では。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/45129227

この記事へのトラックバック一覧です: liddell the teaching dog 70 壊さないでください。:

« ハーネス、考。 | トップページ | liddell the teaching dog 71 くるみとLiddell。 »

最近のトラックバック

カテゴリー