無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« イアン・ダンバーセミナー へつらう犬にしないために。 | トップページ | liddell the teaching dog 78  叱られ体験はたいせつ。 »

2009年6月26日 (金)

イアン・ダンバーセミナー、続き。

20090623_p6232090 さて、本日、イアン・ダンバー東京セミナーが最終日を迎えました。

このセミナーのために5年間をかけたそうです。

関係者のみなさん、お疲れさまでした。

ダンバー先生が日本で行う最後のセミナーということで、二日目を除く講義は満席の状況でした。

火曜日がなぜ満席ではなかったのかといいますと、「学習理論」の講義だったからだと思います。

(画像は、お世話をしているねこにあいさつをして回るliddell。liddellはこの場所のねこたちも仲間だと思っています。むやみに追いかけまわすことはありません。liddell、ちょびベロしてますね。ねこにカーミングしてるんですねhappy01

20090623_p6232091 強化スケジュールとか、分化強化スケジュールとか、正の罰、正の強化、負の罰、負の強化などの講義ですから、とても眠くなりました。

で、この4日間のセミナーで何がわかったのかというと、犬を、トレーニングするっていろんなやり方があるんだなぁ~~と、感じました。

どのやり方をチョイスするかは、そのトレーナーによっての選択になると思います。

団体に加入すれば、その団体の流儀に倣わないとなりませんが。

(画像は、塀から下りて来たねこを迎えるliddell。この子は、とても人に馴れてます。)

20090623_p6232092

前記事のへつらう犬のことですが、このへつらうという行動が、犬が人に服従していると思い、犬に痛みによる罰を、与えやすくしているそうです。

だから、そういう犬にしちゃうとますます人は、犬に痛みによる罰を与えるのだそうです。

そうすると、犬は自信を失い、唯一、人にへつらうことで保身してしまうそうです。

へつらっても罰が与え続けられたら、いつかそのキャパがいっぱいになり、とうとう人を攻撃する場合もありますし、自分に自信のない怯える犬を作るのも人ということになるんですね。

(画像は、ねこのコロコロちゃんの食事。liddellは、ねこが食べ終わるまで見ている時もありますが、ねこご飯は食べませんよ)

20090623_p6232093

4日間のセミナーの内容をアップするのは、とても、難しいような気がします。

なにしろ、4日分のノートですので・・・。まとめられません。

ちょっと、面白かったのは、成犬のクラスのようすのDVDでした。

パピークラスなど無縁で、人や犬への社会化がなされずに大人犬になってしまった犬たちです。

この犬たちには、ルアーごほうびはほとんど無意味で効果がなく、トレーニングよりも他の犬の存在に興奮し、ケンカを売り、吠え、収拾がつきません。

でも、この子たちも段階を踏んで飼い主と何かすることは、楽しい学んでいくと、最終的には子犬のころのような状況に犬が戻ります。古典的条件づけのトレーニングから、ルアーごほうびトレーニングに移行するころには、それぞれの飼い主に注目することができるようになるんですね。

この過程は、パピークラスよりもへちまこは楽しかったですね。

20090623_p6232094

行動学は科学ですから、日進月歩です。

また、新しい学習理論による犬のトレーニング方法が誕生するかもしれませんが、人も犬も機械ではなく、PCでもないと、ダンバー先生は言っていました。

生き物ですから、あいまいさやゆらぎがあって、当然なんだと、へちまこは思っています。

(はぁ~~勉強したぁ~coldsweats01

4日間、留守番、ありがとね。

犬たちへ。

ではgood

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ
にほんブログ村

« イアン・ダンバーセミナー へつらう犬にしないために。 | トップページ | liddell the teaching dog 78  叱られ体験はたいせつ。 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/45453461

この記事へのトラックバック一覧です: イアン・ダンバーセミナー、続き。:

« イアン・ダンバーセミナー へつらう犬にしないために。 | トップページ | liddell the teaching dog 78  叱られ体験はたいせつ。 »

最近のトラックバック

カテゴリー