無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月29日 (水)

liddell the teaching dog 80 犬だって完ぺきじゃない。

20090728_p7282168_2

All dogs are not perfect.

今日は、funtaskのレッスン日。あいにくの空模様でしたが、大きな子たちにとっては、しのぎやすくてシベリア代表も、スイス代表も参加してくれました。

さて、元気いっぱい少しKYなcandyでしたが、少しずつ、相手とのパーソナルディスタンスを意識するように成長してきました。

Liddellに睨まれると、「はいはい、わかってますよ」と、目をそらし、カーミングするようにもなってきましたよhappy01

ちょっと、虚勢を張ってしまうサラを目の前にして、candy、ちゃんとカーミングしてますよね。耳が後ろ向きですし、身体のどこにも力が入っていません。

素晴らしい成長です。また、candyママの足の位置、いいですねぇ~~good何気に割って入ってます。

大騒ぎして遊ぶことが犬の社会化だと、勘違いしている方がけっこういるんじゃないかと、へちまこは近ごろ思ってます。

犬語の世界は、無駄な争いを避けるためのものですから、相手の出方や相手の状態を読みとらなければならないんですね。

最初のころのcandy・・・自分のやりたいことばかり言い張ってましたが、それぞれの犬たちの個性に合わせて、うまくたちふるまうなんてことができるようになってきてます。

candyは、気持ち的には、やさしい子です。

自分より弱い仲間だとか、小さい仲間だとかが意識できるようにもなってきましたよ。

20090728_p7282173 それに、ほらほら、ねっheart04

bellだって、できるようになってきました。

どうですsign03candyの真剣な表情。

周りのことにとらわれない集中力がだんだんとついてきました。

うふっlovelyかわいいですね。

candyの耳と口角に注目sign01

犬のこういうシグナルは、とても相手に注目しているときですよ。

(このシグナルも良い場合と場面によっては気をつけないといけないときもあります。今回はいい注目ですね)

20090728_p7282169_2 久しぶりのまろです。

まろは、いろいろな面で社会化が出遅れた子でしたが、ここまで成長できれば乗り越えたも同然なのですが・・・。

まろママの願いは、あと一つ、「犬らしく犬と走るまろが見れたら最高なんですけど・・・think

で、その日が今日、思いもよらずに・・・。

                                  20090728_p7282174

この天然ピエロのくるみです。

く「まろさん、まろさん、へへっsign01どうですか。走りましょうよrun

ま「ぼくはやらないの・・・・・無視っpunch

まろの周りでおどけるくるみ。そのうちに・・・。

20090728_p7282175 で、とうとう、くるみの走りっこにのったまろっsign01

ま「うるさいよっsign01しつこいよっsign01

く「やったぁ~~~happy02good

このあと、走り回ったふたり。

楽しそうでしたよ。

まろが本気で怒ったようにも見えましたが、くるみが止まればまろも動きを止めるので、これは、完全に追いかけっこ遊びです。

20090728_p7282176 早すぎて、なんだか分からない画像ですが、いちおう、まろの走りっこ記念です。

犬らしく犬の仲間と走るまろに、まろママ感激でしたhappy01

だって、いろいろあったものね。

ここまでの道のりは。

20090728_p7282177 あまりの騒ぎにLiddellがようすを見に来ました。

り「だいじょぶ?本気じゃないよね。小さい子たち、ほどほどにしてよ」

Liddellの介入でまろとくるみの走りっこは、お開きになりました。

このパックは、Liddellの監視下にありますからね。

パックには、平和が一番ですねhappy01

20090728_p7282180 リキ兄のピンチヒッターのサラも、その大役を果たすべく、bellにチャレンジしてますよ。

クマさんのような大きな手が愛らしいですね。

サラもうまくLiddellをかわせるようになってきてます。

Liddellもサラのパーソナルには近づかないようにしてます。

自分の強さをひけらかさないようになってきたLiddellは、大人犬の階段をまたひとつ上ったようです。

サラには、サラのプライドがありますからね。サラなりの付きあい方があるでしょう。

犬は、わざわざ、ケンカを売りに行かないのが自然。

ケンカを売りに行っているように見えるガウリの子も、実は、いっぱいいっぱいで、「いい、わたしにちかづいたら、こうよっpunch」と、牽制してるかもしれませんよ。

相手を、心地よく無視できるのが大人犬の付きあい方のようですね。

20090728_p7282170 その子なりのパーソナルを大切に思うこと。

これって、人は忘れがちですよね。

自分の犬っていう思いが強すぎて、なんだか型にはまったいい犬にしようと躍起になっちゃうのは、考えものだし。

だいたい、人そのものが完ぺきじゃないんだから、犬に完ぺきを求めるのって違う気がしますね。

Liddellにもやれやれと思うことが多々あるのだから、それをカバーできるガイドになりたいと、思う今日この頃です。

ではpaper

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ
にほんブログ村

2009年7月24日 (金)

Fun Taskってなんですか?

20090519_p5191887 funtaskって、なんですかsign02ということで、少し説明をしておきますね。

読んで字の如く、「楽しいお仕事」であり、一発芸的な要素も含んでますよ。

ドッグダンスのトリックも教えたりしますが、人間の生活に密着していることをしてもらったりします。

たとえば、新聞を持ってくる、ドアを開ける、ゴミ箱にごみを入れる、落としたものを拾ってもらうとか。水道の蛇口をひねることができるようにもなるそうです。

liddellの毎朝のお仕事は、ダンナに新聞を届けたり、くわえることのできるゴミを収集場所まで運んだりしてます。

シェパード系なので、人の仕事を手伝いたいようです。

それから、芸もの的なものですね。計算をする犬、超能力のある犬、ピストルで撃たれたふり。バイバイ、おじぎ。ワンダーがしている、時計の分かる犬。これらは、犬のもともと持つ能力やその犬が持っている得意なことをのばしていくtaskです。

ローリング、バックツィスト、ウィーブ、サイドステップなどは、フリースタイルのトリックでよくつかわれますね・・・こういったものも教えたりもします。

20090519_p5191884 かっこよく足をあげて歩く(ハックニー歩)輪とび、Dogバスケット

(画像の太助がやってんのがDogバスケット)

その子の得意な動きから進化させていったり、集団でやるものもあります。

今回は、老人介護施設への慰問活動があって、ミュージックベルで「キラキラ星」を、犬たちに演奏してもらいます。

初めはみなさん、できないだの無理だのなんていうんですけど、これができるようになるんですね。

最初は、食べ物での誘導もありますが、最終的には演技が終わるまでトリーツは使わないが目標になります。

また、その子のオリジナル的なtaskなので、誰かと競ったり、比べたりすることもないです。

犬たちは、驚くほどの吸収力を持っていて、チワッコのまろに至っては、ガタブルだったことが嘘のように大きな成長をしたのがお分かりになりますよね。

今度、披露するミュージックベルは集団でするtaskですから、飼い主さんたちおたがいが、励まし合いながら目標に向かっていますよ。後の出し物は、個々で極めたtaskとトリックを披露することになります。

taskを、犬に教えていく過程は人と犬との共同作業ですので、犬に人の考えを伝えるトレーニングを、人間が習っているようなものです。

一方的に、「これをしなさい」と、指示するのではなく、どうしたら犬にわかりやすいか、犬の体に触れず犬から自然にその動きを引き出すとき、引きだすことができたとき(いわゆるマグネットや誘導は極力控えたいsweat01)の、感激はひとしおかなhappy02

また、犬たちの社会化もこの場で育むこともできますし、慰問やイベント参加は犬たちといっしょの社会貢献になると思いますよ。

人との作業に熱中して、いつの間にか吠えなくなったり、周りのことに神経質でなくなったりと、犬も成長していきます。

今後は、子どもたちの養護施設慰問なども視野に入れて、ユニバーサルスタジオのアニマルアクターたちのようにストーリー性のあるような演技がみんなとできるといいなぁと・・・・えっー、やっぱり。それは無理無理かぁ~~。

気になる方は、一度ご見学くださいね。

ではpaper

2009年7月22日 (水)

皆既日食。

20090722_p7222149 liddell the dogをご訪問してくださるみなさんっhappy02

速報ですよ(犬語とは無関係ですが)

今日は、日本で46年ぶりに見られるという「皆既日食」の日。

へちまこ一家も楽しみにしていたんですが、このあたりはあいにくのraincloudsad

(屋上に集まる犬たちの面々)

20070822121655 前日からliddellは、自分なりに考えた日食グラスを用意してたんですがcoldsweats01

20090722_p7222153 うっすらとぉ~~~sweat01

うっすらとぉ~~~sweat01

(゚0゚)ぉっおおおおっおsign02

20090722_p7222161 eye、もしかしたらぁ~~~heart02

20090722_p7222177 うぉっsign01

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

20090722_p7222158 やっぱし====punch

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

20090722_p7222162 (*^ー゚)bグッジョブ!!

ちなみにごく普通のデジカメですよ。

ええぇえ、へちまこ、がんばりました。

ねばったかいがありましたともpunch

次回は2035年。

生きてるか死んでるかわからんけど、外部記憶できてしあわせ~~~でしたhappy01

2009年7月21日 (火)

あっちぃーけど、アジ練。

20090719_p7192132 しっかし、あっついねぇ~~。

みんな、どうよっsign03

夏、たのしんでるかいっpunch

おいら、このくそ暑いのにアジ練だよ。

人間って、ホントに無駄のおおい生き物だって。

でも、来たからにはやるぜっbomb

まぁ、みててくれ。

20090719_p7192135 おいらの、チャレンジだぜっpunch

おいらのかーちゃんのお尻heart01

いいんだなぁ~~catface

おいら、このお尻見て、そだったんだぜっsign01

なっなっ、すてきだろheart04

おいら、家にいるときにはいつもかーちゃんのお尻、追いかけまわしてんだぜっsign01

だからいつもとーちゃんに叱られんだ。

ちっ、かーちゃんがおいらの彼女だったら、いいのになぁ~~。

20090719_p7192136 あっかーちゃんがよんだぜっpunch

おいら、いくよ~~~。

かぁぁぁちゃぁ~~~ん。

ア。イ。シ。テ。ルぅdashdashdash

20090719_p7192138 なんだよ。

こいつら、犬の間に、いや、いつの間にかだ。

こんな関係になりやがって。

見せつけてくれるぜ。

いいムード、かもしてるしheart04

あいかわらず、こじゃれてるけどな。

今日の一押しにしておいてやろうpunch

20090719_p7192137_2   うまくなってるし、

小型犬のみなさん、夏場はつよいねぇ~~。

けっこう、これってむずかしいんだぜっ。

ハードル、遠隔で三つ飛ばなきゃならないし。

でも、なんだかな、みんなできるようになるんだな、これがgood

アジリティー、楽しいかいってか?

うんまあまあだったり、最高だったりするけど。

かぁちゃんと、なにかするって、おいら、好きだな。

かーちゃんのお尻の次にだぜっ、Loveheart04かーちゃんcatface

20090719_p7192143  こいつは、この日まったくやる気なしだったぜ。

だってねぇ~~。

リーちゃん、この時間はクーラーガンガンのお部屋でお昼寝の時間なのよ。

こんな暑い日にどうして人間って、こんな無駄なことするの?

少しは、へちまこに免じてやる気を出して下さいな。

まったく、もうっpunch 

2009年7月14日 (火)

へちまによろしくと伝えて。

20090602_p60219661 かぼちゃを、応援してくれた、みなさん。

かぼちゃは、7月12日朝9時に向こうの世界へ飛んで行ってしまいました。

家へ来た時から、体の弱い子だと、言われ続けていましたが、こんなに早く、お別れになるとは思いもよらないことでした。

思えば、あのベタ馴れは、かぼちゃの自己防衛だったのかもしれません。

金曜の夜から、呼吸困難になり、土曜日の早朝に酸素吸入のために入院していたんですが・・・。

20090614_p61420491 そのまま、飛んで行ってしまいました。

今ごろは、へちまにも会えておたがい握手などしてるかもしれません。

さっきまで生きていたのにと思うと、やはり、命って、儚いものなんだなと、思わずにいられません。

短いけど、かぼちゃがいてくれた時間は、とても貴重でした。

人間以外の動物と暮らすということは、生命のその対岸にある死を、常に意識することなんですね。

たかが、鳥の死であっても、その動物は一つとして同じものがない・・・。

かぼちゃよ、へちまによろしくと伝えて・・・。

誰だって、いつかは向こうの世界に至る階段を上る日がくるのだから。

20090713_p7132130 かぼちゃ色の、花が、悲しくて、その心遣いが、うれしい。

ありがとうございます。

花&ばでぃの保護者さま。

では。

(教室のみなさん、いろいろな物が遅れています。こんな事情があったので、ごめんなさい。もう少しだけ猶予をください)

2009年7月11日 (土)

ハーネスファンがいっぱい。

200907101758000 「ええ、わたち、とっても気に入ってますのよheart04

東京都在住のゼットンちゃんから、画像が送られてきました。

FLEECE LINED HARNESSのご愛用犬をご紹介します。

満面の笑みhappy02

かわいいですねぇ~~heart04

しっかりと口角も、upになってますねgood

犬のいい笑顔です。

200907101759001 あら、ほんっとsign01

よくお似合いでgood

渋いボディカラーに、抑え気味のダークグリーンが都会的ですね。

飼い主さんの愛情をたくさんもらってますっていうお顔してますね。

さて、ゼットンちゃんの犬種は何だと思いますか?

当てた方は、かなりの犬通かも。

ゼットン「わたちね、ちよっとビビりですのよsweat01

意外かもぉ~~。

Img_3147 サモエドメアリーちゃんからも、ハーネス装着の画像が送られてきました。

色白のメアリーちゃんには、どんな色も着こなしていただいてますよhappy01

サモエドちゃんって、いつも笑っているようなお顔してますね。

優しそうな瞳のメアリーちゃんには、妹分がいます。

Img_3298 こちらは、妹分のボーダーのすみれちゃん。

黄色のハーネスで、ご両親の金運アップをお祈りしたいそうです。

黒がちなボディに、ビビットな黄色が生えてますねsign01

ナイスチョイスですgood

Img_3462 で、こちらがもうひとりの妹分のバセットのレモンちゃん。

メアリーちゃんは、ハーネスとのマッチングリードもお買い上げです。

レモンちゃんのハーネスは、実は、www.DOG-GAMES.co.uk

からのご購入品ではありません。

あるお店の方が、試作品として作られているようです。レモンちゃんの飼い主さんは偶然に見つけてお買い上げしたそうです。みごとにそっくりに作られてますが・・・think

でも、FLEECE LINED HARNESSは、Sally Hopkinsという方が、いろいろと犬の体のことを考慮して作って2007年にコピーライトしてますが・・・どうなんでしょうか?

ではpaper

2009年7月 9日 (木)

liddell the teaching dog 79 怖いのか?気に入らないのか?

20090707_p7072124 火曜日のfun taskレッスン。

qoomama家は、ピンチヒッターのサラが来てくれました。

リキ君は、この暑さ。

さすがに養生ですね。

でも、スイスの犬にもこの日本の暑さはこたえるようですが、まぁ、そこはサラの若さで乗りきってました(4時からのスタートでも暑いものは暑いsweat01

勇猛果敢な犬と思われがちなサラですが、実は、弱気の強気な子。

Liddellに会うと、つい、ガウガウ。

「Liddellのことが怖いんですよ」と、へちまこがいうと、

qoomamaさん、「これは、こわがってんですか?」と、意外そうな反応でした。

「うん、そう。怖いから先制ですね。」

勇猛果敢と間違われやすいタイプの子です。

qoomamaさんは、サラが他犬には強気に出る子だと思っていたそうですが、本当はそうでもないんですね。ゴールデンの花タイプというと、わかりやすいでしょうか?

サラは、qoomama家の五頭の犬の中でみんなを守らないとと、少し頑張り気味です。

qoomamaさんが、「サラは子どもっぽいところがあって・・・」と、いうように小さな仲間とは楽しく遊べる子です。

体格が同じぐらいの犬同士になると、緊張度が増すことがります。Liddellも小さな仲間なら雌雄問わず割とすぐに遊びに誘いますが、同じ体格になると、そうはいかないこともあります。

先制イプの子は、もしかしたら「あぁ、どうしよう。どうすればいいのsweat02本当は怖いんだけど、飼い主さんじゃァ頼りにならないから・・・えーいっpunch

ガウガウガウガウ~~かも。

ねぇ、ねぇ、とめてとめてよっ。わたし頑張ってんだからぁ~、本当はこわいんだからぁ~てな感じで、横目で飼い主さんを見てたりします。

こういうことが予想されそうな時には、犬の視線を相手に固定させない、視線を遮断するなどで対応するといいですよ。

サラは、本当は甘えっ子でしょうかね。今日は、ママさんを独り占めにできてうれしそうでした。

20090707_p7072126 はい、こちらはシベリア代表。

ハスキーのcandy。

暑くても元気いっぱいで、動けるところは、さすがの若さです(でも、暑いね、candy。遠くから歩いて来てくれるcandy家に感謝です)

サラにちょっかいを出して、ガウラれ、Liddellにちょっかいを出して無視され。

自分のペースに持ち込めないジレンマがあるようですね。

何せ、まだ一歳八か月。

Liddellもこんなもんでした。

ご安心ください。

でも常に前向きなcandyですよ。

bellもたたけるようになってきました。

好奇心の塊のようなcandy。

犬たちの好奇心を奪わないようにしながら、人との共同作業も楽しいよと、教えてあげたいですね。

素のままのcandyで良いんですよgood

ある人のお話で、お散歩で行きかう飼い主さんのことなんですが、その人の犬がとても上手に犬語のあいさつができるそうですが、その子がどちらかというと積極的な服従を相手の犬にすぐにするそうです。

でも、その姿勢や表現がその飼い主さんは好きではなくて、すぐにやめさせるそうです。

きっとその子は、根っからの平和主義者でしょう。

自分は、とことん、無害で安全だと、相手の犬に伝えたいんでしょう。

でも、見方によっては負け犬的な卑屈にも見える?(そんなことは人が勝手に思い込んでいるだけなのに)から、やめさせたいと、言うそうですよ。

じゃぁ、その犬はどうすればいいんでしょう。

自発的に相手に和平条約を提示しているのに・・・。

20090707_p7072125

やるなっていわれても、その犬の持って生まれたものかもしれません。

あいそうのいい子どももいれば。不愛想な子もいる。

アンジェラ先生は、どちらかというとその犬の素のままのことを理解しようとしているようです。

犬の自発的な行動や表現が、その犬の真実ならいいのですが、人によって作られてしまったような犬もいることは確かかもしれませんね。

対犬同士のほうが、その犬の真実が分かるといいます。

その真実を否定されたら、どうすればいいんでしょうかね。

画像のパルは、サラとcandyの間に入ってフセたところ。

「落ちつけそこの大きいふたり」と、シグナルを送っているところ。

そうそう、平和が一番ですよね。

サラの視線の外しっぷり、いいですねぇ~~。

何気ないところに犬なりの平和を望む姿。

犬たちだって、考えてますね。

20090707_p7072123

こちらは、くるみちゃん。

さんパル家でのショートスティが終わり、くるみねぇさんの許へ戻りました。

少しですが大人になってようですよ。

なんだか真面目にfun taskに取り組んでいますね。

そう、fun taskのみなさん。

老人介護施設慰問が10月になりました。

詳しいことは追って、お知らせしますね。

20090704_p70421181 Liddell、なんだか大人になって、少々、子犬のころの馬鹿さ加減が懐かしい。

まぁもう少し、気に入らない相手を睨まないでいてくれたら、最高なんですが・・・。

この表情、いつになくかわいらしいと思うのですがcoldsweats01

20090704_p7042118 この日は(fun taskとは別の日)レオンに手厳しい指導をしてました。

レオンは、5か月近くまでショップにいたそうです。

自分で自分をコントロールするのが苦手なようですが、少しずつ、よくなってきているそうですよhappy01

レオン家も継続組ですね。

レオンパパは、とても器用な人good

ジャスミン(向かって右の子)、レオンのハーフチョークもハンドメイドです。

20090704_p7042119 こちらのシルバーの迷子プレートも作っていただいてます。

教室のみなさん、もう少し待って下さいね。

今週中には、送れそうです。

20090628_p6282107 ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

あっあっんたっsign01

なにっ、いったい、なんなのっ(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

り「えへっheart04リーちゃん、こわしましたよ」

やめなはれ、そーゆーこと。

ではpaper

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 a にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ
にほんブログ村

2009年7月 5日 (日)

かぼちゃ、元気になれっ!

20090628_p6282108 かぼちゃが家に来てから、ひと月たったんですが・・・。

みなさんにもご心配いただいてますが、やはり、体調がすぐれません。

20090628_p6282109_3 鳥さんたちは、自分の具合が悪いとき、食欲がなくても食べているふりをします。

元気なふりをして、敵をごまかすそうです。

かぼちゃもご飯を食べるふりをします。

でも、今は、あまり食べられないようです。

画像は、体調がよくなった時のもので、今は・・・。

20090628_p6282110 頭カイカイが大好きですよ。

  あぁ~~。つらいなぁ。

虚弱でもいいから(先生が生まれつき身体が弱いのでは?と、言ってました)

また、元気になってほしいです。

20090628_p6282113 ねぇ。liddell・・・。

また、自由に遊びたいよね。

今日は、散々な日曜日。

liddellも、朝っぱらから、吐くし、下すしでshock

困ったもンです。

2009年7月 3日 (金)

リコール。

20090628_p6282098 負の罰を利用したリコールについて、どうやるのかというご質問が多いのですが、まず、その前に自分の犬の行動の管理をどの程度してあるのかが、重要なカギとなります。

(画像は、ゴンタと遊んであげるliddell。ふたりとも口の開けかた、おんなじheart04完全な遊びです。叱られてもliddellを慕うのは、こういった関係ができあがっているからですね)

この場で、やり方のみをお教えしても犬の状態、飼い主のタイミングの悪さによっては、何の効果もなく終わるからです。

負の罰は、犬のおこした行動で犬自身が「楽しいこと」「うれしいこと」「もっとやりたいこと」ができなくなってしまうという結果から、「それをしないでおこう」「今は、これを選択しよう」と、犬自身に学習してもらう方法です。

ただし、叱る、体罰、嫌悪刺激は一切用いません。

まず、犬の行動を管理するということに最大の注意を払う必要はあります。

それは、あらゆる犬のしたいと思う行動に介入していくという方法をとることになります。

この部分が、一般の飼い主さんがあきらめてしまう大きな理由だと思っています。

リコールのできない犬にしてしまう犯しがちなミスは、犬の行動を尊重しすぎて人の介入が遅くなることではないでしょうかね?

犬同士で遊ばせる時間もだらだらと長いばかり,でいたら、犬は、なにを学習するのかなぁと、思いますよ。

へちまこの場合は、子犬の時には5~10秒の間には必ず一回はリコールをします。このころは、子犬であればフードトリーツへの反応もよいはずだと思います。

たとえば、犬同士で絡む時間20分だと、リコールは何回でしょうか?ものすごい数ですよね。

でも、この子犬期の煩雑なリコールが、99%の下地になるんですね。

だいたいの社会化がすんで、ある程度、古典的条件づけとオペラント条件付けでスワレやフセやマテが、コマンドのみでできることが確認できたら、次にすることは、犬のしたいと思う行動すべてを勝手にさせないということをしていきます。

犬の行動すべてが、飼い主が与えるごほうびにしてしまう方法ですね。

行動が犬へのごほうびですから、このトレーニングにはフードトリーツは必要がありません。

まずはね、こういったこと、させてませんか?

十分に人への社会化ができているのに、飼い主の許可なく食べ物をもらわせる。

十分に人への社会化ができているのに勝手に人のそばに行かせる。

犬同士の遊びをだらだらと続けて、リコールをしない。飽きるまで遊ばせる。

犬好きだから、うちの子は誰とでも仲良くできると、犬のみを行かせる。

犬がリコールの反応に応えないまま、犬を自由にさせる。

マーキングさせ放題。匂いかがさせ放題。

これらが、すべて犬へのごほうびだということであれば、使わない手はないでしょう。

いくら斥候型Liddellでも、誰が自分の行動を管理しうるものなのかを心得ていますよ。

こういったことができてくると、犬がこの人は自分にとって特別な人に格上げしてくれますから、それから、心得てくれて、初めて負の罰の効果が出てくるんですよ。

そして、この格上げされた自分が、犬のしたいことランキングベストテンの一位になったとき、飼い主自身が犬へのごほうびとなるんですね。

(ただし、分離不安的であったり、依存性を強くさせることではないですよ。言い換えるなら絆ですかね?)

それでも3年、負の罰による99%のリコール率に持っていくまで、へちまこのリコールの声に確実に反応させるまでにはかかってますcoldsweats01

嫌悪刺激によるトレーニングであれば、もっともっと早く仕上げることはできますけど、痛いから止める、いやなことをされるから止めるではないんですね。

負の罰をつかうことにより、犬に自制を教えているようなもんですかね。

訓練競技会のように予め決められた距離をはなれ、そこから招呼するのは犬が覚えてしまえばできることですが、より、犬にとって刺激や誘惑の多い環境でのリコールは、かなりの難度だとは思います。

でも、ふだん、一番リコールが必要なところって、競技会のフィールドじゃないですよね。

ドッグランのような完全なオフリードでの場合、自分の犬を守るのはリコールしかないんじゃないのかなと思ってます。

へちまこは、日本のラン、好きじゃないです。

だから、数えるしか行ってません。

ランで犬の社会化ができると思っている飼い主の多さが、ランを危険な場所にしていると思うんです。

では。20090628_p6282104

「亜希子さん、ダンナ、料理の腕で釣った?」

「ううん、そな腕があればとっくに結婚してますってsweat01

「・・・・・sweat02うむ、手放すなよ」

チャンチャンnotes

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

最近のトラックバック

カテゴリー