Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« Lddell The Teaching Dog87 さよなら…子犬たち。 | トップページ | Pal The Teaching Dog 小さくたって教えられる。 »

2009年9月17日 (木)

更新、できずにいますけど。

Img_5349 更新できずにいますけど、実は、リデルの体調というかようすというか、ちょっと?なんですね。

まあ、とりあえず、今日は獣医先生にをいただいたけど・・・。

うぅっ、心配だぁ~。

エストロゲン過剰症のようであって、そうでもなくて・・・今までにない早い脱毛の速度(ヒートが6月でしたから、発情後脱毛…か。が、それにしても激しすぎで毛っスカスカっす

いちおう、甲状腺の腫瘍マーカーの検査とサイロキシン、犬甲状腺刺激ホルモンの生検では何も見つからず・・・なんで、安心しろと言われたんですが。

エストロゲン過剰症は避妊手術をしてしまえば、落ちつくことですけど(検査結果では何も出てないからエストロゲンではないということです)

ステロイドの使用は、せっかく落ちついているホルモン値を刺激しかねないから、やめておいてみて。(かゆみのあるところがあってかき壊すので抗炎症剤、かゆみ止め、抗生物資は使いました)

なんてことを、先週からずっ~とよ、獣医通い_ノフ○ グッタリ

で、今日、先生が拡大鏡で皮膚を見てくれて「おっ毛ッ、生えてきてるよ。このままハゲないと思うよ

うう、よかった~~。先生やダンナのように、滅びゆく大草原にならないようで(でも、まだ脱毛激しいです。かゆみはおさまったけど)

だって、20日は動物愛護フェアでしょ。それにfuntaskの発表でしょう。

21日からは、新潟石打「ヒルサイドセンタークラブ」さんへ行くし、22日は群馬みなかみの「だいこく館」さんへ・・・そうっ二泊三日の犬連れ旅行にいくんですo(*^▽^*)o

「センタークラブ」さんは、9年ぶりにお泊りの予約を入れたら、オーナーさんが覚えていてくれて、感激しました。

では、「解説つき」は土曜日にアップできますよう、がんばってみます

« Lddell The Teaching Dog87 さよなら…子犬たち。 | トップページ | Pal The Teaching Dog 小さくたって教えられる。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

毛深い兄弟の母です。

リーちゃん
どうしゃったんでしょうか
写真では全く変わりがないように見えるのに…

とにかく早く良くなりますように願っています。

へちまこさん、おはようございます(^-^)

何かあってお忙しいのかなぁと色々思っていたら、
リデルちゃんがこのような事になっていたなんて(>_<)

ゼットンも小さい頃アカラスにかかり、脱毛が始まり随分と心配しましたが、
今回のリデルちゃんへのご心配はそれ以上だと思います(ノд<。)

お医者様が付いていらして少し良くなっているようですが、私もとても心配しています。

とにかく早く良くなりますように!!

早く快方に向かって、楽しいご旅行で、へちまこさんもリデルちゃんも心休まるといいですね。

それにしてもへちまこさん、滅びゆく大草原って、思わず笑ってしまったではないですかΣ( ̄ ̄;)

落ち込んでもリデルちゃんの症状が良くなる訳ではないので、
私も明るく元気に、リデルちゃんへ完治の願いを届けたいと思います。

リデルちゃん、早く良くなって下さいね!!

(._.)アリガト。母、ご心配いただいて。

これと言って元気がないかわけじゃないんですが、とにかく、脱毛が激しすぎて大変です。

もう、もう、つんつるてんみたいなんですよ。
タービュレンのフカフカがなくなって…
一時的なものらしいんですが・・・。

(みぃ)さん、ご心配いただいてありがとうございます。

天然が持つ悩みみたいなもので、本当は不妊手術がベストだとは思いますが、もともとがβなリデルですから、エストロゲンを抑えてしまってより強くなられても困りますからね。(チンピラになってしまう?)先生は、一時的にホルモンの多量の放出があったのかもしれないらしいと…それに反応しての脱毛とかゆみだったのではと?生き物ですから、いろいろとイレギュラーなことはあって当然ですね。

ダンナは、昔、亜熱帯雨林のジャングルのように黒々してましたが、歳ともに、サバンナになりステップになり、そして砂漠化が進んできました。
もう土壌が土壌ですから、無駄な緑化製作はあきらめたようです。ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;あっDV

おはようございます。
全然わかりませんでした。リデルちゃんの事。
それなのにキャンディは「遊んで遊んで!」
もう少し考えるハスキー犬になりたいです。
良くなることをお祈りしています。

新潟 群馬の旅が 楽しく出発できますように

candyさん、何言ってんですかぁ

ご心配をおかけしちゃってm(_ _)mです。

キャンディがよくよく考えるようになってしまったら、それはキャンディではなくなっちゃいますよ
キャンディは、そのままで少しずつ大人な階段を上るのがいいんですから。
それに、リデルは脱毛だけであとはピンピンしてますから。

はい、旅、楽しんできますo(*^▽^*)o

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 更新、できずにいますけど。:

« Lddell The Teaching Dog87 さよなら…子犬たち。 | トップページ | Pal The Teaching Dog 小さくたって教えられる。 »

最近のトラックバック

カテゴリー