無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« ケルピー、ロゼッタのこと。 | トップページ | リデル、スケートボードにチャレンジす。 »

2009年11月13日 (金)

ロゼッタの眼。

20091110_pb102614ケルピーの眼には羊を動かす眼力があるといいますが…。

ボーダーにもありますね。

オーストラリアにはストロングアイという犬種もいて、こちらはその名のとおり、眼力で羊の群れをコントロールするそうです。

我が家のシェルズは、ショーライン系なのでやたら毛量があって、お仕事向きの犬ではなく、瞳も穏やかで優しげ。

いわゆるペット犬。

ベルジアンは、どちらかというと護羊犬であり、生きた柵として(ヨーロッパの放牧は土地が狭いので、人の土地に行かないようにシェパード種を羊の群れのそばである一定の距離で往来させて羊の動きをコントロールさせるようです)使うようです。ベルジアンの目もペット犬とは言い難い目をしています。

で、ケルピー…。やっぱり、何かが違う。わずか2ヵ月の子犬の顔にしては、かわいくないのでは…(ふてぶてしいともいうのかsweat01

そう彼らは、今でも「実用犬」…(『犬たちをめぐる小さな物語』を読んでね)として、働く犬なのだから。

さて、ケルピーのロゼッタストーンが我が家へ来てから、ちょうど一週間。

もう、ロージーは実家のことを忘れているだろうね。毎日、Liddell姉さんの後を追い、たまに目いっぱい叱られ、かじられている(いや、口で抑え込まれているが正しいねぇ)

20091109_pb092611 ほらほら、やられている。

liddellも相当の負けず嫌いだけど、ロゼッタも相当の負けず嫌い。

キレることも(まだ脳みそが未熟なのでcoldsweats01

でもね、自制ができるようになってきましたから。

そうなるまでには、liddellからの制裁は何度もありました。

これで、ロゼッタが打たれ強い性質だということがわかります。

liddellがいて少なからずロゼッタを教育してくれているから、それほど大変さは感じません。liddellのおかげでロゼッタを育てることができているんだなぁと感じています。

liddellの首にはロゼッタの歯による傷がついてたりしてますが、ロゼッタには傷がないんですね。

人間が傷つくほど強く噛むことはなくなりましたし、「イタイっcrying」というと、やめるようになってきました。

20091109_pb092610 打たれ強い犬だから体罰でのしつけや強制的な訓練でも大丈夫だからということではありませんよ。

強い犬だからこそ、やさしさを教えて対立回避のシグナルをたくさん学習する必要があるのかなと思っています。

(犬小屋さんのはなこさんが一時預かりのフェロー君(ゴル)ロゼッタの眼が怖いので外してますね。フェロー君も保護されたけどお迎えに来てもらえず、殺処分寸前で引きだしてもらいました。感謝(/ ^^)/アリガトネ)

ロゼッタの足の付き方や位置、自分に自信があるんですね。

20091112_pb122622 でね、今日、もう15年も前の犬雑誌(とってある方もどうなんだかsweat01)に、ケルピーのことが載っているのを大発見( ^ω^)おっおっおっsign01

笑えるのは、この頃はネット環境が今ほど普及してないので、どこにもwwwがないし、メアドなんてものもない。

まだまだハスキーたちの特集などが組まれていたりして、とっても懐かしくなりました。

そこに掲載されていた記事をちょこっとご紹介しますね。

1898年(古いよねcoldsweats01)、シドニーで行われた競技会において(羊追い)、完ぺきにフルコースをこなし、前代未聞の最高得点100点満点を(減点制です)獲得したコイルというケルピーは、タイトル獲得のために翌日、再度挑戦をすることになっていたそうです。

ところがその夜運悪くタクシーにはねられ前脚一本を骨折してしまったそうです。

しかし、コイルは翌日予定どおり競技に参加し、フルコースを6分12秒で完走。やはり、最高得点100点を獲得したそうです(この時点では不滅のレコードのようでした)コイルは整骨する前のブラブラな足の状態のままでの出場だったそうですよ。

信じがたい話ですがこれと似たような話は「犬たちをめぐる小さな物語」の中にも出てきますから、あながち、うそ話ではないような気がします。

20091112_pb122618 (真剣にハトを見ています)

そしてね、その記事にはこんなことも書いてありました。

友好的で訓練になじむ犬ですが、エネルギーに満ちあふれて仕事指向が非常強く、室内だけの環境には適しません。

ふむ、なるほど。

飼い主への帰属意識が強く忠実かつ頭が良い犬ですが、また一方では自主的な思考を持ち(これはケルピーの本来の仕事にはなくてはならないものらしい)独立自尊性だそうです。

この部分にてこずる飼い主が多いそうですよ。

ああぁ~~、やっぱし、一筋縄ではいかないのはベルジアンと同じかな。

20091112_pb122619 でも、かわいいですよ。

その真面目さがね。

では。

(ずぅ~~と。ハト見てました)

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« ケルピー、ロゼッタのこと。 | トップページ | リデル、スケートボードにチャレンジす。 »

」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

昨日、ロゼッタちゃんの立ち姿を見た時

リデル姉さんのミニチュアに見えましたよ

耳や尾の立て具合まで同じ、目付きもね!

リーちゃんの娘みたいに見えましたよ~

( ̄ー ̄)ニヤリ

居候でなくて家族に (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ


こんにちは。

同じハーディング種ですから似てるんでしょうね。

妹かぁ~~think

考えないでもないけど、やはりね、3頭から4頭はcoldsweats01だよね。
でも短毛っていいねぇ~~catface
洗うとすぐ乾くんだね。
シェルティやタービュレンは、延々延々、乾かしてるようなものだもの。

あっ明日楽しみにしてます。
こちらに寄ってくださるんですよね。
はな、覚えているかしら…。


確かに4頭はo( ̄ ^  ̄ o)…ですけど、へちまこさんなら大丈夫じゃないかしらsmile

短毛は楽でしょうしconfident

長毛ダブルは大変typhoonですよねhappy02
母は結構いい加減に済ませちゃってますけどbleah

母。
いろいろと、大変ですよね。

飼えないわけじゃないけど、ロゼッタを見ていると多頭飼いより
じっくりこの子だけに時間をかけてあげてほしいと思っています。

けっこう人には(飼い主家族)べたべたするの好きですし、ワンマンドッグの傾向があるし…。

そういうことをすべて理解して、いっしょに暮らせる人ならケルピーの魅力を引き出せるのかも。

母んちはどうよっgood

う〜ん( ̄〜 ̄;)

うちは甘ったれ坊主が3人もいるからこれ以上母は面倒みられないなぁ(Тωヽ)

ロージーは女の子だし…。

1対1で向き合ったらのめり込みそうな感じhappy02

そうなんだよね。

のめりこめる人に向いていると思うよ。

一途だよ・・・。
だからなおさら、一対一で付き合える人に託したいねぇ。

負けず嫌いなところは和犬みたいですね。

>また一方では自主的な思考を持ち(これはケルピーの本来の仕事にはなくてはならないものらしい)独立自尊性だそうです。

これまた和犬と被りますが、僕が犬に求める要素です。 しかもそんな独立心を備えつつ・・・

>飼い主への帰属意識が強く

これは和犬に足りない部分なので魅力ですね~


そしてへちまこさん、和犬を飼うなら四国犬というのが渋いですね。 その志向はへちまこさんらしいと思いました。
中型和犬は犬馬鹿のツボにハマリますよ~♪(笑)

そうそう、この15年前の「wan」、僕も持っていますよ~!
正確に言うと、「日本犬ものがたり」の記事だけを切り取って持っています。 今、その日本犬記事の1ページ目の裏面目次を見たのですが、確かにA・ケルピーの名がありますね。(笑)
昔は「DOG」と「ドッグワールド」が好きで購読していました。 そして時々「wan」「愛犬チャンプ」「愛犬の友」といった具合。
ちなみに今は、時々「シーバ」のみです。

タローの主さんへ。

コメント、ありがとうございます。
ケルピーは、日本犬の独立性とハーデイング種の飼い主への帰属性のいいとこどりの犬種なのかもしれませんね。

日本犬にも忠犬のお話がたくさんありますよね。オーストラリアでは日本の柴犬のようにポピュラーだと聞くと、やはりその国特有な犬種の誕生があるんだなぁと、感慨深くなりました。
主さんとケルピー、ふふ、お似あいかもねwink


そして、私もbook捨てられない女なんです。
私は切り抜きでもっているのではなくて、一冊丸ごとで保存して(いや、そんなつもりはないのですがcoldsweats01単にずぼらかなsweat01)ありますよ。


もし「愛犬チャンプ94’~」「Wan94’~」「ドッグワールド96’~」「愛犬の友94’~」いずれも2000年~04年ぐらいまでならありますから、ほしいバックナンバーがありましたら差し上げますよ~~happy01

では。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/46734071

この記事へのトラックバック一覧です: ロゼッタの眼。:

« ケルピー、ロゼッタのこと。 | トップページ | リデル、スケートボードにチャレンジす。 »

最近のトラックバック

カテゴリー