Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« Liddell The Teaching dog 92 11月のロージー。 | トップページ | Liddell The Teaching Dog 93 自分と仲間を守るために。 »

2009年11月30日 (月)

人間であるということの歯がゆさ。

20091128_pb282648 久しぶりすぎるぐらいのアジ練28日、行ってきた。

メジャーデビューをいつかと思いながら、もう一年が過ぎてしまう。

確実にリデルは上達しているのだが、なんだか、自分の体力のなさが情けない

指示の一つで(体の向きやら、左右の手の使いやら足の向き)犬の動きが変わってしまう。

犬といろいろなことをしていると、人がどんなに言葉に頼っているのかがわかる。

犬って、相手の体のすべてを見て、その情報を瞬時に処理をしているように思う。だから、こうしたDogスポーツは、犬のミスは人のミスそのものなんだと改めて思う。

人である以上、どうしても言葉に頼ろうとしてしまうから、犬は混乱してしまう。

あああああ~~、あっっちだって、いってんのにーーー。

ええええぅ~~、言葉に頼り過ぎると、わかってもらえない歯がゆさから、つい、口調が荒くなる。

『まだ、修行が足らないんじゃない?』by リデル。

犬って奥が深い…と感じた、秋深し。

20091128_pb282649 リデルは、競技会用の公式な高さのハードルを越えるようになりました。(90cmでしたかね?)

リ『だからさ、あんたしだいなのね。なんども言わせないでよね』

へ『はぁはぁはぁあの、どこあたりでダメ出し?』

リ『トンネル出たとこで、邪魔っ次のハードル跳べないじゃないの身体かぶってるし

20091128_pb282650 り『おい、そこの白黒。きさまの連れはどう

白黒『いいよっ以前に比べたらわかりやすい人間になったと思うよ』・・・ちぃ、白黒の人間は若いんだょ・・・身体が動くんだょ。。。脳みそも。

り『だから何っ年の功でカバーじゃないのか、そこんところ。大きな声を出せばいいってもんじゃないっ

白黒の人間の、努力ということの結果が今の白黒ですね。

応援してるよ、白黒っ

20091128_pb282647 ううううう~~。

渋い、渋すぎるぜっ

さて、この犬種は・・・・。

たまにアジ練で会うんですけど(アジはしてません)へちまこが日本犬を飼う機会があるなら是非ともと思っている犬種ですよ。

かっこよすぎですね

さすがのリデルも初めは近づけなかったぐらい、迫力のある子でした。

« Liddell The Teaching dog 92 11月のロージー。 | トップページ | Liddell The Teaching Dog 93 自分と仲間を守るために。 »

アジリティー」カテゴリの記事

コメント

まっ、まさか狼犬
か、川上犬

なんて、テキトーに言ってみました

『犬』は本当に賢いです

人間より数段格上のような気がします
母は毎日息子達に翻弄されています
でも、可愛いです

東京インターでお会いできたら凄くうれしい

母へ。

いつもコメントさんくす♪(o ̄∇ ̄)/です。

この渋いお方は、『四国犬』ですわ。
この子は特に体も大きくて立派ですよ。
なんともいえない、この、渋さ~~ヨダレ出てしまう。

インター、がんばってみますね。
母を、翻弄する息子たちリデルが行くかもと伝えておいてくださいね。

では。

『四国犬』かぁ

確かに『渋い』

日本犬もハマるとヤバイみたいよー

うちのおちゃらけ息子達にはリーちゃんのようにビシッとやってくれる姉さんが必要です(特にレイ次郎)

昨日はありがとうございました。
それにしてもリデルとケージ・・・おかしかったですね(^^ゞ

うふふ。ぐふふ。この記事を読んで笑ってしまいました。
私もアジ練をして、人間がどれほど言語に頼っているのかということを思い知りました。
そして犬がハンドラーの足先の向きにまで一瞬で反応することも知りました。
あれだけの速度で走りながら、瞬時にハンドラーの全身の動きから指示を読み取る訳ですからすごいもんだ、と思います。
そして私のボディ・コーディネーションの悪さ(下手さ)・動きのトロさも思い知りました(笑)
いつも犬に『お母さん指示が遅いっ!遅い遅い遅いっ!』と怒られてます。とほほ。。。

母。

インターに行けなかったら、会いにいくよ。
リデルを連れて。

タービュレンが思いきり走りまわる姿が見たい

ルークママさんへ。

昨日は、遅れてしまいおまけに状況がよくつかめず、m(_ _)mでした。

サラちゃん、ちっさくてかわいかったですねぇ~~
リデルも何かを期待していたようですが…。サラちゃんやオーパスが出てくると(・_・)エッ....?ていう顔してましたね
クレートからは子犬ちゃんが出てくると、期待でもしてたんでしょうか。


趣味で始めたアジですが、やりだすと犬との一体感にわくわくしてます。
でも、そのわくわくは犬がへたくそハンドラーを大目に見てくれているのかなぁ~と、思っています
障害をクリアしながら人の指示を的確に捉えて、行動に移せるなんて、人には無理っぽいですよね~~。

やはり、犬って、すばらしいっ

了解です

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間であるということの歯がゆさ。:

« Liddell The Teaching dog 92 11月のロージー。 | トップページ | Liddell The Teaching Dog 93 自分と仲間を守るために。 »

最近のトラックバック

カテゴリー