無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« 今期、教室最終日でした。 | トップページ | ある犬の5年間。 »

2009年12月19日 (土)

Lddell The Teaching Dog95 ようこそマヒナ。

20091218_pc182690 きょうは、寒さが厳しかったですね。日本海側はsnowだそうですね。

そんな中、寒さにもめげずにマリリンさん家の新メンバー「マヒナくん」が2時間かけて、Liddellに会いに来てくれまし o(_ _)oペコッありがとうございます。

マヒナは、ワイマラナーというドイツのワイマール地方原産のガンドッグです。

不思議なカラーと目の色をした4ヵ月のやんちゃさんです。

さて、画像は、Liddellに初めましてのごあいさつするマヒナです。まだ、子犬ちゃんだって腰の丸め方、Liddellの口元に自分の口を近づけて表現してますね。Liddellは、まぁ、まんざらでもないといった感じでマヒナを受け入れてますね。

20091218_pc182689 マヒナは押しの強くないタイプの子で、このままのびのびと育てて、人、環境、犬への社会化を進めていけば大きな困ったことは起きないと思いますが、やはりね、この時期の子犬を育てている飼い主さんは、いろいろな経験を子犬にさせてあげてくれたらなぁ~~と、思ってます。

マヒナは、マリリンさんの所へ来てからは自分よりも大きな犬との接触がないそうで、それを補うためにLiddellに会いに来てくれました。

画像は遊び始めたところですね。

20091218_pc182693 おおっ、調子が出てきたみたいですね。

遊びの威嚇ごっこですね。

ふたりとも体に力が入ってないようで、穏やかに遊んでますよ。

マヒナは、遊びながらカチカチと歯を鳴らすタイプの子ですが、実際に咬むという行動には発展しません。

「つかまえちゃうぞ、かんじゃうぞ」と、おどけるといった感じです。

20091218_pc182694 横の動きが多いので、相手を抑えにかかるタイプの犬でもないようです。

ケルピーのロージーは、縦の動きが多いタイプでしたから、やはり、強いタイプでしたね。

犬同士の遊びでも、縦の動きが多くなりだすと、つい本気になっちゃう子がいますから、人はよく見てて介入するといいと思います。

ふたりのしっぽ、ラインの高さが同じですね。穏やかに遊んでいますよ。

犬同士の遊びを嫌う人の中には、このガウガウやグルグルという唸りを怖がる人がいますが、犬として持って生まれたその能力を、楽しまないなんて┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~ですよね。この躍動感、見ている人にもパワーをおすそ分けいただいているみたいですよ。

20091218_pc182695 り「どう、かかってきなさいよ、坊や( ̄ー ̄)ニヤリ」と、言った感じのLiddell。

マ「うううsweat02どぉおおしようかなぁ~~」

20091218_pc182699 リ「ほらっ、だいじょうぶだってheart01ほら、かかってきなさい。かもぉ~~んベイビー」

マヒナのしっぽupってきましたね。

マ「よし、ぼっぼっぼくsign01いっくぞぉ~~punch

20091218_pc182696 マ「どやぁ~~」

り「あら、ぼうや、やるじゃないの。その調子よんheart04

この世界、壊したくないですよね。やりすぎな行動があれば、指導的な叱りはありますよ。

でもね、こうして同族と遊んだ記憶が楽しくて、心地よいものならマヒナは少々の辛いことなど、乗り越えることができるでしょう。

20091218_pc182697 そのためには、遊び相手を慎重に選ばないとならないし(ランなどでは期待できませんよ)接触の仕方を監視し、犬同士の遊び方から問題を見つけ、子犬であればケンカを許容することも大切なことだそうですよ。

人は、犬に多くを望むくせに、犬の望を叶える人はそんなに多くはないのかもしれません。

同族との触れ合いや交流は、子犬の精神の発達に大きく関与するというのに、その場を与えないなんて、人の子でいえば子ども時代に子どもと遊ぶことをしなかった大人みたいなものですよね。

20091218_pc182692_2 マヒナはこの日、Liddellから2回ほど指導的な叱りを受けています。大げさな鳴き声は上げましたが、どこもケガなどしてないんですよ。

ルークママさんが気づいたように、Liddellからはピンポイントでの指導的な叱りがあり、そのフィードバックが非常に早いんですね。

だから、マヒナは何を叱られたかがよく理解できるんですね。そして、タイムアウトは短い。

こうしたフィードバックとタイムアウトは、なかなか人には真似できないのかもしれんせんが、その努力は必要だなぁと思った一日でした。

マ「りでるねえさん~~LOVEheart04kissmark

まぁかわいい~~heart01こんなことされたら、誰だって守ってあげたくなりますよねhappy01

20091218_pc182688 マリリンさん、素早いフィードバックは日々、鍛錬ですからね。by リデルよりsnail

マ「もうもうもう、おかぁさ~~ん、遅いやんっpunch

では、また遊ぼうねマヒナpaper

« 今期、教室最終日でした。 | トップページ | ある犬の5年間。 »

」カテゴリの記事

コメント

昨日は寒い中、お時間を作って下さって ありがとうございましたm(_ _)m
へちまこサンの解説付きで犬たちを見ているのは本当に楽しくて勉強になりましたhappy01
マヒナも横取りをしたりシッポを踏んではイケナイことを学んだことと思いますconfident

又是非 遊んで下さいhappy01宜しくお願い致します

マリリンさん。

ほんとっ寒かったですねぇ。
犬って、体全体でお話しますから、しっぽも大事なアイテムですねhappy01

大きい子は少し注意深く行動することを習うと、小さな犬たちと遊ぶとき抑制をしなが遊ぶようになるようですよ。

マヒナも大きくて優しい、弟君になぁあれですね。

また、お時間を作って遊びに来てくださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/47056196

この記事へのトラックバック一覧です: Lddell The Teaching Dog95 ようこそマヒナ。:

« 今期、教室最終日でした。 | トップページ | ある犬の5年間。 »

最近のトラックバック

カテゴリー