無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« ありがとうございます、ZUZUままさん。 | トップページ | Follow Me・・・ »

2010年2月27日 (土)

Liddell The Teaching Dog 98 沈黙の犬隊(Follow Me)

20100225_p22528041 犬たちは実に多くのシグナルを沈黙の中で交換し合っているんだなと、改めて思う場面に出会うことがあります。

へちまこたちは人ですから、文字や言葉によるコミュニケーションが大切ですよね。だから、人の親は人の子どもがまだほんの赤ちゃんのころから、たくさんの言葉がけをしてその言葉の発達を促していきます。

人の言葉などまだ理解できないであろう赤ちゃんに「ほら、きれいよね、お花よ。そらごらん、ワンコよ。ほら、パパよ。今日は良いお天気ねぇ~」と、実に多くの言葉を語りかけていた自分の子育て時代を思い出しました。

赤ちゃんは、その語りかけの時の親の口元をじぃーーっと、見てたりして…。

そして、赤ちゃんは喃語という言葉にならない声を発し始め(ムニャムニャとかウマウマとかね)やがて、それがその民族特有の言葉にと発達するんですねえ~~。

で、犬たちはというと、実に沈黙での語り。でもよくわかっていて、相手が何を感じているか、何を不安に思っていて、その解消をどうやって相手に求めていて、それを受けた犬がどうやって沈黙でのシグナルでもって返しているかが、今回の沈黙の犬隊です。

この沈黙での隊列、実によくできていて、人も見習うと犬との意思の疎通の最もシンプルな形がわかってくるのではないのかなと思いました。

へちまこは犬たちとあまり語らずに歩きます。まったく声をかけないで、いわゆる散歩をする日も珍しくありません。犬たちと歩くのが煩わしいからとか面倒だからではなく、犬たちはそのほうが自然とへちまこの動向に注意を払うことが多いからなんですね。

そして、信号待ちなどでは犬たちのほうからよってきて、へちまこの手に鼻を押し付けたり、足に口で触り自分の存在とへちまこの存在を確かめて安心しているようです。その時には犬たちは必ずと言っていいほど「私はここにいますよ。私はあなたが好きですから」と、アイコンタクトを自ら求めてくれます。

これが、本当の意味でのアイコンタクトだと思うのですが。

冒頭の画像、もう一度ご覧下さいね。左のボーダーはルークママさんとこのオーパスです。オーパスはLiddellに何かを確認してるんですね。

Liddellはそれに応えています。沈黙で…。

20100225_p2252804 実は、オーパス、不安なんですね(眼が不安だと言ってるでしょ)初めての道ですのでLiddellに訪ねてるんですね。「ねぇ、この道知ってるの?」そこでLiddellは沈黙でもって返しています。ただ前を観てずんずん歩くというシグナルだけですが、この無視とも受け取れるシグナルは「私についてきなさい」という、実にシンプルなリーダーとしてのシグナルです。迷いがない歩き方なのでオーパスも時期に落ち着きを取り戻し始めました。

犬と目を合わせるだけで、別のことを強化してしまうことがあるのはあまり知られてないことです。

オーパスの不安なアイコンタクトにLiddellがアイコンタクトで返せばオーパスの不安はもっと募ったでしょう。

一瞥もないLiddellのシグナルはそのままFollow Meという強いシグナルになるのです。

そのほうが犬にとってとても安心できることなんですね。

不安や怯えを軽減させるために人はつい、犬と目を合わせ、その気持ちを汲んであげよう、わかってあげてようとする人が多い気がします。

おびえる個体は群れでは危険要素になります。怯えは周囲に伝播し、緊張を呼んでしまうそうです。

そして、人は実に多くの言葉でその不安を解消しようとし、慰めの言葉でもって犬の怯えを理解しようとします。

その言葉が、犬の不安やら怯えやら、緊張やらを増幅させる場合が実に多いんですから、犬と目を合わせるのにはよく考えてからのほうがいいと、改めて思った空とオーパスとのセッションでした。

20100225_p2252805 オーパスの上の部分が切れていますが、Liddellと同じ方向に頭を向けているのがわかりますね。

言葉のない犬語の世界であっても、自信のあるシグナルに犬はひきつけられるものなんですね。

黒柴の空もより添いはじめています。斥候型の犬であっても犬の信頼を得ていれば、常に注意をむけてくれますし、ことあるごとにその動きに(シグナルに)注目してくれるんですね。

だからね、犬には人の数多くの言葉は必要がないんですね。

でも、これって、人でもあるよねぇ~。ほら、長年連れ添うと、

20100225_p2252807 阿吽の呼吸って、あるしねぇ。

« ありがとうございます、ZUZUままさん。 | トップページ | Follow Me・・・ »

」カテゴリの記事

コメント

先日はありがとうございました。
またまた学ぶことの多い時間となりました。
空はきっと私以上に勉強したのだろうと思います。
あっという間に寝てしまいましたから・・・。

こうやってへちまこさんの記事を読むと、よく理解できました。沈黙の理由が・・・。
早速、静かなお散歩を空と共に実践しています。
少しですが空が私に注目してくれることも多くなったような気がします。
私も、今まで以上に空や他の犬を観察していこうと思っています。

最後になりましたが、今回の私のブログ上でリンクさせて頂きました。事後報告になってしまい、申し訳ありませんでした。

そら母さん。

楽しかったですねぇ~~happy01極上のお散歩でした。
空ちゃんは、この日、ぐっすりsleepyでしたでしょ。
きっと、体も脳みそも疲れて心地よくお休みができたと思いますよ(脳みそも筋肉じゃ困るよね)
運動というと、その身体ばかりを使うことだと思っている人が多いようですが、実はね、脳みそを使わないとあまりお疲れにならないそうですよ。
前回のようにリデルと走り回ったわけでもないのに、空は、心地よく疲れてくれたんだから、そら母さんはこの日の犬たちの言葉を反芻して、自分と空との関係に生かしてほしいなぁ~と、思ってましたが、さっそく試していただいてたんですねgood
(/ ^^)/アリガトネ~~そら母さん。

リンク、承知しました。
後ほど、おじゃましま~~す。

本当に極上のお散歩でしたね。
きっと犬の神様からのご褒美ですね(笑)

>>一瞥もないLiddellのシグナルはそのままFollow Meという強いシグナルになるのです。

犬はチラッチラッと周りの様子を見ますよね~。
ついつい『あら~どうしたの?大丈夫よ~』などと声掛けをして、その方向を一緒に見てあげたくなりますが、堪えて(笑)黙って前を見てズンズン歩く。
犬って強い人が好きなんだなぁと思います。でも強い人とは乱暴で我儘な人ではなくて何事にも動じないで自信を持って群れを誘導できる人かなぁと思います。
毎日の散歩ではリデルはいないから、私がそうならないとね~(笑)
私がリデルから学ぶものは多いわ♪

ルークママさん。

>きっと犬の神様からのご褒美ですね(笑)

そんな風に思っても神というお方からおしかりを受けないだろうと思える、暖かな午後でしたね。

私もリデルからは学ぶものは、今更ながら多いなぁと感じています。
私の脳みそは大したことがないので、ずいぶん後になってから、または同じような行動を眼にしたときに突然回路がつながって、ああ~それを言いたかったの、なんてことがしょっちゅうありです。

犬は、ノンバーバルな生き物って、実感する時ですね。

また、ロングな散歩に来てください。

内容の濃い散歩をされていますね!、この辺りを理解していないトレーナーさんて多いですね!。
何でだろう!中には無理矢理アイコンタクトを取りたがる人も居てcoldsweats02....
わんこの行動を良く観ていれば解ると思うのですけれどもねconfident

考えてみたら、へちまこさんのところめちゃくちゃ近いんだよね(笑)良く行くけど通過点smile

( ^ω^)おっおっおっsign01
ぶんたさん。ご訪問、ありがとうございます。

私も数年前は、“このあたりを理解していない”一人でした。
今は、本当の意味でのアイコンタクトができるようになりました。これも、犬たちのおかげですね。

実は、あのラインを渡るだけで非常に近いところにお互い住んでいるんですよね。
あのラインのたもとに住んでいると言っていいほどの私…。
ぶんたさん、どのあたりなのか少し気になっています。今度の連休にtvで紹介されたアナゴ丼のおいしいお店に行こうかなと、ラインを渡る計画中ですhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/47671748

この記事へのトラックバック一覧です: Liddell The Teaching Dog 98 沈黙の犬隊(Follow Me):

« ありがとうございます、ZUZUままさん。 | トップページ | Follow Me・・・ »

最近のトラックバック

カテゴリー