Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« Liddell The Teaching Dog 102 フレンドリーという不安定な感じ。続き | トップページ | 犬は信用してはならない。 »

2010年4月27日 (火)

Plod away at the task

20100426_p4262956 ルナとアスパ(飼い主様へ。文中では基本、犬には敬称略ですのであしからずm(_ _)m)がよく晴れた日にtaskのレッスンを楽しんでくれました。

アスパは、小さな体だけどベルに触れたこともなかったのに、この日、ベルに触れるまでになった。

まだ、ベルは鳴らないけど、いつか祝福のベルはアスパとママのために鳴り響くようになるよ。

怖々だっったけど、ちやんと前足で『どう こんな感じ?』って、ママに聞いてるし。

アスパママは、ごほうびの使い方のタイミングがうまいねぇ~~。

20100426_p4262952 犬たちの持つ可能性を引き出せるのは一番そばにいる人で、その人がコツコツと取り組むことをしなければ、その可能性は引き出せないし、taskも完成しない。

犬がコツコツではなく、人のほうがコツコツなんだよね。

taskやトリック(所謂、芸もの)の良いところは、決まりがないこと。どこからやろうが何をしようが、まずは犬が好きにできるものから取り組んでもよい。

そして、コツコツ。

そして、バージョンアップしていく。

20100426_p4262953 ルナも最初はリングを怖がっていたけど、なんどか繰り返せば自分で足を上げてくぐれるようになってくる。

おいしいごほうびとほめ言葉…だんだん楽しくなってくるみたい。

20100426_p4262954 ルナは、リデルの模範演技を見ていてできるようになった。差し出されたベルにコマンドなしで自分でならすルナ。

20100426_p4262955 犬にもいろいろなタイプがいて、見て覚える子。自分で考えて答えを出す子…さまざまなんだね。

ルナには2週間ぶりに会ったけど、すごい進歩していたから驚いた。なにしろ、顔をあげて歩く時間が長くなってきたし、拾って口に入れても食べずに出すようにも少しなってきたという。

“おいしいものは上から降ってくる~~\(^o^)/”効果でてきたみたいだね。

そうそう、それから“小さなことに気を付けるYO”のトレーニングの達成度もすばらしかった。

うん、やっぱり、コツコツだねぇ~~

ルナママの制止のタイミングもいいし、ルナのママの言葉が耳に届くようになったきたみたいだね~~。

20100426_p4262957 もっと驚いたのは、ちゃんと大人犬の遊び方がわかってきたことかな。

前回は、無礼な遊び方でリデルに叱られ遁走したけど、今回はちゃんとリデルの動きを見ながら自制して、縦方向の動きもなくなってきてた。

そして、このルナの自ら自分より強い相手を認めるというボディランゲージ。

それに応えるリデル。

リデルもルナを仲間として認めたみたい。

この後も、とっても穏やかな犬たちとの時間が共有できてでしたね~。

では、また次回に。

« Liddell The Teaching Dog 102 フレンドリーという不安定な感じ。続き | トップページ | 犬は信用してはならない。 »

Runa&Aspa&Sora」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Plod away at the task:

« Liddell The Teaching Dog 102 フレンドリーという不安定な感じ。続き | トップページ | 犬は信用してはならない。 »

最近のトラックバック

カテゴリー