無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月28日 (月)

みんなにハナマル。

41565275_org 犬のしつけの定番。スワレ。空はこれはキチンとできてます。満点です。何かをほしい時、どうしてほしい時にもスワレをしてくれますが…さて、どうなんでしょう?これにコントロールされている人はかなり多いのでは?

自発的にスワレばおいしいものがもらえるのが当たり前になってるような。と、いうことは、あなたがコントロールされているかも。

41565222_org 空の眼は「ほら、すわったわよ。はやくちょうだいっ」なんですね。人をコントロールしているかな~。

だからあえて無視か違う行動を犬に起こさせてみることをお勧めします。

また、完璧にできているように見えても、飼い主が違う体勢になるとできないのなら、それはスワレができているとはいえないんですよ。

同じスワレでも人が寝転んで「スワレ」、うつぶせで「スワレ」、顔を見せずに「スワレ」…こうしたテストを繰り返してみて、飼い主がどんな体勢であってもでスワレという指示を聞き取っているかが重要。

そして、空にはスワレばトリーツがもらえるという構図を崩していってほしいと思っています。

41565231_org_2  なぜなら、空はどこで母をコントロールできるか、自分の望む行動を人にとらせるかを考えているような。賢いんですねhappy01その賢さをこちらでコントロールしてみましょう。

今後は、勝手にやったこと(cueなしで)に関しては、軽くほめる程度にして、人からのcueがあってそれにあった行動ができた場合のみほめてみてください(ごほうびつき)

そのcueの意味や行動が理解できてない場合のみ、母が望む行動に誘導は可ですよ。

空には、もう少し人の指示に従うことは大切なこと、この人の指示には例外はないんだということを教えてほしいかな。

でないと、いつまでたっても母の持つやさしさだけをコントロールされてしまいますよ~coldsweats01

41565202_org アスパの目指すものは、ドッグダンスなんですが、ドッグダンスの大切なの要素として人と対面した時には身体をまっすぐにする、すぐにスワラない、人のcueなしで勝手に動かないということがあります。

アスパもスワレは自発的にすわってくれる良い子なんですが(よくしつけられた社会性のある子なんですよ~)ドッグダンスは究極のオビトレともいわれてるように、人の指示を聞き間違いなく遂行しなくてはならないし、人もそれを教えていかなくてはなりません。

上の画像は、バックであるくアスパ。動画でないので本当かどうかはわからんわっpunchと、思う方もいるでしょうけど、左後脚、右前脚引いていますね。下がりはじめています。

41565191_org 上の画像でもそうなんですが、アスパは新しいことにチャレンジする時には、ほぼ鼻の頭を舐める確率大ですlovely考えることに心地よいストレスを感じているかしら。または、落ちつけアタチ…。

『ううう~む、なになに これで いいのかしら?』

小さな脳みそをフル稼働ですね~。で、アスパのすごいところは2~3回繰りかえした行動は、できるようになっているということですgood

学習スピードが速いsign03

41565209_org_2 アスパは最初のころ、体が対面時(ハンドラーと)左に傾く癖がありましたが、ハンドラーの前足を傾く側に伸ばしてあげて、導いてあげるとまっすぐに身体を持ってくるようになりました。

トリックの習得に夢中で、リデルが側に来ても怯えなくなってきてくれました。

バックはアスパにとって、newなトリック。初めは、一歩でも下がったら(半歩でも)ほめ言葉(そうそうとかね)と、トリーツをあげてください。5~6回繰り返してみてスムーズに下がるようでしたら、2歩、3歩と伸ばしていきます。下がっている間はそれでいいんだという、言葉をかけてあげてくださいね。

41565247_org ジェイドは一番の年長さんで(この中では)リデルと同じ犬舎です。ジェイドは、リデルと同じような感じがあって、人に出されたコマンドには確実に従おうとします。

リデルもああ見えても、実は人の指示に従いミッションをこなすことに対しては、間違いなく遂行しようとしますが、何しろ散見の犬ですからAWAYの指示で動き出し別の気になるものが目に入ると、ミッション、忘れちゃいます~~cryingジェイドにはそれがないっsign01すばらし~goodもしかして、年の功なのかな?

41565258_org パイロンがひとつ増えて、一番パイロン、二番パイロンと回ってくるというtaskにチャレンジ中ですね。

これも確実に人の指示の聞き取りと、ハンドサイン…いずれこれはなくしていきます。

人にとったらなんて簡単な作業なのですが、犬たちは大まじめ。

41565265_org ジェイドは、お散歩コースのラゾーナに置いてある規制用のパイロンや工事現場のパイロンを見つけると自発的にAWAYをするそうです( ´艸`)プププかわいいですね~。

人もそうですが、何もない毎日を送ると退屈でストレスになりますが、心地よいノルマ(お仕事やら趣味、お稽古ごとなど)を自分に課することで退屈なストレスを発散するそうです。

それを考えると、犬たちもお散歩ばかり、同じ日常ばかりよりは少しこれをしなければという、心地よいストレスは必要かもしれませんね。

41565345_org

ルナの人との共同作業は楽しいという“やる気スイッチ”は、調子よくオンに入りやすくなりました。人に何かを教えられてその課題に挑戦して、合っていたらごほうび。

リングの中央に入ってスワルというtask。ただ、誘導ばかりを使っていると犬が考えず、受動的になってしまうこともあるので、完成系はぼんやりしている方がいいかもしれません。

『えっ、リングに入ってると思うんですけど?ちがうの…』ルナママには誘導をしないように手を身体の前で組んでもらってます。

41565333_org 『こうかな~think』、ルナ舌なめずりしてますね。

軽いストレスを感じていますね。でも、このタスクがいやでということではなくて、脳みそが解決しようと頑張ってる感じです。

人も考えてるときに舌なめずりする人ってかなりいるそうですよhappy01

41565357_org_2 『できた~~sign01(0゜・∀・)ワクワクテカテカ 』

ママの「良くできました」に誇らしげなルナ。

ルナママさんもすぐに答えを出さずに、犬に考えさせて人が待つということができるようになりました。すぐに言葉に出さないほうがルナは自分で考えるかも。

41565372_org 『AAAAA~考えて疲れたわYO~~』

犬はストレスを感じてもあくびをしますが、新しいことにチャレンジする時にもあくびをするそうです。それは脳に新しい空気を送って、脳を活性化させるためだそうです。

ルナは人が答えを知ってるのをよくわかっている子です。でも、人が指示してやらせてばかりですと、指示待ち犬になり個性的な答えは望めなくなります。リングの中央に入ることも一周回ってから、お尻から、必ず右からと個性豊かなその子なりの答えを期待したいですね~~。

41565142_org ルナペアを見始めてから3ヶ月…。驚くほどの落ち着きを見せ始めたルナペアです。

ヒールで歩くことも右左でできるようにします。山登りが好きなルナ家。山道でのすれ違いの時にどちらでもついて歩けるようにすると、登山マナーのよい飼い主さんの見本になりますよ。

空は、見学してますねhappy01犬は模倣しますから空もできるようになるかも。

41565152_org うつむき加減だったルナママさんの体勢も背筋がピンとしてきましたね~。

ルナの集中力が途切れそうになると、それを修正させる対応も早くなりだしました。

この八の時パイロン。犬が外側内側に入れ替わるのでヒールウォークのトレーニングに最適ですよ。

41565290_org これは難度です。この小さいリングに収まるには?リングに入るということはわかってきてますから、あとは犬に考えさせます。偶然に犬が収まるのを待って、それを強化して行く場合と、大きなリングでも中央にスワル、リングのふちに脚をかけない、体が触れないければごほうび、というトレーニングを繰り返して行うのもいい考えです。

41565323_org この日も暑かったですが(当たり前だよね~夏だしsweat01梅雨だし~sweat01)それぞれのtaskに取り組むみなさんと、楽しくて有意義な時間を共有させていただいてありがとうございます。

みんなに花丸たくさんですgood

アドバイスの部分では拙い部分もアリアリですが、どうぞ、お許しくださいね~。

で、アスパママさん。いつもいつも、とても映りの良い写真さんくす♪(o ̄∇ ̄)/です。

でも、まだ続きがあります。今日はこれまで。

2010年6月26日 (土)

タスケニギリノヒ。

20100626_p6263196 今日、太助母にお誘いをいただいて宮前区長尾にある紫陽花寺へ行ってきました。お寺の本当の名称はすっかり忘れましたが、紫陽花のいい季節を堪能してきました~happy01

20100626_p6263197 メンバーは同窓生のこのおふたかた。太助とまろと山犬…いえっcoldsweats01リデルとそれぞれの飼い主です。

20100626_p6263187

紫陽花寺というと鎌倉の明月院が有名ですけど、ここ長尾は川崎市の隠れた名勝、規模は小さくともじゅうぶん楽しめます。20100626_p6263189_2

犬と紫陽花とお寺…thinkふむ、すこぉ~~しミスマッチな?

感じではありますけど、(特に山犬?coldsweats01

20100626_p6263190_2 太助は昨日、4歳のお誕生日だったということで、良くも悪くも太助もリデルもまろも山あり谷あり平原ありの同世代の犬友として育ってきたんだよね。

特に太助は小さなまろをよく守るし、やさしいし。

まろもリデルより太助を頼りにしてるみたいだしね~。

へちまこ、太助母とまろママは教え教えられるという枠を超えてステキな人たちだと思うし、友だちになっていただいてよかったですよ~(実はへちまこ、友だちが少ないんですよ。えっ 以外ですかね?前にも言ったように割とシャイでヲタですから~~coldsweats01

20100626_p6263191_2 で、あちこちに短冊が結んであって、きっと俳句の会や川柳を嗜む人たちがいるんですね。

でもね、これなんか(゚0゚)な、俳句?20100626_p6263192

へちまこ、気に入りましたgood

『ぢごくえをみるがごとくにけむしやく』sweat01

いいセンスですね~。

この俳句のお隣には、やはり蓮の花でもって、毛虫さんの成仏を願っておきますねcoldsweats01(一応お寺だから殺生はねぇ)

20100626_p6263198 まろの背光の図。

  20100626_p6263199 太助、花より団子の図。

20100626_p6263200 ☚小さな花をたくさんつける珍しい紫陽花。

 20100626_p6263201

右は、かしわば紫陽花というそうな(太助母)

20100626_p6263203 山犬も土の感触と土の匂いが気に入ったかな?

20100626_p6263206 ああ、でも紫陽花なんか見ちゃいない。

けものの気配を感じて脇にそれるそれるsweat02

20100626_p6263207_2 紫陽花のトンネル。

お天気も曇りがちで犬にも人にもよかった。

ワンダーも連れてきてあげればと思ったけど、やはりこの湿気はワンダーだときついかな~。

なにしろ、シェルズは夏場25℃でクーラーな生活を続けている。朝6時からクーラーつけるし…coldsweats01エコとは程遠いシェルズです。

20100626_p6263193

ああ、タイトルのタスケニギリノヒ…これは、太助母がオニギリをまろママやへちまこのためにお昼として握ってくれたのでした。

で、東高根森林公園の芝生広場で犬たちとお昼にしました。

ごちそうさま~~おいしかったですよ、タスケニギリ。

では、来年もお誘いを楽しみにしてます~kissmark  

2010年6月24日 (木)

リリーくん改め…。

20100624_p6243182

本日、リリーくんはもとのお家を離れ、こちらへお引っ越しされました(かわいいお顔のりりーくんですねheart04

そして名前も“り助”に改名。太助の母経由でこちらへ一時預かりになったことと、リリーくんの元飼い主のおばあさまのご家族が“り助”と呼んでいたので“り助、いいじゃんgood”と、なりました。

20100624_p6243181リデルにあいさつをするり助。

り助は、リデルを初めてみたときにかなりびっくりし、体が動かなくなりました。でも、それが功をなしたのかリデルがゆっくり近づいても逃げずに匂いをかがせてくれました。

り助のような小型犬で、大きな子と交流のない子は大概が驚きパニックになり逃げようとしますが、逃げないほうが恐い目に(追いかけまわされないからね)遭うことは少なくなりますね。

Dvc00142 今夜から、さんパル家で合宿生活。

少し犬らしくふるまえるようになるといいなぁ~。

さんご姉さんと目が合うと、自分からサークルに入ってしまうそうです。普段でも穏やか系なり助ですが、けっこう明朗活発な面もありますので、それが自然に表現できますように。

リ助くんの新しいご家族を引き続き募集しますので、どうぞ、よろしくお願いします。

20100624092917_3 でね、今日、さんパルさんがとっても素敵な人だって再確認したお話をこれからします。

さんパルさんは、自分の家の周りにいるネコたちのこともご近所と協力してお世話しています。

先日、お世話しているネコの一匹が交通事故に遭ったのか路肩で死んでいたそうです。

さんパルさんは泣きながら抱きかかえ、火葬所にもっていき焼いてもらって丁重に葬ったそうです。

ところがぁーーーーそのネコはよく似たネコで本当のネコは生きていたのです w(゚o゚)w

でも、みんなで見も知らないネコのことを丁重に扱って、あちらの世界へ送り出せたことを喜んだそうです。

ああ、なんてステキな人たちなんでしょうかねヽ(´▽`)/

では。(このお花は、ブーゲンビリアなんですよ。20100624092901 自然に大きく育ったそうです)

Liddell The Teaching Dog 106 犬一倍、犬が好き。

20100622_p6223169 昨日はtaskの日。このバーまたぎ、隊の仲間内で少しブームですね。チワッコのまろ、よく見て歩く。自分がまろママから何を求められているか、早く正解にたどり着くにはどうすればいいのか。このチーム一番のキレ者。

へちまこはまろとまろママ、パパの歩みを傍らからずっ~~と見続けてきた一人です。ガタブルで歩くこともままならなかったまろを教室に迎えて、ドッグダンスの場に引き込み、そしてアジリティーへと誘い?今ではあの頃のまろの面影を探すことすら難しいし、そんなまろの話をしても信じてはくれない人は多いcoldsweats01

20100622_p6223170 まろは、まろと自分を大切に思ってくれるママやパパに集中するということを学びながら、苦手なもの怖いものを遮断できるようなり、怖いものにシェードをかけて見れるようにもなった。まろは人側の犬になることで(チワワはもとから人側だけど)いろいろなものを克服してきた。

(まろとママの共同作業中は、傍から見てもとてもチワワには見えないぐらいなんですよ~)

で、へちまこも一時だけど、ドッグダンスにはまりそうになったことがあった。見た目にも華やかなドッグダンスは今でもはやってるし、憧れたcoldsweats01

ワンダーも人側の犬だから、ドッグダンスをするということにはすごく集中できる犬だけど、リデルは犬側の犬。どこかで犬を探し、犬の影が見えると集中力を欠いてしまう。

ある人に同じ犬種を飼っている人が、やはり、リデルのような犬で、それを取り除くために一年間ほど、犬との接触を断たせ訓練に集中させたという話を聞いた。

その犬の犬への関心は薄れ、飼い主とともにすばらしいダンスをするようになったという。

以前のへちまこなら『ほほうほうっsign03なんてすばらしい』と、思ったと思う。でもその話を聞いたとたん、一気にドッグダンスへの熱は薄れてしまったのだ。

犬は人の作りだした人のための家畜だ。それを否めることはしない。でも、同族との関係を求める犬の気持ちを無視し、自分のやりたいことに集中させるためにそれを取り上げてしまうということにとても違和感を感じたのだ。

あの時、『そうだリデルとダンスをするために犬との関係を断ち切ろう』と思えば、へちまこにはできたはず。実際に以前の犬はそういう育て方をしてきたのだから。

でも、どうしてもできなかったし、幸か不幸かセンターでのリデルの働きやさまざまな犬とのリデルのかかわり方を見ていると、リデルから取り上げてはいけない世界なのではと思えたのだ。

20100622_p6223179_2オーパスくんが体調不良のためお休み。ピンチヒッターのルークさん(オーパス実パパ)が来てくれました。見事なバウの交換ですね~good

リデルほど犬好きな犬はだろうと思えるくらい、リデルは犬を求める。小さいころ(子犬期)人のことは眼中になく、毎日毎日犬を求めていたリデル。

今でこそ、ボールを取ってきて人に投げてもらうと楽しいと、思えるようになってはくれたけど、ボールを追うということよりも犬との遊びを求めていた。

20100622_p6223175 リデルはすっかり大人犬になったけど、やはり、その本質は変わらず犬を求める。少し変わったことはへちまこの存在に注意を払うようになってくれて(長い長い道のりだったぁ~sweat01)一応はへちまこのへの確認作業をしてから自分のしたいことをするようにはなってくれた。たぶん自分の群れとして認めたのだろうといわれた。

そして、近ごろ思ったこと、Teaching dogという聞こえはいいけれど、その働きを認めて生かす場がなければリデルの魅力は半減するのだろうと思うのだ。

リデルはこれからも犬を求め続けるのだろうと思う。それは単に犬が好きだという思いだけではなく、何かを教えたいし何かを教えなくてはらないと、生まれ持った彼女の心がそうささやくからだ。

20100622_p6223171あら、リデル、ルークさんになんて馴れ馴れしいの…ねぇねェ、このボールで遊びましょうよぉパパさ~~んって。妻がおるんだぞっcoldsweats01でも、ルークさん、まんざらでないご様子ですね。

それでも、一糸乱れぬ犬との共同作業を傍らで見るとき、人のために生き生きと動いてくれる犬を見るとき…へちまこは少しさびしくなる。リデルがそのようになってくれたらと少し欲張りになる。

20100622_p6223178_2 でも、こうして犬との関わりを自ら求め、犬である喜びを表現している時間を見るとき、リデルのやりたいことはこれなんだと改めて思い、犬側の犬として生かすことでへちまこを認めてくれているのだろうと思う。

20100622_p6223174犬側の犬であっても、リデルはへちまこにとって魅力的な犬であるに違いはない。

その眼が同族を追い続ける限り、へちまこは犬語の世界にどっぷりと浸かることのできる贅沢な時間を堪能できるのだから。

(リデルからTeachingできるという能力を奪ったら、ただの犬になれるかもsign02

2010年6月19日 (土)

ためいきと憤り。

今から2年ほど前、あるマンションの一室でおこったシーズーとラサアプソの多頭飼育。

その飼い主からまた連絡あり、残りの4頭も新しい家族を見つけてほしいと言われてしまった。現在は、あの瀟洒な集合住宅を引っ越し別なところに住んではいるが、そこでもトラブルを起こし今月末までに引っ越しを迫られてるという。

トラブルの原因は犬の頭数で、そこはペット可なのだが一頭までで契約時に虚偽の申告をしてばれてしまったという(一頭での申告で実は4頭)

2年前、ミユちんさんとボラの仲間とで13頭のシーズーmix、保護後に妊娠しているメスがいるとことが判明し、確か3頭子犬が産まれたのだ。

どの子も、今はそれぞれ幸せになってくれているし、当時はいろいろと運や縁がつながった。それも、ミユちんさの尽力によるところが大きいのだ。

そして、オス4頭(うち、性格に難あり1)を飼い主のもとへおいて、この問題は収束させた。元飼い主からの金銭的なバックアップもなく、すべてボラの持ち出しや保護してくださった一時預かりさんの自腹だった。

そういった事情を知っているのに泣きつくのだ、この飼い主は。

不動産屋さんとも話したが、頭数もそうだが「不衛生、極まりなく周囲からの苦情も出てきて、もう一刻の猶予もまてない」という。

この飼い主は、自分の子さえもネグレクト状態で育てていた。介入当時、犬の糞尿にまみれたドロドロの布団に横たわる人の子を見た時、死んでるんじゃないかと思ったほどだ。床は排せつ物でズブズブに腐り、足を踏み入れると床が沈んだ。ゴキブリは壁にも床にも天井にも這いまわり、食べかけの食品なのか佃煮なのかの区別がつかないほどだった(このような状況でも客人だからとお茶を振舞おうとするホーダーもいるから、ゾッとしてくる。)

そこに人間の小学低学年の女の子がいたのだ。

私は、しばし絶句した(下調査もなく、行政め。子どもの把握をしてないんだ)この平日の時間帯に子どもがいること自体がおかしいのだから。

引き取り可能な個体だけを、後日手分けして運び出し、一時預ボラさんに託し、そして現在は、それぞれが新しい犬生を歩んでいる。

そう、もう、収束したのだと。これでこの活動は終わりのはずが…。

電話の向こうから、私を脅迫するのだ。

私は、センターへとりあえず引き取りしてもらうといいと促し、その子に運や縁があればつながるはずだと伝えたが…(センターでは常時引き取り希望者の登録がある)

「私は、一匹たりとも殺したくない。センターへやると殺されるから、どうか、引き取ってほしい。命だから殺したくない」

と、さも、私が引き取らないから殺されるという暗示をかけるように…。

日に幾度となく、連絡してくるのだ…そして、殺されるのはかわいそうだと。

ホーダーは、自分の浅はかな行動の結果だと理解しない。犬の状態が劣悪極まりなくても、生きているか死んでいるかでしか、その価値の判断しかしない。

そう、あの人たちは病気なのだ…わかってはいるが。

確かに犬には罪はないだろう。

ただこの飼い主は自分の心がかわいそうなのだ。殺すことを嫌悪するのは直接手を下す自分がかわいそうなだけなのだ。

そのくせ自分からは決して動くことはない。今回も半年前から通告されていたらしい。その間、何もしてないし、介入当時に他の4頭は行政と話し解決してほしいと伝えたはずだ。

私は、ボラをしていく中でこれだけは守ってきているものがある。

それは、自分の犬の生活の質を落としてまでボラはやるまいと決めているのだ。そして、自分の能力を超えない活動を心がけている。

そして、保護した一頭を確実に新しい家族を見つけてあげること。これを守ってきているから余裕を持って活動ができていると自負している。

すべての犬やネコを助けることはできないが、一つの確実さを大切にしたいと思っているボラは多いのだから。

だから、お願いだ。

ボランティアを脅迫しないでほしい。

殺されることは、決して望んではいないのだから。

2010年6月18日 (金)

シーズーのりりーくん。

20100524_p5243033 シーズーのリリーくん。今度8歳になる男の子です。フィラリア-。健康状態良好。去勢済み。大きさ:ごく普通のシーズーの大きさです。排泄は基本、外派です。

飼い主の方が認知症になり、この子の存在をも忘れるようになってしまいました。

飼い主ご本は介護施設への入所となりましたが、そこはペットまでは入所できません。

若いとは言い難い年齢のリリーくんですが、人が大好きな子です。8年間ご老人と暮らしてただけあって、やさしく穏やかで吠えもありません。

20100524_p5243036 人との暮らしばかりでしたので他の犬とのコミュケーションは苦手ですが、攻撃的、吠えかかり、過度の怯え、嫌悪はありません。

小さいお子さんがいるご家庭より、今までの暮らしのように大人なご家族に向いていると思われます。

20100524_p5243038 どうぞ、リリーくんの新しいご家族になってくださる方、ご一報ください。

詳細はメールにて、よろしくお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2010年6月16日 (水)

バランス。

20100615_p6153160 心と体のバランスってよく言われてるけど、このバーを使っていろいろとわかることがあるんです。犬も心と体のバランスは大切。

余談ですがへちまこはここ数週間、週に1度ぐらいの割合で「整体」に行ってます。たまたま久しぶり行った整体院で『体が歪んでますよ~~いろいろ生き辛くないですか?』と言われて、通い始めました。すると、整体に行った次の日は、体も心もカルゥ~~クなるんですね。頭の中もすっきりです。整体は体の歪みを整えてくれますから、心もすっきりするんでしょうかね~happy01

ああ、バーの話ですが、これは犬が自分の体のバランスを保っているかがわかるそうです。どこか不具合のある犬は歩き方にも現れるということです。体だけではなくメンタルな部分にも不具合があると現れるそうですよ。

それから、ちゃんとまっすぐに歩けないというか、横引きが多くて体が曲っちゃったよ~~coldsweats02とか、ええっわたしの体、斜めってるノォ?という子のまっすぐという体の感じをつかんでもらうためのtaskです。

20100615_p6153161_2 それからですね、下を見ない犬にもこれをしてもらいます。犬の脚は敏感ですよね。何かが脚にあたりながら歩くのって普通はイヤッsign01周りをよく見ることをしない犬はこれをまたぐことをしないでふんづけて歩きます。画像はオーパス。オーパスも下を見ない犬です。下を見ないからってなんなの~飼い主を見て歩けばいいじゃんって、それはね犬にとっては自然ではないことなんですよ。飼い主に注目しながら歩くことは時と場合によっては必要ですが、いつもいつも注目させるんじゃ、それが犬にかえってストレスをかけることにも…think

20100615_p6153162 等間隔の並びが乱れてるでしょ。当たってるんですね。歩幅に乱れがあるようです。これね不思議なんですよ。教えなくても最初からできる子…そのような子は一瞬、視線を下に落として状況を判断してるみたいです。だいたい20cm幅ですね。2~3回歩くと感覚的にできちゃうんですけど~。

体にストレスを抱える子などは、この歩行が乱れがちになるみたいです(*すべての犬があてはまるわけではありません。骨格に異常のある犬にも歩様は乱れます)

20100615_p6153166見事にふんづけてますねcoldsweats01  ううんsign02へちまこ、ちょっと気が付きました。オーパス、ダク足(側対歩)で歩いてる?でも、一番上の画像では不確かだけどシングルトラック?うう~ん、ボーダーの歩様はシングルですよね?歩様を重視するシェルティはきれいなシングルトラックを要求されます。リデルの場合はシェパード種ですからダブルトラックだけどダク足ではないと思います。ダク足…つまり前進する時に同じ側の前足後ろ足が同時に出ます。人でいえば右側の手と右側の脚が出るという歩き方…オーパスの背中が大きく揺れてしまう、なんだかバタついた歩き方が目立つのはこれが原因なんでしょうか?でもダク足の子でも速度が上がれば犬本来が持つ前後の脚が重ならない運歩になる子もいますが、オーパスは時に正常歩、時にダク足になってしまってるってことかしら?

ダク足の犬種はいます。オールドイングリッシュや一部の小型愛玩犬は認められています。また、乗馬用の馬はわざわざダク足の馬にするため調教したりします(上下運動が少ないので乗り心地がいい)でも、背中が大きくローリングしてしまいますからクマさんのような歩き方に見えます。

20100615_p6153164_2 ダク足ではこのバーを踏まずに歩くのはかなり困難。ダグ足になる時の常歩の速度があるのか?一枚目のオーパスの写真ではコリー種によく見られる背腰歩様ですよね~。歩様が一定してない理由があるのかしら?背腰歩様を維持できるオーパスの歩く速度を探してから、このバーのトレーニングをする方がいいのかもと、考えてみました(余計なお世話でしたかね~coldsweats01

で、ストレスがあるからこのバーが越せないというより、そこにバーがあることに全く気付かないだけなオーパスくんなんでしょうかねhappy01

20100615_p6153156_3でもこんなこともできるようになったオーパス。なんとっsign01図形がわかるようですhappy01

20100615_p6153157_3 さんかく~しかく~ながしかく~。ああ、三角ね。これよこれ、どうよオレ。

で、20100615_p6153165 オレ今日、モテモテね~~(0゜・∀・)ワクワクテカテカ

20100615_p6153167 女子ふたりの相手~~funfunfun~~notes近ごろ、オレって人の中の犬から犬の中の犬になりつつあるってことよ。20100615_p6153168 り『おーちゃん、ず・る・いっheart01独り占めしないのォ~heart04』お『えへへへへ~wink

近ごろオーパスにやさしいリデルです。

20100615_p6153159 この日は、まろ、オーパス、リデルだけでしたが(キャンママさんとF先生のひながひさしぶりに来てくれました)まろのダンスの完成度に驚きでした。ルーティンもよく流れてました。秋のお披露目が楽しみですね~~。

9月の愛護フェアと老健の慰問よろしくみんなっpunch

来週はみんな来ておくれよ~~、さびしかったぞhappy02ああ、でもrainならだめだね~despair

では。

2010年6月15日 (火)

13日は 教室最終日でした。

20100613_p6133148_2 13日の日曜日、ボランティア仲間で主催する「犬との付きあい方と飼い主のマナー教室」の最終日でした。

通称、川崎駅前ツァーとも呼ばれているこの社会馴致トレーニングは、教室の最終日に行われますよ。

さて、今期は天候にも恵まれてなんの滞りもなく、無事にこのツアーに辿り着いた飼い主さん&犬のみなさん(このツアーは自己申告制です。まだ、自信のない方にはむりくりお勧めしません)さぁあさ、目指すは川崎のイタリアーノ、ボンビーノ(ナンコッチャ)レッツゴーです。

20100613_p6133113 稲毛山王神社境内が出発地。ほら、そこのシロクロ、ちゃんと前ならえ(  ̄^ ̄)ゞラジャ

20100613_p6133114 フジミーズのパル、サアラ。今日のパルは落ちつているような。足取りにも自信がうかがえるね。シロクロは、どうよ。また一段と男前上げたかな?口数も少なくなったかな?

20100613_p6133115 どんどん自信がついてきて、吠え方も変わってきたパール(吠えやむことができるのでむだ吠えではありませんよ)怖いという吠えから、自信のある吠えになったね。いつも真摯なママとパール。パール、よかったね、Tさんちの子になれて。幸せな笑顔をしてくれるようになった。

20100613_p6133117 八の字な関係ですかね。柴ももとTボズ。Tボズもいつの間にかフジミーズの仲間になってたねhappy01飼い主さん同士の輪が広がったってことでしょうね。いいことですよ~good

20100613_p6133120 スミマセン、ワタシリンダイイマス。アフガンカラキマシタ・・・サバクハナイノデスカ?オアシスハ?ドコデスカ?

20100613_p6133121 A~~~~はぐれたぁ~~だーーーーsweat01もうしっかりしてよ。ハハチチ。空ばかりに頼っッテンからだよannoyいいわよっ、わたしにまかせてくださいpunch

20100613_p6133122 ベルギー、日本、おフランス×2。ここはワールド~~。川崎のワールドnotes

20100613_p6133124 目指すはチネチッタ。突然の犬の軍団に周囲も(゚0゚)。

でもどの子も吠えないし、取り乱しもなし。すばらしぃ~~。

20100613_p6133125 マーキングも飼い主さんが少し意識するだけで犬はすることもない。そんなことを学べる場。でも、カン違いしないで、どの飼い主さんも努力と根気で継続してきて培ったもの。そして、一つでも多く、犬という生き物を知ろうとした軌跡があるから。

20100613_p6133129 犬談議に花が咲くけど、Tボズはなぜそのカッコ?

20100613_p6133131 あのね~~、ぼくの代わりに知らないおいちゃんがピースしてくれた。かわいいぽちお。

20100613_p6133132 あらぁ~お宅も柴?うちも柴よ。みんなで柴の女王よね~~ほーほーほほほscissors

20100613_p6133133 リンダイイマス。アフガンラカキマシタ、アナタダレデスカ。サバクスキデスカ?ラクダミマスカ?アナタアデランスイブデスカ?リンダハテンネンデス。

20100613_p6133134 暑いよね~~。ごめんよ影虎。影虎はフレンチブル。曇りでも暑い暑いsweat01かーちゃん水かけてよ。

次はね、カフェで喉を潤すからね~~note

20100613_p6133135 スミマセン、母よ、ジェイドには肉をオーダーしてくださいね。それからベルギーbeer

20100613_p6133137 物静かな柴犬のモコ。最初緊張してましたがだんだんとリラックスしてきましたね。モコ母は、母なりに考えて真面目にいろいろと取り組んでいたと思いますよ~。ご家族の考えも母が変えてきたんだからね~。自信もつといいよ。

20100613_p6133138 パパ大好きもも。それでもママのことも気になるももだと思いますよ。空回りなんてしてないから二人揃ってパパにおんぶしちゃえhappy01

ああ~~なんてすてきな子たちなのsign03どの子もこんなに社会化ができてたのねsign01

20100613_p6133139 みからさん、ほんと卒業するの?うん、でももう大丈夫だね。サアラの顔にもそれがうかがえるもんね。みからさんの努力はよ~~く分かってるから何かあったら連絡してね。いつでも待ってるよ。

20100613_p6133140 影虎は、初めての教室どうだった?君なりに何かつかめたかな?これからの成長株?だと思ってるから、継続、よろしく。

20100613_p6133141

パル、ちょっと余裕じゃないの。いつも穏やかでいてそれでもって芯の強いママと、さんごという強烈なお姉さんのもとで、劣悪な環境からひとつひとつ階段を上ってきた子。

20100613_p6133146 はぁ~~一万円sign02母そんなもんほしがっちゃだめでしょpoutだいたいあんた誰よ?

交差点で信号待ちの時に“こんなに犬が集まってケンカにならないの?吠えないの?”って、聞かれた人がいたって。そうならないためにみんなで学んできたんだからねぇ。

20100613_p6133128 みなさ~~ん。お疲れさまでした。それぞれの目標を達成できましたか~~?。まぁ、それぞれですから、頑張りすぎず、でもコツコツを忘れずにね~。継続は力なり~~。

では、みなさんしばし、サヨーナラー(_´Д`)ノ~~来期、よろしくですscissors

おまけ、下の写真は名残惜しくて帰れない飼い主さんたち。

20100613_p6133155 いつまもでも仲良しさんでね~~。

2010年6月14日 (月)

おかえり はやぶさ

へちまこんちは はっきり いって ヲタクに偏っています。

だから無人探査機のはやぶさの無事帰還には涙してしまったのです。

小惑星イトカワに3億キロを無人でたどりつき、ミッションをこなし、数々の危機を乗り越え地球に帰還したはやぶさは、燃え尽きてしまいました。

小さな子のお使いのようだと揶揄されたはやぶさですが、日本の科学力と技術屋日本の底力を世界にしらしめることができたと思っています。

機械には確かに生命は宿らないかもしれないけど、でも、それでも、魂は宿るんだと思う。それは人が夢を見るから。

そして、人が機械にだって愛着感じ、絆を求めるからだと思う。

生身な生き物は確かに暖かいかもしれないけど、使いなれた道具、何年も乗り続けたクルマ、学校へ毎日運んでくれた自転車が雨に濡れながら佇むのをみるとき・・・pcのメモリがとんだ時、カーナビのナビの声かけに応答する時…そこには確かに機械相手の暖かなぬくもりを感ずる。

2003年5月9日 はやぶさは地球から離れ一年のスイングバイののちイトカワへ旅立った。

そして、2010年6月13日、カプセルを投下後、大気圏に突入し燃え尽きた。私は7年前、帰って来るもんかと思っていたのだ。そう、成功するはずがないと。

でもでも、何度も何度も危機があり、それを乗り越えた、はやぶさ。(プログラミングされてても機械が考えて危機を乗り越えてきたんですよ、たった一人で宇宙で)

地球に帰ろう…はやぶさは思ったのかな~~。体は燃えちゃうんだけど、それでも地球に帰りたかったし、みんなの期待に応えたかった?

体はなくしても、はやぶさが送り続けたデータは君のメモリだね。

途中でミネルバとはぐれてしまったけど、いつか会えるよ。

きっと、きっと、どこかではやぶさの夢のかけらを拾ってくれるよ。

おかえり はやぶさ そして ありがとう。

(ああ、当時、マーカーに名前応募しとくんだった)

2010年6月13日 (日)

真面目に考えた日。

へちまこ、12日は、あるセミナーを聴講してきました。

『動物愛護法の改正に向けて 第3弾』~法で支える動物の共生~今、何がかけているのか?~

主催は“動物との共生を考える連絡会です。

20100612153949 ゲストスピーカーに城島先生と成城大学の打越準教授と、それから連絡会の青木先生のセミナーの後とのパネルディスカッションのようす。

活発な意見や質問が次々と会場から。そして、なんと、環境庁の職員もきてました。

へちまこは以前はこの手のセミナーをよく聴講してました。懐かしい顔ぶれを久しぶりにお見かけして、元気な姿に少しほっとしてきました。

愛護法の見直しが一年後に迫り、現行の法では明確にされないもの、具体的な定義づけができるようにするには?そしてそのためには何が欠けていているのかを考え、そして、すべての人が根本的なところを同じ知識を持って話し合えるようすることが重要なようですね。

動物愛護者や愛護団体の人たちが、人以外の動物偏重主義にならないようにしないと、その動物に携わって食べている人もいるし、それはいけないことだと言って糾弾しても根本的な解決には至らない。

そして、いつまでも行政を叩いていても何も解決ができないということ。

団体内でも、意見が合わなくなれば分離せざるおえなくなり、持っている知識も偏りがちになってしまいかねない。その偏りの幅を極力少なくし、根本的な知識に偏りがなくなれば、話し合えるのだろうという提案でした。

で、みなさんにもこれを読んでいただきたい↓m(_ _)mお願いします。

動物愛護管理法改正案の重点項目

1.動物飼育の基本指針ー5つの自由の明文化(動物福祉の推進)

2.動物虐待を具体的に定義づけること(5つの自由との関連)

3.動物を戦わせることを禁止(闘犬、闘鶏、闘牛、ハブとマングース、他)

4.劣悪な多頭飼育の規制(動物愛護団体も含む立ち入り調査を拒む団体があるんですねどうして?

5.動物取扱業の規制(ネット販売、移動販売、露天販売、移動販売。8週令の以下の犬猫の販売展示移動の禁  止。繁殖年齢及び回数の制限。業種の拡大…実験動物の繁殖販売業、補助犬繁殖・訓練施設、動物輸送業、他。ブリーダー、ペットショップ等の動物取扱業者への監視、指導体制の強化。法令違反での有罪者は、登録の停止、取り消し。登録を許可制に。その他)

6.裁判所命令(関係法令違反の罰則に飼育禁止を追加。被害動物の生命の危険やさらなる虐待が想定される場合、その動物を緊急に保護できるようにする)

7.実験動物福祉の確保(動物実験施設の登録制、第3者による立ち入り調査、記録の保管と開示、その他)

8.産業動物の福祉の確保(家畜の飼養管理は、5つの自由に基づいて行うこと。工業的な畜産からの解放)

こうして改めて考えていかなければならないものが山積think

久しぶりに真面目に考えた午後でした。

では。

2010年6月12日 (土)

ゆずかりんと、おひさしぶり

Dsc_0912_2 うふふ~~heart02おひさしぶりですね~~。ケルピコのかりん(元ロゼッタ)です。

かりんは、誰に教わることもなくレトリーブができてた子なんです(それもわずか3ヶ月で)

さすが、オーストラリアでの人との共同作業に携わるために作りだされた犬種ですね。

かわいらしいペット犬という感じはみじんもないような雰囲気ですが(リデルたちもそんなんですけどcoldsweats01)その一途さ、真面目さは群を抜いていると思いましたよ。

そこがたまらなくかわいいんだわ~~。

Dsc_0988 かりんにはゆずちゃんという、よくできた姉もいます。

そうそう、この耳ね。よい子だよね~。Y君、いい犬に育ててくれてありがとうsign01ゆず姉さんもいっしょにかりんを育ててくれてありがとうsign01

かりんのYくん家族にに対する忠誠心は本物だと思いますよ。

Dsc_0998 あら、そのようなこともできるようになったの。すごく真剣にY君のゆうこと聞いているって感じですね。

へちまこは、犬を飼う人には2種類あって、犬の知識や犬の訓練等などを習わずして、犬と上手に暮らしていけるいわば犬族と波長が合う人と、犬は好きだけれどどうしても犬をうまく導けなくて、いろいろと手助けを必要としている人がいると思っている。Y君は、前者かなぁ。

ケルピーもボーダーも、タービュレン達もペット犬として暮らすにはいろいろと大変なことがあるけど、でも、ペットとして暮らしていかなくてはならない犬たちで、そこを理解してあげないと彼らは人社会の困ったチャンになりかねないんだよね。彼らはいたって真面目に日々を暮らしているんだけどね。

かりんは、Y君と波長があったみたいで、だから、いい犬に育ったみたいですね。

Dsc_1005 いいお顔だね~~。

健康そうだし、キラキラな眼してるし。

Y君、本当にありがとう。(近況報告、また楽しみにしてますよ~~)

2010年6月 9日 (水)

大人犬になったら。

20100529_p5293052 さて、5月29日のことで恐縮してますが、教室のぽちおくんがロングラインのトレーニングに来てくれました。

ぽちおくんは見てのご覧のとおり、性質は柴の雄に非ず、人、犬双方に満面の笑みをしてくれるハンサムボーイ。

そのボーイも近ごろ馴染みのない同族には吠えてしまうという、心配事?がパパママからありました。

20100529_p5293053 ぽちおくんはたぶん大人犬に成りはじめたんでしょうね。だれかれなしに遊んでいた子犬期とは少し遅いくらいのサヨナラです。

リデルと遊ぶぽちおくんは少し戸惑いながら、今までに経験したことのないルールを守る(犬の流儀で)遊びを経験し、自分の心のざわつきを自分で抑えるということをわかってくれたかしらね。

20100529_p5293054 そして、へちまこはぽちお父にひとつお願いしました。それは、犬との遊びはぽちおにはもう必要のないことで、それよりも父や母と一緒の時間を作って、穏やかな散歩を楽しんでほしいとお願いしました。

同族の友だちやふれあいを欲することは当たり前なことですし、飼い主にもそのような環境を自分の犬に与えてあげる責任があるとへちまこは思っています。

だけど、無責任に不特定多数な犬が集まるランに放り込んでみているだけや、公園での井戸端散歩ばかりでは犬の十分な社会化は望めないと思うのですが。

今までどんな犬とも遊んでいた自分の犬が、見知らぬ犬に吠えるようになった時点で、へちまこは大人犬になったのだと、もしくわ大人犬の階段を上りはじめたんだと思うようにしています。

犬は、確かに永遠の子どもな犬として人が改良してきたかもしれませんが、すべての犬がネオテニーを強く残すものでもないと思うし、、いつもでも子犬ようなままでいてほいいと望む犬の育て方が、大人犬になった外見に見合わない子犬言葉を使い続けるようになってしまうのではないかぁ~~と、感じています。

20100529_p5293055 ぽちおは、リデルの脚のあいだにあるbaseballを狙っています。

犬と会わせれば、遊ばせれば、それが社会化だと、それにいつまでもこだわって犬たちの精神的な成長からくる無愛想、拒絶、または、未避妊の♀犬の同性や異性に対する振る舞いの違いを社会化が足りない、社会化が失敗と思い、犬が望まない接触をさせてしまい余計にこじらせている飼い主をよく見かけます。

そのような兆候が見られるようになったら、しばらくは同族と会わせない、または穏やかな気持ちで同族を観ていられる距離を保つほうがその犬にとっても好い一日(争わなくてすんだとか、イラつかなくてすんだとか)として終わらせることができるんですね。

(人だって、人に会いたくないって時があるでしょ?別に引きこもりじゃなくて。今は人と会わないでいた方が自分も他人も傷つけることがない一日を選んだほうがよくないかしかね?)

だから、へちまこは、こうしてロングラインで犬の自由をある程度保証するお散歩と、その中で行われるfollowingのトレーニングが(リコールを犬に教えてるのでないですよ)父や母(信頼を置く人)について歩くということが何よりも必要なことだと、ぽちお父に伝えました。最終的には犬は人との関係に重きを置くようにしないと、緊急な場合やもっとも重要な時に人が犬の行動をコントロールできなくなるからだと思ってますよ。

20100529_p5293056 ぼくのですけどsweat01リデルの隙を突いて(いや、リデルはわざと隙を作ってあげたかな?)軍手baseballを咥えてうれしそうなぽちお。

教室のボーダーのランディの父母にも、犬を運動させる(歩かせる)お散歩はやめて、馴染みのある場所で犬と会わない時間帯で飼い主が過剰に犬の行動を制御しないで穏やかな人との関係を楽しめるようにしてもらいました。すると、今まで排除の傾向が拒絶に変わり、リデルやジェイドを受け入れるようにもなってきたのです。

それもごく自然にランディからの要求として。どんなにTeachingに優れている犬でも相手が受け入れないのであれば、何の意味もないことなのです。それに普通は吠えかかる犬に吠えかかる犬をTeachingに使うことはしません(Teaching dogは吠えて相手を負かそうなんてことしませんから、それはTeachingとは言えないでしょ!)

犬に過剰反応(怯える、攻撃的なディスプレイ)をする犬の社会化は、犬に会わせることで悪化することがままあります。

そんなときには思い切って、犬に会わせない、お散歩に出ない、激しい運動は控える、ごほうびトレーニングを繰りかえす、犬のいない自由で束縛しない時間を与えるなどが犬のとんがった心を穏やか方向に軌道修正させることができると思うんですけどね。

*行動療法は犬の行動療法のスペシャリストのアドバイスを必ず受けてください。

20100529_p5293057 ぽちおく~~ん。

また遊ぼうね。君は十分にいい犬だからね。だから、父母とだけのすてきなお散歩を楽しんでね~~。

では。

2010年6月 8日 (火)

ほーほーほーたる こい 修善寺

20100605_p6053096 なんですっかって?この画像はですね。蛍が光りながら飛んでいる画像です。へちまこ家は犬たちと一緒に修善寺に5日「しぶごえ 絆」に泊ってきました。

行った日は、ちょうど「ほたる祭り」の開催期間で最も蛍が多く飛び交う日の次の日でしたが(ほたるって命短しだからねsad)たくさんの蛍の飛び交う姿を観ることができました。

不思議ですよね~光って仲間を認識するなんて。成虫になるとほとんどものを食べず(ほたるの幼虫は肉食ですよ)子孫を残すために光ることにそのエネルギーを使いきってしまそうです。

だから 蛍の命ははかないのかしらね。

20100605_p6053062 で、お宿に行く前にrvcarシャボテン公園はぜひ寄ってみたいところ。大きなバードケージがあって大きな鳥さんやら小さな鳥さんやら、鳥好きなへちまことその娘は狂気乱舞~~ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー 写真はカンムリヅルさんheart01

20100605_p6053070フラミンゴさん~~heart01

20100605_p6053074 でね、この子ね。ハシビロコウのビルくん。ああああ見たかった子がいたのでだいだい満足っsign03

20100605_p6053078 オオカンガルーのロッキー君は植栽を食べようとしたので飼育員さんに叱られてました。ああ、そうそう、シャボテン公園は犬たちも同伴できますよ。一部は入れない施設もあるけど、ほとんどの施設がokです。

20100605_p6053080_2 リデルはチンパンさんに驚き、カピパラさんたちを真剣に見てました。この日は少し寒かったのでひよこ電球の下にいましたね。

20100605_p6053083_2 ここは修善寺の竹の小道という遊歩道。竹林にわたる風が心地よかったです。へちまこ実は修善寺初めてでした。隠れ里ぽい落ちついた街並みかな~~。

20100605_p6053084 「しぶごえ 絆」のドッグランです。比較的広いです。20100605_p6053085 御前崎で暮らす長男が合流してきました。もう少し、日陰的なものがあるといいかなぁ~think

20100605_p6053086 『絆』のお庭自体が広くて、ランの隣の空き地には野生のミントがワンサカ茂ってました。のどかで静かなところでしたね。

20100605_p6053088 お部屋は「鶺鴒の間」。部屋数は3室(和室)で寝室、居間、次の間にトイレ、展望風呂つきで、そうですね~~全体で50坪弱かな~~sweat01ええcoldsweats01 ぜいたくなお部屋ですがこの週はへちまこたちの結婚記念日週間ですから、このぐらいのぜいたくはご勘弁くださいねkissmark無料アメニティーのシャンプーセットがブルガリw(゚o゚)wには驚きでした。もちろん大浴場もあります。画像は居間でくつろぐ家族。welcome drinkはお抹茶。ワンコ用の飲料水も用意してありました。

20100605_p6053091 部屋からの眺め。「千と千尋の神隠し」のような日本庭園は犬とお散歩できます。この時期、ツツジがきれいに咲き誇ってました。お料理は伊豆懐石15品。お昼をお蕎麦だけにしておいてよかった~happy01朝ごはんもたいへんな量。でも、もりもり食べることができました。

20100606_p6063099 ねぇ、これがすべてブドウ畑。360°見わたす限りのブドウ畑のここは「中伊豆ワイナリー」です。何年か前にはなかったかな。伊豆ワインを作ってます。ワイン用のブドウなので腰から下の位置で栽培していています。まるでフランスやイタリアの風景のようですね。

20100606_p6063100 ワイナリーの建物です。これとは別に教会もあって結婚式も挙げられるようです。伊豆の農産物も販売していました。

ワインやジャム、ブドウのストレートジュースを買いこみましたhappy01

お宿が充実していたので、とぉっ~~ても心豊かな修善寺犬連れの旅でしたよ。

では またpaper

2010年6月 5日 (土)

わかりやすくしてよ。

39284886_orgわたち、アスパシアよ。ごぞんちな人てをあげてって、無理よね。わたちは女神なのよ。おわかりかしらそこんところ。

今日はね、人間さんがね わたしたち犬族にどうしてほしいかを伝えるのにはどうするといいか、教えちゃうわよんsign01

39284904_org おたがいネ、切磋琢磨しないとね。これはへちまこね。あと山犬さん。アスパにはどうも山犬としか見えないもん。えっアスパ?アスパはれっきとしたペットちゃんですからね、そこんところよろしくね。

山犬さんもこういうときにはできてるからぁ、ふ・し・ぎnote

39284911_org ほら、また空ぽン。見に来てる。山犬さんがちゃんとできてるか監視してるのかしら。空ぽンは、こうして山犬さんをお手本にしてるのよ。

えっ、何を教えるかって?

きれいにまっすぐ歩くこと~~heart04だって、わたしは女神なのよんheart04わたしとママはとても上手にこれをマスターできたのよ。ママがアスパとしたいことの基礎になるの。完成系はまだ、ヒ・ミ・ツkissmark

39284937_org ルナちゃんもやってみた。向こうは空ぽン。空母さんのほうがわたしたちにわかりやすいのね。

おわかりかしら、このちがい。

39284945_org 何かクールじゃないでしょ。

39284968_org 空ぽン、空母さん、クールだわぁ。

あと、体のうえはんぶんが(上体ね)まっすぐになると、もっとgoodだと、アスパ思ったわ。

空ぽンは、止まったらオスワリが上手にできてるから、今度はいっしょに歩いてほしいなら歩いているときに声かけしてみるといいかも(そおぉね~~いいこね~~そうだよぉ~といいなが歩きながらごほうびねheart01)ちゃんと空母さんの声が届けば、空ぽンはいっしょに歩いてくれるみたいよん。

これができるようになるとね、狭いところでのすれ違いや人ごみでの歩行が上手にできるようになるの。

ああ、でもね いつもきっちりくっついて歩く必要はないんですよ~。そこんところおわかりかしらんheart04適宜ね。

39284947_org ほら、ルナちやん、ごほうび食べにくそうでしょう。それにね、このままだとコーナーを回りきれなくなるの。最悪はわたしたちをふんずけることになるのannoy

歩く速度を人間さんに合わせてあげるんだけど、向こう側の手でごほうびだとルナちゃんの頭が出ちゃってルナママさんの動きが止まってしまうじゃない?

39284954_org これはね、アドバイス後ネ。カッコよくなってきたわね~。

そうなのね。ごほうびは、わたしたちがいる側の手であげるといいのね。

39284888_org ジェイドちゃんも山犬系なの。でも“リ”のつく山犬さん比べると とぉおおおおお~~~っても おねえさんcatface

39284890_org awayでパイロンの後ろを回ってもどってくるという遠隔よん。ジェイドお姉さんはすぐにマスターできてたワンsign01

39284896_org うううう~~ なんて、ワイルドなのheart01ほれるわぁ~~~lovely

アスパのママはね、客観的つーのかしら。いろんなことによく気がついてくれて、みんなの動きを観ていてくれているの。

でね、ここはこうした方がわかりやすくなるとか見ていてくれるので、とってもありがたいってへちまこさんも言ってたワン。

アスパも助かるわ~~。

では また みんなと楽しみましょうネpaper

追記で~~す。

そら母さんからアスパ王女の写真が届いていたんですがなかなか時間がなくて。やっととこさですぅ~~coldsweats01お待たせしましたぁ。

39331043_org アスパママの上体が前かがみになるとね、アスパはぁ~~ 前に行けないのねsweat01

39344484_org これはへちまこ。アスパの上に覆いかぶさらないで、アスパが下を向こうとしたらすぐに声をかけて、それに反応したらフィードバックをすぐに返していくと、犬たちは人の動きに集中しますよ。

39344498_org ほらねっhappy01自分で上向いたでしょgoodアスパは人と何かするってことにとても前向きな子なんですね。ただ小さいので怖がらせないように大きな声より穏やかでごく普通な声でのテンションをとることをお勧めしま~すwink

39344513_org アスパちゃんもプライドの高い子なのよね。お姫さまというよりも女王さまかな?そのプライドを大切にしてあげたいですね。人だけじゃないんですよ。プライドって。犬たちにもあるんですね。

へちまこんちの一番プライドにこだわるやつは、ワンダーcrownですね。頭ごなしに叱るとプィッとどこかに行ってしまいます。で、彼のプライドを傷つけたことに反省します(*_ _)人ゴメンナサイ 王子。

39344612_org_2 ( ^ω^)おっおっおっ とんでるアスパですね。この場にも少しずつ慣れてきて、真剣にtaskに取り組む姿は小型犬でもできるっていう、自信を観ているみたいでうれしいです。アスパママさんも笑顔を絶やさないでアスパとの時間を楽しんでいただけるので、へちまこもヽ(´▽`)/ですよ。

では。

2010年6月 4日 (金)

Liddell The Teaching Dog 105 追いかけてほっしいのぉ~Chase

39285089_org 空ぽンです。

空ぽンがどうしてリデルが好きかっていうと、空ぽンは強いものが好きだから。

それは犬として自然なこと。和犬だから特にそうかも。なんどもなんども、リデルに会うたびにどうにかしてリデルに遊んでほしいし、気にかけてほしい空ぽン。

で、空ぽンはリデルとレスリングよりもchase遊びが好き。

39285102_org うわぁあ~~ 追いかけてくれたぁ~~ リデルは完全に遊びだけど 空ぽンには少し余裕がないかな?

まぁ、でも、しっぽを後ろ足のあいだに巻きこんでないから大丈夫でしょう。もし、相手がしっぽを巻きこんで逃げてたらすぐに介入してあげてくださいね。その子は自分の命の危険を感じていますから。

『さぁ。わたしから 逃げなさい』と、言う合図があるのか数秒の睨みあいの後、走り出すふたり。

リデルは加減しながらすぐに捕まえたりはしない。空ぽンも耳を後ろに引いてリデルの動きをサーチしてる。

39285109_org 進路を変更されちゃった空ぽン。

急旋回、急停止、急ハンドルはdangerですけどっhappy02

犬って走ることで自然なリズムを感じているらしいそうですよ。

それは、人がダンスを楽しむことと似ていると、コレンは言っています。

39285115_org おっとぉ~ 空ぽン、うまく切り返しに成功。リデルを引き離しましたね。

リデルが高機動のスポーツカーなら、空ぽンはミニクーパーといったところ。小回りで振り切ろうとします。

39285122_org またも進行方向に介入されてしまいました。進路変更を余儀なくされる空ぽン。まるで空ぽンが獲物のようですけど、この遊びは犬たちの永遠の定番ですね~~。

でも、どの犬でもできるというわけではありません。そこはやはり、情緒が安定しているかどうかにかかわってきます。幸いにも空ぽンはリデルとのchase遊びにはマイナス方向へのギアが入らないようです。それは空ぽンがリデルを信用しているということと、一目する相手ということもかかわってきてます。そして、一番、大切なルールは相手が止まったら自分も止まるということができるかどうか?

走る相手を追いかけるという行為は犬の捕食の衝動を強く刺激するそうです。興奮して本気で相手に喰いついてしまった犬の話はよく聞きます。

制止した相手に飛びついてしまい、相手を怒らせてしまったり、ケンカになってしまったり…

39285130_org それは、経験不足ということも大きく関係してきます。子犬期に多くのことを学ばないと犬は他の犬とうまく付き合えない。

子犬は、遊びをとおしていろんなことを試してみて、失敗を経験してその中から自分の肉体の能力を知って、自分のかなわない相手かどうかを学ぶそうです。

空ぽンは、こうしてリデルには走りでもかなわないと確認できたかな?

では、空ぽン、また、走ろう。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

最近のトラックバック

カテゴリー