無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« Liddell The Teaching Dog 104 暴君でなかれ。 | トップページ | わかりやすくしてよ。 »

2010年6月 4日 (金)

Liddell The Teaching Dog 105 追いかけてほっしいのぉ~Chase

39285089_org 空ぽンです。

空ぽンがどうしてリデルが好きかっていうと、空ぽンは強いものが好きだから。

それは犬として自然なこと。和犬だから特にそうかも。なんどもなんども、リデルに会うたびにどうにかしてリデルに遊んでほしいし、気にかけてほしい空ぽン。

で、空ぽンはリデルとレスリングよりもchase遊びが好き。

39285102_org うわぁあ~~ 追いかけてくれたぁ~~ リデルは完全に遊びだけど 空ぽンには少し余裕がないかな?

まぁ、でも、しっぽを後ろ足のあいだに巻きこんでないから大丈夫でしょう。もし、相手がしっぽを巻きこんで逃げてたらすぐに介入してあげてくださいね。その子は自分の命の危険を感じていますから。

『さぁ。わたしから 逃げなさい』と、言う合図があるのか数秒の睨みあいの後、走り出すふたり。

リデルは加減しながらすぐに捕まえたりはしない。空ぽンも耳を後ろに引いてリデルの動きをサーチしてる。

39285109_org 進路を変更されちゃった空ぽン。

急旋回、急停止、急ハンドルはdangerですけどっhappy02

犬って走ることで自然なリズムを感じているらしいそうですよ。

それは、人がダンスを楽しむことと似ていると、コレンは言っています。

39285115_org おっとぉ~ 空ぽン、うまく切り返しに成功。リデルを引き離しましたね。

リデルが高機動のスポーツカーなら、空ぽンはミニクーパーといったところ。小回りで振り切ろうとします。

39285122_org またも進行方向に介入されてしまいました。進路変更を余儀なくされる空ぽン。まるで空ぽンが獲物のようですけど、この遊びは犬たちの永遠の定番ですね~~。

でも、どの犬でもできるというわけではありません。そこはやはり、情緒が安定しているかどうかにかかわってきます。幸いにも空ぽンはリデルとのchase遊びにはマイナス方向へのギアが入らないようです。それは空ぽンがリデルを信用しているということと、一目する相手ということもかかわってきてます。そして、一番、大切なルールは相手が止まったら自分も止まるということができるかどうか?

走る相手を追いかけるという行為は犬の捕食の衝動を強く刺激するそうです。興奮して本気で相手に喰いついてしまった犬の話はよく聞きます。

制止した相手に飛びついてしまい、相手を怒らせてしまったり、ケンカになってしまったり…

39285130_org それは、経験不足ということも大きく関係してきます。子犬期に多くのことを学ばないと犬は他の犬とうまく付き合えない。

子犬は、遊びをとおしていろんなことを試してみて、失敗を経験してその中から自分の肉体の能力を知って、自分のかなわない相手かどうかを学ぶそうです。

空ぽンは、こうしてリデルには走りでもかなわないと確認できたかな?

では、空ぽン、また、走ろう。

« Liddell The Teaching Dog 104 暴君でなかれ。 | トップページ | わかりやすくしてよ。 »

」カテゴリの記事

コメント

おッ!
空ぽン走ってますNE~!!
ほんとに空ぽンはり~ちゃんのこと好きなんですね~!
強い女はかっこいい~、惚れるのも当然!
り~ちゃんに上手にリードしてもらって、空ぽンはり~ちゃんを尊敬して、楽しく学んで幸せです。
この時の追いかけっこは見ていて安心できる感じがしました。
耳の形や、尻尾の位置、口の状態、走りが止まったらもう一頭も止まる事ができるか等、次回はもっと犬たちの動きを注意深く見ていこうと思いました。

ルナままさんへ。

すか~~り返信遅くて(*_ _)人ゴメンナサイ

週末に修善寺へ行ってまいりましたので…happy01

犬たちの追いかけっこを観るのって楽しいですね~run止まった合間に犬同士の“これは遊びだよ”というシグナルの交換が見られたりします。
この日は、少し挑発的なシグナルが空からはでてましたから、リデルが追いかけっこでそれに応えてるという感じでした。
まぁ、安全で安心な遊びを通した順位確認といったところでしょうかね。
それにしても空ぽンの走りっぷり、horse並みっhappy02

いつもリデルとルナちゃんが遊ぶ姿を、羨ましそうに見ていた空。
やっとやっと念願かなって、リデルと遊んでもらい、必死な形相ですが、楽しそうでしたよね♪

こうやって写真で見るとよ~く分かりますね。(アスパママさんには感謝です)
リデルは余裕があるのに対して、空は必死ですね。
でも普段でも空は走ることが好きなので、大好きなリデルと一緒に走ることができ、楽しかったのだと思います。
時間にしたらあっという間で、短い時間でしたが、大満足といったところかな?
でもリデルが「おわり~♪」とばかりに去っていった時の空は、「えっ?もう終わりなの?」って顔してました(笑)でも満足気でしたが・・・

空はきっと走りでもリデルには敵わないことを知ったことでしょう。
次回はどうするのかな?また誘うのでしょうか?楽しみです。
またよろしくお願いします♪

そら母さんへ。

名古屋からお帰りなさ~い。空ぽンもひと安心かなhappy01

空ぽンは一途なんですね。
リデルに対するあこがれはぶれないんですよ。
それはやはりワンマンドッグの和犬だからかもしれませんね。
その一途さが、リデルに対する空とサラちゃんやほかの子に対する態度の違いが、空という犬の個性だとへちまこは思っとります。(いい悪いではなくてね)
最初の出会いのインパクトの強さがあったのかもしれませんね。

犬と犬との関係から学びとることはたくさんあります。空は強いものを求めているなら、その強さは一体何かを犬と犬との関係から探ってみるといいかもしれません。
リデルの空へ対するタイトさとリーダーシップ(支配性とは違いますよ)ただ走っているだけではないと思いますよ。
空の動きをコントロールする判断力と切り上げの速さ。

それはそら母さんの課題かもね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/48536187

この記事へのトラックバック一覧です: Liddell The Teaching Dog 105 追いかけてほっしいのぉ~Chase:

« Liddell The Teaching Dog 104 暴君でなかれ。 | トップページ | わかりやすくしてよ。 »

最近のトラックバック

カテゴリー