Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« シーズーのりりーくん。 | トップページ | Liddell The Teaching Dog 106 犬一倍、犬が好き。 »

2010年6月19日 (土)

ためいきと憤り。

今から2年ほど前、あるマンションの一室でおこったシーズーとラサアプソの多頭飼育。

その飼い主からまた連絡あり、残りの4頭も新しい家族を見つけてほしいと言われてしまった。現在は、あの瀟洒な集合住宅を引っ越し別なところに住んではいるが、そこでもトラブルを起こし今月末までに引っ越しを迫られてるという。

トラブルの原因は犬の頭数で、そこはペット可なのだが一頭までで契約時に虚偽の申告をしてばれてしまったという(一頭での申告で実は4頭)

2年前、ミユちんさんとボラの仲間とで13頭のシーズーmix、保護後に妊娠しているメスがいるとことが判明し、確か3頭子犬が産まれたのだ。

どの子も、今はそれぞれ幸せになってくれているし、当時はいろいろと運や縁がつながった。それも、ミユちんさの尽力によるところが大きいのだ。

そして、オス4頭(うち、性格に難あり1)を飼い主のもとへおいて、この問題は収束させた。元飼い主からの金銭的なバックアップもなく、すべてボラの持ち出しや保護してくださった一時預かりさんの自腹だった。

そういった事情を知っているのに泣きつくのだ、この飼い主は。

不動産屋さんとも話したが、頭数もそうだが「不衛生、極まりなく周囲からの苦情も出てきて、もう一刻の猶予もまてない」という。

この飼い主は、自分の子さえもネグレクト状態で育てていた。介入当時、犬の糞尿にまみれたドロドロの布団に横たわる人の子を見た時、死んでるんじゃないかと思ったほどだ。床は排せつ物でズブズブに腐り、足を踏み入れると床が沈んだ。ゴキブリは壁にも床にも天井にも這いまわり、食べかけの食品なのか佃煮なのかの区別がつかないほどだった(このような状況でも客人だからとお茶を振舞おうとするホーダーもいるから、ゾッとしてくる。)

そこに人間の小学低学年の女の子がいたのだ。

私は、しばし絶句した(下調査もなく、行政め。子どもの把握をしてないんだ)この平日の時間帯に子どもがいること自体がおかしいのだから。

引き取り可能な個体だけを、後日手分けして運び出し、一時預ボラさんに託し、そして現在は、それぞれが新しい犬生を歩んでいる。

そう、もう、収束したのだと。これでこの活動は終わりのはずが…。

電話の向こうから、私を脅迫するのだ。

私は、センターへとりあえず引き取りしてもらうといいと促し、その子に運や縁があればつながるはずだと伝えたが…(センターでは常時引き取り希望者の登録がある)

「私は、一匹たりとも殺したくない。センターへやると殺されるから、どうか、引き取ってほしい。命だから殺したくない」

と、さも、私が引き取らないから殺されるという暗示をかけるように…。

日に幾度となく、連絡してくるのだ…そして、殺されるのはかわいそうだと。

ホーダーは、自分の浅はかな行動の結果だと理解しない。犬の状態が劣悪極まりなくても、生きているか死んでいるかでしか、その価値の判断しかしない。

そう、あの人たちは病気なのだ…わかってはいるが。

確かに犬には罪はないだろう。

ただこの飼い主は自分の心がかわいそうなのだ。殺すことを嫌悪するのは直接手を下す自分がかわいそうなだけなのだ。

そのくせ自分からは決して動くことはない。今回も半年前から通告されていたらしい。その間、何もしてないし、介入当時に他の4頭は行政と話し解決してほしいと伝えたはずだ。

私は、ボラをしていく中でこれだけは守ってきているものがある。

それは、自分の犬の生活の質を落としてまでボラはやるまいと決めているのだ。そして、自分の能力を超えない活動を心がけている。

そして、保護した一頭を確実に新しい家族を見つけてあげること。これを守ってきているから余裕を持って活動ができていると自負している。

すべての犬やネコを助けることはできないが、一つの確実さを大切にしたいと思っているボラは多いのだから。

だから、お願いだ。

ボランティアを脅迫しないでほしい。

殺されることは、決して望んではいないのだから。

« シーズーのりりーくん。 | トップページ | Liddell The Teaching Dog 106 犬一倍、犬が好き。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

一度ならず二度も同じ事を
しかもボラさんの思いにつけいるとは許せません。
皆さんの善意を簡単に考えないで欲しいです。
(部外者(当時何もお役に立てなかった)の私が激怒してすみません)

ん~ 許し難い性根ですね。 僕ならハッキリと「人の足元を見ないで、自分の犬を生かすも殺すも自分でケジメを付けなさい。」と言いいますね。

>それは、自分の犬の生活の質を落としてまでボラはやるまいと決めているのだ。
>そして、自分の能力を超えない活動を心がけている。

だって、これには全く同意見だからです。 決して見捨てる訳ではなく、受け入れキャパ(時間、労力、場所、金銭などなど)がなければ事実上無理な話ですもんね。

それにしても、ラサ・アプソとシー・ズーが汚れたモップ状態になっているのを想像すると痛ましいです。
そして子供も…   

 シーズーちゃんの難が続きますね。あの多頭飼いの時ってすっごく大変だったんですよね!!想像もつかないような所で人も犬もないって感じで・・・生々しい記憶が消えないうちにまたですか泣きつけばどーにかしてくれるってしか考えがないのが悲しいですね。
 ボランティアって自分のできることを少しでもやるわけで 義務ではないですものね。善意をはきちがえないでほしい ネっ(-_-X)

動物虐待だけでなく人間の子供までも虐待されている状態ですね。
ペットを飼うときに、万が一飼えなくなった時は自分の手で殺すくらいの覚悟って、ある意味必要ですよね。
『殺す』と言う選択だけじゃないにしろ、里親を探すのだって、自分で動けないなんて…そんな人が人を動かす時、脅迫しか無いんでしょうね。
私の周りでも犬を飼っているのに市営住宅に申し込んで入居している人とかいますよ以前ペット可集合住宅に住んでいた時に近所の方が市営住宅に転居することになり『マリリンさんも申し込んでみなよ~意外と入居できちゃうもんよ~』と言われました。『私は犬を飼っているから…』と言うと『ウチだって飼ってるし、そこの市営でも飼ってる人いっぱいいるよ~』と言われました。
もっと『入居したい』と本当に困っている人が沢山いるだろうに…それなのに犬を飼う余裕がある人が市営住宅や公団に入居し、何の躊躇いもなく生活出来る神経が私には信じられない………と、話がズレましたが、その彼女には『殺すのは引き受けない私ではなく管理しきれないアナタです』と言ってあげたいですね

さんパルさん。

もうもう溜息ばかりで…。

怒り疲れて、_ノフ○ グッタリです。
本日、行政に連絡して『犬はいいから、人の子を見てきてくれ』ってお願いしておきました。
犬の状態がひどいって言うことは、子どももひどい状態なことが多いので。
けっこう美人さんで“栗山千明”に似ている子なんですよ。小顔で…。でもね、介入当時、幼稚園児ぐらいにしか見えなくて年きいてびっくりでした。痩せていて小さかったですね。典型的なネグレクトとという虐待でしたね。

まっとうな人間的な暮らしをさせてあげたいです。人間なんだから。でも、ホーダー達は自分たちが人の社会からずれているって気がつかないし、理解できないんですよ。そういう人種なんで。メンタル的な病気です。

人って、なぜ、自分の心の寂しさを動物たちで穴埋めしようとするんでしょうかね?
穴埋してもらうにもやはり動物たちの暮らしの管理がちゃんとできなければと思っています。そして、やはりこれですよ『できなければ飼うな』それから『飼った以上は最期までみろ。そして場合によっては自分でその命に対して責任を持て』』ですよね。

部外者でもさんパルさんの意見は励みになりますよ。
ありがとうございます。

太助母。

昆布の佃煮なのか、ゴキブリの佃煮なのか…愕然でした。食器棚の内側にも語期。語期語期語期~~ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

で、人の子?で、犬犬犬犬…で、人の子?

この子のいく末が心配ですね。

人間って複雑ですね~~。心が痛いですよ。

主さん、コメントありがとうございます。

>「人の足元を見ないで、自分の犬を生かすも殺すも自分でケジメを付けなさい。」

本当にそうですよ。

どんなに手を尽くしてもどうしてもだめなことはありますから、その時にありったけの感謝を犬に贈りつつ、もう二度と犬は飼わないと誓うくらいではないといけないと思います。
命を奪うことだけはしたくないという思想は、一見優しくて人間的ですが、質が悪いんじゃ生き殺しではないかと。

自分が傷つきたくない人は多いですからね。

ホーダーは多頭でも一頭でもネグレクトしますから、専門的な監視がつかないと改善されないそうです。

人の子も親は選べませんから、余計に悲しいです。

マリリンさん。

マリリンさんは子育て真っただ中だから、こういった事例は怒り心頭でしょう。

両親がそろってても、人の子ってまっとうに育つかどうか難しいじゃないですか?2年前、この子は犬の個体識別をかいがいしく手伝ってくれたんですよ。『ちゃんと可愛がってもらうんだよ』なんて声かけながら…。

犬も人の子も無垢な存在じゃないですか、犬はずっ~~と無垢でいられるけど、人の子はいつか大人になって無垢でなくなります。その日が来たときにこの子は何を思うんだろうと思うと、一抹の不安がよぎります。

人の子も犬たちも、育ちは大切だと思うのですが。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ためいきと憤り。:

« シーズーのりりーくん。 | トップページ | Liddell The Teaching Dog 106 犬一倍、犬が好き。 »

最近のトラックバック

カテゴリー