無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« ほーほーほーたる こい 修善寺 | トップページ | ゆずかりんと、おひさしぶり »

2010年6月 9日 (水)

大人犬になったら。

20100529_p5293052 さて、5月29日のことで恐縮してますが、教室のぽちおくんがロングラインのトレーニングに来てくれました。

ぽちおくんは見てのご覧のとおり、性質は柴の雄に非ず、人、犬双方に満面の笑みをしてくれるハンサムボーイ。

そのボーイも近ごろ馴染みのない同族には吠えてしまうという、心配事?がパパママからありました。

20100529_p5293053 ぽちおくんはたぶん大人犬に成りはじめたんでしょうね。だれかれなしに遊んでいた子犬期とは少し遅いくらいのサヨナラです。

リデルと遊ぶぽちおくんは少し戸惑いながら、今までに経験したことのないルールを守る(犬の流儀で)遊びを経験し、自分の心のざわつきを自分で抑えるということをわかってくれたかしらね。

20100529_p5293054 そして、へちまこはぽちお父にひとつお願いしました。それは、犬との遊びはぽちおにはもう必要のないことで、それよりも父や母と一緒の時間を作って、穏やかな散歩を楽しんでほしいとお願いしました。

同族の友だちやふれあいを欲することは当たり前なことですし、飼い主にもそのような環境を自分の犬に与えてあげる責任があるとへちまこは思っています。

だけど、無責任に不特定多数な犬が集まるランに放り込んでみているだけや、公園での井戸端散歩ばかりでは犬の十分な社会化は望めないと思うのですが。

今までどんな犬とも遊んでいた自分の犬が、見知らぬ犬に吠えるようになった時点で、へちまこは大人犬になったのだと、もしくわ大人犬の階段を上りはじめたんだと思うようにしています。

犬は、確かに永遠の子どもな犬として人が改良してきたかもしれませんが、すべての犬がネオテニーを強く残すものでもないと思うし、、いつもでも子犬ようなままでいてほいいと望む犬の育て方が、大人犬になった外見に見合わない子犬言葉を使い続けるようになってしまうのではないかぁ~~と、感じています。

20100529_p5293055 ぽちおは、リデルの脚のあいだにあるbaseballを狙っています。

犬と会わせれば、遊ばせれば、それが社会化だと、それにいつまでもこだわって犬たちの精神的な成長からくる無愛想、拒絶、または、未避妊の♀犬の同性や異性に対する振る舞いの違いを社会化が足りない、社会化が失敗と思い、犬が望まない接触をさせてしまい余計にこじらせている飼い主をよく見かけます。

そのような兆候が見られるようになったら、しばらくは同族と会わせない、または穏やかな気持ちで同族を観ていられる距離を保つほうがその犬にとっても好い一日(争わなくてすんだとか、イラつかなくてすんだとか)として終わらせることができるんですね。

(人だって、人に会いたくないって時があるでしょ?別に引きこもりじゃなくて。今は人と会わないでいた方が自分も他人も傷つけることがない一日を選んだほうがよくないかしかね?)

だから、へちまこは、こうしてロングラインで犬の自由をある程度保証するお散歩と、その中で行われるfollowingのトレーニングが(リコールを犬に教えてるのでないですよ)父や母(信頼を置く人)について歩くということが何よりも必要なことだと、ぽちお父に伝えました。最終的には犬は人との関係に重きを置くようにしないと、緊急な場合やもっとも重要な時に人が犬の行動をコントロールできなくなるからだと思ってますよ。

20100529_p5293056 ぼくのですけどsweat01リデルの隙を突いて(いや、リデルはわざと隙を作ってあげたかな?)軍手baseballを咥えてうれしそうなぽちお。

教室のボーダーのランディの父母にも、犬を運動させる(歩かせる)お散歩はやめて、馴染みのある場所で犬と会わない時間帯で飼い主が過剰に犬の行動を制御しないで穏やかな人との関係を楽しめるようにしてもらいました。すると、今まで排除の傾向が拒絶に変わり、リデルやジェイドを受け入れるようにもなってきたのです。

それもごく自然にランディからの要求として。どんなにTeachingに優れている犬でも相手が受け入れないのであれば、何の意味もないことなのです。それに普通は吠えかかる犬に吠えかかる犬をTeachingに使うことはしません(Teaching dogは吠えて相手を負かそうなんてことしませんから、それはTeachingとは言えないでしょ!)

犬に過剰反応(怯える、攻撃的なディスプレイ)をする犬の社会化は、犬に会わせることで悪化することがままあります。

そんなときには思い切って、犬に会わせない、お散歩に出ない、激しい運動は控える、ごほうびトレーニングを繰りかえす、犬のいない自由で束縛しない時間を与えるなどが犬のとんがった心を穏やか方向に軌道修正させることができると思うんですけどね。

*行動療法は犬の行動療法のスペシャリストのアドバイスを必ず受けてください。

20100529_p5293057 ぽちおく~~ん。

また遊ぼうね。君は十分にいい犬だからね。だから、父母とだけのすてきなお散歩を楽しんでね~~。

では。

« ほーほーほーたる こい 修善寺 | トップページ | ゆずかりんと、おひさしぶり »

」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい記事ですね~。
何度も読み返しました。
下手なしつけ本1冊分より大切な情報が詰まっている記事です。
みんなにも届いたかなぁ・・・なんて、大きなお世話ですけど(笑)

ええっーーsign01

文系の覇者、ルークママさんにそんなおほめいただくなんてヾ(´ε`*)ゝ エヘヘですよ。
ありがとうございます。

擬人化ではないけど、どんなに社交的な犬でも他犬とある程度は距離をとりたがるのが普通なんですけどね。

社交的と社会化は、ちょっと似てるようで違いますよ。ここんところを間違えてしまわないように、気をつけねばですね。

小さなおせっかいやいてみました~。

はじめまして。このたびエスポワールJPのファンサイトを始めました。管理人の星屑です。
こちらのサイトとても楽しいです。リンクしてもよろしいでしょうか?ファンサイトとしましてはその後のベルジアンたちをいろいろ見れたらとても楽しいなと思ってます。
よろしくお願いいたします。

星屑

星屑さま。

はじめまして。ご訪問ありがとうございます。

エスポワールのファンサイトですかっhappy02このような稚拙な当ブログでもよろしければ、リンクお願いします。

西氏とはずいぶんお会いしてないのでお元気にしてますかね?身体はご自愛して、ベルジアンたちのために励んでいただけたらうれしいですし、そのお手伝いがちょこっとでもできれば光栄です。

こちらこそよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/48578337

この記事へのトラックバック一覧です: 大人犬になったら。:

« ほーほーほーたる こい 修善寺 | トップページ | ゆずかりんと、おひさしぶり »

最近のトラックバック

カテゴリー