無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« Towing the Line! 翻訳完了。 | トップページ | 「レンタルチャイルド」を読む。 »

2010年7月31日 (土)

ライントレーニングの目的とするところ。

20100730_p7303258『だれか来た!だれだろう?わたし見てくるね…』

さて、リデルはコントロール限界線の中にコマンドなしで留まる、またはへちまこを確認するでしょうか?

ライントレーニングの目的は、緩んだ状態のリードで人と歩くことも含みますが、ある特定の距離内から離れないように教える目的があります。

ほとんどの犬はある特定の距離内では飼い主のコマンドに反応しますが、遠ざかるにつれて教えたことをすっかり忘れてしまったかのように振る舞うことがありますよね。

この『ある特定の距離』のことをコントロール限界線と呼びます。コントルール限界線とはこの線を越えてしまうと飼い主が犬を捕まえる(直接的、またはコマンドで)ことができなくなる限界線のことです。

ライントレーニングの目的は、犬に、このコントロール限界線の中にとどまることを教えます。

犬が10m以上離れても飼い主への確認作業があったとしても、飼い主が方向転換して犬が即座についてこない場合はその限界線はその犬にとって不適切となります。

また、ライントレーニングに入る前に180~200cmのリードでのマテに対する反応は必須です。人の社会への社会化も必要です。

20100730_p7303259リデル、振り返りましたね。

『ああ、ね、そこにいるよね』

へちまこはベンチにすわってます。

これで10mぐらいでしょうか。ノーリードなら走り出してしまったら捕まえることは不可能な距離ですが、リデルからへちまこがどこにいるか確認作業があります。

この犬からの確認作業させあれば、いつでもリコールが可能になるのです。

マッテ、戻れというコマンドは出しませんし、名前もよびません。

最初はWAITやTHIS WAYを教えて、そのコマンドを使いますが、将来はコマンドを無くしていきます。飼い主についてくるということを忘れてしまった場合のみ、コマンドはバックアップとして使います。

ライントレーニングは、犬に『聞くこと』ではなくて『見ること』を教えていくことになります。

リデルの意志で、または自制でコントロール限界線の内側にとどまっています。

以前はね~自分の目的に向かってまっしぐらdashdashcoldsweats01

20100730_p7303260 また確認作業です。

飼い主の動きを常に見るという状態は期待できませんが、犬が、常に飼い主がどこにいるかがわかっていることが理想になります。

20100730_p7303261_4  一心に見入ってるようですね。それでも、走り出しの前兆は今のところ大丈夫そうですね。へちまこはまだベンチにすわってます。20100730_p73032611 

見えますか?道路を犬が歩いています。これが気になってるようですね。

リデルの耳をよく見ると、完全に耳が相手方向には向いてはいないように見えます。

後ろにいるへちまこの動きをサーチしながらのようです。

20100730_p7303262 へちまこのベンチから立ち上がる音を聞きつけて、戻りはじめたリデル。

シェルズは、へちまこの足元からむやみには離れたりしませんが、斥候型のリデルは常に何かを見張るという役割をしたがります。

このライントレーニングを完成させるには、いろいろなトレーニングを組み合せが必要になります。

なので、この場に来ていただいてライントレーニングを受けていただかないと、文やブログだけでは伝わらないことが多くて、見よう見まねでは事故を引き起こすことになりかねません。また、ライントレーニングはノーリードを推奨するものではありません。

長いリードでも安全で安心な犬に育てるためです。そのためには、たくさんのライントレーニングをする時間を必要とします。繰り返すことも前段階に戻らないといけない場合も出てきます。ごほうびのタイミングもありますしね。

20100730_p7303263 へちまこの動きを見てますね。

犬からのアイコンタクトです。

『どこいくの?どうするの?わたし、もどってきたけど?』

20100730_p7303264

それでも先ほど犬が気になるようで…。

でもへちまこがベンチから離れたので、気にはしてもそちらへ行こうとはしてませんね。

とどまってますね。

20100730_p7303266 『気にはなるけど、へちまこが方向転換したからついてかなければ』

へちまこを、追っています。

20100730_p7303267 名前を呼んでほめてみました。

へちまこに敬意を示してくれていますね。

礼儀正しいリデルです。

リデルは、限界線を越えてもへちまこのことを常に気にかけてくれます。

限界線を越えたとしても、へちまこがどこにいるかを感じてくれています。

それは、叱られるから、罰を受けるからではなく、目に見えないものでつながっていという、おたがいの自信がそうさせるものだ、と、思っています。

教えられなくても、できる犬はいくらでもいますしね。

要は、犬からの信頼されるかどうかだと思いますけど。

ロングラインをつけたら、今までの関係はなかったことに~なんてなるようでは、ライントレーニング以前のことを考えなくてはね。

では。

« Towing the Line! 翻訳完了。 | トップページ | 「レンタルチャイルド」を読む。 »

」カテゴリの記事

コメント

それ以前の あんなことや…こんなことが まだまだ山積みなマヒナ&マリリンペアでつpaper

丁度一ヶ月後に1才を迎えるマヒナ…
色んなことがある毎日ですが『もぅ手におえない…sweat01』と言うような困ったことが無いのはマヒナの性格に助けられているのかもしれませんbearing

いつかは『限界線』内で私を振り返ってくれるマヒナの姿を夢見て頑張りまっすpapersweat01

マリリンさんへ。

来月でマヒナも1才になるんですね。
早いもんですね~。
でも、まだまだお子ちゃまな感じがしてますから、当分は楽しませてくれるでしょうねhappy01

犬に何かをわかってもらうって、それこそ毎日の積み重ねでいつの間にかできてるなんてことがたくさんありますよ。リデルの2歳ぐらいまでは、へちまこ毎日、青あざばかり作っておりましたcoldsweats01
流血もありましたね~~(咬みつかれたわけじゃなく)今はそれも懐かし~。

何事もコツコツですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/49014970

この記事へのトラックバック一覧です: ライントレーニングの目的とするところ。:

« Towing the Line! 翻訳完了。 | トップページ | 「レンタルチャイルド」を読む。 »

最近のトラックバック

カテゴリー