Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« ブーゲンビリア(ヤ?) | トップページ | Liddell The Teaching Dog 107 犬一倍犬が好き 続き。 »

2010年7月 6日 (火)

わたしのむすめ。

今、へちまこの娘は、イースター島なうだ。

先月の21日に日本国からタヒチ経由でイースター島へ渡った。

なにしにかって、まぁ一応、旅行には違いないのだが…。

7月11日にイースター島では皆既日食があって、それを見たくてイースターに行ったのだ。

日本での皆既日食は、入島制限で島に入ることさえできなかったし天候も思わしくなかった。

それで次回はイースターと聞いたら、その旅支度の算段を一年かけて整えた。

娘の趣味はバックパッカーで現地へ遺跡を見にいくこと。

今までにタイ、土耳古、イタリア、バチカン、ボリビア、ペルー、エンジェルフォール、屋久島、イスラエル、あとわからない南の島へほとんど一人で旅をする。

所持金は20万ほどで約ひと月近く帰らない。身長150cm~153cm、体重42kgぐらいの身体で自分の体重の半分はあるかのバックパックを背負う。

宿泊はドミトリータイプ。安いと素泊まり500円。もちろん風呂なしトイレ共同。ご飯なし。

アマゾンにピンクイルカを観に行ったビレッジの宿にはカギはかかるが窓ガラスがない話や、イタリアのチャイルドギャング、トルコの野ら馬の話し、ぺルーでモルモットを食べた話、イスラエルではパレスチナの砲台がおたがいを睨んでる話、その国のその土地のダウンタウンに住む日本人の話し、どこかの空港でボリビアで会ったバックパッカーと偶然再会した話し…砂漠の真ん中で沈む夕日を見てきたこと。エンジェルフォールを観に行くためにジャングルに分け入ったこと。マチュピチュの頂きと雲の流れ…ずいぶんとたくさんの記憶を詰め込んできている。

心配はつきものだけど、

『その場所に行かなければ、本物は見れない』

と、言うのが娘の信条なのだ。

娘は、一応、声優だがあまりパッとしない活躍だ。

本腰で仕事入れると、海外へ行けなくなるから、声優は半分本気で融通のきくアルバイトで旅金を稼でいるという。

もし、娘が「どこそこの国に~~ブランド買いに行くからぁ~お金ちょうだい」なんていうなら、へちまこは絶対聞く耳もたんし、また、たとえ一人旅したいといっても親のお金をあてにした時点で反対できたのだが。

娘は、必死に働き、自分で稼ぎ旅に出る。

自分で稼いだ金の使い道を、親という存在だけで親の心の安寧を押し付ける反対はできないと思っている。

そんなところ、一人で行かせて、何かあってからじゃ遅いわよ…と忠告する人もいるが、行かせることのできないエゴをもつ親より、行かせてあげることの出来る親でよかったと思う。

娘は、いろいろ大変だろうと思う。

最初のころは現地の空港で「こんなところに来ちゃったよぉ~~(°°;)))オロオロ(((;°°)~」して、怖くて2時間近く空港から出られなかったと言っていた。さすがに今はそれはないけど、現地語で「トイレどこ?」は必須らしい。

でも娘いわく、「現地の人は親切だよ。特に僻地は。都会のイタリアはすれっからしが多かったけどね

娘は、今月末か来月初めに帰国する予定らしい。あくまでも予定。

娘の旅の安全を日本から祈る、いちおう、母だから。

20100425_p4252943 で、一番娘の帰りを待ちわびる、ワンダー。

毎晩、娘の部屋見て、誰もいないんで(´・ω・`)ショボーン。あと、ダンナくんかな。

へちまこは、慣れた慣れた。

ツボにはまりそうなおかしなモアイ像、よろしく。

で、今度いつ帰る?“探査機はやぶさくん”なみだな。

スカイプ、どうすんの?

« ブーゲンビリア(ヤ?) | トップページ | Liddell The Teaching Dog 107 犬一倍犬が好き 続き。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

海外旅行は行きたい場所、時間、お金と相手を探すのが難しいですよね。
妹も遺跡を見に行くのが好きなのですが、最近は同じ嗜好の相手が見つからず、
海外旅行ではショッピングやエステに付き合っているみたいです。
(我が家は心配性の母が一人旅を絶対に許しません。。。)
心細いことも多いと思うけど、それを乗り越えて2度目を経験すると気ままな一人旅はやめられなくなるものなのでしょうね。
しかし逞しい娘さんですね。
皆既日食を見にイースター島まで行くなんて…。
去年の記事を思い出して、やっぱり親子だなって思いました(笑)
当日は晴れるといいですね。

yokoさんへ。

yokoさんの妹さんも遺跡好きなんですね。
娘は大学の専攻がそちら方面だったので、その続きをまだ続けているみたいです。

そうそう、皆既日食の記事読んでこの時も娘と狂喜乱舞したのを思い出しました。
イースター島へ交通手段は、空路か海路でそれも週一便だそうです。金持ちは一週間前の予約を代理店経由で予約しますが(高額)それ以外は、出国の便がどんどん遅れるみたいです。7月11日の皆既日食なのに前後ひと月は貧乏人は島に留め置かれる状況だそうです。
今回は予算の都合で、シェラフとテントでの生活を覚悟した娘ですが、そこは父親、そんな話はのめないと一泊3,000円の素泊まり日本人(がめつい気がるする)経営のドミトリの代金を全額支払わせてくれと娘に懇願してました。
娘は大きなお世話だとほざいてましたが、娘に親心をわかってあげてほしいと話しましたね~。

>当日は晴れるといいですね。

ありがとうございます。
へちまこも娘のために祈っています。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わたしのむすめ。:

« ブーゲンビリア(ヤ?) | トップページ | Liddell The Teaching Dog 107 犬一倍犬が好き 続き。 »

最近のトラックバック

カテゴリー