無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

セミナー「動物を介在させた子どもの教育」

第26回 かわさき犬・ねこ愛護ボランティア主催 セミナーのお知らせ

「動物を介在させた子どもの教育」

講師 :的場 美芳子氏  ひとと動物のかかわり研究会副理事

ひとと動物のかかわり研究会HP  http://www.yourou.com/director.html             

かわさき犬・ねこ愛護ボランティアが市公認のボランティアとして発足してから、早、10年。

発足当時は数々のセミナーを開講してきましたが、ここ数年はセミナーの企画もなしでした(やることもなくなったという感じでしたね)

新しい会員も増え、また十年ひと昔といわれるように犬やネコ、そのほかの家庭動物を取り巻く環境も、当時からずいぶんと変化しました。

そこで、いろいろと惜しまれながらの休講でありました、セミナーを再開することになりました。

Acimg5018

未来を担う子どもたちに身近な動物たちとのよりよい関係を、私たち大人という人間がどのように携わり、介在するべきか?を、今回のテーマに掲げました。

子どもたちの教育の場に動物の存在の力を借りるということは?

介在させるにもその動物がストレスを感じている?

そんな場合への子どもから動物への配慮を教えるには?

また動物アレルギーの子どもへの対処は?

わずかなセミナーの時間ですが、的場先生の動物介在教育の貴重なお話をどうぞご聴講ください。

会員のみならず、一般の方々もご聴講できますが会場が狭いです。悪しからず。

平成22年10月16日(土)

場所 :川崎市高津区市民館 第5会議室(JR武蔵溝ノ口駅前 丸井 12階)

受付 :13:10~

開演 :13:30~16:00

*運営費維持のため寄付をお願いしています。

*定員50名 先着順 

会員以外のお問い合わせは当ブログのメール送信にて、お願いいたしますo(_ _)oペコッ

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2010年9月29日 (水)

子犬のクレジットの続き。

20100922143132 あれから何度かホームセンターへ行くのですが、あいかわらず子犬のクレジットは続いています。

写真を撮ろうとするのですが、撮影禁止のようでショップのお姉さんが睨みを利かしています。

この写真だと左上のポップです。

月々、¥3,450からなんてことが書いてまります。

さすがに夏休みが過ぎたので、夏休みに子犬を飼おうはなくなりましたが…。

でも、やはり釈然としない思いは常に込み上げてきます。

動愛法改正になっても、ショップでの生体販売は当分なくならず、クレジットにしても商品として売られる以上は規制ができない。

以前、あるシンポジウムで、生体販売、ブリーダーへの規制をかける法制案の話しにある大きな犬種団体の元会長だか理事だかが、こんな話をした。

そんなに法ばかりで規制したら、日本から純粋種がいなくなるぞっ!

小型犬のブリーダーなら3ヶ月はおけるけど、大型犬の子犬を3ヶ月も置いておいたら、ブリーダーがつぶれる。

ある犬種は2ヶ月もすれば子犬同士で噛みつきあって傷つけあう。3ヶ月も置いとけない。

ある犬種はひと月もすればドライフードをふやかさなくてもガンガン食べるのが当たり前…だから45日で離乳は妥当だ…

ああなんだろう、この人間は。

へちまこも純粋種は好きだ。

理想が現実として表現される純粋種は人間の叡智だと思うから。

ブリーダーって本当はお金持ちの趣味的なものだった、と、なんかのものの本で読んだ記憶があります。

余裕あって、その犬種を心から愛してやまない人間がブリになればいい。

何頭売れ残っても、ちゃんとちゃんとその犬の一生涯を見れる人間が、ブリーダーになればいい。

でも、子犬が売れなければドライフードは売れず、ペット産業も不振になり、倒産し失業者が増えるという、“鶏が先か卵が先か”みたいなことが続く。

だから子犬のクレジットは当分なくならないという。

クレジットで買っても大切に飼えばいい。

そう思っている人が大半だろうけど、子どもの夏休みを狙うような販売促進はやめてほしいですよね。

犬はどんな人間と暮らしたいのだろう。

犬は人間が本当に必要なんのだろうか?

本当に必要としてくれているのだろうか?

後から地球上に現れた人科が一番質の悪い生き物かもしれませんね。

へちまこにできることは、命のクレジットに消費者としての意見を、お店に伝えることしかできませんでした。

非力だ_| ̄|○ゴメンみんな。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2010年9月24日 (金)

ドンブリだったけど…かわさき動物愛護フェア2010へ参加。

Acimg4997 もう、だれよっangry

こんなにドンブリなrainにしたのはpunch

わたしは さんごvirgoよ。

人科がぁ、お願いだから来てくれって言うから来てやったわよ。

もうしょうがないわね~~。

こんなにtyphoon中でもドントコイの仲間のFuntaskを見せてあげるから、そこの人科、感謝しなさいよ。

わかったぁ~。

Acimg5003 まぁ、こういう日もあるさ。

でもね、日ごろやったことの成果は目に見えることもあるし、仲間にしかわからない成果もあるわけ。

今日は「かわさき動物愛護フェア2010」への参加の日。

よりによってこのドンブリ雨におまけに雷までなり出す始末。

条件悪し…でも、犬たちは割と淡々としている。

いける。

毎週一回、仲間で集まってあれやこれや切磋琢磨してきたtaskの披露の日。

直前まで練習した団体演技は諦めたけど(スペースがぁ(´Д⊂グスン)

いける。犬たちは冷静だから。

20100923_p9233401

犬が初めての場所で自分に与えられたミッションをこなすには、人が想像する以上の時間をかけて般化が必要。

正確にこなすことを目指しているのではなく、犬がどんな場においても信頼を置く人へのまなざしを忘れないでほしいと思う。

FT(funtask)には、ここをこうするのが正解だとは教えない。

犬にいかにその答えを見つけ出させるか…人が少しヒントを与えるだけでflairがつくようになる。

20100923_p9233402 さんご、初めのころはガタブルで人から食べ物をもらえることもできなかった。

今は、失礼なオス犬の行為には一発をかませられるほどにcoldsweats01

Acimg5000 サアラ。犬を見れば吠えていたサアラ。

この日は集中力が途中ですっ飛んでしまったけど、馬以外の動物に吠えないという、すばらしい成長を見せてくれたgood

H子隊員の犬たちに対する直向きさには感謝している。

Acimg4998 ジェイド。

凛とした犬。

いつも良いお姉さんぶりを発揮。

FTへの参加は間もないけど、確実に伸びてきたいるようだね。

20100923_p9233408 さんごとジェイドの演技終盤の決めポーズ。

さんごはジャンピングだっこ、ジェイドはおじぎ。(v^ー゜)ヤッタネ!!

Acimg5039 太助の母への眼差しは信頼。

一秒も待てなかった太助が、taskの準備をする間すわって待っていられるようになった。

へちまこは太助を生後5カ月ぐらいから見ているけど、ミックスだとかピュアだとか関係なく、人の犬への取り組み方が成果をあげていくことを太助たちから学んだ。

継続と忍耐と、毎日彼らへの言葉かけや気遣いが愛情という形になり、絆を結んでいくんだと思う。

Acimg5030 訓練での臭気選別など家庭犬には必要はないけど、大好きなチーズの匂いをさがしてくるというtask。

器の中には本物のチーズはないけど、このミッションを完了させるということが大切。

太助が正解を出すつど、観客から大きな拍手happy01

Acimg5045 我がすっ飛び娘も落ち着いてすわって待てるように。一秒たりとも待つことを苦手としていたリデルだけど、犬の中の犬であっても、私だけは特別扱いしてほしかった。

Acimg5050 この最悪の条件下でも与えられたミッションを遂行してくれた。

リデルの気を散らす最大のものは同族。Teaching dogの要素が強ければ強いほど、犬への執着がへちまこへのリデルの集中力を欠けさせてきた。

なるべく脳みそを使うtaskや人の指示を正確に聞き取るというtaskを選んできてよかったと思った。

Acimg5087 リデルのtaskはパズル。○△□長方形にブリッジ型…をさがして同じ型に入れるというもの。子どもたちにも参加してもらった。

この日が本もの子どもとの本番。

2日前まで大人相手のシュミレーションしかしてこなかったので、リデルには子どもたちの緊張がダイレクトに伝わらないか、子どもが恐がって型を落としゃしないかと、ちょっと心配した。

Acimg5088 いくら犬好きの子どもでも、普通に大きな犬が近付き、口をまん前まで持ってこられたら緊張する。

子どもたちの緊張がリデルは伝わらないようだ。淡々とtaskをこなしていく。

Acimg5098

ちょっと観客にサービス。

リデルお得意のアップで子どもたちとの写真撮影に応える。

観客の人に『どのくらいの期間でできるようになったのか』と、聞かれてひとつのtaskにだいたい1年はかけて教えるというと、『そんなにかかるのじゃあ、うちの犬では無理だし私が飽きちゃう』と…。

こういう人は犬の小さな進歩や進化に気がつかない。気まぐれでtaskを始めても長続きはしない。taskに限らず、犬に関わるすべてはどんなことでも飼い主やその環境が大きく左右するのだと思うから。

みんなぁo(*^▽^*)o最悪の条件下でもなんのその。

よくやったねgood

すてきな犬たちにありがとうsign03

F先生、この日はボランテイアでMCありがとうございましたm(_ _)m

Acimg5124 うまさん?Acimg5127

リデルは馬にもバウを3連発。

馬さんにもバウが有効かどうか?

笑えますね~。

ワイマはマヒナ。

怖いけどリデルのそばにもよりたいし馬も見たい。

みんなポニーさんに興味津津happy01

ポニーの方は犬に慣れてるのですごい近くまで来てくれました。

ものすごいthunderでポニーさんも驚いてましたね~。

犬たちも動揺しましたが誰一人として人科が取り乱さないので、犬たちもすぐに平常心に。

落ち着くシグナルは確実に伝播しますね。

Acimg5068_2 パズルのお手伝いをしてくれた子どもたち。

かわいかったですね~。

Acimg5018 

ムート(旧マルメロ)の人科の兄貴分のR君とリデル。

大事そうに焼そばを抱えてましたね~。

Acimg5015

R君がいるということはムートもいます。

この雨の中、H家とO家の皆様、来てくださってありがとうございました。

Acimg5130_3

サアラ、リベンジあるよ。

ああ、そんなことどうでもいい…そうだね。

君の犬生にこの日のことは差ほどのものでもないよ。

まぁ、気楽に行こう。

いつかは 必ず あるからさ。

Acimg5131 みなさん、お疲れさまでした~(帰りの車の中ですねsleepyです)

次週9月28日のtaskはお休みですからねwink

再開は10月5日になります。

それからこれは私事のことなのですが、10日ほど前に当ブログが「dog actually award」を受賞したとの連絡が編集部からありました(フェアとぶつかり受賞式は辞退ですが)

どなたかが当ブログを推薦してくださったようで、とても感謝いたしております。

その方に一言、

ありがとうございました。

今後ともリデルのブログをよろしくお願いします。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2010年9月21日 (火)

仲間と集う 本番2日前。

20100921_p9213394_3

本番2日前の本日。

集団演技の調整をメインに練習。

あまりの暑さで体調を崩す仲間(人も犬も)もいて、本番当日のフルメンバーでの演技は難しくなってしまいました。

太助もリデルもずいぶんと大人になり、おたがいが干渉しない気遣いを見せ合うし、ジェイドにいたっては大人の貫録十分。

それにしても犬って平和的でお互いを尊重し合う動物なんだと、つくづく思える穏やかさの午後。

小さな仲間たちも大きな子の動きにも慣れてくれた。

誰もが最初に思うことは『うちの子には無理無理無理~coldsweats02

でもどうだろう、人が少し犬のことを学べばその子の世界は広がってゆくのだろうと思う。

20100921_p9213395_3 おびえたり、怖がって吠えてしまったり…そんなことを咎めないで淡々とtaskをこなすことで、すばらしい成長を見せてくれた仲間。

たまに諍いもあるけど、それは人も同じこと。

わかりあえる日は必ず来たしね。

taskは他の犬と比べることでもないし、大それた競技会などとも無縁。

20100921_p9213396 それでもtaskを披露した時の観客の拍手や、少し誇らしげな犬の表情を見るのが好き。

そして、集える仲間(犬も人も)がいるってことに感謝。

23日は本番だけど、心配なことなど何もないはずcoldsweats01かなっsweat01

みんなぁ~、あとは犬たちの可能性を信じようpunch

まろママ、早く良くなれ、祈ってるぞsign03

rainでも、決行するのが行政の行事。

お待ちしてます。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2010年9月14日 (火)

Liddell The Teaching dog 112 やさしく遊んで。

20100813_p8133325 ちょっとぉ~アンタずいぶんとあちこち我が家の備品をこわしてたのね~(^-^;

少しあとのお話になっちゃってますが、11日にへちまことリデルはムート(旧マルメロ)に会いに行ってきました。

ムートがOさんちの子になって、早、20日目です。

Oさんご一家は動物好きですが犬と暮らすのは初めて。

よくわからないことも多くて、最初の一週間はたいへんな?こともあったようですが、今はそれほどでもなく、ムートとの毎日がとても楽しいようです。

20100911_p9113384 で、この日は、Oさん一家をご紹介いただいたマリリンさんちのマヒナ君もお見えになりましたhappy01

すごく立派になっていて体重はリデルの2倍近くあり、ますます若いオス犬のらしさ…らしさだけでまだまだ子犬ちゃんな部分もあってcoldsweats01かわいかったですよ~。

ムート君ちに近いマヒナには、これからムートの良い兄貴分としての役割を担っていただきたいなぁ~と、勝手に期待しています。

大型犬は自分の体のデカさに気がつくまで、長い時間がかかるようです。

小型犬のみなさんとも遊びたいと本犬は思うのですが、何しろデカイところがいっぱいで威圧感がぁ~sweat01

大きなマヒナには、まだ力を加減して小さな子とやさしく遊ぶということがわからないだけなんですが。

では、今回は小さい子と遊ぶ時の大きな子のマナーを少し伝授。

う~~んと、今まで観察眼のいい人なら、当ブログの中のリデルと小さい子たちの遊びを見ていて気がつくと思うのですが、リデルは小さい子と遊ぶ時には自分も小さくなることが多いんですね。

20100809_p8093301 寝転がって遊ぶ確率は大きな子との遊びと比べるとはるかに多くて、教育的注意喚起をする時以外はふせて遊びます。

これはリデルが生まれ持ったもので、へちまこが教えたわけではないですが、人でもこれは教えられます。

マヒナも最初はふせて待てるのですが、ムートが近くにくると立ち上がってしまいます。

マヒナは遊んであげようとするのですが立ち上がられると、ムートはどこか不安げな感じになり、少し腰引け状態に。

ムートがマヒナに近づこうとしたら、リデルは吠え止をしてたでしょ。

マリリンさんもよくわかっていて『マヒナを信用のならないやつ、と、感じているんですよね』と、分析good

たぶんふせた状態をキープできてたら、リデルのマヒナに対するシグナルはもう少し軟化したかも。

なるべくなら、ふせた状態で相手を受け入れれるようにすると、小さいこのお友だちもふえるしムートも近づきやすくなるかな、と、思います。

また大きな子は前足で小さな子を抑えつけようとすることもあるので、寝転がって遊ぶということを教えてあげると、リアクションも小さくなってより安全に遊べます。

今度ムートと会う時には、スワレよりもマヒナがふせるのを待つか、フセのコマンドを使ってキープさせます(なるべくなら自発的フセを待ってね)

で、マヒナがフセたらムートのマヒナに近づきたいという自発的な行動を待ってくださいね。

ムートが近付いてきてマヒナが立ち上がろうとしたら、それはNGだとマヒナに伝えます。

マヒナがフセをキープできてたら、ムートを近づけさせます。

できなかったら近づけさせないということになります。

ふせて遊べる、寝転がって遊んで(顔と顔のレスリング)いるなら、良くほめて(身体に触れないで声だけでほめてくださいね。

穏やかにね)遊びを継続させて、立ち上がってしまったら終わり。

遊ぶが荒く(ラフプレイ)なりそうなら、すぐに介入してくださいね。

仕切り直します。

それから追いかけっこはなるべくならムートがマヒナを追わすようにしてくださいね。

マヒナはまだまだセルフコントロールの不安定さがあるので、あまり長い追いかけっこは捕食の衝動を呼ぶこともありますから。

みんなでクンクンした日。

20100911_p9113385 この日のムートへのアフターケアは、犬の永遠のお仕事、お散歩。

ムートもO家のみなさんと近くの公園へ。

ムートはこの日がお散歩デビュー。

でも、ムートはマルメロでいたころからよくお外へ出てましたから、ずんずん歩きます。

どんどん草地にも入り込んでいきます。

20100911_p9113386 それでもってみんなでクンクンhappy01

このお互い無視してるように見えるクンクンは、実はとても重要な犬語なんですよ。

せっかくのお外だから、せっかく犬に会えたんだから、と、むりくり他犬に近付けたり、ほ~~らお友だちよぉ~、と、寄せようとするのはやめましょうね。

その子なりの緊張があって、知らん顔しているようでもお互いに存在は意識しながらのクンクンなんですよ。

無関心さを装うシグナルは相手を落ち着かせようとしてる、または自分自身を落ち着かせようとしている、と、言われてますね。

20100911_p9113387 マヒナ、リデルのことを意識してるけどパーソナルを守ってますね。

リードも張らずに自制してますね。

相手(リデル)の動きを見てますがたぶんリデルが視線を上げたら、マヒナは頭を下げたと思いますよ(目を合わせないようにするためね)

『ちょっと怖いねぇさんだから、ぼく、気をつけねばthinkうん、このぐらいなら許してくれるかな?』

20100911_p9113388 ムートもクンクン。

久しぶりのお外で、思う存分、クンクン。

でも、拾い食いには気をつけて、dangerなモノもありますから、クンクンの前に何かが落ちてないかのチェックをするのもいいことですよ。

20100911_p9113390 兄貴分のRくん。

よろしくたのむ(=゜ω゜)ノ

では、O家のみなさん、ありがとうございました。

またおじゃましま~すm(_ _)m

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2010年9月12日 (日)

2010 夏。ゆずかりんと便り。

Img_1158 遅くなりましたがsweat01

ケルピコのかりん(旧、ロゼッタ)が8月26日、めでたく一歳になりましたbirthday

(Y君ごめんsweat01ちょっと日々に追われて忘れてました(;´▽`A``)

Y君家の、スイカのごとくo(*^▽^*)oすくすく成長しました~。

わが家に保護犬の中では、ダントツのハイパー犬。

リデルのハイパーさと、良い勝負でしたね。

Img_1176 ゆず姉さんとも仲良しできて、ああああ~良かった。

とてもとても、愛してくださってありがとうです。

ケーキやおもちゃもお祝いなんだね。

ゆずちゃんはカメラ目線だけど、かりんはクイシンボ?花より団子?

Img_1184 えらいえらい、Y君の指示を待ってるんだね。

犬には良い環境が必要なんだよね。

血統とか容姿とかよりも人の家庭で人とともに暮らす犬には

そんなことより、人が犬のよき家族になってほしいなぁ~。

その点、Y君なら安心だと、へちまこは思ってますYO。

ゆずかりんとの顔を見れば、一目瞭然\(^o^)/ですね。

Dsc_0322 Y君との初めての夏。

たくさんの思い出を残してくれて、ありがとうございます。

Img_1172 すくすくな2年目をよろしくお願いします。

そして、Y君とのきらきらshineな毎日でありますように…。

涼しくなったら、また遊びに来てくださいね~。

2010年9月10日 (金)

2010年度秋 セミナーのお知らせ

少し涼しくなってきましたねhappy01

秋はセミナーの季節maple

ご都合がよろしければ、ぜひ、ご聴講ください。

動物愛護管理法改正に向けてのシンポジウム

私たちが考える動物取扱業の法規制―

日 時:   9月20日 AM10:00~PM4:00

会 場:   麻布大学 8号館7階 百周年記念ホール

         (神奈川県相模原市中央淵野辺1-17-71 アクセス JR横浜線矢部駅北口下車徒歩4分)

参加費用  資料代500円(定員300名先着順 事前申し込み)

シンポジウムポログラム

午前の部

10:15~12:00 講演者及び講演内容

城島 光力 動物愛護管理法改正の方向 (衆議院議員・民主党犬猫連会会長)

西山ゆうこ 米国の動物に関する法律とアニマルポリス (米国獣医師・Village動物病院院長)

細川 敦史 動物愛護管理法をいかに改正・運用すべきか(THEペット法律事務局長・弁護士)

午後の部

13:00~14:00 講演者及び講演内容

小林 直人  動物取扱業の監視指導について (神奈川県動物保護センター職員)

成田 司   ペット業界の裏側 (㈱コークア社長・元ペット販売業)

渡辺 眞子  動物レスキューの現状と法改正に求めること

         (作家・動物管理法のあり方検討小委員会委員)

14:00~16:00 パネルディスカッション

パネリスト 西山ゆう子・細川敦史・成田司・渡辺眞子・神奈川県動物保護センター職員・

       中野真樹子(IFAW日本事務所スタッフ)

申し込み・お問い合わせ

045-421-5592 ㈶ 神奈川県動物愛護協会

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

第26回 かわさき犬・ねこ愛護ボランティア主催 セミナーのお知らせ

「動物を介在させた子どもの教育」

講師 :的場 美芳子氏  ひとと動物のかかわり研究会副理事

ひとと動物のかかわり研究会HP  http://www.yourou.com/director.html             

かわさき犬・ねこ愛護ボランティアが市公認のボランティアとして発足してから、早、10年。

発足当時は数々のセミナーを開講してきましたが、ここ数年はセミナーの企画もなしでした(やることもなくなったという感じでしたね)

新しい会員も増え、また十年ひと昔といわれるように犬やネコ、そのほかの家庭動物を取り巻く環境も、当時からずいぶんと変化しました。

そこで、いろいろと惜しまれながらの休講でありました、セミナーを再開することになりました。

未来を担う子どもたちに身近な動物たちとのよりよい関係を、私たち大人という人間がどのように携わり、介在するべきか?を、今回はテーマに掲げました。

どうぞ、会員のみならず、一般の方々もご聴講できますが会場が狭いです。悪しからず。

平成22年10月16日(土)

場所 :川崎市高津区市民館 第5会議室(JR武蔵溝ノ口駅前 丸井 12階)

受付 :13:10~

開演 :13:30~16:00

*運営費維持のため寄付をお願いしています。

*定員50名 先着順 

会員以外のお問い合わせは当ブログのメール送信にて、お願いいたしますo(_ _)oペコッ

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2010年9月 8日 (水)

動物愛護フェアかわさき2010 taskの仲間で参加しま~す。

20100718_p7183242 日時 9月23日(祝)

 時間 午前10時~午後3時

 場所 川崎市麻生市民館 区役所広場

carでのご来場はご遠慮ください。

当日の催し

horseポニー乗馬

dog飼い犬しつけ教室

happy01盲導犬デモンストレーション

pig映画上映「豚がいた教室」(2008)

各団体パネル展、スタンプラリー、動物健康相談、飼い方相談などなど。

わたしたちはぁ~ 13:00~からのでばんよぉ。

この日のために猛暑もなんのそのでぇ がんばってないけど(イヤ、少しがんばったよねcoldsweats01

おひまならみにきてくださ~~~い NEsign01

ああ そうそう プログラムでは「犬のbell演奏」になってるけど そこがわたしたち

役所のオジサンがねぇ~ 去年とおんなじで載せたのね。

しょうがないから ゆるしてあげたわよ。

では マッテま~~す。 

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2010年9月 6日 (月)

ストレスがないから、遊ぶのね。

ちょっと体調が思わしくなく、ブログの更新ができずにいました。

口内炎はできるわ、おなかを壊してしばらく力が入らないようなだるさの日が続いたのは…連日、25℃でクーラーが回り続ける中での生活がーーーー_ノフ○ グッタリ

へちまこ家は、夏場、クーラーが休むことなく一日中稼働し、夜中も25℃。でないと、シェルズからの抗議があります。

そんな中なので、人は体調不良に否応なくなるもんですgawk

それに今へちまこ家、壮大な夢(へちまこ家にとって)の実現に向けて思わず( ̄ー ̄)ニヤリ。

ちょっと隣の県へ行く機会も多くなってきました。

来年、できれば、来年の今頃にはその夢が実現できてたら、いいなぁ~ってな具合です。

20100815_p8153349

リデルがマルメロにすわったのではありませんよ。マルメロがむりくりリデルの下に入ってきました~。ダックスの長~~い胴体を生かした遊びですかねhappy01

さて、マルメロがいなくなってからのリデルは、少し抜け殻な日々を送りました。

毎日毎日、寝ている以外は遊んでたふたり。

リデルは本当に同族が好きで、taskのF先生からも「犬の中の犬」とまで、言われる始末。

シェルズは人間がいれば満足した日々を送れるけど、リデルは同族を必要とする犬の中の犬。

たぶん犬のいない暮らし…人だけでの暮らしでは満足できないだろうとも…think

そういったリデルの個性を認めながらの毎日ですね。

さて、犬同士の遊び。

犬同士の遊びって、見ているだけで『あああ~ふ~~ん、そうなんだぁ~』と、思うことも数々。

それに犬同士の遊びって、派手なんですよ。

みている方も(人ね)、これって、本当にあそびなのぉ~と、焦るほどの迫力で慣れたない犬や人が見たら、まさに野獣かsweat02

でもね、その派手さが遊びだよと、お互いがお互いに伝えているんですね。

無駄な大きな動きもそうですし、ガルガルと唸る遊びの威嚇も、相手に良くわかるように派手にならします。

20100815_p8153350おおおっΣ(・ω・ノ)ノ!ざぶとんの端、穴があいておるっ、マルメロの仕業ですね(o^-^o)

ショップで展示されていた子犬の中には、同族との遊びを知らずに社会化期を過ごすことが多々ありますよね。

その子犬たちは一概には言えませんが、どこか一見大人しそうに見えて、飼い易そうにも見えます。

なにしろ店員さんはすぐに抱かせますし、広いところでその子の動きなど見せてくれませんから、大人しく抱かれる=飼い易(育て易そう)そうとなるのかもしれませんね。

ぶるぶる震えてるのも「小型犬特有です」、なんて言い出したり…。

こういった子犬たちの中には、子犬らしく遊ぶということができない子が多いのではと感じています。

早くから親から離され、輸送に耐え、ガラスケースに入れられ…。

犬はストレス(空腹、不安)がかかると遊ぶことをしなくなる、と、何年か前のジーン・ドナルドソンのセミナーで聞いたことがあります。

たとえ、そのショップで”子犬同士を遊ばせて社会化してます”と、いっても、子犬の個性はいろいろ…すべてに順応性があるわけではないでしょう。

わずか40~45日の子犬には、まだまだかばってもらう親は必要でしょう。

充分に兄弟とも遊んでないかもしれないし、同胎の兄弟がいなかったなんて小型犬ではある話ですしね。

20100813_p8133327『 さぁ、うまく噛みなさいね~』というリデル。マルメロが上手に噛んでいるときにはリデルはほめます。犬でも相手をほめるって知ってます?へちまこはアンジェラさんに初めて教えていただきました。

ジーンのセミナーでは、遊びは時間とエネルギーを要し、派手な振る舞いや声から捕食動物の目につきやすく危険を伴うものであるが、その代償を払うには、それだけの利益があるに違いないと話しています。

その利益のひとつが咬みつきの抑制といわれてます。

ダンバーは、犬のようによく社会化された肉食動物は、咬みつきの抑制を習得していることを指摘してます(ダンバーさんに限らず、いろいろな先生が話してますね)

20100813_p8133328 これなんか、もう完全にマルメロはリデルの口の中coldsweats01

でも、遊びなんですね~。

咬みつきの抑制ですね。

マルメロは実によく、セルフハンディキャッピングを使いました。

このセルフハンディキャッピングが多く出る子犬の方が、大人犬になってもそれが名残、相手との対立を回避できる確率が高いそうです。

犬が遊んでるのか、ケンカなのかがわからないという方が多いのですが、数多くの犬同士の遊びを観察して、いろいろと当てはめて解釈するべし、と、ジーンは言っていました。

そして、犬同士の遊びには、レスリング、追いかける、体当たり、歯をむき出す、頭と頭のレスリング、咬みつき、抑えつけるがあります。

遊びの動きは全体的に大げさで、行動が不完全で役割交替があって、表情は、やっぱり、楽しんでいるって、顔してますね。

リデルもマルメロもご飯のあとが一番よく遊んでました。

心身ともに健やかな時間だったんですかね~。

では。

20100818_p8183361 そうそう、マルメロはムート君になりました。

ドイツ語で“勇気”という意味だそうです。

すてきな命名、 o(_ _)oペコッです。

*子犬のクレジットの続き、もう少し待って下され~~sweat01

ものすごくほったらかしでしたぁ~sweat01

ブログ村から消えそうなのでポチっと、よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

最近のトラックバック

カテゴリー