Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« ある日のtaskのひとコマ。 | トップページ | お願いだから。 »

2010年10月29日 (金)

再開してます。

54513969_org_3 長い夏休みというか、ルナ組とのtask再開が先週ありました。

どの子も元気、それぞれの母も元気そうでしたし、そこかしこに犬と共に暮らすという自信が見え隠れしていて、久しぶりの再会でもみなさん和やかでしたね~。

えっと、みなさんのようすから、これからの課題をちょっと考えてみました。

それは、犬に失敗をさせまいとして、人の方が焦るような気がしました。

もちろん、成功に(正解または人の求める行動)近づけさせるためには、人が与えるヒントは必要ですが、犬に考えさせることはそのまま犬に集中力を養ってあげることができるんですよ。

速く答えをーーーと、焦ると、答えがもう少しで…アアアンっ、どうして?そこ肝心なのに焦るな人間ですからね~、みなさん。

54513991_org で、こちらはジェイドさん。

火曜日のグループにも参加していて、へちまこなどが教えることなんてないのですが参加してくださっています。

ありがとうございますm(_ _)m。

何かひとつでもジェイドとジェイド母のためになるものをお持ち帰りできていればいいのですが…

54513679_org ジェイドは母の指示を聞き取る精度が上達してきていますね~

鋭い表情をするジェイドですが、リデルよりは懐が広いですよ。

54514064_org 早くごほうびをあげたいという人的な気持ちはわかりますが、たとえば、犬が諦めてしまった場合…イラついてきてしまった場合、犬と人の気持ちは?

54513889_org アスパちゃん。なんだかチャンづけしないと、天罰が下りそうかもっ

環境への順応が高いかな?今では、堂々とtaskやダンスのトリックを披露してくれるようになりました。その自信が全体に表れているようですね~

54514497_org イケナイ、イケナイ話がずれました。

ごほうびをもらえずに『残念、悔しい』と、思うのは犬ですよね。人の方はあげれなくて『残念。かわいそう~食べさせてあげたい』と、思ってしまってませんか?

このあげれなくてかわいそうだから、失敗させたくないのは人?

犬の訓練本には、犬に失敗させるな、良い形で最後は終わらせるように(ほめて終わりにしないと犬が良い印象を持たないかららしいです)と書いてあったりしますが、そのためには、何度も何度もできるまでその指示を与えることになります(へちまこは強制訓練も経験してますからここんとこはよくわかってますよ)そう、できるまで…。

でもtaskの場合は、できないなら、犬が諦めてしまったら休憩を与えてからでいいから、再チャレンジを繰り返してみてくださいね。

犬たちが休憩している間に人は犬たちを導くヒントを考えておきます。そして、そのヒントをどこで使うか、どこまで提示するか、すべてを教えてしまうと犬は人からの答えばかりを待つようになってしまいますから、そこんところは気をつけてくださいね。

やらない諦めた…犬の自発的思考ですよね。でも、お目当てのごほうびもありません。

54514142_org 諦めたようでも、犬って、考えていて、次にチャレンジさせたときにその答えに近づいているかもしれませんよ。

犬だって、ものの見方を少し変えてみる…ってことできるんだなって、へちまこはtaskをリデルとしていて思うことしばしばですから。

その変化に気付けるとtaskの醍醐味がもっともっとわかってもらえるかもしれないので、へちまこ、そこんところがんばってみます

(  ̄^ ̄)ゞ

ちょっと、Break、犬語の関係。

54513836_org ルナちゃんのめっぱいのリデルを迎える笑顔ですね。

すこぉ~~し、しっぽに緊張が見られますが、脚にも口にも力は入ってませんね。とても自信があるようです。(、この自信は“自分はあんたより強い”ではなくて、このシグナらならリデルという相手なら大丈夫という自信ですよ)

リデルの方はどうでしょうか?うしろ姿だからぁ~わかんないっではなくてね、耳をよく見て。ルナの方に向いてますね。耳は倒れていません。ルナは?後ろに引き気味がわかりますか?耳を引く方が相手の実力を認めていることになるようですよ。54513736_org_2 接近して、リデルも耳を倒してますね。

ルナもリデルを認め、リデルもルナを認めています。

すべてこの世はこともなし…。

こういう犬語の交換は一瞬で終わってしまうことが多いけど、犬たちってわずかな時間で実に多くの言葉を話していると思いませんか~o(*^▽^*)o

空のAway

「54514836_org.gif」をダウンロード

条件が悪い中、空はそら母さんの指示の聞き取りができるようになりましたね。

空の視線がそら母さんから外れるところはどこかしらね。そこのポイントをつかんだら、チュチュでもいいし、“そうそう”でもいいから自分のほうに注意をひきつけてみて、それからスワレを入れる場合は、スワレができたら早く数を数えないでくださいね。数と数の間に一呼吸おいて、そら母さんがせっかちになりませんように。

足の長さがすてきな。ルナママさんとウィーブの上手なルナ

「54514803_org.gif」をダウンロード

リデルの新しいtask、リングを入れる。

「54514762_org.gif」をダウンロード

来年ように精度をあげていきますよ。

では、また次回に楽しみましょう。

ああああ、忘れてました。アスパさんに一言。

アスパさん、いつもいつもきれいな写真ありがとうございます。

かたじけないです。

« ある日のtaskのひとコマ。 | トップページ | お願いだから。 »

Runa&Aspa&Sora」カテゴリの記事

コメント

こんにちはー!
先日は久しぶりのtask楽しかったです!
ルナ家は自主トレをチョイとサボってた事がバレバレな感じが否めませんでしたけど、
勉強の秋、食欲の秋、ということで、また、まじめにtaskに取り組みたいと思っております

>人が与えるヒントは必要ですが、犬に考えさせることはそのまま犬に集中力を養ってあげることができる
>速く答えをーーーと、焦ると、答えがもう少しで…アアアンっ、どうして?そこ肝心なのに焦るな人間ですからね~、みなさん。

そうですね!どうしても、すぐに答えを出して欲しくて焦ってしまって、いつまでもオーバーヒントにしてしまいがちになります。
せっかく犬が考えているのだから、それを大事に待ってあげることが必要ですね!
時にはぱっと辞めることも大事なのですね!

>諦めたようでも、犬って、考えていて、次にチャレンジさせたときにその答えに近づいているかもしれませんよ。
>犬だって、ものの見方を少し変えてみる…ってことできるんだなって、へちまこはtaskをリデルとしていて思うことしばしばですから。

なるほど、私もタスクの奥深さを楽しみめるようになりたいなと思います。

実はへちまこさんに出会う前は、私は、ルナは飽きやすい子だと思っていたのです。
でもそんなことは無く、ルナは今考えているのだとへちまこさんに言っていただいて、驚きました。
へちまこさんに出会わなければ、せっかくの考える力を摘んでしまっていたと思います。

今のトレーニングを通して、ルナともども考えて行動に移すという事をしたり、
リーちゃんを始めとする大人な犬や年齢の違う仲間と時間を共にすることで、相当多くの事を学ばせて頂いている事に感謝しています!

記事にある、リーちゃんとルナの写真ですが、
実は私は、ルナは久し振りに会うリーちゃんに緊張気味なんだとそれだけを思っていたのです。
耳だけとか尻尾だけとか部分だけじゃなくて、口もそうだし、犬のシグナルって実に多様なのですね!
立ち位置とかもあるし、状況に応じて違うし、カーミングだけがシグナルではないということを、へちまこさんに教えていただいています!!!

いつもありがとうございます!

ルナママさんへ。

記事のアップすっかり遅くなりました~人( ̄ω ̄;) スマヌ

ルナちゃんやほかの子も、長い夏休みの割にはずいぶんと成長が見られましたから、一安心ですよ。

>実はへちまこさんに出会う前は、私は、ルナは飽きやすい子だと思っていたのです。
でもそんなことは無く、ルナは今考えているのだとへちまこさんに言っていただいて、驚きました

この記事ではないけれど、毛もので遊んだときの最初は思い切りガブッと噛んでいたけど、次に『優しくだよ~』というと、ルナは『ふ~~ん、そうなんだ』って、表情してるでしょ。人の表情をよく見る子なんだな、と、感心しましたし、やっぱりルナはちゃんと考えているみたいですよ

>実は私は、ルナは久し振りに会うリーちゃんに緊張気味なんだとそれだけを思っていたのです。
耳だけとか尻尾だけとか部分だけじゃなくて、口もそうだし、犬のシグナルって実に多様なのですね!

ルナママさん、ですね~。
よくわかりました。

最後の画像のルナとリデルのアイコンタクトの交換。
すばらしいと思いませんか?おたがいが自ら求めあってるんですよ!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再開してます。:

« ある日のtaskのひとコマ。 | トップページ | お願いだから。 »

最近のトラックバック

カテゴリー