Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« 来年度、アンジェラ・セミナーについて。 | トップページ | みんなぁ よくやった! »

2010年12月16日 (木)

電気ついた?

1_large_2一週間も前になってしまってゴメンナサイ

10日がルナチームの今年最後のtaskの日でした。

へちまこは所謂お師匠さんのようなものから、常々、『あんたは犬にものを教えるのがうまい』と、言われ続けてきました。

(ちょっと自慢げに話してしまうことをお許しくださいねヾ(´ε`*)ゝ)

それはチョークチェーンを使っていた時代から、良くほめられたもんです。

そのコツは、犬を扱う人の様子をよく観察することでその技を盗むことなんです。

それは陽性強化でもオペラント条件付けを使うやり方でも同じです。

だからね、どんどんへちまこの技を盗んでくださいね~。

どこで声をかけるか、どこでごほうび使うか、どこでその行動は違うよ、と、犬に悟らせるか…。

そして一番は、少しでも犬が人の望む行動や体勢に近づく動作の予兆が(たとえ一歩でも半歩でも)あるときに、犬に答えは『もうすぐだ』と教える何かしらのフィードバックを犬に返していきます。

18_large

taskも食べ物を報酬に使うわけですが、正解に近づく間、または、人にアテンションをとり続けてほしい間は、犬にその行動が『正しいんだよ』と、伝え続けないと犬のテンションも気味になります。

上の画像は、へちまこがあずきちゃんにスラロームを教えているところ。

頭上がってますね~。

次はどう?

いまはこれでいい?

と、あずきちゃんの言葉が聞こえてくるようでしょ

19_large_2

こちらは、本物飼い主さん。

できてきてはいるんですが、あずきちゃん、ちおょっと

リードも短く持ちすぎかな~?

あずきちゃんは、ほめられるだけでうれしいし人を喜ばせたいと思っているような。

感情表現も豊かですね~。

そういう子には勤めて明るく弾むように、それでいて穏やかに声を出しながら(そうそうだとか、いい子だとかあるでしょ)導くようにするとノリノリ~

毎回ごほうびの子は、毎回ごほうびをもらえないと『ええっ、なんだか違うのかなぁ』というような表情があったりします。(毎回の子はひとつできてごほうびという形が習慣化しすぎていて人の指示なしでは動けなくなったり、ごほうびが出ないと不安になるのか?自信を持って応えられないような…たとえ間違っても自信がある間違い方、自信を持っての修正が可能のような気がしますよ)

毎回のごほうびから少しずつだけど、確実に減らしていくように計画していきますよ。

成功の回数が上がってきたら、毎回のごほうびより、ランダムに与える方が効率が上がるそうですよ。

あとは、ボーナスポイントを忘れずにかな~。

10_large でね、カイくんはとても真面目な子のような。

笑いをとるという道化モンではなくて、真面目に仕事をこなしたいというタイプでしょうかね?(でもね、その真面目さに(´,_ゝ`)プッってなりますけど)

の点き方も早い!

飼い主さんをカバーできる子のような。

つまりね、飼い主さんが少し間違いを起こしても予測可能な範囲なら自分で修正しちゃうようなところがあるような。

14_large さあ、ぼくに命令したまえ。

君の望みを叶えて進ぜよう。

12_large こんなことお茶の子サイサイ~(いやだぁ死語ですね~

1taskと1taskの間を(この場合、ハードル跳ぶ、リングに入ってスワル)食べ物なしでガンバル!

ガンバルのは人の方ですよ。

もう出来上がっているtaskをこなすたびに食べ物ではなくて、次のtaskもこなしたらごほうび。

犬の方が『いやだぁ~、いまよこせ、それよこせ、やれ出せ』と、目で訴えても、ここは人のこらえどころですからね~。

あげられなくてかわいそう~、食べ物やらないとやらないのでは?だからやろうかな~ではなくて、できることであったら、少し待ってみて犬が自発的に取り組むのを待つか、視線やハンドサインでヒントを与えて見てみくださいね。

16_large 人のとの暮らしの中ででいろいろと人と犬との間に不適切なことが起こるかもしれませんが、、そういう子は一生涯食べ物による脱感作や拮抗条件付けなどが必要になるかも知れません。

taskのような犬との共同作業的なコミュニケーションツールは、良い意味での食べ物の使い方や、与えないで人が好ましいと思う行動に集中させることができるようになるのではと思います。

飼い主さんが気がつかないうちに集中力がついてきているんですよ。

6_large_2 空ちゃんのアップのチャレンジ。

前脚、すこ~し、かすかに上がってきてますね。

歩みが遅くても、空ちゃん進化中。

空ちゃんだって、連続でできることがたくさん増えてきたと思うのですが。

いかがですか?そら母さん。お気づきかな?

8_large 一見無意味なことを教えているんじゃない、人との暮らしの何に役立つの?という見方は隅において、純粋に『人といっしょに何かすることはもしかしたらじゃない』と、犬たちが思ってくれるようになると最高ですよね。

アスパちゃんのスタンドアップ。

初めはぐらつきますが、そこはすこぉ~し手を添えてあげると、自分でバランスをとれるようになっていきます。リードの扱い、引っ張り上げてないでしょう。

犬の動きに合わせて補助します。

7_large 脚の力が強い子はなかなか難しんですが、自分でバランス~、上手ですね。

2_large こちらはルナちゃん。

ルナちゃん、バランスとるのうまいね~。

ほとんど補助なしでアップしてくれました。

3_large_3 ほぼ完璧に出来上がってきました。

こんなこと何になるかって?

まぁ、ルナちゃんはかわいい系だから、これをしなくてもかわいいと言ってくださる人は多いでしょうが、もし、これが強面系のワンコなら、どうかしら?

なんだか微笑ましいでしょう?

えっ。人のエゴだって…そうかぁ、そうとる人はいるよね。

でもね、今年はルナちゃんチームと出会えて実りある日々が多かった。

それはね、やはりね、人は犬に何かを伝えたいと思っているんだなと、ルナちゃんチームを観ていて思ったから。

犬たちの言葉を知るのは、とても大切だけど、犬たちにも人の想いってものをわかってほしいですよね。

そのきっかけが何であれ、今年はルナちゃんチームから多くのことを学ばせていただきました。

自分で忘れかけてたこともあって、再びその引き出しを開けることも多々ありました。

それは、ルナちゃんチームのおかげです。

心から出会えたことに感謝しています。

ありがとうございました。

どうぞ、事故や怪我や病気などに遭いませんように新年をお迎えくださいね。

« 来年度、アンジェラ・セミナーについて。 | トップページ | みんなぁ よくやった! »

Runa&Aspa&Sora」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電気ついた?:

« 来年度、アンジェラ・セミナーについて。 | トップページ | みんなぁ よくやった! »

最近のトラックバック

カテゴリー