無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« Liddell The Teaching dog 119 扉は開く、幾度でも オーパスの越えた壁。 | トップページ | Canine Communication Play is Instinctive 2 »

2011年1月22日 (土)

Canine Communication Play is Instinctive 1

1_original さて、一見、ラブのかわい子ちゃんがヤンキーなハーディング族?に脅迫を受けているようなこの画像…いけにえの羊はラブのルナちゃんのようにも見えますが。

この4頭の関係を幾枚かの画像とともにその場をコントロールするという、Teaching dogの少々重要な役割を担う(α、β、ω)の働きをご説明しようかな、と、今回は記事にしました。

この4頭の群れを動かす、キーマンはリデルです(でも、αじゃないんです)

βで入るのがオーパス、または、リデルになります。ジェイドはαにもなります。

オーパスは、いい具合でωにもなります。

それぞれの犬のボディシグナルに注意してみてるとわかります。

えっルナちゃん!ルナちゃんは、この日は、本犬の好む好まざるに関係なく、この群れに組み込まれてしまったわけで、Teachingされてしまいました。

でもね、けっして、嫌がっているわけじゃなく、この3頭からは、ルナちゃんはいろんなことを学びます。

理想的な、Communication Classです。

いい機能してますので、この世界が好きな方はご堪能ください。

へちまこは、大好きです。4_original ルナちゃんは、若いんですね。この4頭の中では一番若い。だからリデルはルナちゃんを遊びに誘います。ルナちゃんは、もちろん遊びの誘いに乗ります。

遊びというより、犬たちのチームワークをハンティングゲームでもって調和することを教えていくんですね。本当のハンティングはできませんが、ゲームをとおして犬同士のコミュニケーションを学ぶんですね。

犬同士のハンティングゲームは生きるために必要なことで、このゲームの中から自制を学び、興奮を抑えることを学ぶそうです。

93_original βは群れを動かすことに長けています。中央のリデルは疑似餌のボールをくわえていますね。ルナちゃんにこれを追わせます。

102_original_3 βを見分けるひとつとして、必ず何かをくわえて相手をコントロールすることが多いと思います。ルナちゃんはボールを見ていますが、リデルの視線はルナちゃんの動きを見ていますね。ルナちゃんはリデルのくわえているボールが(目先のもの)欲しくて追いかけはじめます。

で、欲しいという強い思いが、ルナちゃんを興奮させてしまいます。狩りが成功するには群れ全体が冷静に動かないと成功率は下がります。ヒートアップしてくると、ラフな動きが多くなりだします。

85_original ルナちゃん、興奮し始めてきたかな?

走る&獲物を追う…興奮の要素たくさん。

ルナちゃん、力任せになってきました。

このゲームは犬の本能にものすごく働きかけてしまいますが、それと同時にその力任せになってしまいがちな興奮を抑えることを学ぶそうですよ。

さて、なぜでしょうかね。

86_original ジェイドが来ました。

ジェイドは、ずっーーーとこの二頭の動きを監視してました。

さて、ジェイドは何のためにきたのか?この状況、どちらを止めると思いますか?

87_original オーパスも来ました。

オーパス、近ごろ動きがいいです。相手の動きをよく見て役割を探しているようです。

ジェイドの視線はどちらを見てる?

ジェイドは、どちらが群れの調和を乱しているか、監視役です(この日のαですね)興奮は群れの調和を乱しますよね?

99_original_2 ジェイドの介入と切り離しです。

ルナちゃんがかわいそう?う~~ん、どうでしょうねぇ。これは犬同士の関係です。

ルナちゃんの表情をよく見てください。『しまったぁ~』と、いう顔してませんか?

96_original この場面でもルナちゃんの興奮度合いで必ずジェイドが入ります。

リデル(β)をアシストしてます。

αは、しゃしゃり出ないんですよ。だから、本当のαは目立たないけど、その動きですぐにわかります。

長くなりそうなんで、今日はここまででm(_ _)m 

いい画像がたくさんありますが、このシリーズ、続けてほしい人paperあげてくださ~い。

(画像提供、アスパさんです。いつもありがとうございます)

« Liddell The Teaching dog 119 扉は開く、幾度でも オーパスの越えた壁。 | トップページ | Canine Communication Play is Instinctive 2 »

Play is Instinctive」カテゴリの記事

コメント

paperはい!
もちろん、続きますよね!?
お願いです〜絶対続きを書いて下さいheart02

paperはーい。

先日はありがとうございました。
あの日の私たちは、私の中では、理想的な人と犬の関係でした。
そういう時間を共有できる友人・友犬がいることって、なんて素敵なんでしょうね。

は~い♪ぜひ続きをお願い致します。
先日はありがとうございました。
全くの素人で、恥ずかしい質問ばかりでしたが、
とっても贅沢な時間を共有させて頂いたことを
とても感謝しています。

こうやって画像と共に、解説して頂くと私にも
とても分かりやすいです。
実際の現場では、あっという間の出来事ですから。

続きも楽しみです♪

へちまこさんこんにちは!
先日はありがとうございました!
このような理想的なメンバーの揃う場所が、いったい何処に行けばあるというのでしょう?
また、もし仮にあったとしても、私のようなまだ犬をみる目が未熟な者にとっては、犬達の会話や役割などを見逃し、異なった解釈をしているかもしれません。
このような恵まれた環境にいられる事に心から感謝いたします。
ルナにとっても私にとっても大変勉強になった一日でした!
この時間を共に過ごしました犬達(小さい犬さん達ももちろん含め)と、飼い主さんたち、ありがとうございました!
アスパママさん!圧巻の写真の数々ありがとうございました!

へちまこさん


飼い主歴の短い私には、多々難しいと思う内容ではありますが…私も続きを読みたいで〜すhappy01papersign05


なので…
『はぁ〜い\(^o^)/』ですpapersweat01


楽しみにしています(*^-')

(^o^)/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/50649394

この記事へのトラックバック一覧です: Canine Communication Play is Instinctive 1:

« Liddell The Teaching dog 119 扉は開く、幾度でも オーパスの越えた壁。 | トップページ | Canine Communication Play is Instinctive 2 »

最近のトラックバック

カテゴリー