無料ブログはココログ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« ハーネスとロングライントレーニングのお知らせとお詫び。 | トップページ | どやッ顔の愛しのワンダーランド »

2011年3月21日 (月)

もう一つの理由。

56621781_org BUN130…これがなんだかわかる方は、眉をひそめるだろう…。

3月5日、ワンダーは、急性の尿毒症のため緊急入院した。

その日も朝ごはんもモリモリ食べて、ご機嫌よく活力に満ちていたのに。

その日の午後4時にはここ数日が峠で越えられないとワンダーはこの世界からいなくなってしまうと、獣医先生から説明を受けた。

猛烈な吐き気と下痢…毒素をうまく排出できなくなったワンダーの腎臓は、わずか一割程度でしか働いていなかった。

美しいワンダーのコートは、みるみる汚れ、目はうつろになり、せまい治療用ケージの中を苦しみから逃れるかのように動き続けていた。56621836_org

ワンダーは、東北大震災の遭った日に退院してきた。

わずかな生へ、必死にしがみついてくれたワンダーだけど、最期の日をやすららかに穏やかに迎えられる場所が、自分が生まれ育った家で有ってほしいと、みんなが望んだからだ。

もう、張り裂けそうな生への固執はワンダーには望めない。

人間でいえば、人工透析をしなければ命の存続は望めない容体だ。

入院して点滴に縛られて、限りある日々を病院で送るか、自宅で介護し、皮下補液に通い、痛みや苦しみを緩和しながら、ターミナルを迎えるかの、選択を迫られたが、迷わず自宅を選んだ。

犬の透析はどこかの大学病院でも行われているそうだが、へちまこはそれは望まない。

手を尽くすことで、犬への苦しみが緩和されるとは思わないからだ。

皮下補液ぐらいでは、尿毒症(腎疾患末期)は治らない。

食べ物も付けつけない、水分さえもワンダーを苦しめる…。

それでも、ワンダーが食べやすくて、吐き気を催さない食べ物を探して、ワンダーの口へ入れる日々…すべての時間はワンダーと共に流れる毎日。

一度でいいから、もう一度でいいから、ご機嫌なワンダーの顔を観たいから。

69549473_org 愛しいワンダーランドは、本当に星の王子になろうとしている。

その日が、明日なのか、もっともっとずぅーと先なのか?(そんなことはないけど)

それこそ、神のみぞ知ることに他ならない…。

56621766_org

ワンダーのことを案じてくださる皆さん。

心から感謝いたしております。

現在の日本の状況は、犬のひとつに命になどにかまってられない状況で、記事アップもはばかれました。

そして、このことがいろいろなことの中止や延期になった、もうひとつ理由です。

教室の開催の迫る中、中止の決定に快く同意しくださった、Staffや生徒さんたち、ありがとうございます。

ハーネスの講習会中止にも承諾してくださり、感謝いたしております。

きっと、みなさんが遠くでワンダーのために祈ってくださっている、へちまこはそう思っています。

そして、ワンダーは、限りある命を、まだ生きようとしています…。

この続きをかける自信は今のところ、へちまこにはないのです。

しばらく、ワンダーのブログをお休みさせてくださいね。

« ハーネスとロングライントレーニングのお知らせとお詫び。 | トップページ | どやッ顔の愛しのワンダーランド »

愛しのワンダーランド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/51180755

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つの理由。:

« ハーネスとロングライントレーニングのお知らせとお詫び。 | トップページ | どやッ顔の愛しのワンダーランド »

最近のトラックバック

カテゴリー