Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« もう一つの理由。 | トップページ | 食べ物ではない、報酬を考える…再び。 »

2011年4月 1日 (金)

どやッ顔の愛しのワンダーランド

69548813_org 悲しいことを 明るい季節に 迎えるのと

悲しいことを 暗い季節に 迎えるのと

どちらがいいのだろうかと 悲しことがあるたび思うの。

それでね…わたしは わたしはね… 

わたしは 明るい色の空を 見上げられる 季節がいい…

だから ワンダーがこの世界からいなくなった日が とても明るい季節を迎える

予兆すら感じて 思わず青い青い空を見上げて微笑んでしまった。

それは 彼のいてくれた時間が悲しみよりも喜びや楽しさがまさっていたからだと思う。

20090122_p1221519

犬って 人より早くあちらの世界へ逝ってしまうじゃない。

分かりきっていることなのに どうしたもんだか とても悲しい思いをするの。

それはね その悲しい思いは 人の子どものような存在で 人の子どもは親より早く

あちらの世界へ行くことは稀で 親を送る立場が子どもだから…

どうしても どうしても 犬は 先にあちらへ逝ってしまう

それが ただ悲しいだけ ただそれだけなの。20090816_p8162290  ワンダーは 賢くて プライドが高くて なんにでも自信たっぷりでトライしてくれた。

そして 必ず どやっ!

やったでっ!

そんなワンダーの どやッ顔がもうリアルで見られないのが悲しいだけ。。。

20091016_pa162497_2   最期の日の前の日 気分がいいのか ボールで遊ぼう と 誘いに来た。

ふらつく足取りだったけど たった たった 50cmほどのキャッチボールだけど

ちゃんと 口で 受けてくれた。

そして どやっ!

うん すごいね! 王子だね!

おうっ どやっ! もう一回投げて進ぜよ!

ワンダーのどやッ顔 彼からの 最期の贈りものだったのかもしれない…

いつか 会えると思っている

今まで出会った犬たちに いつか再会できる日が必ずあると わたしは思っているの。

それが この世界ではないだけ。

そして それが まだだということだけ。

今は その日を 楽しみに生きたい。20110331_p3313675 みなさん ワンダーへ たくさんのお花をありがとうございました。

少し メソメソしてますが へちまこは割と元気にしていますよ。

« もう一つの理由。 | トップページ | 食べ物ではない、報酬を考える…再び。 »

愛しのワンダーランド」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どやッ顔の愛しのワンダーランド:

« もう一つの理由。 | トップページ | 食べ物ではない、報酬を考える…再び。 »

最近のトラックバック

カテゴリー