Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« 子犬、ネコに会う。 | トップページ | 犬語のパズルは失敗を繰り返す。 »

2011年6月15日 (水)

アリスのディケア

20110526_p5263798_2 アリスは、この夏で14になります。

耳はすっかり遠く、へちまこや家族の帰宅に気付かないで寝入ってしまう。

それでも、良く食べてくれるのが救いで、今まで内臓関係で長く患うこともなく、いたって健全なシェルティでした。

でも、よる年波には勝てず、数年前から不整脈が現れてしまい、薬が必要になってしまいました。

20110526_p5263793 アリス、きれいでしょ。

とても14のおばあさんには見えません。

その昔、ショーというものにも関わっていました。

昨年末、へちまこがアリスのシャンプーをしていたら、途中で具合が悪くなってしまいました

そのことをアリスたちの獣医先生に話すと、『もう次は、こちらで様子を観ながら酸素室を行き来しながら洗うから、自宅では洗わないで』と、言われてしまいました。(ここまでやってくれる獣医さんって、あまりいないと思いますよ)

そう、アリスの心臓は、へちまこが思ってたほど、良い状態ではなかったようで、近ごろは、一日おきで獣医先生の酸素室へ通所しています。

午前10時から午後6時まで先生の所の酸素室で過ごし、働きの悪くなった心臓を休ませてあげます。

我家では、それをアリスのディケアと言ってでいるのです。

20110526_p5263794

そうすると、次の一日は少し楽になるようで不整脈の発作の回数もぐんと減ります。

最初は、不服を訴えて、酸素を送るチューブを噛みちぎったり、酸素の量を調節する機械を壊したりで…病院スタッフに『アリスちゃんって、見かけによらず頑固なところあるのね~』と…(スミマセン器物損壊しまして

先生は、酸素テント、家に設置するかい?と、言ってくださいましたが、自由気ままに暮らすアリスには少し窮屈な暮らしになるようで、大好きな自宅では今後も思う存分わがままな生活を送ってほしいので、お断りしました(あとね、たばこを吸う人がいると管理が難しいのよね)

20110526_p5263799  どう、14には見えないでしょ(あっまた言っちゃった

いいのいいの、へちまこ、一日おきぐらいならアリスのディケアにお付き合いしますよ。

アリスのお帰りの際には、トリマーさんたちがブラッシングまでしてくださり、毎日ピカピカでいい匂いのする、アリスです。

だから、どうぞどうぞ、一日でも長く生きていておくれね、アリス。

« 子犬、ネコに会う。 | トップページ | 犬語のパズルは失敗を繰り返す。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アリス…きれいですね~艶々
顔もキリッとして…14才には見えませんね
ウチの15才のお爺ちゃんも耳は殆ど聞こえていないみたいです。
多頭飼いをしているので、起きている時は周りの犬の動きや様子で色々なことを察知したり感じたりしているみたいで、耳が聞こえないとは思えないような動きですが、寝てしまうとね…やはり私の帰宅にも気付かないし、他の犬が吠えても気付かない…『あ…やっぱり聞こえてないんだな…』って実感しちゃうんですよね。
何となく寂しくなるけど、愛しくもなりますね

マリリンさんへ。

お久しぶりですよね~。

私のアリス、きれいでしょ。
この子が来てしまってから、ショードッグへの偏見はなくなりました。
きれい賢い、温和と三拍子そろったアリスです(言い過ぎ~を、許してちょ)

ねっ、子犬が来ると早く大人犬になってほしいんだけれど、犬がだんだんと年をとって10才の声を聞くころには、年をとってほしくなくて、お誕生日が来ると『もう、10さいになっちゃった~』って、少し寂しくなりますよね。

マリリンさんとこの、一才先輩のお爺ちゃん犬も、どうぞどうぞ、一日でも長く、そして楽しい日々を送ってくださいね。

言い過ぎちゃって下さい
さすがショードッグ…と思っちゃうくらい…14才とは思えない背中のラインが綺麗なアリス…ですね
そして へちまこさんの愛溢れるケアが その子の持ってるもの以上のものを引き出せているな…と画像からも感じます

子犬の弾けるパワーは、ついつい『早く大人になって欲しい』と思ってしまいますね…でも10年なんて直ぐに経ってしまって寂しくなる…

愛犬との別れは辛いけど、きっと そんな思いを繰り返しながら一生犬と共に暮らしていくんじゃないかな…って思ってしまいます。
この世に生まれた命を1頭でも多く『この家の子で良かった』と思ってもらえるような飼い主でありたいと思ってしまいます
梅雨が開けたら、ムートと一緒に遊びに行っても良いですか?又へちまこさんに会いたいです

マリリンさんへ。

お返事遅くて、人( ̄ω ̄;) スマヌです。

アリスは今でも、おやつ等をもらうとき、ショースティポーズを取ります。後足に引き気味にし、ネックラインを伸ばし、前脚を踏ん張り…それを観るにつけ、へちまこは生まれながら(教えなくてもショースティする犬がいるんですね!)のショードッグで、それをブリーディングするブリさんってすごいなっ!と思えるんです。

>この世に生まれた命を1頭でも多く『この家の子で良かった』と思ってもらえるような飼い主でありたいと思ってしまいます
梅雨が開けたら、ムートと一緒に遊びに行っても良いですか?又へちまこさんに会いたいです

死と言う形でのお別れは辛いけど、それ以上のことを残してくれますよね。

どうぞ、是非遊びに来てくださいませ
チェシアは喜び、リデルは…しないように言い聞かせておきますね

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アリスのディケア:

« 子犬、ネコに会う。 | トップページ | 犬語のパズルは失敗を繰り返す。 »

最近のトラックバック

カテゴリー