無料ブログはココログ
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« Liddell The Teaching Dog 127 チラ見の極意。 | トップページ | 「戻っておいでランディ」のその後。 »

2011年7月 5日 (火)

ブタさんとカニさん(これも異種交流)

20110701173323広場にpigさんがお散歩してました。

ミニpigのモモちゃん。

2才です。20110701173421犬のみなさんも、pigさん、気になります。

お尻の匂いも嗅ぐのも犬風happy01

反応は様々ですが、豚さんって、飼い主をきちんと認知してちゃんとFollowingするんですね~happy01

20110701173347リデルも、近づいてはみますが、少し遠巻きに…。

カーミングシグナル出しながら、近づいてみたりしてました。

豚のモモちゃん、犬に取り囲まれても動じずpig

一頭のダックスがけたたましくももちゃんに吠えかかるのを、へちまこ止めました。

ももちゃん、少し怯えてピギーと声をあげたからです。

犬族を嫌いにならなけりゃいいんだけれど。。。think

20110701173453
食べ物とは思ってもいないようですねcoldsweats01

むやみに他の生き物を追わせないでいて、本当に良かったと思えるときですね。

チェシアに至っては、ももちゃんに遊ぼうとお誘いをかけてました( ´艸`)プププ

pigさんって、本当にpig毛で、ごわごわでした。

うさぎさんのペレットフードを主食にしているそうです。

どうしてpigさんを飼ったのかと、ももちゃんの飼い主さんにおたずねすると、静かで吠えないし、犬のようにあちこちにいったりしないから、と、お返事が…coldsweats01

犬ほどに周囲に気を取られなくて、しつけし易いそうですよ。

20110630184443またある日は、カニさんと出会う。

いかに傷つけさせないかが、課題。

手で押さえる、口にくわえる、なんてことはさせません。

ちょいちょい、という感じならOk。匂い嗅ぎも許しますがぁ…

バシッは、ng

『あ゛あ゛sign01』と、いう犬語で警告します。

この『あ゛』は、口をアに開けません。口をとじぎみにして、喉の奥で込めるような発声で出します。そうすると、犬語の通ずる犬であれば、“今起こしている行動への警告である”と、理解してくれます。

優しく扱えていたなら、『Good Good~Gently~heart01』と、ほめてあげましょう。

ここでは、食べ物ではなくて、この小さな生き物と触れあえることをごほうびとします。

このカニという生き物への好奇心を満たしてあげることが、ごほうびですね。

食べさせたり、殺させたりしないで、小さな生き物は優しく扱うということを学習させてくださいね。小さな生き物を優しく扱うということは、人間社会への社会化だと、へちまこは思っとります。

20110630184356_3へへっ( ̄ー ̄)ニヤリ

このカニさん、どこぞにおるかわかりますか?

20110630184627_4
こおぉ~~な、ところでした。

リデル、しばらく気づかず。。。( ´艸`)プププ

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« Liddell The Teaching Dog 127 チラ見の極意。 | トップページ | 「戻っておいでランディ」のその後。 »

子犬、育ててます。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/52111860

この記事へのトラックバック一覧です: ブタさんとカニさん(これも異種交流):

« Liddell The Teaching Dog 127 チラ見の極意。 | トップページ | 「戻っておいでランディ」のその後。 »

最近のトラックバック

カテゴリー