無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« かわいい子には旅をさせろは本当なのね。 | トップページ | しばらく田舎家で暮らしています。 »

2011年8月12日 (金)

Liddell The Teaching Dog 129 ネゴシエーションスキル

20110809_p8093871_2
これ、何しているか分かりますか。

写りが悪くて(*_ _)人ゴメンナサイ ですけど。

リデルがチェシアに甘えてる?

チェシアがリデルに甘えてる?

これはね、チェッコが今、リデルに交渉(ネゴシエーションね)しているところです。

チェッコの望むもの…それはリデルの口の中にあるカミカミトーイなんですね。

映画のネゴシエーター観ましたかしら?

米国なら、エディ・マーフィー?ウィル・スミス?だったかしら(間違ってたらゴメン)日本なら米倉涼子さんが交渉人の役をしてましたね。

言葉のかけひきと、犯人と穏やかに交渉し、最後には犯人逮捕にごきつけるという筋書き…実に人間らしい言葉と心理とのたたき合いが見事ですよね。

ただし最後は『談判はじけて暴力のお出まし』という、見所がありますけど…(ネゴシエーションが成功してドンパチのないすがすがしい結末望むけど、あ、マスターキートンのお話の中にキートンさんの交渉術、おもしろいですよ~談判はじけません。おススメ~good

で、その交渉術、実は、犬もさまざまに使い分けているわけです。

上の画像のチェシアはωな犬ですから、その術も穏やかですが、けっしてあきらめないというあきらめのなさが(何のこっちゃ)この子の押しの強さを物語っています。

押しの強い犬全てが力でもって相手と会話するわけでがなくて、チェシアのように別の意味で自分の犬語に自信がある犬のシグナルは、あくまでも穏やかにそして静かに自分の意思を通そうとします。

「ねheart01お願い、それってわたしのだったのよ。ねheart04返して下さらないかしら~ねぇお姉さま」という感じで、耳を舐めているわけです。

あ、なだめているのかもしれませんが…。

犬の口周り半径15cmは、その犬のサンクチュアリで手出し口出しはご法度ですが、犬も犬語を駆使し、談判はじけない、ネゴシエーションをするんですね。

でね、お願いされる身としちゃ、悪い感じはないわけでだんだんと『ダメ、ダメ、ダメって言ってんでしょpunch

が、揺らいでくるわけだ。

これは、Teaching dogの中でも、ωDogが攻撃的とされる犬に使う社会性の高い交渉術でもあるのです。

お気に入りのものを相手の口から奪うための交渉術は、へちまこ人間たちが観察していてもとても勉強になります。

耳を舐め、囁き、鼻で軽くつつき、前脚で軽く相手を叩き、這いつくばり、にじり寄り、上目使いで小首を傾げたり…ね、これって、人間に対してもおねだりの時に犬たちがよく使う犬語ですよね。

20110809_p8093873
これなど、銀座の一流ホステスさん並みだと思うのですよhappy01

この前脚の添えっぷり、ほだされちゃうかも~、という感じがしませんか。

『ね、そんなこと言わずにいいじっゃない。じゃ、こうしない、走りっこかぁ~こちらのおもちゃで遊ぶとか?ああ、カン違いしないでわたしは無理やり取ろうとしてんじゃないのよ~』と、実に粘り強い。

あくまでも、交渉中sign01

で、相手の口の中にある物の端っこを少しでもくわえることに成功すれば、あと相手が離すのを待つだけになります。

ほんの少しずつ、口で責め寄るようにくわえなおしながら(相手の口の動きをよく観ていて相手が噛み直す瞬間をとらえているようです)侵略します。

で、リデルは、気に食わんと唸るわけだけど、けっして本気で唸って退けようとは考えていないのは、この交渉が、ごっこ(つまり遊びね)であるとわかっているからなんです。

そう、リデルも楽しんでいるわけです。

本気で相手を拒絶するなら、パーソナルディスタンスまでは入れずに、ソーシャルで睨みを利かせればいいわけですから。

20110809_p8093870
で、チェシアのネゴシエーションが成功して、おもちゃの権利がチェシアに移ったところ。

さて、写りが悪いのですが、リデルの交渉がすでに始まっている一枚です。

よぉーくeye観てね。

チェッコが黒すぎて、チェッコの目の位置が曖昧ですが、実は、リデルのシグナルを見ています。

えっsign01どこって、はいはい、良く観てみることが犬語の一歩。

では。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

ポチッとよろしく!

« かわいい子には旅をさせろは本当なのね。 | トップページ | しばらく田舎家で暮らしています。 »

」カテゴリの記事

コメント

う~む。 単なる「要求」ではなく、交渉は面白いですね。 同じ駆け引きでも遊びと本気では質が異なる訳ですが、緊迫感のある駆け引きの場合は「交渉」というより、どちらが引くかみたいなせめぎ合いですが、遊びの場合は一方の要求を通すべく、相手をコントロールしあう思惑的なやり取りは面白いですね。

にゃはは。( ^ω^ )  リデルの恨めしそうな表情がなんとも。(笑)
普段は礼節に厳しそうなリデルも、その遊び心はまさに犬なのだなぁと思います。 

主さんへ。

コメントありがとうございます。

田舎にいて、初めてケータイでの投稿にちょっとσ(^_^;)?になりました。


犬同士って、本当に面白いですよね。
それも人間が介入したり調整しない犬たちだけの会話happy01
安定してる多頭でないと観察できないのですが…へちまこは多頭をお勧めするつもりはありません。先日も多頭飼いの犬関係がうまくいかない、というご相談があったのですが、月齢が近すぎて毎日が順位争いのようです。子犬同士だからうまくいくと思ったそうですが…。
あら、いけない勝手なこと話しちゃいましたcoldsweats01

大きなシグナルは目に付きやすくて人間もわかるようになってくるけど、こうした小さなシグナルのやりとりの観察って、楽しそうね〜で、終わってしまうのはもったいないsweat01主さんのように細部から全体へ、と、及ぶことをみれるようになると楽しさ倍増ですね〜。

リデルsign01
実は、よぉーく観ると、チョビベロなんですよ。何のためのチョビベロなんって思っているんですが、チェシアの視線はそのチョビベロ観てるんですね〜(笑)
犬語のやりとりオモシロすぎですo(^o^)o

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/52439392

この記事へのトラックバック一覧です: Liddell The Teaching Dog 129 ネゴシエーションスキル:

« かわいい子には旅をさせろは本当なのね。 | トップページ | しばらく田舎家で暮らしています。 »

最近のトラックバック

カテゴリー