Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« しばらく田舎家で暮らしています。 | トップページ | 10年後…のために。 »

2011年8月25日 (木)

これはもしかしなくても…

Liddell The Dog ご購読のみなさん。

しばらく自宅を開けている間に無記名の郵送で下記の文章が届いておりました。

こちらが①の案内文。

20110825_p8253888
『動物取扱業適正化について(案)に関するパブリックコメント』は、みなさんもご意見を環境省にお送りしていただいていると思いますが、この時点でこの紙媒体が無記名でここへ届いた意味を考えていただきたい、と思い修正なしで載せることにしました。

この協力要請は、業者側の組合員へ向けてもので、連合会全体で3万件を目標しています。

何の協力要請かというと中央ケネル事業協同組合連合会がパブリックコメントに意見例を参考に記載しろと示唆しているわけです。

これが②の『意見提出例』

20110825_p8253890


①の案内文を部分的に拡大します。

20110825_p8253888_2
①の案内文と②の意見の提出例は送付するなと、連合会は指示しています。

20110825_p8253891

「意見提出例」を参考に、「提出用紙」に記入してくださいとなっています。

②の意見例を記載します。

3頁(5) 犬猫幼齢動物を親頭から引き離す日齢について

・現在、ペットオークションでは40日齢で自主規制しているが特段の問題はない。

 45日齢でよい。

・40日齢の自主規制でも死亡率は2%前後。45日齢であればまったく問題ない。

・現在、販売の現場では、成犬になってから犬同士がなじまないなど社会化に関する苦情 はない。45日齢まで親元におけば十分である。

・8週齢まで親元に置くことで、人見知りする子犬になってしまう。人間との社会化はマイナスとなる。45日齢で社会化は問題ない。

・8週齢まで親元にいると、親犬も歯が生えてきた子犬を嫌がるようになる。母犬のストレスになるだけでなく、子犬を過剰に攻撃することもある。45日齢で社会化は問題ない。

4頁(6) 犬猫の繁殖制限措置について

・品種の違いによっても適切な繁殖の時期や頻度が異なり、一律規制は困難。業界の自主規制に任せるべきだ。

・生後1年に出産した後、数年間も出産しないことが多々ある。数値規制には無理がある。

4頁(7) 飼養施設の適正化について

・動物種や品種により、身体の大きさや習性が大きく異なる。ケージのサイズに関し、一律の数値基準を決めるのは困難だ。

・単純に広ければよいわけではない。運動した後にケージやキャリーに入れることはシツケとしても重要なことだ。

5頁(8)の②両生類・魚類販売業について

・国民感情を考慮すると、両生類・魚類販売業者は動物取扱業に含めるべきではない。

・生物多様性の観点から両生類・魚類販売業者を動物取扱業に組み入れようとの意見もあるが、動物愛護管理法でなく外来生物法で対応するべきである。

以上です。

さて、ご購読のみなさん。

これ無記名でへちまこの所に届いたということは、内部告発…ではないのでしょうか?

このネット社会の中、組員に案内書を送るのに、なぜ郵送であったのか?

ネットでは組合員以外のものの目に触れる可能性がある、と、いうことを恐れたからではないのでしょうか?

業者の中にも業界での悪しき慣例をなんとかしたい、と思っている方も大勢います。

しかし、残念ながら、連合会の上の人間には、国民感情が届いていません。

保身のため…だから業界は変わらないのだ。

動物でご飯を食べさせていただいてるなら、大切な商品なわけでしょう。

でも、その商品は人間と同じように感覚もあり、人と同じような感情を持つものだっている。

だからどうにかしてほしい、と、国民は訴えているのですよ、連合会理事さま。

両生類は動物でないの?

お魚さんは動物ではないの?

さぁ、理事さま、子どもに孫に聞かれたら、どうお答えになる?

あれは、毛がないから、温かくないから、動物でないとお答えになるのかしら?

動物って、動くものって書くでしょ?

あれはね、電気で動いてるのよ。ほら、電気ウナギっているでしょ!

アホカっ

改めて、憤慨、怒り、驚愕…それをパブリックコメントに反映してください。

連合会3万件に負けないパブリックコメントを、今からでも遅くありません。

どうぞ、まだな方は1件でも多くのパブリックコメントをお願いいたします。

8月27日までです。まだ十分、間に合いますから…。

電子政府の総合窓口 www.e-gov.go.jp/

環境省のホームページ env.go.jp/info/iken.html を参照ください。

追記です。

渡辺眞子さんも、この内部文書をご自身のブログにアップします。

www.mako-w.com/  ←眞子さんのhpです。

それから、下記のメールは友人から私宛に送られてきたメールですが、衝撃的な事実があります。行間も直さずそのまま貼り付けしましたので、どうぞご確認ください。

声高に法改正を望んでも、この程度なんです。

なぜなんだろう、どうしてなんだろう?

だからお願いです。

どうか、この事実が日本でないように、日本の動物福祉の在り方にならないように一件でも多くのパブリックコメントをお願いいたします。

こんにちは、、暑いですね、

 

動物取扱業の適正化についてのパブリックコメントが

 

7月28日~827日まで募集しています。

 

その件でお願いメールです。

 

来年の法改正の目玉となる動物取扱業の適正化についての案です。

 

 

 

意見の多さを争う多数決ではありませんが、

 

みんなの強い思いを意​見として届ける事で風を起こす必要がありそうです。

 

前回の改正時は委員の方​の話では、

 

業者側の意見約9500件に対し愛護を唱える方の意見​は約200件だったそうです!!

 

これは衝撃ですね、、

 

より多くの方へ拡散し業界の組織的な活動に対抗したいです。

 

回答は全てに​完璧に答える必要はありません、

 

添付資料をご覧ください。

 

事務方がまとめたレポートを見て、

 

特に強く思っていることに​注視して気楽にコメントすればOKです。

 

メールでも、FAXでも​大丈夫です。

 

愛護法改正からすでに10年が経ちました、

 

ここで改​革の機運が生まれないと、動物福祉も後退しかねませんね、、

 

よろしくお願いします。

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« しばらく田舎家で暮らしています。 | トップページ | 10年後…のために。 »

動物愛護関係」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさい~♪ 田舎はどうでしたか~?と、マッタリした話でもと思いきや!

な、なんですかこれは!!! (゚Д゚)ハァ?

>ネットでは組合員以外のものの目に触れる可能性がある、と、いうことを恐れたからではないのでしょうか?

まったくその通りだと思います。 あとメールでは送信記録の足が付きますからね。
この通達が紙面と言うのがクセ者で、これを中央ケネル事業協同組合連合会に突きつけてみても、「こんなもの知りません。 きっと連合を陥れんとする誰かの画策では?」などと、とぼけることも出来ちゃいますよね。(笑)

文書の写真がちょっと見にくいのですが、話の流れとしてはこうでしょうか?
連合会が組合員にこの内部指示書を送付し、現場の部下やら関係者がいれば、その者たちにも意見書を書いてもらい、漏洩防止の為にも出来るだけ組合員が取りまとめて環境省へ送付。 そして一連の意見書が、改正案に利害のない一般人の声であるかのように見せかける為にも、氏名は個人名にするようにと。 

もしかして・・・ いや、これはもしかしなくても、組合から内部指示書を送付された組合員のどなたかが、内部告発としてへちまこさんに宛てたということなのですね?

そりゃね、誰がどんな意見を書こうと、業者に肩入れする意見を書こうと、全て自由です。 でも、こういうのって、その全てが「個人の意見」ではなく「偽りの意見」になる訳ですからね。 組合の主張に本物の整合性があるならば、姑息に裏で糸を引かなくても世間の意見だってなびくものだと思うのです。

意見を提出される方は、その内容の濃さに関わらず、みんな真剣に出していると思うのですが(僕も真面目に書きましたよ。)、その一方で中身のない策略を講じている輩がいるかと思うと腹が立ちます。(-_-X)

こうなると、改正案推進派の方々には何としても頑張って頂きたいところです。 

おはようございます。
友人の記事でしったサイト ↓ を利用しました。とても分かりやすく、時間もさほどかかりません。
大変そうだから、分かりにくいから、という理由で敬遠なさっている方がいらっしゃいましたら、こういうものを利用するのも一案では、と思います。

http://nekonuko.ure.jp/pc/


☆へちまこさん☆
他のサイトの紹介は不適切な面もあるかもしれません。
そのような場合は、このコメントはどうぞ削除願います。

主さんへ。

コメント&トラバ、ありがとうございます。

ええ、田舎家から帰ってきたらこの内部文書…に思わず( Д) ゚ ゚ のへちまこでした。

>もしかして・・・ いや、これはもしかしなくても、組合から内部指示書を送付された組合員のどなたかが、内部告発としてへちまこさんに宛てたということなのですね?

へちまこは、そう理解しています。

画質が悪くて申し訳ないです。
読み辛いので案内書以外なら、眞子さんのhpで鮮明にご覧いただけます。

へちまことしては、その前に届いていた友人のメールから業者側の意見が9500件だという事実と、この時点(メールは8月12日のもの)で、愛護法改正を求める側の意見が200件という事実…。
こんなものかと、少々落胆していたら内部文書の存在を知って、業者側の本気度に愕然としました。

意見例を載せてでも勝ち取りたい業者側の組織力の前にひれ伏すようなことは、あってはならぬことではないのでしょうか?

へちまこがボランティアを始めてから12年…法改正の壁の厚さはいつも立ちはだかります。

単に動物好きな人間が法改正を望んでいるというのではなく、一般の人たち、特に犬やネコといった、動物と暮らしていない人間からのパブリックコメントを望みたいのです。

空前のペットブームと言われ続ける日本の動物福祉の現状が、この程度で終わらせないためにも…。

ルークママさんへ。

貴重な情報ありがとうございました。

適切不適切はさておき、大人なら自己判断できると望んでいます。

業者側の意見例等も、組合員の中にはその流れに流されて自分の意見を持たない人に、たとえば、このままでは職を失いかねないから、と、洗脳されているやかもですね。
不安を煽られてしまっているかもしれません。
9500件は、その表面化もしれませんねぇ。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これはもしかしなくても…:

» それが国民の意見と呼べるのか? [【紀州犬】犬と歩けば棒にあたる!【一期一会】]
先日、 動物取扱業の適正化について(案)  という記事をアップしました。 現在、環境省では動物の保護と管理に関する法律の改正案の詰めを行っていこうとしています。 その中で特に焦点となっているのが、動物取扱業(販売)の適正化についてです。 これは利益追求ともとれる販売業者側(その恩恵を受ける者も含む)と、動物愛護推進派の攻防とも言えます。 この両者、どちらの言い分が正しくて、どちらの言い分が間違..... [続きを読む]

« しばらく田舎家で暮らしています。 | トップページ | 10年後…のために。 »

最近のトラックバック

カテゴリー