Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« 祝!「犬とのつきあい方と飼い主のマナー教室」再開! | トップページ | だからさ、それがわかってないと犬がかわいそうなんだよね。 »

2011年10月 4日 (火)

近ごろのチェシア。

チェシアは、今月で10ヶ月になります。

身体はすでにリデルを越してしまいました。

17kgしかないリデル、チェシアは20kgになりました。

でも、まだまだお子ちゃまっていう感じのチェシアです。

近ごろチェシアは、原っぱばかり、公園ばかり、犬友だちと遊び転げるばかりのお散歩から、本当の意味での社会馴致に入りました。

一番近くの公園で、ガス抜きしてから(20分程度自由を与え、その中でヒールにつくことヒールポジションでスワルこと、短く持たれたリードの抑制に慣れることのトレーニングも含みます)歩いて駅前に向かいます。

最初の一週目は、川崎駅最大の繁華街の手前の国道まで、へちまこと歩きました。

歩道橋も渡ります。

エレベーターにも乗りました。

ハローブリッジ(通称おケラ橋)で少しおやつを食べてから、そこに少しとどまります。

すると、いろんな人がチェシアに視線を向けて、観てくれます。

人間は観るなと言われてもどうしても見つめる動物です。

気になるもの、かわいいと思うものの顔を覗き込むのが人間です。

犬の流儀では失礼に当たりますが、犬に人とはこんなものだとわかれば、人の犬に対する失礼な行動も寛容に対応してくれるのではと思っています。

人は失礼なことをするけど、悪気はなくて、敵意もないと、学んでくれればいいのですから。

それが、今後のチェシアを守るものだからです。

へちまこのブログを講読してくださる方の中には、犬を自由にしっぱなしの人、と思ってる人も多いようですが、実は、そうでもありませんから…(^-^;ね。

チェシアは、食べ物を他の人からもらったことは数えるほどしかありません。

他の人=食べ物図式は今のところチェシアにはなく、それだからと言ってチェシアが人見知りするかというと、そうでもないのです。

むしろ、真の人への社会化ができていると言った方がいいのかもしれません。

毎日ご飯をくれる人と周囲にいる人を、分け隔てなく良いものとして認知できている犬に、改めて食べ物の関係を結ぶ必要はどこにもないと思っています。

いい子だね、かわいいね、なに犬なの?

触ってもいいかしら、まぁ、大きいわね~、と言われながらも、ニコニコ顔で対応するチェシアには、備わって生まれてきたものなのかもしれません。

その扉が閉まりきらないうちに、社会馴致のトレーニングを着々と進めていきます。

20110620111510 (ちゃんとヤスメで待てるようになりました)

二週目は、ハローブリッジより駅側に進みました。

ちなみに一週目は、比較的早い時間帯で人通りの少ない時間を選びました。

いきなり人混みでは、チェシアにはハードルが高いと思ったからです。

犬の社会馴致は、少なからず犬へのストレスがあります。

いつもより多い人、車、脇をすり抜ける自転車、子どもの嬌声、道に落ちている食べ物の匂い、足元の段差…どれをとっても犬にはストレスの要因になります。

こんなときはチェシアの耳はペタンコになります。

ストレスを感じているのです。

リデルは、今でも交通量の多いところでは耳をペタンコにします。

やはり、ストレスか、この状況を好ましくないと感じているのでしょう。

しかし、ストレスから遠ざけるばかりが、犬への優しさだとはへちまこは思っていません。

この環境で暮らすには、避けてばかりではいられないのですから。

人混みを平常心で歩けること、目まぐるしく変わる街並みに慣れることが、不測の事態の時の犬を救うと思っています。

段階を追うこと、徐々に行うこと、焦らないこと…しかし、確実に社会馴致を進めていきます。

二週目の時間帯は10時ぐらい。

そろそろ人の流れも多くなり、対向する人をよける、立ち止まる、犬好きな人のいきなり伸びてくる手を受け入れる(この時こそ食べ物の力を借ります)、中には通りすがりでチラッと背中だけを撫でる人もいます。

チェシアは、人への興味を持っています。自分から人にも近づけますし、なでてね、という子です。ともすれば、少々、ナレナレしいほどな時もありますので、人混みではやたら積極的にはならないという、馴致が必要かもしれません。

リデルは、他人への興味があまりありません。

だからといって、人がさわっても嫌悪するということはなく、愛想のかけらも示しませんので、これはこれで助かっています。

リデルの場合は、他人=どうでもいいこと…のようです(でも失礼なことしすぎると(-ε-)になるので気をつけてます)

さて、来週は、更に繁華街、銀柳街の目抜き通りまで足を伸ばし、スターバックスかエクシオールでお茶をチェシアとする予定です(へちまこはあまりドッグカフェちゅーの好きぢゃないですので…

では、みなさん、来週、私たちといっしょにお茶しませんか?(゚ー゚)

20111003_pa033922_2 とても気疲れしたみたいですね。

このまま夕方まで、(´△`)Zzzz・・・。o○爆睡でした。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« 祝!「犬とのつきあい方と飼い主のマナー教室」再開! | トップページ | だからさ、それがわかってないと犬がかわいそうなんだよね。 »

子犬、育ててます。」カテゴリの記事

コメント

Facebookにもリンクを貼れるようにできませんか?

近所だったら一緒にスタバするのに残念でございます。
私は、スタバでコーヒーを飲みながら新聞を読んで、そのちょっと一息の間、
足元で犬が寝ていていれる、、、そんな時間が大好きです。
春と秋のほんの短い間の私の贅沢です(笑)

私もたまに駅の方へ散歩へ行きます。たま~に、ですけど。
やっぱりうちの犬たちも車や人通りの多い道は少しストレスを感じるようです。
でも、何かあったときは、大きな道やたくさんの人と一緒に避難することも考えられるので
たまにこういうところもささっと歩いておくようにしています。

ずいぶん前の話ですけれど、最初、サラは駅へ行くことが少し怖かったようです。
改札からたくさんの人がいきなり出てくるのが異様だったみたいで。
でもその中から娘を見つけたときの顔の輝き(笑)
それからは、『ねぇねぇを迎えに行くよ』と言うと意気揚々と駅へ向かうようになりました。
大きな道も行き交う車もぜんぜん怖くないみたいで(笑)
で、改札から出てくる若いお嬢さんすべてチェックが入ります(爆)

「段階を追うこと、徐々に行うこと、焦らないこと」が大事なんですねぇ。
うちは、人混みに慣らそうにも、人混みを見つけるのが難しい場所ですから(^^;)
あえて観光地エリアに連れて行っていました。
無用なストレスは与えたくないと思う一方で、ストレスに対する感受性を少々鈍く
するためには、ムリのない範囲でストレスを受ける経験をさせることが不可欠で
すよね。

リデルさん、17㎏しかないんですね!ちょっと意外でした(^^;)

優継パパさんへ。

Facebookですか?

と、と、年がばれそうだぁな~

考えときますね。
ツィッターもいわれてるんですが、すぐにお返事ができなそうで…

みなさんに申し訳けなくなりそうで。

ルークママさんへ。

>近所だったら一緒にスタバするのに残念でございます。
私は、スタバでコーヒーを飲みながら新聞を読んで、そのちょっと一息の間、
足元で犬が寝ていていれる、、、そんな時間が大好きです。
春と秋のほんの短い間の私の贅沢です(笑)

あら、残念ですね~。
お茶をご一緒できなくて。

>私もたまに駅の方へ散歩へ行きます。たま~に、ですけど。
やっぱりうちの犬たちも車や人通りの多い道は少しストレスを感じるようです。
でも、何かあったときは、大きな道やたくさんの人と一緒に避難することも考えられるので
たまにこういうところもささっと歩いておくようにしています。

社会化は犬と集団で歩くことだけではないと思うから、一番は飼い主とのつながりをあらゆる想定の中で、保持できるかどうかだと思っています。
だから、自分の犬と一対一で歩く社会馴致は必要だと思いますけど。
同行避難は都会では当たり前だと思うし、川崎市も条例に盛り込む予定のようです。

>ずいぶん前の話ですけれど、最初、サラは駅へ行くことが少し怖かったようです。
改札からたくさんの人がいきなり出てくるのが異様だったみたいで。
でもその中から娘を見つけたときの顔の輝き(笑)
それからは、『ねぇねぇを迎えに行くよ』と言うと意気揚々と駅へ向かうようになりました。
大きな道も行き交う車もぜんぜん怖くないみたいで(笑)
で、改札から出てくる若いお嬢さんすべてチェックが入ります(爆)

リデルは人ごみはむしろスルーでした。
何かそら恐ろしい、人への無関心さがあって…今は改善されましたが。
サラちゃんのような子は、ワンダーでした。
ワンダーは女子高生のスカートの中に鼻入れて喜ばれてました~(;´▽`A``
チェシは、休んでおやつで、ニコニコです。


panさんへ。

>「段階を追うこと、徐々に行うこと、焦らないこと」が大事なんですねぇ。
うちは、人混みに慣らそうにも、人混みを見つけるのが難しい場所ですから(^^;)
あえて観光地エリアに連れて行っていました。
無用なストレスは与えたくないと思う一方で、ストレスに対する感受性を少々鈍く
するためには、ムリのない範囲でストレスを受ける経験をさせることが不可欠で
すよね。

いいなぁ~。か、ん、こ、う、ち っていう言葉。

すがすがしい感じがにじみ出てますね~。
これからが一番美しい季節を迎えるのでしょうね~。
そんな観光地での社会馴致、心の栄養にもなりそう!

人と暮らす以上、まったくのストレスフリーなどあり得ない。
と、思えませんか?
だとしたら、panさんが言うように、無理のない範囲で少しずつ馴致してあげないと
余計にストレスを与えてしまう…
それを乗り越えられるように人が手助けしてあげられるといいですね。

>リデルさん、17㎏しかないんですね!ちょっと意外でした(^^;)

みなさん、実際にリデルに会うと、驚かれます。
意外と小さいと。
なにしろ、小食の犬ですから、八月中は二日に一回ぐらいしか食べませんでした(^-^;

はじめまして
いつもブログを読ませていただいてます。うちもタービュレンと生活をしているんですが、へちまこさんのブログはホントに勉強させて貰ってます!楽しく、時に色々考えさせられます…
チェシアちゃんホント〜に可愛いですね!アップされた写真に癒されてます〜

のわさんへ。

はじめまして~。ようこそようこそ~。

ご訪問&コメント、ありがとうございます。

タービュレンと暮らしておいで、ということでとても感激しています。
ベルジアンと暮らしている…もうもうそれでもう、ご親戚みたいなもんですね。

勉強になっているかどうかは…ですが、楽しく読んでいただいて、時に考えていただける…とのこと、それだけでへちまこ十分でございます。

>チェシアちゃんホント〜に可愛いですね!アップされた写真に癒されてます〜

おほめのお言葉、ありがとうございます。
ええ、かわいいやつです。
かわいいやつなんですが、それを押し売りするところが厄介もんです(^-^;

今後ともよろしくお願いします。
いつか、のわさんちのタービュにも会ってみたいです~。


この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近ごろのチェシア。:

« 祝!「犬とのつきあい方と飼い主のマナー教室」再開! | トップページ | だからさ、それがわかってないと犬がかわいそうなんだよね。 »

最近のトラックバック

カテゴリー