Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« だからさ、それがわかってないと犬がかわいそうなんだよね。 | トップページ | クリック♪クリック♪クリックー☆のルナさん、あずきさんへのお返事 »

2011年10月10日 (月)

クリック♪クリック♪クリックー☆

102784898_org

久しぶりにルナちゃんあずきちゃんチームのtaskがありました(アスパさ~~ん、読んでねo(*^▽^*)o)

それぞれに元気に過ごしてくれていたようで、ホッとしました~。

さて、久しぶりに会ったあずきママさんの第一声が「クリッカーの使い方を少し知りたいのですが…」ということで、この日はクリッカーの初歩的な使い方をアドバイスしながら、実際の使い方をお伝えしました。

まず、クリッカーは、正解をねマークするものだということを叩きむということ、いいですかヽ(´▽`)/

そこんところ、大事ですからね。

犬に何をしてほしいのか?

どれを正解にしたいのか?

ニンゲンがよくわかってないとできません。

そして、taskのシェーピングに使うクリッカーと、しつけとか問題行動とかに使うクリッカーの使い方は、同じ正解をマークすることでもしつけ問題行動の方が、その矯正したい行動の反対の行動をクリックするタイミングが難しいので、それは、その筋の卓越したクリッカートレーナーさんに依頼するのが一番だということ。

あずきちゃんちは、静かにしていることを犬にいいことだ、と教えるのはクリッカーでは可能か、ということでしたが、可能です。

可能ですが、へちまこはできません(;´▽`A``

できるようにもなりたいと思っていません。(でもできる方がいいかもね習える機会があれば習っときます)

だって、難しいんだものぉ。(アンジェラ先生はできますが、ごく普通の飼い主さんたちは失敗するから使わせないそうです。スペシャリストが言うんだから間違いないと思うよ)

もし静かなことを正解として教えたいならクリッカーなど使用せず、穏やかに優しい声でほめてあげてください。

では、簡単な問題です。

犬があらぬ方向を観ているので、クリックして犬を振り向かせて自分を確認させた…

では、こちら、

犬があらぬ方向を観ていたけど、犬が振り向いて自分を確認(アイコンタクト)したのでクリックした…

さて、どちらがこの先、クリッカーを使うことの先細りがないでしょうか?

あずきさん、ルナさん、宿題ですよ( ̄ー ̄)ニヤリ

102785162_org

さて、ルナママさんは、ルナちゃんにバケツの持ち手をくわえて保持するということを、ルナちゃんにクリッカーで教えてみたいという、オーダーです。

へちまこは、飼い主さんが意欲的に犬と何かに挑戦したいと思うなら、そのことがあまりにも犬に過酷とか、そぐわないとかということ以外なら、叶えて差し上げたいと思っています。

ルナママさんがカメラマンでしたので、リデルがモデルです。

102785417_org

まず、犬がクリック音がすると、ごほうびが出ると学習していることが前提ね。

リデルは知っています。

そして、人間はクリッカーを犬に見せないように鳴らします(こういうのは動画がいいね)

完成系の一番とぉおおぉぉおい、正解をマークします。

この場合ですと、バケツを観る、でクリックでごほうび。

いきなり犬の口元へ持っていくようなことは、

バケツに興味を持つように少し動かしてみるのは、で、少しでも犬が自発的にバケツの持ち手に口をつけたらクリックしてごほうび・・・これを数回繰り返してみます(動かしてみるのも厳密には誘導になってしまうのですが、まぁご勘弁を)

102785498_org

うん、口つけだしたでしょ。

この口をつける正解をやはり幾度か繰り返して、犬が『こんなの簡単さ( ̄ー+ ̄)』という顔をするようになったら、次の正解に移ります。

102785802_org

口をつけるだけじゃ、今度はクリッカーを鳴らしません。

リデルは、今までの正解を幾度か試しましたよね。

口で触る、NOclick…もう一度試す、NOclick!またまた試す、NOclick!…しばし沈黙。

そして、もう一度試す、NOclick…消去バーストです。

で、今度は強く口で押す、鼻で押す、もう少し強く押す、少し口を開けるでclick!

自分で正解に近づいたんですね。

リデルは、違う答えを見つけなければならないと、幾度も学習していますから、消去バーストから抜け出すことが早くなりました。

イラつく回路にはあまりつながらず、新しい答え(別の方法)の回路につながるのが早くなったということですよ。

これってすごいことなんですよ~o(*^▽^*)o

102785839_org

口をあけて、持ち手に触れるで、click…これを繰り返し、犬が『どや』とした顔をしたら、次の正解に移ります。

ここまできたら、リデルは、『ああ、たぶん、あんた、これをくわえてほしいんじゃね』と、気付き始めた感じがあったでしょ。

ルナママさんが「はやっ!」って、感激してくれたけど、リデルも最初はなかなかだったからね~。

102785769_org

『はい、こういうことをさせたかったんなら、いえばいいのにぃ~』

『ニンゲンって不便だわ~┐(´-`)┌』

はい、ごもっともです。

ルナちゃんも、バケツにお手したり、口でつついたり、持ち手を口吻に掛けたりして、いろいろと試してたわね。

口吻にかけるなんて思いつたのなんて、ホントはすごいことですよ。

ニンゲンの求める正解よりも、犬の新たな別な方法を見つけ出したということで、へちまこはくわえるより、ルナちゃんの鼻にかけて首に通すという完成系もすてきだな~と、思いました。

ルナちゃんなりに、ちゃんと、何かを探り出そうとしているのがわかったと思いますよ。

102785617_org

あずきちゃんのtaskは、コーンの上にお手をする(左右ね)やはりクリッカーで正解をマークするやり方です。

でね、最初、もう少し高さのあるコーンを使ったら、どうもあずきちゃんはよくわからなかったのね。

あずきちゃん目線だと、初めの高さのコーンはあずきちゃんには高すぎてお手がしずらいことが判明。

この高さにして、シェーピング。

ほら、かすかに前脚が上がってきているでしょ。

taskにシェーピングを使うなら、一番遠い正解からマークです。

犬が偶然にも、コーンに足が触れただけでもclick!

犬の行動のすべてを否定することなく、正解に導くことのできるのが便利ツールのクリッカーです。

102785551_org

少しコーンを足であずきちゃんの方に押しやって、人工的な偶然を作って、あずきちゃんへのヒントにしました。

あずきママさんが手を使って押しやろうとしたので、それをしてしまうと『ママが手助けしてくれる~』となって、誘導待ちの犬になりがちだからね。

足でかすかに、犬になるべく気付かれないように少しずつ押しやることをアドバイスしました。

102785198_org

あずきママさん、けっこう、カンのいい方で、clickのタイミングの呑みこみが早かったです。

ああ、そうそう、コーンをトントン(トントンしている間はクリックしてね)して帰ってくるというところでは、黙ってごほうびを差し出していたほうがいいと、訂正させてくださいね。

ああーーーこの日も\(^o^)/でしたね~。

102786038_org

あと、ルナちゃんの落ち着きにw(゚o゚)wでした。

三歳の女子ラブらしく、穏やかに健やかに成長していました。

もともとナビゲーションのついたルナちゃんでしたが、この功績はルナママさんパパさんによるところが多いのではないでしょうかね~。

102784518_org

チェシアにもお姉さんらしく振る舞っていましたね。

ルナちゃんの優しさに魅かれたのか、チェシアの表情もやさしげ~

初めてお会いしたころは、ドコォオオ~~ンのバヒュ~~ンのドンガラガンでしたが(;´▽`A``いい経験を積んできたようで、これぞラブラドールな、ルナちゃんでした。

102784566_org

クスス( ´艸`)プププ~、リデルにはやや緊張度ですね。

耳も引き加減が違うでしょ。わかりますね。

でもリデルもルナちゃんへの目はやさしいですね。

リデルもルナちゃんが好きなんです。

102785047_org

これはね、チェシアがあずきちゃんにあいさつがしたいのだけど、あずきちゃんは、まだまだ怖がってるのね。

あずきちゃんの体のバランス、少しでもチェシアから離れようとしていますよね。ママの影にも隠れていますし、なるべくチェシアを観ないようにしています(黒くて大きな犬を怖がる小さな子は多いですよね。(威圧感かな、表情が読みとりにくいという説もあります)

このような時には無理に近づけるのは、おたがいにです。

へちまこはチェシアのリードは短くしてますが、緊張度の高いあずきちゃんの方はユルユルですね。

あずきママさんのあずきちゃんへの配慮、花丸で~す。すばらしぃ~。

チェシアにも小さな仲間にはもっとソフトに近づくことを教えなければなりませんね。

102786338_org

ご近所の女の子とチェシアです。

社会化の一番重要なことは、人への社会化だと、へちまこは思っています。その次がその犬の暮らす環境、そして同族。

20kgを超えたチェシア。

よいニンゲンにたくさん遇うこと、良い環境におくこと、よき仲間に(同族)会うことは、犬にもとても大切ですね。

では、みなさん、また次回楽しみましょう(アスパさん、いなくて(´・ω・`)ショボーンですが)

ああ、忘れた、ルナママさん、カメラマンさんくす♪(o ̄∇ ̄)/でしたが、ルナちゃんの写真、少なくてごめんなさいね~。

空ちゃん人( ̄ω ̄;) スマヌ次回、ご参加、お待ちしております~。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

« だからさ、それがわかってないと犬がかわいそうなんだよね。 | トップページ | クリック♪クリック♪クリックー☆のルナさん、あずきさんへのお返事 »

Runa&Aspa&Sora」カテゴリの記事

コメント

前回の消去の話に続いて、詳しく、かつとても分りやすい記事なので勉強になります。

>静かにしていることを犬にいいことだ、と教えるのはクリッカーでは可能か、ということでしたが、可能です。
>可能ですが、へちまこはできません(;´▽`A``

この場合の「静か」というのは、吠えなどの「動」の状態にある犬が静かになったらマークするという意味に解釈していますが、どうでしょう?
例えるならば、吠えてる犬が吠え止んだ瞬間にオヤツみたいな。 (実際にはオヤツだけの場合、クリッカーのような瞬時のサインを送ることは不可能なので、「行動の正解をマークする」ではなく、目的が「ある種の行動強化」のような気はしますが。)


>もし静かなことを正解として教えたいならクリッカーなど使用せず、穏やかに優しい声でほめてあげてください。

一般の飼い主さんが求める「静か」というのは、吠え止むかどうかではなく、「穏やか」でいられるかどうかだと思うのです。 世間では、犬にわざと吠えさせて、そして吠え止ませるといった訓練を行う者もいるようですが、それは正解のマークではなく、単なる「芸」の領域とも言えるし、よい意味での服従訓練とも言えます。
その吠え止むという「芸」が出来るからこそ、実際の興奮吠えの時に吠え止ませることが出来るという理屈ですが、吠え止むように指示した時点で、それは単なるコマンドに過ぎませんよね。 

決してコマンド対処が悪いという意味ではありません。 ただ、結果的にコマンド対処が出来る犬のトレーニングを行っているにも関わらず、それをクリッカーのように行動をマークしていると勘違いしてしまうと、犬はいつまで経っても自発的な穏やかさを手に入れることは出来ないと思います。

静かにする行動をマークするという意味では、すでに穏やかに過ごしている犬に対してクリッカーでマークするなんて考え方もあるようですが、全くもって意味不明です。 だってそれは「静かな状態」であり、「静かにする行動」とは意味が異なる訳ですからね。 
「状態」と「行動」の区別が付かなければクリッカーは意味をなさないし、本来の使い方をしたいときにクリッカーが使い物にならなくなると思います。

こうした誤解は、行動分析学を使ったトレーニングを行う高山先生が先日記事にて丁寧に解説されていた話と同じですね。

>「消去バースト」とは、「現象」の名前であり、行動変容のテクニックではありません。


へちまこさんの記事、そして高山先生の記事を熟読してみると、犬の行動を何かに導いたり、問題改善に導く場合、犬のどの部分が「行動」なのかをきちんと観れる目を持つことは極めて大事であるなぁと、改めて思いました。

それとね、以前はタスク記事を見て、「犬に正解を導く手助けをしても良いのではないか?」と思っていたのですが・・・
なるほど! それでも正解は覚えるかもしれないけど、他の行動選択が身についている場合、それらの行動を消去しなければ結果的に犬は混乱するという意味もあったのですね。 これには目から鱗でした。(感謝) 


それは「静かな状態」をマークしたとは言えないと思います。

 

へちまこさーん!先日は久しぶりのtask楽しかったです。ありがとうございました!
毎度、充実した内容に、ルナも私もw(゚o゚)w帰宅後ぐっすり眠っております。

>まず、クリッカーは、正解をねマークするものだということを叩きむということ、いいですかヽ(´▽`)/

>そこんところ、大事ですからね。

>犬に何をしてほしいのか?

>どれを正解にしたいのか?

>ニンゲンがよくわかってないとできません。


簡単に言うと

①鳴ったら正解でおやつが出るもの、とまず犬が認識するよう、最初は鳴らすおやつを繰り返す

犬が、認識できたところで、

②犬にして欲しい行動を決めたら、それに近付く犬の自主的な行動を見逃さずにつみとって、即座に鳴らしておやつで、正解に導く

ということかと思いますが、
私にとっては、クリックするタイミングを見逃したり、遅かったりで、せっかくのルナの自主的な行動を無駄にする率が高いです!
なんとなーーーく、どんくさい私には、向いてないような気がいたします(;´д`)トホホ…
クリッカーは、人間の感情が入らないというところで、上手な人が使えば、犬は正解を認識しやすくて、とてもステキングなツールですが、
使う人間が、きちんとした理解でもって、それをクリックという行動で確実に示せなければ、使う意味が無いなあという印象を受けました。
なので、私の場合、都度へちまこさんにチェックして頂くことが必要だと思いました。

リーちゃんのバケツくわえるのお手本や、あずきちゃんのコーンをタッチなどを見ていても、
正解に近付く犬の自主的な行動をクリックしていますよね、
そのことから、
質問の答えですけど、

>犬があらぬ方向を観ていたけど、犬が振り向いて自分を確認(アイコンタクト)したのでクリックした…

のほうが、この先、クリッカーを使うことの先細りがないのではないでしょうか?

えー?違ったりして?間違ってたら恥ずかしいなあ~...


あと、久しぶりの教室でしたが、

>初めてお会いしたころは、ドコォオオ~~ンのバヒュ~~ンのドンガラガンでしたが(;´▽`A``いい経験を積んできたようで、これぞラブラドールな、ルナちゃんでした。

わおー!思い出すだけで恥ずかしいやら...

>よいニンゲンにたくさん遇うこと、良い環境におくこと、よき仲間に(同族)会うことは、犬にもとても大切ですね。

本当にそうですね!へちまこさんに会い、それを実感しています。
ルナは、人への社会化が少し足りなかったと思います。車椅子の人、農作業などの重装備の人などを警戒します。真正面から見続けて向かってくる人もです。
対策は、毎度先読みで続けてますが、今後も続けていきます。

子供と和やかに遊ぶチェシアちゃん、まさに人との社会化ですね!天真爛漫で穏やかなチェシアちゃん、素敵なレディになるのでしょうね!

今回もありがとうございました!


こんにちは~先日もとても充実した時間をありがとうございました
クリッカーについて、いろいろな情報があり私のなかで、「?」が発生しましたのでご質問させていただきました。私はクリッカーなるもの使ったこともなかったので、使い方の意味もよくわかってなかったんですが。。。そのため「?」の発生でした・・・
さっそくクリッカー手に入れましたが、何かと疑問が発生します(A;´・ω・)アセアセ
宿題の答えですが、
>犬があらぬ方向を観ていたけど、犬が振り向いて自分を確認(アイコンタクト)したのでクリックした
こちらのほうが先細りがないですよね?・・・?
タスクはなるべく犬に考えさせて答えを見つけさせるもの・・・クリッカーを使うも使わぬも、タスクは犬達がこうかな?こうかな?と一生懸命に考える・・・その答えに近づいた瞬間を、私たちも見逃さないようにしなければいけませんね。犬との会話ですね。

もうちょっと考えてからまた質問させていただきたいことがあるので、また来ます・・・

あ・・・タローの主さんの
>この場合の「静か」というのは、吠えなどの「動」の状態にある犬が静かになったらマークするという意味に解釈していますが、どうでしょう?
この静かにしているというのは、吠えやんだ瞬間とかではなくて、犬が穏やかに過ごしている状態のことです。リラックスしている状態のことです。
何もしていない状態をマークすることは意味あるのかな?そもそも犬は何をマークされているのか理解できるのかな?・・・という私の疑問でした・・。

>前回の消去の話に続いて、詳しく、かつとても分りやすい記事なので勉強になります。

>>静かにしていることを犬にいいことだ、と教えるのはクリッカーでは可能か、ということでしたが、可能です。
>>可能ですが、へちまこはできません(;´▽`A``

>この場合の「静か」というのは、吠えなどの「動」の状態にある犬が静かになったらマークするという意味に解釈していますが、どうでしょう?
>例えるならば、吠えてる犬が吠え止んだ瞬間にオヤツみたいな。 (実際にはオヤツだけの場合、クリッカーのような瞬時のサインを送ることは不可能なので、「行動の正解をマークする」ではなく、目的が「ある種の行動強化」のような気はしますが。)

あずきちゃんは、穏やかにしていることをマークする意味はあるのかどうか…ということでしたので、
犬がクリック音に関して、何を学習したかによるとは思いますが、クリックは合図だけの犬と、クリックを鳴らすには?
と、学習している犬の違いは大きいと思います。
食べ物よって心拍数が上がるのは、トレーナーなら誰でも知っていることです。
このことを踏まえれば、静かにしている、穏やかにしている、犬の状態をわざわざ食べ物によって興奮させる意味などないと思います。

>>もし静かなことを正解として教えたいならクリッカーなど使用せず、穏やかに優しい声でほめてあげてください。

>一般の飼い主さんが求める「静か」というのは、吠え止むかどうかではなく、「穏やか」でいられるかどうかだと思うのです。 世間では、犬にわざと吠えさせて、そして吠え止ませるといった訓練を行う者もいるようですが、それは正解のマークではなく、単なる「芸」の領域とも言えるし、よい意味での服従訓練とも言えます。
>その吠え止むという「芸」が出来るからこそ、実際の興奮吠えの時に吠え止ませることが出来るという理屈ですが、吠え止むように指示した時点で、それは単なるコマンドに過ぎませんよね。 

そうだと、へちまこも思いますけど。
クリッカーのいいところは、オペラント条件付けがしやすいということ、犬が正解を(新たな方法)を見つけやすいことに集約できると思っています。
だから、クリックで振り向かせて、「よい子ね~、吠えやんだね~」という使い方は、すでにニンゲンが正解を出してしまっている、ということになります。これだと、吠えることを自発的にやめる、ということはなかなか学習できないと思いますけど。

オペラントって自発的って意味ですよね。ここんところ、良~~~く理解しないと、何が正解だか(別の方法)犬が理解できない。
吠える吠える吠える吠える…まぁ吠えさせとけですかね。いつか犬が吠え止まったら、クリックですかね。
吠えやんでいる間は、クリックしっぱなしでほうびもどんどん出します。
犬が吠えだしたら、クリック音を即座にやめます。
これを繰り返すと、クリック音を鳴らすにはどうしたらいいかって考え始めますよ。吠えている間はフィードバック返さなけりゃいい。

犬が吠えてない状態を意識できて、正解(新たな方法)を自発的に見つけられた、ということに導けるかどうか…かな。
(ああああ、むずかしいねぇ~、もう、いやだわぁ~主さんたら、へちまこの浅はかなところがばれそうよん)

>決してコマンド対処が悪いという意味ではありません。 ただ、結果的にコマンド対処が出来る犬のトレーニングを行っているにも関わらず、それをクリッカーのように行動をマークしていると勘違いしてしまうと、犬はいつまで経っても自発的な穏やかさを手に入れることは出来ないと思います。

>静かにする行動をマークするという意味では、すでに穏やかに過ごしている犬に対してクリッカーでマークするなんて考え方もあるようですが、全くもって意味不明です。 だってそれは「静かな状態」であり、「静かにする行動」とは意味が異なる訳ですからね。 
>「状態」と「行動」の区別が付かなければクリッカーは意味をなさないし、本来の使い方をしたいときにクリッカーが使い物にならなくなると思います。

>こうした誤解は、行動分析学を使ったトレーニングを行う高山先生が先日記事にて丁寧に解説されていた話と同じですね。

>「消去バースト」とは、「現象」の名前であり、行動変容のテクニックではありません。

↑そうです。現象です。テクニックでも何でもありません。
起こりうることなのです。

そして、もう一度言います。
クリッカーは正解をマークするツールです。
犬に攻撃的な犬、人に攻撃的な犬の行動をクリッカーで矯正は可能です。
唸ったり、吠えたり、攻撃してない状態をマークし、それを正解だとマークすればいいのですから。
でもそれは、~しないというスイッチが入りやすくなった、ということだけだ思います。
つまりね、犬の深層では攻撃はしなくなった。というだけかもしれません。
だから、難しいんだよ、と、言いたいわけ(アンジェラもそれを言ってるのです)
攻撃はしないけど、モヤッとしているものがあるなら、それを行動学で読み取る作業が残るわけです。
犬に攻撃的ならTeachingdogを使うとか、人に対する不信感ならそれを薄める環境とか…(偉そうだっ!いやだなぁこんなへちまこぉ~)

へちまこさんの記事、そして高山先生の記事を熟読してみると、犬の行動を何かに導いたり、問題改善に導く場合、犬のどの部分が「行動」なのかをきちんと観れる目を持つことは極めて大事であるなぁと、改めて思いました。

もう、高山先生と比べないでくださいよ。
いっぱいいっぱいですから…それこそ高山先生に失礼でしょ。

それからたぶんね、飼い主さんって名まえ呼びすぎて犬が気付かなくなったんだと思うのね~。自分の名前に。それで、クリッカー使ったら、犬がなんだなんだって気づくようになった…そして、鳴るとごほうびが出る、と、学習したのだと思う。ここをいつか反対に持っていければいいのよね。クリッカーを鳴らすにはどうすればいいのか?それを教えるのはトレーナーさんであり、そのトレーナーさんが自分の犬で具現化できないとね。でないと、行動分析学や応用行動分析学なんていらない、トレーナーでいいはずですよ。
飼い主さんの力なんて、たかが知れてます(みなさんごめんね。バカにしてるわけじゃないの。だから力添えするの)飼い主の気づきが重要なんっていったって、何をどう見るのかがわかってないなら、そこンとろこ導いてあげられるのが、プロじゃないのかしら?
いまだにF教官やアンジェラに「今の観ていた?」なんて、いわれるへちまこは夢の途中ですってば(笑)

>それとね、以前はタスク記事を見て、「犬に正解を導く手助けをしても良いのではないか?」と思っていたのですが・・・
なるほど! それでも正解は覚えるかもしれないけど、他の行動選択が身についている場合、それらの行動を消去しなければ結果的に犬は混乱するという意味もあったのですね。 これには目から鱗でした。(感謝)

いえいえ、こちらこそ、とお~~いところ先日はtaskの見学ありがとうございました。
ニコニコ顔の主さん…犬バカバンザイなんだなぁ~と、つくづく思いましたよ。

>それは「静かな状態」をマークしたとは言えないと思います。

同感、同感!

あわわ。 僕のコメントの文末にある >それは「静かな状態」をマークしたとは言えないと思います。
これは単なる消し忘れだったのですが、すごく強調したみたいになってしまいました。 でも事実だから、まぁいいか。(笑)

そして、僕が見学に訪れた1週間違いで、ルナママさんとあずきママさんが来られたのですね。 お二人にも久々にお会いしたかったです♪ そして2年ぶりにルナとあずきの姿を見たかったなぁ~(^^)


ルナママさんへ。

すばらしい~、宿題、花丸ですね~。

犬に正解だよ、と教えることのできるツール、クリッカー…。

最初から正解を教えることは、犬の自発的行動を強化しません。
犬に正解を探させ、クリッカーを自ら鳴らしたい、ごほうびにつなげたい、と犬が思わなければね。
最初は、clickでごほうびでもいいんですが、そこんところを入れ替えていかないと、ドン詰まり。

では、問題です。

犬をクリックして振り向かせてしまった…この場合のフィードバック…ルナママさんならどうするかしら?
またまた、考えてちょ。

ここね↑ここからね、タイミングってもんをルナままさんが学べるかどうかかもしれない。
いままで、声で指示を出していたから、それをルナちゃんが(ルナちゃんのナビが)だいたいこうだよね~って、読んでくれていたかも。
そこの曖昧さを、確実なものにできるかもo(*^▽^*)o

>あと、久しぶりの教室でしたが、

>>初めてお会いしたころは、ドコォオオ~~ンのバヒュ~~ンのドンガラガンでしたが(;´▽`A``いい経験を積んできたようで、これぞラブラドールな、ルナちゃんでした。

わおー!思い出すだけで恥ずかしいやら...

>>よいニンゲンにたくさん遇うこと、良い環境におくこと、よき仲間に(同族)会うことは、犬にもとても大切ですね。

>本当にそうですね!へちまこさんに会い、それを実感しています。

あらあ。ありがとうございます。
このよいニンゲンって、あの女の子のことだったんですが(*´ェ`*)
でも、へちまこもルナちゃんたちに会えて、良いニンゲンになれたような気がしてます。

>ルナは、人への社会化が少し足りなかったと思います。車椅子の人、農作業などの重装備の人などを警戒します。真正面から見続けて向かってくる人もです。
対策は、毎度先読みで続けてますが、今後も続けていきます。

見慣れないものは犬は怖がるのが当然だけど、「犬っそういう生き物だから…」と、許しすぎるのもなんなんだかですものね。

それこそクリッカーを使ってみては?

吠えない距離を保ち(重要です)ルナちゃんとごく自然体で対象物を観ます(ニンゲンの位置は犬よりやや後ろね)
リードは、張るか張らないかの長さを保ち、対象物をルナちゃんが見たら(一秒以内)clickでごほうび(ルナちゃんはクリック音はごほうびが出ると学習していること条件ね)
click音でルナちゃんは振りかえるようになるけど、これを繰りかえして、click音に良く反応しだしたら、今度はルナちゃんが対象物を観ても、クリッカーを鳴らさない…さて、今度はどのタイミングで鳴らしてルナちゃんにそれが正解だと教えるか?

わかるかな~。宿題の答え正解だから、できると思うよ、ルナママさんなら。

わかんなかったら、メールおくれね~。

>子供と和やかに遊ぶチェシアちゃん、まさに人との社会化ですね!天真爛漫で穏やかなチェシアちゃん、素敵なレディになるのでしょうね!

えっ、あの黒い悪魔が、レレレッレディに、いつかなれるんでしょうかね~(^-^;
でも、チェッコをおほめいただいて(/ ^^)/アリガトネ

あずきママさんへ。

あずきママさんも、大正解ですね~o(*^▽^*)o

振り向かせるための、ごほうびをあげるための道具ではないんですよ。
正解をマークする道具ね…そこんところよくわかってくれて、ヽ(´▽`)/だわ~。

ルナままさんに出した、またまた問題。
あずきママさんも考えてみてね。

あずきママさんって、可憐な感じがする人だけど、けっこうシビアな目持ってるからぁ~、ご意見やコメントにも反映されてますね。
良い意味でですよ(*^m^)

静かになってるんなら、静かにさせておけばいいんですよ。
なにもクリッカーで、犬の心を、ごほうびがもらえる、というざわつきを、わざわざ与える必要はないと思いますけど。

クリッカーもお買い上げとのこと、頼もしいわぁ~。

またいらっしゃるの、マッテま~す。

タローの主さんへ

ご無沙汰しております!
今回の主さんのコメントも、なるほどなあ~と読ませていただきました!
とても勉強になりました。

別のtaskの日に見学されたのですね!
私も是非お会いしたかったですが、
今度お会い出来る日まで、少しでも成長した飼い主になりたいなあと思います。
もっと近ければ、主さんご主催のお散歩会に気軽に参加させていただきたいのになあ~...

クリッカー、面白いですね!
少しやった事あるんですが、簡単なトリックでしかやった事が無かったので、記事を拝読してまたやりたくなっちゃいました。

所で、マナートレーニングではなく、トリックを教える場合、クリッカーを使うにあたって、何かをさせたい時はコマンドを言うのでしょうか?
それとも、クリッカーを使って何かをやるという事はどうやって犬に知らせるのでしょうか?

稚拙な質問と思いますが教えて下さい。

へちまこさん、コメントありがとうございます!
うわっと!!これまた考える問題だわっ

>犬をクリックして振り向かせてしまった…この場合のフィードバック… ですが...

ううむ...
クリック音がしたらごほうびが出ると学習しているのが前提だとしたら、
フィードバックを返す必要はないのではないでしょうか?


次、人への警戒吠えに、クリッカーを使う場合

>click音でルナちゃんは振りかえるようになるけど、これを繰りかえして、click音に良く反応しだしたら、今度はルナちゃんが対象物を観ても、クリッカーを鳴らさない…さて、今度はどのタイミングで鳴らしてルナちゃんにそれが正解だと教えるか?  ですが...

ううむ...
ルナが対象物を見た後、いつもならクリッカー音がするはずだけど、鳴らないなあ...と、振り向いてくれたら、即座にクリックしますけど、
これで、対象物を見たら(吠えず)→飼い主を見る(正解) という図式になるかなあ?
その間に、対象物は通り過ぎているだろうか?
もしかしたら、振り向かずに、座るかもしれない。その場合も(自主的に次の行動がとれたので)クリックします。
でも最終的に正解は、飼い主を見ること(結果、吠えなかった)とします。

間違ってたら恥ずかしいけど、それはそれでいいや。また一生懸命考えてみます。

>いままで、声で指示を出していたから、それをルナちゃんが(ルナちゃんのナビが)だいたいこうだよね~って、読んでくれていたかも。

→なんとも頭の痛いはなしです・・・飼い主、次のステップに進みたいなあ

>このよいニンゲンって、あの女の子のことだったんですが(*´ェ`*)
でも、へちまこもルナちゃんたちに会えて、良いニンゲンになれたような気がしてます。

うわあ~、もったいないお言葉です。あ、犬達ですね!
私は、へちまこさんやりーちゃんに出逢って世界が広がりました。taskのお仲間もまたしかりです。
ブログのみなさんもだし、ああ~感謝することばっかりだ~

へちまこさん、こんばんわぁ~
今度の宿題はなやんでます・・・
>犬をクリックして振り向かせてしまった…この場合のフィードバック…
本来なら、正解のあとにクリック→ごほうびですけど、この場合何もいらないのかなと思いましたが、
間違えて鳴らしてしまった場合、なんで鳴ったのにごほうび出ないの?っとならないかなーっとも思ってます・・・(゚ー゚;

>・・・さて、今度はどのタイミングで鳴らしてルナちゃんにそれが正解だと教えるか?
こちらの場合は、まず数秒見てても吠えなかったらクリック、振り向く、ごほうび
それから、吠えてなくても鳴らさない→あら、なんで鳴らないの?と振り向く、クリック、ごほうび でしょうか?

>あずきママさんって、可憐な感じがする人だけど、けっこうシビアな目持ってるからぁ~、ご意見やコメントにも反映されてますね。
良い意味でですよ(*^m^)

えっ・・・可憐ですか?!!・・・モジ(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジ
私、なんで?って思うと、知りたいと思っちゃうんですよね。好きなことに関してのその気持ちはけっこう強いかもしれません。

それから、私が質問させていただきたいことなんですが、
先日のタスクの時にやったコーンのトントンなんですが、コーンの先端に鈴を引っ掛けて(子供が持って鳴らす楽器の鈴です)それをリンリンって鳴らしてくる、ということにさせたんです。
離れたところから、鳴らしに行くことはできたんです。
ここで、私がつまづいてまして、鈴を鳴らしてるあいだクリックを鳴らすんですよね?(何回もクリックするんでしたっけ・・・?)
・・・戻ってくる間も鳴らすんですよね?(このとき無言でごほうびを差し出している)
この場合は戻ったときに1つだけごほうびをあげれば良いのですか?
リンリンしている間クリック→無言で差し出しながら待つ、戻ってくる間もクリック、戻ったら差し出しているごほうびをあげる、で良いのでしょうか?
何も差し出さないで待っていると、戻ってこないので、差し出している手が誘導になってないか?とも思ってます。鈴を鳴らした事のごほうびを差し出していてそれを取りに来る、という解釈で良いのでしょうか?

ちなみに、離れた所から鈴を鳴らしに行って戻ってくる、というようにしたいのですが。

私が、1クリック=1ごほうびというふうに考えていて混乱しています

・・・このようにつまづいております・・・スミマセンおたすけをぉ・・・(´;ω;`)ウウ・・・


すご~い! クリッカーの話題、盛り上がってますね~!(^^)!
へちまこさんの生徒さん達は本当に勉強熱心な方たちですね!
質問や答えのレベルの高さにびっくり。。。って私が言うな!って感じですけど(笑)
クリッカー、奥が深いなぁと感じています。
特にオーパスのように思考と動きのスピードの速い子は、タイミングを合わせるのが本当に難しいです。
つい、行動を取り終わってからクリックとなってしまいますが、本当はその行動を取ろうとした瞬間、ですよね?
犬がそのことを意識しているときにクリックしようとは思うのですが、難しいです。
でも、オーパスでクリッカートレーニングできれば本物よ、とF教官に言われているので、頑張ってます(笑)
クリッカーにしても、他の方法にしても、やはり犬を見る、というのが基本中の基本なんだなぁって思います。

おはようござりまーす!
ちょっともやもやが残りまして、考えてみたんですが・・・

>犬をクリックして振り向かせてしまった…この場合のフィードバック… ですが...

クリッカーって、とにかくクリッカー音とおやつをセットで使うものだってことと
そこに人間の感情は関与しないもの、ってことだから
間違って鳴らしちゃおうが何だろうが、犬は知ったこっちゃなく、
鳴ったことによって、ルナが自主的な行動として振り向いたのだから
おやつをあげないといけない ですね たぶん・・・いや、そうだ
む、む、難しいですね クリッカーの理解と実践!!!

あみKENさんへ。

>クリッカー、面白いですね!

はまるとおもしろいし、やはり、高度で複雑なtaskには欠かせないツールです。

>少しやった事あるんですが、簡単なトリックでしかやった事が無かったので、記事を拝読してまたやりたくなっちゃいました。

あら、あみさんなら、カンよさそうだから、ぜひぜひ~❤

>所で、マナートレーニングではなく、トリックを教える場合、クリッカーを使うにあたって、何かをさせたい時はコマンドを言うのでしょうか?

コマンドは、その行動が定着したら、犬の行動にかぶせていくので、クリッカーを外す方向にもっていくのがセオリーです。
最終的には人のコマンドでtaskをすることになります。

>それとも、クリッカーを使って何かをやるという事はどうやって犬に知らせるのでしょうか?

最初は、犬は、何をするかはわかってないけど、手順さえ間違ってないなら、犬の頭の中に割と早くが点きます。
あとは、それが正解だとマークし、ごほうびで「これでいいんだ」と、犬の方がわかってくれます。
でも、正解を教えるのはニンゲンということをお忘れなく。

>稚拙な質問と思いますが教えて下さい。

いえいえ。へちまこも、いえ、誰だって最初は知らないこと…
でも、知ることは素晴らしいですよね。
そして、変な使い方しないことさえわかれば、クリッカーは便利ツールだと思いますけど。

ご質問、ありがとうございます。
上手く応えられていたら、いいのですが…


ルークママさんへ。

お返事が大変遅くなってしまって人( ̄ω ̄;) スマヌです。

>すご~い! クリッカーの話題、盛り上がってますね~!(^^)!
へちまこさんの生徒さん達は本当に勉強熱心な方たちですね!

なんだろ、なんで火がついたのかぁ~、生徒さんを持つほどのニンゲンではないので(=´Д`=)ゞ

>質問や答えのレベルの高さにびっくり。。。って私が言うな!って感じですけど(笑)
クリッカー、奥が深いなぁと感じています。

でもルナさんちもあずきさんちも、熱心に聞いてくださるので、へちまこの勉強にもなります。
聞いてくださることがハイレベルで…(A;´・ω・)アセアセなときも、うち帰ってからあれで良かったのか、再確認したりぃ~(^-^;

>特にオーパスのように思考と動きのスピードの速い子は、タイミングを合わせるのが本当に難しいです。

うん、オーちゃんの演算処理すばらしいよね~。宇宙の果てまで行きそうな早さだもの。
難しいんだろうな~、F教官見ててそう思うもの。

>つい、行動を取り終わってからクリックとなってしまいますが、本当はその行動を取ろうとした瞬間、ですよね?

そう!その瞬間がなかなかできなくてねぇ、最初のころはニンゲンが諦めちゃうけど、今時分になってから、taskをするようになってから、クリッカーの良さがわかるようになりました。

>犬がそのことを意識しているときにクリックしようとは思うのですが、難しいです。

振り向かせる、でも今は耳で聞いている状態…なんて言われちゃうとですよ。じゃどこらへんなの?ってことは、自分の目で確かめてみないとわからなかったなぁ。難しいねぇ。

> でも、オーパスでクリッカートレーニングできれば本物よ、とF教官に言われているので、頑張ってます(笑)

あらぁ、クリッカー友の会、始めましょうかね?

>クリッカーにしても、他の方法にしても、やはり犬を見る、というのが基本中の基本なんだなぁって思います。

同感同感、闇雲に連打すればいいってもんじゃないですもの。
クリッカー自体は道具だけど、人と犬は生き物。
その眼がないと上手くいかないかもね。


この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリック♪クリック♪クリックー☆:

« だからさ、それがわかってないと犬がかわいそうなんだよね。 | トップページ | クリック♪クリック♪クリックー☆のルナさん、あずきさんへのお返事 »

最近のトラックバック

カテゴリー