Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« リングにかけるルナちゃんと鈴にかけるあずきちゃん。 | トップページ | フリースラインドハーネスのトレーニングセッション…より。 »

2011年10月31日 (月)

“犬の現場学習”の場として、みんなと考えていきたいね!

10月30日 ハーネストレーニング(フリースラインドハーネスならよりGood)を、一般飼い主さん向けに開催させていただきました。

なぜ、へちまこがフリースラインドハーネスのトレーニングを開催するにいったたのか…それは、あまりにもこのハーネスの本来の使い方を無視したトレーニングが行われているからでした。

自己流、我流、であって、誰それのまねをしなければそれでいいのでは?と思われがちですが、このハーネスの良さはこのハーネスの発案したニンゲンや日本に伝えてくれたアンジェラ先生の思いが伝わなければ、何の意味もなさないものだと思ったからでした。

引っ張りを矯正するハーネスではないことは、常々、このブログをとおして発信してきましたが、だからと言って、何年も犬がリードにテンションをかけた歩き方を推奨している、と、思われるのはへちまこにとっても憤懣やるかたない思いがあります。

ハーネスであっても、最終的にはリードに頼らない犬とのコネクションを目指すのは言うまでもないことなのですから。

またフリースランドハーネスだからこそ、よりやさしい、囁くようなリードへのテンションのかけ方があり、けっして犬の前足を持ちあげて使うようなものでもないのです。

犬という動物は人と違い、常に4本足でバランスをとる生き物です。

その生き物のごく自然な姿…前傾姿勢ではないバランスを犬自身の体に伝えなくてはならないのです。

我家のチェシア10ヶ月でさえ、先行していてもリードが張るまえに自分でへちまこのことを現在は確認する回数が増え、時と場合によっては自分の思いのとおりに行動するということはできないこともある、と学び始めています。

これは、クリッカー、舌打ち、名まえを呼ぶ、食べ物、誘導などの使用を経て、犬への合図となるものを最終的には使用せず、犬の自発的行動を促進してきた結果なのです。

なぜこの自発的な確認をさせなくてはならないのか…。

それこそ、リードに頼らない、リードをさばく必要のない関係を築くためなのです。

まだまだ前傾姿勢にはなって、リードをガンと引く犬からのリードショックはありますが(笑)

今回は、きちんと犬を止めること、犬の体のバランスを立て直しを手助けすることを、フリースラインドハーネスをとおしてみなさんに学んでもらえたでしょうか?

そして、アンジェラ先生の囁くようなリードテンションの使い方を学んでいただけましたでしょうか。

そして犬の動きがごく自然に止まる、というこれまた嘘のような真の使い方。

特にこの方法は、繊細な犬、ごくごく小さな小型犬、シャイな犬に最適な方法です。

最初から名まえを呼んで食べ物を与える必要もなく、犬自身が飼い主さんの存在に気がつくという、方法にみなさんが驚いたのは言うまでもありませんね。

そして、犬の本質を見抜くということ。

行動を止められた犬に本当にストレスがかかっているのか?

それが本当にカーミングシグナルなのか?

誰に対してのカーミングシグナルなのか?

信頼関係がないから、その行動を起こすのか?

そういったことも含めて、みなさんと考えていくことのできる、『犬の現場学習』の場にしていきたいと思っています。

上下関係なし、階級制なし。

持ち寄る知識や知恵を、ここで生かし、ここで考えてみてみようではないかぁ(o・ω・)ノ))

そして、この現場でいただいたお金は当分の間、「しろえもん基金」に、すべてまわすぞぉ~宣言

ロングなリードでのお散歩も犬には必要でしょう。

犬の自由を認め、犬語の自由な表現を認めることも必要でしょう。

でも、特別なニンゲンの存在をつどつど思い出してもらわないければ、犬の社会化はなされず、犬はストレスがないけど、人にもストレスがあない状況でないと、犬とのコネクションはつながらないんじぁない?へちまこは思っています。

リードさえついていれば、食べ物へのごほうびさえあれば、犬とのコネクションがつながるわけではありませんよ~~~ってとこ、わかっていただけましたか?

ご参加みなさんヽ(´▽`)/

リードもハーネスもあくまでも、それは補助。。。

いい補助をつけても、それ機能してないなんて、モッタイナイ…。

では、ルークママさんからお写真が届きましたら、この続きを書きたいと思っています(◎´∀`)ノ

ああん~ルークママさん、でもね、催促じゃないのね。

ぼちぼちでいいからね~o(*^▽^*)o

20111021_dscf2135

次回のトレーニングは11月27日(日)

同じ場所、同じ時間でよろしく

次回、今回参加者さんのご紹介のみ、見学者を受け付けます。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« リングにかけるルナちゃんと鈴にかけるあずきちゃん。 | トップページ | フリースラインドハーネスのトレーニングセッション…より。 »

ハーネス&ロングライントレーニングについて」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “犬の現場学習”の場として、みんなと考えていきたいね!:

» ハーネス&ロングライントレーニング講習会 【2】 [【紀州犬】犬と歩けば棒にあたる!【一期一会】]
2011年10月30日(日)  へちまこさん 主催のフリースラインドハーネス&ロングラインの実技講習に参加 してきました。 講習はどのような内容かというと、 フリースラインドハーネス本来の特性を活か したリードワーク です。 そして、リードワークと併せて重要なのが、 犬語を読む作業 です。 この講習に参加して、個人的には 大・大・大収穫 でした。 で、どのような収穫があったのかと言うと、それ ..... [続きを読む]

« リングにかけるルナちゃんと鈴にかけるあずきちゃん。 | トップページ | フリースラインドハーネスのトレーニングセッション…より。 »

最近のトラックバック

カテゴリー