無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« 犬との暮らしはすばらしい~。 | トップページ | 犬の砂場…より。 あなたの犬の立ち位置。 »

2011年11月30日 (水)

フリースラインドハーネスTraining Session2 ようこそ犬の砂場へ

67_large

莫大な画像を加工するのに時間がかかりι(´Д`υ)アセアセ記事のアップが遅くなりましたが、今回もシリーズ化?間違いなしのSessionと犬の砂場をお楽しみください。

へちまこはいろんな方からメールをいただくのですが、『何を持って、Teaching Dog とするのか、いまいちわからなのですが…』というご意見も多々いただくこともあります。

へちまこもアンジェラ先生にお会いしなかったら、いやその前にF教官に会わなかったら、いや、その前に2007年の市民祭りの「簡易ドッグラン」で、犬に攻撃的な柴犬相手にリデルがとった行動に「ティーチングドッグかも…」という耳慣れない言葉を聞かなかったら、そしてLiddellという、タービュレンに会わなかったら…全ては今この時につながらなかったのかもしれません。

そして、その偶然の重なりがなければ彼ら犬たちが同族相手に繰り広げる、犬語の世界をへちまこは知る由もなかったのでしょうから。

犬たちには、人という動物は必要でしょう。

やさしい言葉、安心な寝床、安心して食べることのできる環境…それらはすべて人の手に委ねられる、人の世界のモノです。

私たちニンゲンは、その人の世界の安心で安全なモノを犬に提供し続けるためにも、彼ら同族たちの様々な言葉に耳を傾けていく必要があるのではないかと、犬の砂場を見ていて思うのです。

4_large

毎回、犬たちの交流から学ぶことの多くは、人と犬のつながりにも生かしていけるのですから。

ホワイトシェパード、Bちゃんの変化。

23_large 前回のW・シェパです。

集合場所に入ってきた時から、地面の匂いを嗅いでいました。

ほんとうのカーミングシグナル(以下CS)の場合は、シグナルを送りたい相手をチラッと見るようです。このことを忘れないで、今後のこの子のシグナルにご注意くださいね。

前回の参加者さんも、この子の変わりようには( Д) ゚ ゚でした。

会いしなから、誰彼かまわずのガウリと突進があったのですが…誰も信じられないくらいの変わりようです。

61_large 場所が変わっています。

チェシアに挨拶しようと近づく、シェパのBちゃん。

頭を下げつつも、目はチェシアを見ていますが、以前のようなとんがった目つきも、緊張の背線、筋肉もありません、全体に緩やかでしょ。

いつも頭が上がりっぱなしのようだったBちゃんですが…この日はCSがよく出ています。

このあと、誰もがBちゃんの成長を目の当たりにするのです!

62_large 突進していたなんて…信じられます?

横から回り込む犬のご挨拶。

それもこの場を上手くやれるという、自信に満ちています。

正面切ってではない、Bちゃんの真実の犬語です。

Bちゃんは、同族を求めていたんですね。

でもどうやっていいのか分からなかった…ほら、このブログ内でもあった「やさぐれブルーケリーのランディ」を、思いだしませんか?

友だちほしい、同族ほしい…でもうまく言葉をかけられない。

リデルにブッと飛ばされてもリデルの側をつきつ離れずだったランディ。

ただその犬語があまりにも乱暴だからご家族だって、ランディは同族を求めているかもしれないけど、その確信が持てなかった…。

その真実を伝えたのは、同族のリデルだったんです。

68_large 『ほら、匂いをかんでみて…heart01この間、お会いしたわよね~heart04

この瞬間に感動するニンゲンがいることを知っていますか?

特に対犬で悩んできた飼い主さんによっては…( ´;ω;`)ブワッと感動の涙だったりするの。

Bちゃんの飼い主さんのやさしいリード使いも見てくださいね。

自分の犬を信じるって、大切ですね。

70_large ほら、やさしい子だったんだね~。

本当は、こうした交流を持ちたかったのかもしれませんね。

上の画像のナンバーが若いから、Bちゃん、年下のチェシアに先に匂いをかがせてくれたのかもしれません。

その子の真実の犬語を知る手がかりを教えてくれるのモノ…それがTeaching Dogかもしれません。

25_large

他の子にあっても、緊張していませんね。

素知らぬふりの柴女子への配慮ある、Bちゃんの犬語がすばらし~のよ!

26_large

柴女子が顔を向けたら、フッと、顔をそむけてくれました。

犬語のマナーが、蘇ってきているのでしょうかね?

53_large

前回、躊躇いもなく突っかかっていったリデルに対しても…頭は下げども耳が…しっぽがやや緊張の度合いを示していますね。

さて、Bちゃん、どう出るのか、と、止めずにこの犬語の完結を待ちました。

『あんたっ!前にも言ったわよねっsign01』と、威嚇するリデルに…

54_large_2

『落ち着いてください…前回のわたしと違うのですから…あなたの気分を悪くするつもりもありませんから』と、CSを送るBちゃん。 

そのシグナルを受け取るリデルの体には、上の画像に観るようなシグナルは見られない。

言葉を発る相手、そして、その受け手にもその犬語を読み取り、相手のシグナルに合った犬語を返すことができなければ、やはり、その犬の犬語は廃れていくような気がします。

Bちゃんがわずか一回だけのリデルやチェシア、また前回来てくれた犬たちから学んだことは、いったいなんだったんでしょうか?

飼い主との信頼関係がないから、他犬にに対して突進や威嚇をする…と、、言われたら、誰だって犬との信頼関係をもっともっと強くしようとするでしょう。

でもその方法は、人と犬の絆は強くできても、根本的な同族との平和的な解決を望むつきあい方は学べないのかもしれません。

55_large 飼い主の後ろに回るBちゃん…。

『わたし、うまく、できたでしょ…』と、報告しているようですね~。

これが飼い主というニンゲンを信頼しているという犬なりの表現だと、へちまこは思うのです。

講読者のみなさん、この場面を、記憶にとどめて置いてくださいね。

リデルもへちまこに視線を送っています。

先ほどのことは、もう、なにも感じていないようですね。

Bちゃんが憎いとか、嫌いとか、そういった情動で、リデルは最初の威嚇のシグナルを送るわけではないように思います。

単に、スペースに気をつけろと言っているだけなのです。

56_large

おたがい、匂いを嗅ぎながら離れていきました。

敵意や攻撃性など、微塵も感じられない大人な犬の出会いと別れです。

リデルは確かに手厳しいTeachingを行う犬です。

子犬として判断する時期にも曖昧さがなく、11ヶ月のチェシアにもかなりの厳しさを見せます。

だけれども、その厳しさを嫌うこともなくリデルと行動を共にする喜びを追い求めます。

ニンゲンがそんな厳しさを持って犬にあれやこれやすれば、とたんに不信感を募らせるかもしれません。

だけど、それをわずかな時間でやってのけるTeaching Dogの世界には、人の英知の及ばないロマンがある、と、思い続けたい、へちまこなのです。

24_large

そして、Bちゃんの飼い主さんのBちゃんを見つめる優しいまなざしや、他の犬との交流をBちゃんなりに楽しむようすをニコニコ顔で見守る姿が、この日はたくさん見ることができました。

それに伴ってなのか、Bちゃんの自分の真実を語る目が忘れられないのです。

はたして、Bちゃんは犬としてHappyになれたのでしょうか?

そして、Teaching Dogは、BちゃんをHappyにできたのかしら?

どうでしょうか?

講読者のみなさん…happy01

犬に戻れるなら、犬として自分を見つめ返す機会を与えられるなら、ヒトは少々寡黙であってもいい、そんな気がした、BちゃんとTeaching Dogたちとの出会いでした。

…続きます。

リードの扱いを良く観てくださいね~ヽ(´▽`)/

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« 犬との暮らしはすばらしい~。 | トップページ | 犬の砂場…より。 あなたの犬の立ち位置。 »

」カテゴリの記事

コメント

トレーニングの変更はどうなりましたでしょうか?

正しい使い方?製造者の許可は取っていますか?

はじめまして、サイバー警察さん。

コメントありがとうございます。

またご心配いただき、まことに感謝いたしております。

製造者というのは、サリー・ポプキンス氏のことということですね。

サリーはこのハーネスの使い方に関しては何のレクチャーも致しておりません。
だから正しい使い方というのはないかもしれませんが、私が、幾度かSessionを受けさせていただいたアンジェラからはこのハーネスの利点を教えていただいております。
それに関しては、このハーネスを使用する犬飼い人さんたちにお伝えしていこうと思っております。

それから、つい先ごろ、私の運動や活動に賛同してくれた友人の経営コンサルタント会社が英国のサリーの会社とホールセラーの契約を結んでくれました。
これで、国内で売られるどの小売店より、お安くみなさんにおわけできるようになりました。

私は、このハーネスの売り上げで生活するつもりは毛頭ございません。
取りあえずは売上金のほとんどを使って、全国のセンターにプレゼントしたいと思っております。

それから、サイバー警察さんは、公的な機関、つまり警視庁におけるサイバー犯罪対策室というところの方なのでしょうか?サイバーテロ、詐欺、迷惑メール等の捜査、摘発をするところですよね。
もしそうであれば、部署と氏名ぐらいは実名でお願いしたいところです。


FLHをこちらで販売されると、とてもお困りな方がいるようですね。

↑のような、別に回答する必要もないようなコメントは、とっとと消しちゃっていいですよ。
だって、正当な質問のフリした煽りコメントだもん。

そもそも、通販してないのに、特定商取引法に基づく表記は必要ありませんし、もし立場的に表記したいなら、連絡先はフリーじゃないメアドで充分です。

通りすがりさんへ。

へちまこもいろいろ調べてみました。

そして、通りすがりさんのいうことが確かでである、と、確認しました。

ご助言、ありがとうございます、とても参考になりましたm(_ _)m

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/53371430

この記事へのトラックバック一覧です: フリースラインドハーネスTraining Session2 ようこそ犬の砂場へ:

« 犬との暮らしはすばらしい~。 | トップページ | 犬の砂場…より。 あなたの犬の立ち位置。 »

最近のトラックバック

カテゴリー