Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« ジャーキーメーカーって、知ってる? | トップページ | 犬との暮らしはすばらしい~。 »

2011年11月21日 (月)

ゆるやかな死が迎えに来るまで…

アリスは 近ごろ 先生の所で 毎日点滴を打ってもらっている。

もう、アリスの肝臓はぼろぼろらしい・・・

肝数値も死んでおかしくないほど 高値で いつ黄疸がでても

おかしくないらしい・・・

先生が言うには 肝硬変だろうが、肝がんもうたがわれるけど

もう開かなくていいよね?

と、いった。

当然!

年寄りで心臓の悪いアリスに、開腹手術を希望するのは ヒトのエゴだと思うから・・・

入院させるか、それとも毎日点滴に通うか?

と、いう先生の言葉に

毎日通う!と、即答した。

だって入院なんてさせたくない。

アリスの時間はもうそんなにないのだから

だったら、なるべく長い時間 いっしょにいたいから…

先生は留置針にしてくれて

少々、管理が難しいけど これで何か急変してもすぐに処置ができるからな

と、 安心させてくれた。

69549350_org

毎日点滴に行っているというと

大概の人が、お金大変ね、と、いってくれる。

犬ともだから、こういう場合の経済的なことは気兼ねなく言える。

うちも貯めとかなくっちゃ・・・

保険に入らないとね…

ほんとうにそうだ。

ぶっちゃけ いくらはらってるの?

ああ、そうよね

気になるはずですよね。

毎日、点滴を打つ 週に一度の血液検査、点滴に入れる薬・・・毎日飲む薬

それも アリスの死が緩やかに訪れてほしいからだ。

痛みやくるしみや 飢えや渇きを最小限にしてあげたい。

眠るような死が

ゆるやかに

アリスに訪れることを

切に願っている…。

« ジャーキーメーカーって、知ってる? | トップページ | 犬との暮らしはすばらしい~。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆるやかな死が迎えに来るまで…:

« ジャーキーメーカーって、知ってる? | トップページ | 犬との暮らしはすばらしい~。 »

最近のトラックバック

カテゴリー