Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« 強いものに魅かれちゃうんだよね~犬だから。 | トップページ | ディケアセンターのみなさん、お久しぶり! »

2011年12月14日 (水)

トップをねらえ!自己顕示したいねン…

39_large_4
そして、またひとり、果敢なチャレンジャーが…

リデルのこの顔つき、耳の前向きさ加減なら、遊んでくれそうですが…

みかんちゃん、少々、腰が引き気味ですね.

なに?そこのガール…と、かなりの上から目線なリデル。

40_large

みかんちゃんもリデルが気になるヒトリです。

どうにか、挨拶をしたいと思ってはいますが、リデルが緊張を与えてしまっているかな~

できるなら、遊びに誘いたいとも思っているかも…。

リデル、只今、自分の家の荷物の番を自主的にやってくれています(余計なお仕事ですが)

犬たちのあいさつひとつとっても、バラエティーに富んでいて見飽きることがない、と、思うのですが…。

そして、その子なりのあいさつの仕方があって、へたくそ(犬んたちの典型な挨拶見本じゃなくても)であっても、一生懸命、同族とのコミュニケーションを取ろうとするのを見ていると、なんだか、涙が出てくるときがある、へちま子なんです。

41_large

ううう~~、緊張するゥ(゚ー゚;、と、ばかりに身震いするみかんちゃん。

でもよく観ると、リデルはみかんちゃんに興味があるようです。

ここでバウなど繰り出せば、乗ってきそうなリデルですね。

リデルは犬男子にはキビいしいですが、みかんちゃんのような可憐な柴乙女の誘いなら断らないことが多いです。

42_large

この後、リデルが何かに興味を持ったみたいで、ひょんと…

それに驚いて逃げてしまったみかんちゃんです。

で、その後遠巻きに視線を送る柴犬さんたち。

45_large

全体図はこんな感じ~

柴犬さんたち、気になるんですね…リデルが。

46_large

ほら~( ´艸`)プププなんだか気になる…。

47_large

で、そこへ、G・シェパのレオンくんが…

『ごあいさつにをば、参じてまいりました』と、近づくも…

一応、頭を下げるようなしぐさ(相手を受け入れるご挨拶)をするリデルですが…

『なにしにきたのよ』と、言っておりますね。

たぶんこの前にもリデルに近づこうとして、来なくていい、といわれていたレオンくんの再チャレンジです。

48_large

怪しいもんではありません…と、CSを出しながら近づくも

リデルもCSでかわそうとしています。

でもね、この軽い無視、近づくな…のシグナルですよ。

49_large

それでも接近してきたレオンくんに、あからさまな嫌悪をみせるリデル。

レオンくん、長いこと、訓練所で暮らしていたそうで、少々、KYです

レオンくん、距離の取り方がいまいちなんです。

50_large

嫌悪から、積極的な排除勧告がなされています。

リデルの 『それ以上近づくな』…の、ボディランゲージです。

優位性のあるボディランゲージですね。

レオンくんのしっぽの揺れ方、ストレスを感じているかな?

同族とのつきあい方を学びたいなら、犬が受けること程度のストレスぐらいは自分で乗り切らねばね…レオンくん!

でもこのストレスを、ヒトが過剰になりすぎて、早急に介入をしてしまうようなことはしない方がいいでしょう。

レオンくん、視線や頭がリデルより上にならないように気を使っていますね。

地面の匂い嗅ぎのCSを連発しています。

自分で乗り切れそうですね。

ここでリデルがレオンくんを本格的に排除しようとするのは、過剰反応でしょう。

リデリは,レオンくんのCSをよく読んでいるし、それを受け入れていますよね。

そして、レオンくんに警告を与えています。

51_large

『うあああ、ヤバイヤバイ』 (A;´・ω・)アセアセな、レオンくん。

…(;;;´Д`) いえいえ、ただのとおおぉ~~りすがりでして

52_large

失礼いたしました~、とばかりに退場する、レオンくん。

見ないように見ないように、遠ざかるレオンくんでした。

上手く自分で切り抜けたようですね、うまいぞ、レオンくんヽ(´▽`)/

たとえば、ここで人が介入したら、この犬語の完結は望めなかったでしょう。

で、みなさん、なぜこれを記事にしたかというと、チェシアとB・コリーちゃんのSession…

わめいて相手を排除しようととしたB・コリーちゃんの言葉には、チェシアは、恐れずにチャレンジしてましたよね。

チェシアが何をわかっていたか?

それは、本当に怖いシグナルを知っていたからなんですね。

リデルは、わめかない…わめかない場合の方が、より相手はクール。

B・コリーちゃんがわめかなくなってから、チェシアの言葉も大げさにはならなくなりましたよね。

そしておたがいが相手を穏やかに受け入れていました。

どんな犬にもニコニコで応対できるのが、いい犬なのか?

へちまこはリデルに出会ってからずうーーと、考えています。

そして、アンジェラがいう、その犬の真実の犬語のことを…

そして、TEACHING DOG と、いう存在を…

では、まだ続きますので、飽きずに見てくだされば本望でございますm(_ _)m

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« 強いものに魅かれちゃうんだよね~犬だから。 | トップページ | ディケアセンターのみなさん、お久しぶり! »

犬の砂場 Dog Communication Class」カテゴリの記事

コメント

KYレオンの保護者です(^^ゞ 解説有り難うございました。
とてもよくわかりました。

おっしゃってくださった距離のとり方って、これなんですね。
ボーッと見ていたので、アセアセのレオンの耳が真後ろを向いてる(^m^)のしかわかりませんでした。
指示待ちを訓練された犬は、他の個体との距離のとり方が下手って
なんだか、人間の育ち方に似てますねー。(ちょっと、ため息ですけど)

写真を見直すと、レオンの目が結構必死だったのがわかりました。
というか、私も必死にリラックスしようとしてたから、当然ですね。
犬の砂場、すごいです。


れおのはさんへ。

当日は、とても長い時間おつき合いくださり、ありがとうございました。

レオンくん、深窓のご令息?という感じのシェパさんで、やさしい子でしたね~。

KY、いいすぎていたらゴメンナサイ
でも、仕方ありませんよ。
知らない世界は知らないんですもの。
これから少しずつ、いろんなつきあい方を知ればいいんですから。

レオンくん、相手を知りたいという意欲がありますから
自分でその道を拓いて行けそうですが、読みが浅いところもあるので
その部分は、れおのはさんの早めの介入が必要だと思います。
繊細なことが多い、シェパさんたち、あまり深手を負ってしまわないように
気をつけてあげてくださいね。

レオンくんの出会いから2番目の写真ぐらいの状態になったら、介入してみてくださいね。
相手のボディランゲージやシグナルをよく観て、レオンくんを受け入れようとしているのか
スルーしようとしているのか、見極めてくださいね。

また「犬の砂場」に、ご参加下さいませ。

へちまこさんへ

KY、全然気にしていませんよ。ホントのことですから。
レオンにそこらへんをわかってほしくて「犬の砂場」に行ったのですもの。

こんなにスッキリ解説していただいた上に
さらに介入のタイミングまで図解入り(?)で
教えて下さってありがとうございます。

実は、レオンがやっとほかの犬に近づくことができるようになったのに、
私の方が、どうしていいのかわからないことも多かったのです。
そういう気分をレオンが感じ取っているんじゃないか、と思われる節もありましたし。

これからは相手の犬のサインに気がついた時には、自信を持って介入しようと思います。
気がつくかどうかが多少問題かも、ですが、
それはまた、人間も楽しい「犬の砂場」で学ばせて下さい。
今度は、私がもう少し(レオンに気取られない程度には)リラックスできるといいな、と思います。
どうぞよろしくお願いします。

あ、「ちょっとため息」は私がレオンにしてきたことを色々思い出しちゃったからです。
普段は都合よく忘れているのですけれど。
だからKYという言葉のせいではありません。消しとけばよかった。

ちょろっと言い訳&お礼したかっただけですので、お返事はご心配なさらないで下さいませ。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トップをねらえ!自己顕示したいねン…:

« 強いものに魅かれちゃうんだよね~犬だから。 | トップページ | ディケアセンターのみなさん、お久しぶり! »

最近のトラックバック

カテゴリー