Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« 2012・2・17の犬の砂場 相手の匂いを嗅ぐということ。 | トップページ | 犬同士で分かち合えたもの。 »

2012年2月25日 (土)

2012.2.17の犬の砂場 頭を下げるということ。

1_large

さて、近ごろチェシアのωに押されて影の薄い感が否めないリデルですが、チェシアとはまた違う様子で犬たちとの交流を楽しみます。

チェシアのように腰の低さはありませんが、リデルが気になる子は礼儀正しい子が多いように感じます。

また不安定な怯えを見せたり、やたらな興奮、またやたらな腰の低さを見せながらの押しの強いタイプにも手厳しい場合があります。

なぜか、犬は基本興奮するモノが嫌いなだけ…(-ε-)

さて、リデル…今回気になる子が…

2_large ケリーブルーのアリアンロッドちゃんです。

テリヤ特有の興奮性の高さもない、落ちついた子です。

オスワリをして、自分をアピる、リデルですが、アリアンちゃんの顔は直視してません。

アリアンちゃんもリデルが気になるようですが、直視はしていませんね。

3_large

リデルが歩み寄ろうとしています。

アリアンちゃんは少し緊張ですね。おしっぽが上がっています。

リデルは…口は軽くあいけていますが口角は下がっています。

しっぽもなだらか…。

脚への力も入っていませんし、均等に立っています。

背線は緩やか…。

アリアンちゃんは、相手が嫌だ、とは語ってはいないようです。

ねっ、今からそちらへ行くけどいいかしら?と、聞いているのがリデルです。

4_large

少し歩み寄らせました。

リードの抑制を受けてますので前のめりな状態ですが、頭部は下がっています。

アリアンちゃんも少しリデルへ進んでいます。

アリアンちゃん、犬語が上手です。

視線をずらしてるでしょ。

5_large

アリアンちゃんが歩み寄りだしました。

リデルはオスワリしなおし、ようこその迎え入れの状態になりました。

オスワリね、このオスワリもファイティングポーズのオスワリがありますね。

頭部を高々とあげ、胸を張るオスワリですね。

ここは私のテリトリーだと、主張する場合などは胸を張ります。

リデルはアリアンちゃんに対して努めて脅威を与えないようにしています。

でもお互い緊張はしていますよ。

新しい仲間に出会うんですから…人だって緊張しますよね。

でもその緊張がよい緊張であるなら、はじめましては成功します。

6_large

このフタリのあいさつ行動は、高度な犬語を駆使しています。

すばらしい一瞬のできごと…ルークママさんの感性の賜ですね~

7_large

匂いをかんでいい、と、リデルが頭を下げています。

目も閉じています。

こういった行動を妨げるのがカラー(首輪)なんです。

頭を下げたくてもさげれない状態…つまり、犬語本来が持つ意味を変えてしまう道具が人間の道具なんです。

自然な犬語を話せる、犬語の流れを妨げない…これが犬たちにとってどれほど重要なことだとわかってきたのも、リデルという犬をとおしてきたからだと思います。

アリアンちゃんは少し押されていおるようですが、怯えないのはなぜか?

リデルの頭部が自分よりも下がっているからなんですよ~。

自分の匂いをかんでもらって安心させようとしているんですね。

必ずしも、相手のお尻の匂いを嗅ぐことが挨拶ではないんですね。

リデルもアリアンちゃんも、

まぁ、そこまでしなくても気があいそうね、わたしたち、という関係です。

リデルはアリアンちゃんと友だちになろうとしているんですね。

8_large

フッと緊張がほぐれて、遊びに誘いあうフタリ。

大人な遊びへの勧誘です。

(リードの抑制がジャマですね、ごめんなさいおフタリさん)

こういう場合はほかの犬は入れんません。

チェシアはおせっかいな犬ですから、抑えてあります。

9_large

いいですか、興奮して遊んでるわけじゃないんですよ。

交流を深めてるんですよ。

大人犬だって、遊ぶ時には遊びますが、それは若い犬よりは洗練されているように思います。

10_large

子犬や若い犬、あとラフPlayな遊びと比べると、遊び方が安定しています。

ボーちゃんの写り込みがおもしろいです。

11_large

覆いかぶさろうとか、相手を抑え込もうとか、大げさに走りまわろうとはしていません。

ごく狭い範囲での動きばかりです。

13_large

そう、あんたの出番じゃないのね。

このフタリが交流を持つ時から、へちまこは犬払いをしておきました。

ここへこの黒い子が入れば、せっかくの出会いが壊されてしまいます。

スプリッテイングアップをさせればいいってもんじゃないんですよ。

14_large

あっさりと終焉を迎えたリデルとアリアンちゃん。

大人犬ですね~(*^-^)

チェシアは、少々、おもしろくないかも~。

チェシアは焼きもちやきなところもあるので、それは調整しなくてはなりません。

多頭飼いの場合、自分の家族として扱うあまりに同居犬の自立を妨げる場合があります。

37_large 小助くんのバディ、紅緒さんです。

紅緒さんは、他の子との交流を楽しもうとしますが、小助くんがそれを妨げようとします。

吠えて抗議します。あそぶなーーー、危険だーーーー、だとは思いますが…

38_large

危険な相手ではないと紅緒さんは自分で判断できるし、判断できるようにしなくてはね。

多頭飼いの場合、自立の芽を摘ませないようにしてあげてくださいね。

このとき、小助くんはスリングの中に確保です。

多頭飼いの場合、一頭ずつのお散歩が大切なことはこういうことも含むんですよ。

いつか、俺は俺、あいつはあいつ、まぁ、危険じゃないならいいだろう…と、自立することはお互いを、respectしているってことでしょうから。

40_large

紅緒さん、遊び好きみたいですね。

だけど、気をつけて…小さい子はその動きが狩りの対象になりやすいのね。

チェシアは小さい子との遊びには慣れていて、狩りの対象では観ないけどね~。

55_large 

犬たちのあいさつ行動、ひとつとっても、そのすべてがお手本どおりっていうわけではないの。

愛らしかったり…

18_large_3

少々、強引だったりして。

まだ修行が足りなかったり…

だから犬の砂場での出会いが必要なのね。

66_large_2   

直接触れあわなくても、相手が何をしてほしいのか…

どうしてほしいのか…

それがわかれば おたがい 平和なんだもの…

68_large

側にいるだけで、わかりあうなら、それでいいよね。

だって、そういう動物だから

わたしたち…。

70_large

だって わたしたち 犬なんだから・・・す・て・き

ヒトのような ややこしい 言葉は理解できないけど

わたしたちには わたしたちの言葉があるんだから

それは とても fantasticな ことなのよね

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

この回終わりです。

明日は、FLHTraining Sessionと「犬の砂場」が開催ですよ。

参加者さん、どうぞよろしく~~~ヽ(´▽`)/

では、またお会いしましょう

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« 2012・2・17の犬の砂場 相手の匂いを嗅ぐということ。 | トップページ | 犬同士で分かち合えたもの。 »

犬の砂場 Dog Communication Class」カテゴリの記事

コメント

先日初めて参加させていただいたアリアンの飼主です。
お世話になりました。
写真を見て、あの短い時間(私の感覚だと1分くらい?)の間に
リデルちゃんとアリアンは実にたくさん語り合っていたのだ、ということがわかりました。
あのとき、私はリードが張らないように気をつけるだけで精一杯でした^^;
写真をたくさん撮ってくださったルークママさん、ありがとうございました。
アリアン、ちゃんと犬語が使えているようで安心しました^^
機会がありましたら、また参加させてください。

昨日はありがとうございました。
終了間際に黒白連れて襲撃って感じでしたね(笑)すみません(^_^;)

写真、あれだけの枚数を撮っても、悲しいかな素人、なかなか良い写真は撮れません。でも使ってくださってありがとう。
これからもただただやみくもにシャッター押しますので、よろしくです(笑)

だんごさんへ。

過日はお疲れさまでした~。
こちらこそお気づかいできないこともままありまして失礼をばいたしました。

〉写真を見て、あの短い時間(私の感覚だと1分くらい?)の間に
リデルちゃんとアリアンは実にたくさん語り合っていたのだ、ということがわかりました。

そうですね。
本当にわずかな時間なんですが、あの日のフタリはたくさんのおしゃべりをしていたみたいですね。
すばらしいことです

〉あのとき、私はリードが張らないように気をつけるだけで精一杯でした^^;

だんごさん、上手でしたね!
怖くなって引いてしまう方が多いのですがうまく対応できてました

〉写真をたくさん撮ってくださったルークママさん、ありがとうございました。
アリアン、ちゃんと犬語が使えているようで安心しました^^
機会がありましたら、また参加させてください。

ルークママさんにはいつも感謝です。
カメラの腕前がますます上達してきていますね~

アリアンちゃんは大人な犬なんですね。
大人な犬同士のおつき合いができてますもの。
それにとても安定した気質のケリーさんでした(・∀・)イイ!

是非、またご参加くださいね。
お待ちしておりますので。

ルークママさんへ。

いえいえ乱入、大歓迎でしたよ~!

写真、犬たちのことを撮る、腕前は確実に上がってきてますよ(僭越でごめんね~)
そして、欲しいシャッターチャンスがわかってくると、犬たちの話す言葉の中でも重要な言葉がピンポイントでわかってきたりするのよね。

だから、バシャバシャ、今後もお願いいたしますo(*^▽^*)o

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012.2.17の犬の砂場 頭を下げるということ。:

« 2012・2・17の犬の砂場 相手の匂いを嗅ぐということ。 | トップページ | 犬同士で分かち合えたもの。 »

最近のトラックバック

カテゴリー