無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« もうすぐ春になるね。 | トップページ | 事件名:動物の愛護及び管理に関する法律違反(わ)第589号 »

2012年2月13日 (月)

Liddell The Teaching Dog 131 紀州犬ロクの怖いモノ。

ちょっと、ブレイクの記事におつきあい願いま~す(^-^)/

2月10日、お台場で出会った白い彼が遊びに来てくれました。

兄貴分のリキ君も一緒です。

“遊び”と言っても、まあ、そこはリデルとですから~_(^^;)ゞひと波乱もふた波乱もあるわけです。

Dcim0026_2  白い彼は紀州犬。
彼の名はロク。
スレンダーなボディですが、屈強で怖いものなどなさそうな逞しさは十分醸し出しています。

小柄な兄貴分、柴犬のリキくんです。

リキくんは、未去勢の柴犬2才。

2才の割には大人な犬で、生まれながらしてこうしたタイプの柴犬さんだと思われました。

リデルに対しても、君子…危うきに、という感じで、リデルの威嚇にも何気なくスルーできる柴犬男子ですが、ロクのピンチにも力を貸すということはありません。

どちらかというと、こいつとは関わりたくございやせん…と、言う感じの関係に見受けられました。

2歳近くになるロクは血気盛んなお年頃です。

その若オスロクが、リデルのTeachingを受けると、どうなるか?

同族のチェシアから庇われながら、さまざまな対処を学んでいく様子は、人が教える犬語の限界って、こういうことなのね~、と、思わずにいられないのです。

さて、ロクとリデルの最初の出会いはお台場でしたが、そこはお互いにアウェー。

そしてその日はTeachingという仕事をさせる日でもありません。

再会した2月10日…ここは完全にリデルのホーム。

そうそう、たまにメールでリデルと私の交通費用と宿泊費を出しますから、こちらへTeachingに来てほしいのですが、というありがたいお誘いがごくたまにあるのですが、リデルがすんなりTeachingをしてくれる確率からいくとホームが一番なんです。

どこかに移動すると、リデルも生き物ですからその場所になじませるということをしなくてはなりません。

せっかく馴染んでも、リデルがやりたくない、気が載らない、どうでもいい…となってしまうことも多いのです。

競技会訓練のように人が強要することができないこと、それが犬による犬の社会化になります。

犬語のカーミング・シグナルは人の教えることのできる犬語だと、へちまこは思っとります。

でもそればかりではない犬たちの言葉。

犬の社会は犬しか教えることはできない、ヒトは手助けだけ。

犬がその手助けを望んできたら、特にロクのような怖いもの知らずだった若オスが、退き、回避し、飼い主さんの後ろへ下がりだしたとき、そこでニンゲン語で手助けすればいいのですから。

ロクはリデルとの再会の時に、うーさんと共にジグザグに歩み寄ろうとしていました。

が、ただそれはリードによって誘導されている、という感じでした。

彼、ロクの本当の言葉ではありません。

そのまま好きなように、犬任せにしていいと伝えると、ロクは一直線に駆け寄りました。

リデルは少し前から近寄ってくるロクに自分の存在を見せつけていました。

へちまこから少し離れ、そこで仁王立ちをしています。

リデルはロクが駆け寄るのを観ると、ダッーとロクめがけて駆けだし、ロクの目の前でガっしと前脚を広げ立ちはだかりました。

「止まれ、だれだ、お前はsign03

チェシアはヒャンヒャンと自分も行きたいと訴えますが、チェシアの出番ではありません。

大人のメス犬が近寄ってきてくれた~、と、期待に胸が膨らんだかもしれないロクでしたが、リデルの匂いを不躾に嗅ごうとして、激しい威嚇にあいます。

「頭もろくに下げることを知らない、この若造がっpunch

一応、言いかえすロク (´Д`;≡;´Д`)アワアワ ですが、リデルの迫力に押されてしまいます。

へちまこたちがよく言う、ぶっ飛ばしo(#゚Д゚)_‐=o)`Д゚)・;ですね。

今までロクの犬生で、ここまで激しく拒絶の犬語の洗礼は受けてこなかった~かな(;´▽`A``

助けに放したチェシアのスプリッティングアップにも気付かず、チェシアに歯をあてる場面も(ご心配なく想定内ですし歯が当たったくらいですから傷ついてませんから)

Dcim0027

その後は、リデルのパーソナルには近寄らないように極力努めてましたね。

↑の写真は、なるべく見ないように努めるリキくんです~カワイッ( ´艸`)プププ

しかし、生意気な目つきをすれば容赦なく威嚇され、脅かされます。

また挙動不審な目つきでリデルを観れば、これまた諌められます。

チェシアにマウンティングしたい素振りを見せますが、リデルの目が気になりできない。

すばらしぃ~(えっ、リデルが怖いだけ?(^-^;))

やめといてよかったよ~ロクぅ~。

これもん、ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;だわ~。

その本能的な部分もロクは我慢できるんですね。

これは何を意味しているか?

ロクが自分の思い通りにならないことを我慢する、あきらめる、ということを自分で選択しているわけですよね。

だから、うーさん、ロクのオス犬への突進は止められるのですよ。

がんばってくださいね~happy01

その後も、ロクはチェシアにかばわれ、チェシアには匂いも嗅がせてもらえるし、いっしょに走りっこもできる…

けど、今までおそらく周囲に気を使うということなど皆無だっただろう、ロク ( ̄ー ̄)ニヤリ

走りだし興奮してリデルの存在を忘れて迂闊に近づけば、やはり威嚇されます。

こうして何度かの犬同士のやり取りの中、ロクはリデルに威嚇されそうになると、自ら、引きさがり、飼い主のうーさんの後ろへと退くようになってきました。

そうそう、それでいいのよ、ロク。

あなたを一生涯守り、かばい、ヒトの社会への扉を開けてくれて、犬とは違う安心と安全を提供してくれるのは、うーさんなのよ。

忘れないで…ね。

犬同士のつきあい方にもいろいろあるでしょう。

ロクが、チェシアのような柔軟な情動の持ち主の同族と付き合ってばかりでは、何がいけないことか、いろんな個性を持つ同族と付き合うということはどういうことなのかは、学べないかもしれません。

それに無理ですよね。

我々ニンゲンが、犬女子とはこうしてお付き合いしなさい、なんて教えられませんもの。

そんなことさえも教えようとする、いや教えられると思うニンゲンがいるとしたら、それこそ人間の犬たちに対する奢りだと思うわ。

14_large

では、また、あ・そ・び・にきてね~、ジェントルメンになってきてね、ロクちゃんheart04

まってるわよ~ By リデルkissmarkheart01щ(゚Д゚щ)カモォォォンsign03

うーさん、主さん、いろいろとありがとうございました。

そしてこの日はお疲れさま~ヽ(´▽`)/

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« もうすぐ春になるね。 | トップページ | 事件名:動物の愛護及び管理に関する法律違反(わ)第589号 »

」カテゴリの記事

コメント

リデルさん、チェシアさん、へちまこさん、主さんありがとうございました。
ロクにもおっさんにも、意味のある時間を与えていただきました。
リキのことも、改めてよくできた子だなぁと感心しきり。今回は何も用意せず身体ひとつでお越しください、とのことだったので、言われるがままにのぞみ、今になって 何を目指すのか?どこへ行こうとするのか?少しだけ見えてきたような気がします。
今後も犬たちと楽しい時間を過ごしていくために、おっさんも努力していく所存です。

  本日ノーリードの犬と出会い頭に遭遇し、逃げようとしたのですが追いかけられて、ロクのスイッチが入ってしまい、またもや捕獲。口をこじ開けようとしたのですが、2,3分離しませんでした。
 離した後、おっさんに何かするわけでもなく いつも通りの散歩になったのですが、ここ数日のロクの行動が良かっただけに、3歩後退してしまった気分です。

Mrうーさんへ。

こちらこそ、ありがとうございました。

前記事へのコメントも重ねてありがとうございます。

犬の問題行動というものは、飼い主さん本人が問題としていないなら、その子には問題はございません。
犬は自分が問題を起こしているというジレンマはありませんから…。
ただ、その子がヒトの社会で暮らすには、その行動が犬自身にストレスになるということが問題になる場合はありますが。

さて、今回のロクちゃんのノーリード犬との遭遇ですが、もうこれはノーリードの犬の飼い主の管理が悪いのですから、正当防衛です。過剰防衛というなら、その犬が怪我を負っている、その怪我が致命傷である、ということがないなら、過剰防衛ではないでしょう(犬社会)そしてくわえた時に相手を振って息の根を止めようとしたかどうかです。
相手に怪我もなく、その後もロクもごく普通の状態でしたら、ロクは相手の行動を止めたにすぎないと思います。
人だって、追いかけられて殴りかかられたら、度胸のある人なら迎え撃つぐらいはあるでしょう。
その腕を抑えてることもあるでしょう。
犬は人のようにその手がない…だから口になってしまうに過ぎません。
逃げ回る犬もいれば、ケンカを買う犬もいるわけです。

ロクは、リデルに対しては一目をおける犬でした。
もし、ロクが本当にケンカ好きな危険な犬なら、リデルはすでに咬まれていたでしょう。
咬む犬はもうすでに咬んでいるし、相手に致命的な傷を与えます。
あの日のロクにはそれはなかったのですから。
噛みつきの抑制はできているものと思われました。

ただ日本犬の場合、いざとなったらやるっ!ということは忘れないでおいてください。
いざとなったらやるロクですから、いざの時にはうーさんの声が届くようにトレーニングしておいた方がいいと思います。
うーさんがやるなっ!といったら、やるななんです。
リデルに教育的指導を受けた時に、ロクは退きましたよね。
私はオス犬を未去勢で飼うなら、特にロクのようにやるときはやるオス犬には、断固とした飼い主の意思の強さをしらしめる必要はあると思っています。
リデルのロクへ対する行動は、そのヒントをたくさん教えてくれていたんですよ。
思い出してみてくださいませね。

 ありがとうございます。
 ロクが首を振っていなかったのは、リデル姉さんのおかげでしょうか。
 少し安心できました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/53961817

この記事へのトラックバック一覧です: Liddell The Teaching Dog 131 紀州犬ロクの怖いモノ。:

» 第20回 代々木お散歩会 〜1度の経験の重み〜 [【紀州犬】犬と歩けば棒にあたる!【一期一会】]
2012年2月24日(金) 代々木公園にてお散歩会を開催しました。 この日の天気はとても良かった のですが、 前日と翌日は雨という状況。 お散歩会は雨天中止になることは年に1度程度であることを 考えると、いつも天候には恵まれております。 今回の参加犬 歩子 (柴犬、9ヶ月、♀) レオ (チワワ、1歳1ヶ月、♂)  ..... [続きを読む]

« もうすぐ春になるね。 | トップページ | 事件名:動物の愛護及び管理に関する法律違反(わ)第589号 »

最近のトラックバック

カテゴリー