Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« “犬の砂場“のあたしたちとニンゲンたち。Splitting Up! ωという犬 続き。 | トップページ | もうすぐ春になるね。 »

2012年2月10日 (金)

Fleece Lined HarnessesのTraining Sessionより THIS WAY ごろーくんの場合

9_large_2ごろーくんです。

飼い主さんに対して敬意を払える、礼儀正しいごろーくんです。

日本犬と暮らす方は、日本犬もつ凛とした佇まい、他人にあまりなびかない性質が好きで、という方が多いですよね。

ごろーくんも洋犬とは違う静かな犬語を話す、日本犬らしい子です。

51_large
コタローくんとはガッツリと抱き合うほどの中の良さ?

おうおうっ 久しぶりじゃけんのぉ

よくきたのぉ

とは、いってはおりませんが、コタローくんに気味なごろーくんです。

83_large_2

あっちへ行きたいけど…

でも今日は、こっち(THIS WAY)に行きましょう。

ヒトの社会、いつもいつも犬たちの要求どおりにしてあげることは不可能に近い。

へちまこは、飼い主さんが犬との関係についてどうにかしたいと思わない限り、何かにつけての強制的な服従は必要ないと思っています。

でも共に暮らすのに、まったく意思の疎通がない、コネクションがないという関係は、犬と暮らす気持ちの上で、それは希薄すぎないかしら、と、思うのです。

84_large_2

呼んだ、母?

そう、こっちよ、今日はそちらにいかないの。

自然のまま、ありのままでもいいかもしれないけど、犬が困った時に、犬が躊躇しているときにこうした方がいいと、伝えることのできるニンゲンは必要だと思うのです。

85_large

リードさえついていれば、確かに安全ではあります。

何かあれば、リードを引けばいいし、固定すればいい…犬がその行動ができなければ、何の問題も起こりませんものね。

88_large

リードに頼り切っている飼い主さんとその犬たちを観ていると、犬の行動を信じてあげよう、ありのままでいていいんだよ、と、言いつつも、力が入ったリードの持ち方を観ていると、犬の行動をどこで止めるべきか、を、判断しかねているんではないのかと思うのです。

だから、つい、リードに力を入れてしまい、緩んだ状態が継続できなくなる、そんな気がします。

89_large

そして、犬が本当に迷っているとき、さぁ、こちらへおいで、こちらの世界へ戻っておいで、と、犬に伝える手段が、リードテンションだけ…というのも、なんだかなぁ~とへちまこは思うのです。

92_large

リードが張ったら、戻るから、リードが張る前に戻る…これを犬たちに教えてあげてほしいと思っているのですが、少々、余計なお世話かもしれませんが。

93_large

この日にみなさんとみなさんの犬たちにお伝えしたかったことは、リードが張る前に自ら飼い主さんにコネクトすることでした。

だって、みなさんのワンちゃんたち、リードが張ったら戻るはよくできてましたから(o^-^o)

94_large

たとえその第一歩が食べ物を使うことであっても、 その食べ物をうまく使えればいいのですから。

さて、最初の一枚目から、カンのいい人はここまで来て、ごろーくんと飼い主さんの大きな変化に気付かれたかしら?

すごいことなんですよ。

気付かれた方、へちまこからプレゼントです。

先着1名様、フリースラインドハーネス新品、差し上げちゃいます。もちろんサイズはあなたのワンコさんに合ったものですから、サイズを教えてくださいね。

もちろん、へちまこが思う、ごろーくんペアの小さいけどすごい変化だと思うところがあってないとダメですから~悪しからず(*゚ー゚*)

こうだよぉ~と思う方は、コメントでお願いします。

いろんな考えも、参考になりますから。

96_large ほら、ねっ

へちまこ好みの犬にしてほしいとは、つゆほどにも思ってはいませんが、せっかく犬と暮らすんですもの、どこか通じあうものってものがあってもいいと思うのね。

食べ物も(ごほうびですね)使い方。

いつでも、あげればいいってもんじゃなく、どこであげるかが効果的かってことや、犬のどんな行動を引き出したいのかってことをヒトが考えないと、いつまでも食べ物に頼る癖がヒトについてしまうと思うのです。

ここまで行動を引き出せたなら、次の行動にどうやってつないでいくかなんだと思います。

そうしていくうちに、たくさんの食べ物は必要ではなくなっていくのですから。

続きます。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« “犬の砂場“のあたしたちとニンゲンたち。Splitting Up! ωという犬 続き。 | トップページ | もうすぐ春になるね。 »

ハーネス&ロングライントレーニングについて」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
飼い主さんが犬を見なくなっていますね。
その分、犬の方から飼い主を見るようになってきているように思います。

はじめまして。
いつも楽しく拝見させていただいてます。

FLH、購入してみようかな~と思っていたところに、
プレゼントのお知らせ

いただけなくても、一応答えを考えてみようかな~と

耳の向きではないかなぁ~と思いました。
飼い主さんに、敬意を払える、礼儀正しいごろーくんだと思うのですが、
気持ちの中では、他の事への興味があって、情報収集してるような耳。

最後の写真では、しっかり飼い主さんに意識が集中している感じがします。
今、子犬育てをしているのですが、食べ物を上げる時にダラダラと与えて
いたように思います。
もっとタイミングを考えて、効果的にごほうびをあげなくてはいけませんね。
とても勉強になりました。

答えはハズレでも、これからも色々と犬の事を教えていただけたら
嬉しいです。

kuroさん、ボーボーさんへ。

プレゼントのお答え、ありがとうございました。

そして、レスが大変遅れまして、申しわけございませんでしたm(_ _)m

お二人ともよくご覧になってくださって、へちまこと同じ「あ、この変化すごいよね!」の所があっていました。

のでので、お二人に甲乙つけるなんて、そんな僭越なことは憚りますので、お二人のワンコさんたちにFLH、プレゼントしま~す

ごろーくんは、別段、なにもしなくてもいい子でした。
これといって、飼い主さんが困るような行動もありませんでした。
ただ少し飼い主さんとのコネクションの弱さが気になりましたので、ちょっと、アドバイスさせていただきました。

すると、ごろーくん、じょじょに飼い主さんの動向に気にするようになって、飼い主さんを自ら観るようになってくれました。
kuroさんが気がついたところですね~o(*^▽^*)o

いつもいつも飼い主さんを観ている必要はありませんが、どこかで飼い主さんを意識させないと、いざっというときに飼い主さんの声が届かないかもしれませんものね。
その時のために、飼い主さんがどこにいるかを意識してほしいと思っています。

そして、ボーボーさんが気が付いた耳です。

リードの張った状態の時の耳は、いかにも不快という感じの耳になっています。
このかすかな張りでもごろーくんは、軽いストレスを感じる子だと思うのです。
その張りを少し和らげてあげると、自ら、飼い主さんを意識しだしました。
そして、ごほうびトレーニングでごろーくんはリードが張る前に飼い主さんを意識できるようになってくれました。
耳も飼い主さんを意識する耳になりましたヽ(´▽`)/

と、いうことで、kuroさん、ボーボーさんにFLHプレゼントしちゃます。

サイズを教えくださいね~。
sallyのHPを参考にしてみて下さるか、ご自分でワンコさんの前脚のすぐ後ろを(胴周り)測って、お伝えくださいませ。
色みは、こちらへお任せ下さいませ。
あ、男の子、女の子だけはお教えくださいませ。

送り先や個人情報となるので、メール送信でお願いいたします。

わ、わぁーー
いただけるなんて、とっても、とっても嬉しいです。

私の答えは、ごろーくんの飼い主さんの態度に目がいってなかったので
満点の答えではなかったですね

へちまこさんの説明を読ませて頂くと、飼い主さんの態度で犬はどんどん
変わって行くと言う事が良く分かりました。
その犬の気持ちを引き出してくれる道具がFLHなんですね。

今、うちの犬たちには、ハーフチョーク、チョークカラーを使っています。
子犬は、躾け教室に行き始めたのですが、あるハーネスを薦められて購入しました。
装着して見ると、背中の肩甲骨の真上に、プラスチックの大きな部品が、
引っ張るたびに当たっている様に感じて、「痛いのかな~」と、何だか
楽しく歩けていません。

FLHで犬たちと、もっともっと会話が出来る様になって、
毎日楽しく歩けたら最高ですね

これからも、へちまこさんのTrainingから、色々と教えて頂きたいと
思いますので、どうぞよろしくお願いします。


回答、待ってました(笑)すみません。
何がそんなに変わったのか、自分では理解していなかった飼い主です。
あれから1か月、習ったこと、続けてます。
反応がどんどん良くなってきていると感じます。
が、呼ばれると、ごろーの目がワクワクして、そして・・・
舌がペロリと出るようになりました。
かなり、ご褒美の回数は減らしてますが・・・
ペロリとするのが可愛いのくて、苦笑しております。
いいのでしょうか?(笑)

はじめまして。ごろごろ太さん。
ごろーくん、1ヵ月で変わって来ているんですね

ごろーくんのペロリ、キラキラの顔が目に浮かびます(笑)

私は、距離的にスクールに参加出来ないので、
自己流に、ブログを参考にさせて頂ながらになりますが、
FLHでのトレーニング、頑張ってみます。

ご褒美の減らし方は難しそうですね
つい、食べ物で気を引きたいと思う気持ちが出て来て、
なんか、与え方が違うかなぁ~と、悩んでいます。

ごろごろ太さんへ。

すっかりレスが遅くなってしまって、ごめんなさい。
そして、あの寒い日、こちらへ来ていただいてありがとうございました。

で、コネクショントレーニングも続けていただいているようで、とてもうれしく思っています(o^-^o)

ごろーくんのきらきらが手に取るようにわかるなぁ~、と、ひとりほくそ笑んでおりますです。

この日のトレーニングを継続するのは、ごろごろ太さんとごろーくんにとって必要のないことなら、継続しなくてもいいですよ…と、お伝えしたと思います。
飼い主と犬との関係がどうあればいいのかは、その飼い主の考えでいいと思っていますので。

ごろーくんのきらきらな目は食べ物のによるもの…という、ごろごろ太さんの苦笑はわかりますが、ごろーくんはごろごろ太さんに期待してはいるんですよ。
その期待に応えてあげるのは、やはりごろごろ太さんしかいないのかな~と、思っております。

たとえ犬が食べ物のためのようであっても、自分の犬に対するサービス精神は忘れないでほしいと願っています。
飼い主は、犬のためのサービス業…だと、へちまこは思っとりますので。

機会があればまたごろーくんと参加してくださいね~。

待っていまーす


>ボーボーさま

私宛のコメントでしたね、すいません、遅くなって。
わざわざありがとうございます。
犬連れではなくても、意義のあるセッションですよ。
むしろ、犬なしの方がいいです(笑)機会があれば是非♪

>へちまこさま

「問題ないですね」と言われると、
人気のセッションだけに、
なかなか行きにくいと思っでたのですが(笑)、
是非、また参加させていただきたいです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Fleece Lined HarnessesのTraining Sessionより THIS WAY ごろーくんの場合:

« “犬の砂場“のあたしたちとニンゲンたち。Splitting Up! ωという犬 続き。 | トップページ | もうすぐ春になるね。 »

最近のトラックバック

カテゴリー